8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鈴鹿市議会 2019-03-01 平成31年 2月定例議会(第3日 3月 1日)

学童保育は,児童に対する手厚いセーフティーネットづくりとして,小学校での学童保育運営をお聞きしました。  答弁では,教育委員会などと調整を行い,将来的な児童の推移を見ながら,学校施設活用することについて検討したい。余裕教室などの活用については,関係部署との意見交換や,課題を整理しながら,総合計画後期基本計画に向けて検討したいとありましたが,どのような状況になっているでしょうか。  

鈴鹿市議会 2018-06-11 平成30年 6月定例議会(第2日 6月11日)

以前から,公設民営型の学童保育運営について,運営委員長などに保護者の方がつかれる場合の負担であるとか,施設の維持・補修・更新の課題などを取り上げさせていただいておりますが,やはり今回も総会に出席させていただいて,学童保育を持続的に運営していくために,また児童に対する手厚いセーフティーネットづくりのため,鈴鹿市として方針を出す時期ではないかと改めて考えたところです。  

鈴鹿市議会 2012-02-03 平成24年建設水道委員会( 2月 3日)

住生活基本計画平成21年度に策定いたしまして,平成37年度までの期間におけます市営住宅の効率的な活用再生,また民間賃貸住宅活用などを通して住まいセーフティネットづくりを推進するものでございます。  それでは,住宅課長から昨年度並びに今年度の進捗状況を御説明させていただきますのでよろしくお願いいたします。 ○森(喜)委員長  住宅課長

鈴鹿市議会 2010-06-11 平成22年 6月定例会(第3日 6月11日)

今後,このような活動及び,本年度から施行いたします,鈴鹿住生活基本計画基本方針でもあります,市営住宅の効率的な活用による住まいセーフティネットづくりの中の目的別分散入居定期借家制度などの施策を推進することにより,住宅確保配慮者への住宅確保と居住の安定に努めてまいりたいと考えておりますので,御理解をいただきますようよろしくお願いをいたします。

桑名市議会 2010-03-12 平成22年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2010-03-12

一つは、命を守り、育む体制づくりとして、小児救急医療体制充実療育ネットワーク確立二つ目支援を必要としている人を見逃さない重層的なセーフティネットづくりとして、妊娠期からの一貫した支援体制づくり子ども総合相談センター充実、地域における相談体制確立三つ目として、市民が主体的に活動できるまちづくりとして、市民みずからによる情報冊子の編集など、子ども子育て市民情報部会充実や子育てサークル

  • 1