3191件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

津市議会 2024-09-04 09月04日-03号

市内の各地域の13団体が、各地域において貴重な観光資源である史跡、神社仏閣、自然及び歴史文化を伝えるために日々活動を行っていただいているとともに、各団体が相互に連携や諸事業を推進していくために平成24年3月、津市観光ボランティアガイドネットワーク議会を設立し、ガイド技術の向上を図るための研修会や講演会の実施、観光誘客を図る企画事業の実施など、さまざまな活動を展開されています。 

名張市議会 2022-06-19 06月19日-03号

なお、三重県では県市町関係諸機関が連携をして地域歴史的、文化的資産の保存と活用を目的として、三重県歴史的、文化的資産保存活用連携ネットワークというのを組織しております。ここでは歴史的、文化的資産の継続的な調査とその活用のほか、災害等、緊急時におきます文化財レスキュー活動にも取り組んでいるところでございます。 

名張市議会 2022-06-19 06月19日-03号

なお、三重県では県市町関係諸機関が連携をして地域歴史的、文化的資産の保存と活用を目的として、三重県歴史的、文化的資産保存活用連携ネットワークというのを組織しております。ここでは歴史的、文化的資産の継続的な調査とその活用のほか、災害等、緊急時におきます文化財レスキュー活動にも取り組んでいるところでございます。 

津市議会 2021-06-20 06月20日-04号

また、児童への虐待防止をしていく上で、地域ネットワークの構築は重要だと考えております。この地域ネットワークについては、児童福祉法において設置に努めることと規定されており、本市では、平成18年1月より津市児童虐待防止等ネットワークを設置して、津市民生委員児童委員連合会や津市自治会連合会などの地域の関係団体にも参画をしていただきまして、地域との連携を図りながら虐待防止の体制を構築しております。 

名張市議会 2021-06-20 06月20日-04号

児童虐待防止策として、児童虐待の予防と早期発見、早期対応が最も重要であり、そのためには地域住民や関係機関、各種団体行政との連携が必要となるため、本市では名張市地域福祉教育総合支援システムにより包括的な支援体制を構築しており、去る5月27日には、ストップ・ザ・児童虐待を議題としたエリアネットワーク会議を開催し、59の関係機関及び団体による情報交換と連携強化を図ったところでございます。 

名張市議会 2021-06-20 06月20日-04号

児童虐待防止策として、児童虐待の予防と早期発見、早期対応が最も重要であり、そのためには地域住民や関係機関、各種団体行政との連携が必要となるため、本市では名張市地域福祉教育総合支援システムにより包括的な支援体制を構築しており、去る5月27日には、ストップ・ザ・児童虐待を議題としたエリアネットワーク会議を開催し、59の関係機関及び団体による情報交換と連携強化を図ったところでございます。 

名張市議会 2020-12-16 12月16日-05号

センターにおきましては、1つ目には暮らしや地域コミュニティーなどについての相談機能、2つ目には地域住民と外国人住民の交流支援機能、3つ目には外国人住民の暮らしを中心とした多文化共生に関する情報発信機能、4つ目には地域福祉教育総合支援ネットワークとの協働ということ、この4つの機能を充実させるべくセンターには新しく職員を2名を雇用いたしまして、ただいまオープンに向けての準備を進めております。 

名張市議会 2020-12-16 12月16日-05号

センターにおきましては、1つ目には暮らしや地域コミュニティーなどについての相談機能、2つ目には地域住民と外国人住民の交流支援機能、3つ目には外国人住民の暮らしを中心とした多文化共生に関する情報発信機能、4つ目には地域福祉教育総合支援ネットワークとの協働ということ、この4つの機能を充実させるべくセンターには新しく職員を2名を雇用いたしまして、ただいまオープンに向けての準備を進めております。 

