22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

いなべ市議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第2日 9月 4日)

また、利用者停電情報を取得しやすいように、ホームページでの情報公開以外に、スマートフォンアプリを開発し、利用者停電情報スマートフォンで取得することができるような手段を講じております。  市としても停電の原因の迅速な特定に資するために、住民からの情報をファクスで中部電力に送信し、停電早期復旧支援するようにいたします。  

菰野町議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第2日目 6月14日)

それでは、全国の各自治体では、直面する課題の解決に貢献して、地域住民にとって役立つスマートフォンアプリとか、またウェブアプリを開発しています。主に地域情報観光防災健康福祉等地域活性化や安心安全に対するものとして、便利な情報住民及び観光客等に提供しています。  菰野町としても、子ども家庭課以外のアプリについて、そこで主に都市整備課環境課観光商工課にお尋ねいたします。  

松阪市議会 2018-03-14 03月14日-07号

また、医療費助成対象拡大準備スマートフォン子育て支援アプリなどがあります。 3点目としまして、新たな事業継続事業充実でありますが、30年度は配分する優先順位を留意しつつ、チャレンジ予算としております。林福連携による広葉樹苗木生産モデル事業空き家対策、また部署の新設。空家等対策計画。また、安全安心な生活の中に防犯カメラ津波避難計画床上浸水ゼロ対策

松阪市議会 2018-02-14 02月14日-01号

また、子育て世代への情報発信につきましては、従来の方法に加え、スマートフォン子育て支援アプリを活用し、安心して子育てができるよう支援していきます。 待機児童解消のため、平成31年4月からの開園に向け、2つ私立認可保育園移転改築等支援し、定員増を図っていきます。 また、松阪市立幼稚園保育園あり方基本方針に基づき、老朽化が進む春日保育園移転改築し、平成32年4月の開園を目指します。 

菰野町議会 2017-12-12 平成29年第4回定例会(第3日目12月12日)

スマートフォン子育て支援アプリを利用する自治体も非常に多く出てきております。  資料5をお願いいたします。  これはですね、四日市でことしの8月28日から配信されました「よかプリコ」というアプリです。このアプリは大きく5つ機能を持っています。  1つは、自治体から提供される各種制度・サービスの案内。四日市からお知らせ等を受け取ることができるというものです。  2つ目機能は、記録管理機能

松阪市議会 2017-10-10 10月10日-07号

5つ目につきましては、情報サイトから提供されるスマートフォンアプリ、このアプリを入れておりますスマートフォンに対して緊急情報などを発信していただけるというものでございます。これらの中にはL-ALERT等松阪市の情報をもとに既に実施されておりますものや、松阪市が実施している情報発信との調整を要するもの、また実施する際の松阪市の作業量などの調査検討が必要になるものもございます。

四日市市議会 2017-02-01 平成29年2月定例月議会(第1日) 本文

子育て支援においては、子育てに関する情報提供充実を図るため、予防接種管理子育てイベント情報等を受け取ることができるスマートフォンアプリサービスを新たに導入してまいります。また、児童発達支援センターあけぼの学園につきましては、平成31年4月の移転を目指し、整備を進めてまいります。  

鈴鹿市議会 2016-12-09 平成28年12月定例会(第6日12月 9日)

この伊勢市のホームページは,パソコン用スマートフォンで選択でき,見やすく,大き目な検索窓トップページ上段中央の目につくところにあり,探しやすさ,利用しやすさを特に実感いたしました。               〔資料の提示を終了〕  また,神戸市では,利用者利便性を高めるため,ホームページをリニューアルし,ひときわ目立つ検索窓背景写真のみのシンプルなトップページが話題になっております。

鈴鹿市議会 2016-07-08 平成28年広報広聴会議( 7月 8日)

そこで,委託業者のほうにも一度確認をさせていただきまして,どういった形にすれば見ることができるかということですけれども,やはりそれはそのタブレット,スマートフォンのシステムを別に設ければ,それで対応することができるということになるんですけれども,それには当然,また余分に費用のほうもかかってくると。そういうような状況でございました。  以上でございます。

志摩市議会 2015-12-08 平成27年第4回定例会(第3号12月 8日)

また、愛知県東郷町では、アプリでの配信と並行して、市のウェブサイトからも子育てナビとして、内容を充実したものを発信しているほか、千葉県においては、昨年度、モデル事業として、県下10市町を対象に、スマートフォンアプリを活用し、好評を得たことから、今年度から対象を県内全市町村に広げた展開を開始しています。  

桑名市議会 2015-03-04 平成27年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2015-03-04

2014年12月の広報くわなでは、スマートフォン観光アプリ、「ダウンロード数は、平成26年10月末現在で3,478件となり、桑名市の魅力をPRしました。」と書いてありました。こちらですね。ここに書いてあります。  今回の件数は、この広報くわなを見まして理解はしました。本当のところ、この件数から効果はどうだったのかなというふうに私は考えております。

鈴鹿市議会 2013-12-06 平成25年12月定例会(第4日12月 6日)

一方で,近年の著しい情報通信技術の進歩により,スマートフォンアプリ以外にもさまざまな情報発信手段がありますので,本市では現在,その中からツイッターなどを利用して,効果的に情報発信ができるよう努めております。  その一例といたしまして,観光に関する情報発信のため,本市が今年度より実施したものについて御説明を申し上げます。  

桑名市議会 2013-12-03 平成25年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2013-12-03

そこで、手軽な携帯端末を活用して、観光客市内観光名所へ誘導、回遊させるため、スマートフォン観光アプリの開発に着手し、年明けに完成・運用の見込みとなりました。ぜひとも市内全体の誘客に効果を上げていきたいと考えております。  また、皆様に応援をいただきましたことしのゆるキャラグランプリでは、ゆめはまちゃんが御当地キャラ部門全国第68位と健闘しました。

鈴鹿市議会 2013-09-06 平成25年 9月定例会(第5日 9月 6日)

スマートフォンホームページの開設について,お伺いします。  これは,平成24年度に鈴鹿市のホームページがリニューアルされたということで,350万をかけてリニューアルされております。しかし,スマートフォン鈴鹿市のホームページを閲覧すると,いまだにパソコントップページが開くということであります。  先日,大分市に視察に行ってまいりました。

  • 1
  • 2