運営者 Bitlet 姉妹サービス
1229件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-10 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第4日12月10日) そのときの岡本市長の挨拶の中で、柘植駅のバリアフリー化に触れ、これをきっかけに利便性の向上を地域と一体でさらに進めていきたいと話されました。  そして、3月17日の柘植駅でICカードが使えるようになったことを記念して行われたセレモニーでは、草津線に三日月滋賀県知事らと一緒に乗ってこられまして、柘植駅に来られました。   もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第5日) 本文 さらに、子供や高齢者、障害のある方々など、さまざまな利用者の安全性や利便性を高めるために、地区市民センターの玄関にスロープを設置したりトイレの洋式化、1階和室の改修工事のバリアフリー化についても取り組んでおるところでございます。   もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会〔附録〕 3.四日市市都市総合交通戦略に基づく交通施策に係る取り組み状況 (1)最近の鉄道に係る事業  1)地方鉄道、支線路線の維持   ・四日市あすなろう鉄道の車両・鉄道施設の更新   ・JR四日市駅、阿倉川駅、霞ヶ浦駅などの駅舎のバリアフリー化   ・三岐鉄道三岐線の重軌条化   ・伊勢鉄道の安全関連設備の維持及び更新  2)鉄道の安全性の確保   ・近鉄四日市駅高架橋、跨線橋の耐震化   ・踏切事故の防止 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第6日) 本文 学校施設全般におきましては、校舎改築事業あるいは大規模改修工事、バリアフリー対策、防災機能強化など、空調設備以外にも学校を取り巻くさまざまな整備が山積してございます。 もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第2日) 本文 踏切の拡幅や、また、霞ヶ浦緑地公園へのアクセス道の安全対策、また、駅施設のバリアフリー化など、既に取り組んでいただいている事案もあります。  しかし、まだまだ至りません。   もっと読む
2018-09-18 伊賀市議会 平成30年決算常任委員会( 9月18日) ○委員(田中 覚君)  ここのサービスエリアの収支についてはプラスでいつも毎年頑張っていただいてるんですが、バリアフリー化っていうんですか。ユニバーサルデザイン的には、どこのレベルにこのサービスエリアはあるんでしょう。 ○委員長(生中正嗣君)  産業振興部次長。 ○産業振興部次長兼営業本部事務局長(前川浩也君)  済みません。 もっと読む
2018-09-14 志摩市議会 平成30年予算決算常任委員会( 9月14日) 例えば、バリアフリーの取り組みについて、その補助採択の判断のときに加点されるような、そういった現実もありますので、スポーツの振興も含めて、あるいは、この環境整備も含めて、そういったホストタウンの取り組みについて、しっかり県と歩調を合わせながら、取り組んでみたいと考えております。 ○委員長(西﨑甚吾) 下村委員。 もっと読む
2018-09-14 伊賀市議会 平成30年決算常任委員会( 9月14日) 第14目自治振興費の支出済み額は2億1,056万1,351円で、その主なものは細目145自治振興経費で増改築1件、バリアフリー化2件など、地区公民館建設費補助金157万2,000円や、コミュニティ助成金2,910万円のほか、めくっていただきまして、162、163ページをごらんいただきまして、細目146住民自治協議会推進経費では、地域包括交付金で合わせまして1億7,457万6,000円を。 もっと読む
2018-09-12 桑名市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2018-09-12 ならば、閉鎖中の日進幼稚園はおおむねバリアフリー化されており、仮設で増築し、2年ほど過ごしていただき、移動は2回となるが、現在の場所にいい施設を整備し、将来の療育に発展させる。  現在の場所を公園にするにしても、どれだけの費用が必要なのかは、私は恐らく1億円以上になると思います。  質問には全く答えていない、市の変わることのない方針を説明する説明会なのかとした意見ばかりでした。   もっと読む
2018-09-11 志摩市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月11日) ○市長(竹内千尋) これは、今回、観光の部分で、バリアフリーの宿泊施設づくりということで、補助も含めて、今取り組みを進めておるところでございますけれども、バリアフリーであるとか、ユニバーサルデザイン等においては、本人のみならず、その御本人をサポートする、あるいは一緒にいらっしゃる家族の方々も含めて、総合的に観光地ということも含めて、しっかり快適に受け入れられるようなまちづくり、地域づくりというのを進 もっと読む
