3714件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2019-12-25 令和元年第 6回定例会(第5日12月25日)

次に、議案第156号、伊賀市営共同浴場条例の廃止について、委員からは、代替手段としての浴場送迎サービスの対象者について、しろなみを利用されていた方をどのように把握しているのか、また利用者事前登録はいつまでにしなければならないのかとの質疑があり、当局からは、これまでにアンケートを4回行っていて、利用者も把握はできている。

鈴鹿市議会 2019-12-20 令和元年12月定例議会(第7日12月20日)

もしかすると,市民の皆さんに対して,行政サービスの低下につながるような事業の見直しをしなければいけなくなるかもしれない。  また,鈴鹿市は地域づくりを進めておりますが,地域づくり協議会設置の説明においても,人口減少とあわせて財政が厳しいということが説明の中に入っていたりしました。その一方で,今回,人件費増となる議案が上げられていることには,違和感を感じるところです。  

亀山市議会 2019-12-20 令和元年12月定例会(第5日12月20日)

指定管理者制度は、公の施設を使い、民間の力を活用し住民サービスの向上を図ること、競争させることによってコストダウンを図ることなどを目的に導入されたものです。ところが、今回の議案は、競争性のない非公募で収益性のない施設で指定管理をしようとするものです。市の答弁でも、まちづくり協議会や運営委員会以外の団体などに管理運営を任せる考えはなく、将来にわたってこの団体に任せるとしています。  

志摩市議会 2019-12-20 令和元年第3回定例会(第5号12月20日)

また、委員からは、指定金融機関には金融機関の規模や経営状況を考慮して決定するべきであり、市民の大切な公金を扱う責任を持った行政においては、市民サービスに直接つながらない変更に伴う約83万円の無駄な支出を抑え、金融機関情報収集を怠らず、一つの金融機関に絞り込み、輪番制を廃止し、現在の百五銀行に継続させるべきであるとの反対討論がありました。  

伊賀市議会 2019-12-17 令和元年総務常任委員会(12月17日)

判断できないというふうなことから、希望する市民の方に対するサービスという側面もあるというふうなことから、全てを無料にさせていただくのではなくって、一定の受益者負担をお願いしようというふうなことになりまして、一般の方には300円というふうな方向にさせていただきました。

伊賀市議会 2019-12-17 令和元年産業建設常任委員会(12月17日)

改正の理由及び内容につきましては、11月の議員全員協議会で説明させていただいたとおりですが、今後の人口減少社会においても、持続可能な消防行政サービスを維持、継続していくため、基盤の整備により効率的で効果的な常備消防体制を再構築する必要が生じております。  特に現在の消防本部組織体制は、合併以降見直しを行っておらず、中消防署への業務負担の集中が課題となっております。

伊賀市議会 2019-12-16 令和元年予算常任委員会(12月16日)

それからさらなる充実が図れるよう業者募集に当たっては、先ほど申し上げましたとおり、市の責務をきっちりと明記し、また業者の責務につきましても明記をさせていただき、サービス低下を招くことのないよう進めてまいりたいと考えてます。 ○委員長(福田香織君)  他にございませんか。  西口委員。

亀山市議会 2019-12-11 令和元年12月定例会(第4日12月11日)

産業建設部長(大澤哲也君)(登壇)  例えば、まち協単位での移送支援サービスでありますけれども、これにつきましては、道路交通法とか道路運送車両法などの法改正など、国の動向、法改正等も見きわめまして研究のほうを行ってまいりたいと考えておるところであります。 ○議長(小坂直親君)  草川議員

伊賀市議会 2019-12-10 令和元年第 6回定例会(第3日12月10日)

人生の終わりに最後の行政サービス、斎苑、老朽化が激しくありませんか。待合室は随分と汚くなっていませんか。定住自立圏による利用者の増加、ふえた場合も含めて、今後、斎苑の整備はどうされていくんだろう。  こんなことをまず冒頭、お尋ねをさせていただきまして、以降は自席のほうで質問させていただきたいと思いますので、よろしく御答弁をいただきますようお願いいたします。

亀山市議会 2019-12-10 令和元年12月定例会(第3日12月10日)

今後におきましても、市民サービスの向上や経費の削減に資するものにつきましては、引き続き民間活力を活用していく必要があるといたしております。目標3の組織人材の改革につきましては、職員一人一人が行財政改革の必要性を認識しつつ、仕事に対するモチベーションを高めていく人材育成が必要であります。

亀山市議会 2019-12-09 令和元年12月定例会(第2日12月 9日)

○生活文化部長(佐久間利夫君)(登壇)  市では、多様化する市民ニーズにより効果的、効率的に対応するため、公の施設の管理運営に民間の能力を活用しまして、市民サービスの向上や経費の削減を図ることを目的に、平成18年度から地区コミュニティセンターを含めまして指定管理者制度を導入しております。  

志摩市議会 2019-12-06 令和元年第3回定例会(第2号12月 6日)

本来、今回のフッ化物洗口のように、市の予算を伴うものにおいては、保育所幼稚園では、子どもたちへのサービス、あえてサービスという言葉を使わせていただきますが、サービスに差異があるべきではないと私は考えております。  そこでお聞きしますが、市の予算を伴うもので、令和2年度の保育所幼稚園利用案内において、記載されていないサービスの違いはフッ化物洗口以外にあるのか、ないのか、お聞かせください。

鈴鹿市議会 2019-12-05 令和元年12月定例議会(第4日12月 5日)

民間の保険なら保険料を多く払うほどサービスが多く受けとれますが,社会保障としてのこの健康保険というのは,払う保険料と受ける医療は関係なく,誰でも同じ医療サービスを受けられるというのが社会保障であります。その最前線で市民と接している窓口の皆さんが,この取り立て屋のようなマニュアルを物差しに,仕事をしているんじゃないかということであります。  厚労省もそんなことは言っておりません。