名張市議会 2020-12-11 12月11日-04号

次に、11番目の目標に掲げてございます、住み続けられるまちづくりをでございますけれども、この目標は全ての人々がいつまでも安心して生活が営めることを目標にしたものであり、総合戦略におきましては、名張版ネウボラを初めとする子育て支援などによる安心して子育てができるまちづくりや地域福祉教育総合支援ネットワークを軸とした相談、支援機能の充実により、安心して住み続けられるまちづくりを進めていくことといたしております

名張市議会 2020-12-11 12月11日-04号

次に、11番目の目標に掲げてございます、住み続けられるまちづくりをでございますけれども、この目標は全ての人々がいつまでも安心して生活が営めることを目標にしたものであり、総合戦略におきましては、名張版ネウボラを初めとする子育て支援などによる安心して子育てができるまちづくりや地域福祉教育総合支援ネットワークを軸とした相談、支援機能の充実により、安心して住み続けられるまちづくりを進めていくことといたしております

伊勢市議会 2020-12-10 12月10日-05号

相談対応だけでなく、中核機関として地域連携ネットワーク構築の役割を果たしていますが、その地域連携のネットワーク医療の方、法律関係の方、福祉関係の方が入っておりますが、現在のところ金融の関係者が入っていません。重度の認知症認知症本人の意思確認がとれず、銀行の口座が凍結された場合、凍結の解除には成年後見制度の利用が必要となります。

名張市議会 2020-12-10 12月10日-03号

市民部長のほうからご答弁を申し上げたいと存じますし、私どもとしてはかねてからもこれも現に実行いたしておりますけれども、名張市地域福祉教育総合支援ネットワーク、寄り添い、伴走型、これをもって対応をさせていただくと、こういうことでございます。 それから、犯罪者の更生についてのお尋ねございました。

名張市議会 2020-12-10 12月10日-03号

市民部長のほうからご答弁を申し上げたいと存じますし、私どもとしてはかねてからもこれも現に実行いたしておりますけれども、名張市地域福祉教育総合支援ネットワーク、寄り添い、伴走型、これをもって対応をさせていただくと、こういうことでございます。 それから、犯罪者の更生についてのお尋ねございました。

津市議会 2020-12-03 12月03日-03号

そこで、津市においてその制度と似たものとして、徘徊SOSネットワーク津があるわけですけれども、現在、津市での登録者は何人ほどでしょうか。 ○議長(岡幸男君) 答弁を求めます。 ◎健康福祉部長(國分靖久君) 徘徊SOSネットワーク津への認知症高齢者の登録者数につきましては、令和元年、この10月末現在でございますけれども、283人となっております。

名張市議会 2020-09-09 09月09日-04号

本計画において、今後急速に進行する高齢化などを見据え、公共交通の重要性が増す中、利用者ニーズを的確に捉え、持続可能な交通体系を構築するには、鉄道路線バスコミュニティバスタクシーなど、それぞれの移動手段の利点、または欠点を相互に享受、補完させるためにも、担うべき機能、確保すべきサービス内容や適切な運行主体などを整理した上で、これらが一体となった効率的、効果的な公共交通ネットワークを形成していくことを

名張市議会 2020-09-09 09月09日-04号

本計画において、今後急速に進行する高齢化などを見据え、公共交通の重要性が増す中、利用者ニーズを的確に捉え、持続可能な交通体系を構築するには、鉄道路線バスコミュニティバスタクシーなど、それぞれの移動手段の利点、または欠点を相互に享受、補完させるためにも、担うべき機能、確保すべきサービス内容や適切な運行主体などを整理した上で、これらが一体となった効率的、効果的な公共交通ネットワークを形成していくことを

津市議会 2020-09-05 09月05日-04号

このことから、三重県にセンターがなくても、それぞれの市町がそこのところに連絡をとって、相談支援であったり、人材育成、関係者のネットワークづくり、発表等の機会の創出、情報収集、発信などを支援していただけるということも確認をいたしました。 今後、津市における支援の仕方を私は津市で考えていくべきであると、このように思いますけれども、いかがでしょうか、お尋ねします。 ○議長(岡幸男君) 答弁を求めます。