2018-08-01 四日市市議会 平成30年8月定例月議会〔附録〕 一方、バリアフリー化については、平成15年4月より施行された「高齢者、身体障害者等 が円滑に利用できる特定建築物の建築の促進に関する法律」の一部改正により、学校施設が バリアフリー化の努力義務の対象に位置づけられ、文部科学省においても、「学校施設バリア フリー化推進指針」を策定し、学校施設のバリアフリー化を促しています。   もっと読む
2018-08-01 四日市市議会 平成30年8月定例月議会(第2日) 本文 より安全で、安心な学校給食を実施するため、給食室の窓のあけ方を工夫することで空気を循環させ、換気をより効率的に行うことなど、現状でできる工夫に努めつつ、給食室の衛生改修や空調の設置につきましては、学校施設の整備全般におきまして、校舎改築事業あるいはバリアフリー対策など、空調設備以外の課題がございます。 もっと読む
2018-08-01 四日市市議会 平成30年8月定例月議会(第7日) 本文 委員からは、中央緑地陸上競技場改修工事で実施されるバリアフリー化に関する具体的な説明を求める質疑があり、理事者からは、車椅子用の更衣室及びシャワー室の改修を初め、正面入り口扉の自動扉への一部改修及びスロープ通路幅の拡幅を行うほか、トラックへの動線上にある通路の段差解消や新たなスロープ及びスタンド席への手すり設置により、競技場内における円滑な移動を確保するとともに、観覧席には車椅子用の観覧席を設ける予定 もっと読む
2018-07-25 志摩市議会 平成30年全員協議会( 7月25日) 我々の世代から上の世代という、先般も障害等の、バリアフリーの勉強会でも話されたことでもありますけれども、障害者の皆さんに対する教育であるとか、あるいは、偏見であるとかというその教育を十分受けてこなかった部分がありまして、そういった世代が今の子どもたちの受けているその教育に比べて環境教育もそうでありますが、むしろ子どもたちの現状の認識のほうが深い勉強がなされていて、そのことを時々、時々といいますか、卒業式 もっと読む
2018-06-25 伊賀市議会 平成30年第 3回定例会(第6日 6月25日) よって政府においては、心のバリアフリーであるヘルプマーク及びヘルプカードのさらなる普及推進を図るため、下記の事項について取り組むことを強く求めます。  1、心のバリアフリー推進事業など、自治体が行うヘルプマーク及びヘルプカードの普及や理解促進の取り組みに対しての財政的な支援を今後も充実させること。   もっと読む
2018-06-25 伊勢市議会 伊勢市 平成30年  6月 定例会-06月25日−01号 次に、3点目は、バリアフリー改修が行われた劇場等に係る税額の減額措置の創設に伴うものでございます。  劇場や音楽堂等の実演芸術の公演の用に供する建物のうち、バリアフリー法の基準に沿ったバリアフリー改修が行われたものについて、固定資産税と都市計画税の2年度分の税額を3分の1減額する措置が設けられました。これを受け、条例においては固定資産税に係る申告方法を定めるものでございます。   もっと読む
2018-06-25 桑名市議会 平成30年総務安全常任委員会 本文 開催日:2018-06-25 4、劇場や音楽堂をバリアフリー改修した場合、固定資産税を2年間3分の2に減額する平成32年度までの特例措置でございます。  5、土地に係る固定資産税について、負担調整措置、これは、課税標準額を評価額の60%から70%の範囲とする措置で、これを平成32年度まで継続するもので、3年ごとに継続されてきているものでございます。  都市計画税条例は、市税条例の4、5と同内容でございます。   もっと読む
2018-06-21 志摩市議会 平成30年予算決算常任委員会( 6月21日) 採択方針にあります9事業につきましては、特別支援学校に係る事業、バリアフリー対策事業、学校統合等に係る事業、耐震化事業、不適格改築(補強非構造部材の耐震対策を含む)となっております。あと、緊急性の高い長寿命化改良事業、緊急性の高い大規模改造事業、これは築40年以上ということです。 もっと読む
2018-06-13 伊賀市議会 平成30年第 3回定例会(第4日 6月13日) 上野公園の車椅子の通行につきましては、御指摘いただいておりますように、バリアフリーに対応できておりませんので、大変御不便をおかけしているところでございます。 もっと読む
2018-06-07 いなべ市議会 平成30年第2回定例会(第2日 6月 7日) 避難所施設の中には段差の解消や障がい者用トイレの設置などが課題となっておりますが、施設管理者と協議を進めて、バリアフリー化に今後努めていきたいと考えております。  また、国内の大規模災害の例を見ましても、ハード整備以上に避難所の運営が課題であると感じております。自治会長様を初め、地域の皆さんに運営を依頼しなければならないため、地域住民の皆さんの御理解と御協力が不可欠と考えております。   もっと読む