254件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鈴鹿市議会 2019-12-09 令和元年12月定例議会(第6日12月 9日)

消防モーターサイレンについて,緊急避難サイレンの啓発。現在,消防サイレンには7種類があります。市民の誰もが,当然ながら,徹底的に理解しているとは思えません。  そこで何カ所あり,吹鳴パターンについての啓発の考えを伺います。 ○議長(森 喜代造君) 消防長。               

志摩市議会 2019-09-09 令和元年第2回定例会(第3号 9月 9日)

例えば、サイレンが鳴ってから、現場で聞いてから、団長から指示があってから、消防団は、私も経験がありますけども、当然、現場着の現場引き上げなんて、そんな話ではないんです。当然、その後も、消火すれば、そのホースを干したりとか、機械点検をやったりとか、いろんなものがあります。  最低でも、車庫から出る、出動するのには定員がなければ出られません、消防団の場合。

四日市市議会 2019-08-03 令和元年8月定例月議会(第3日) 本文

きょうの未明の大雨で地域の皆さんがどうだったか非常に心配をしておりましたが、私のところでは、けさ方3時ごろに近くの避難サイレンというんでしょうか、鳴り出しまして、ちょっとびっくりして起きたんですけれども、その後にすぐ四日市市広報車でしょうか、鹿化川が氾濫しそうなのですぐに避難してくださいというふうな、回っていただきましたが、私は昭和49年の大雨の経験をしておりますので、鹿化川とか天白川が氾濫したら

亀山市議会 2019-06-21 令和元年総務委員会( 6月21日)

どういうふうな、サイレン鳴らすんかな、サイレンで周知するのか。  サイレンの仕方かていろいろあるわけやな、緊急サイレンが、何秒に一本ずつかが。そういうのをきちっとつくってあるのかな、これ、周知。それをやっぱり広報に書いてもろうた中で、こんなシステムができましたということは整備してもろうたのかないのか、ちょっと確認したいんや。 ○今岡翔平委員長  久野危機管理監。

桑名市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-06-19

以前行政無線のサイレンについて質問をさせていただきました。その中で、大雨や台風の中だと、やはり声が聞き取りにくいということを質問させていただきました。また、聴覚障がい者や外国の方、音を聞き取りにくい状況にあった人への支援が必要となります。そこで、兵庫県西宮市で設置された、防災無線と連動でき、光は数百メートル離れた場所にも届く赤色回転灯の活用についてどうか、お尋ねしたい。

いなべ市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4日 3月 6日)

土砂災害発生時にはワイヤーが切れてサイレンが吹鳴して避難警告します。西之貝戸川と小滝川には砂防ダム建設時から三重県が設置して、現在も三重県保守管理を行っています。  ワイヤーの切断によるサイレン吹鳴は、土石流の発生を知らせる手段として市でも避難勧告等の防災情報発信の参考にして活用してまいりました。しかし、平時においても、動物や落石によるワイヤーへの接触、切断で誤作動が多く発生しております。  

津市議会 2019-03-01 03月01日-02号

聞き及ぶところによりますと、高齢化者社会に進む中、昨年も救急出動件数の増加に歯どめがかかっていないとのこともあり、昼夜を問わず救急車のサイレンが聞こえない日はなく、私の地元でもそういったことは例外ではありません。

亀山市議会 2018-12-18 平成30年総務委員会(12月18日)

○草川卓也委員  防災関係のことなんですけど、昼生地区のサイレンが鳴る日と鳴らない日が最近あるという話を聞いたんです。こちらはご存じでしょうか。ご存じであれば対策はどのようにお考えでしょうか。 ○今岡翔平委員長  平松消防長。 ○平松消防長  これは担当が情報司令課になりますので、情報司令課長のほうからご答弁申し上げます。 ○今岡翔平委員長  国分情報司令課長

松阪市議会 2018-10-09 10月09日-08号

これまでの議会でも複数の議員から同様の御質問をいただいておりまして、その回答といたしましては、防災行政無線、通常の放送もそうなんですが、災害時につきましては当然緊急地震速報等はサイレンでありますとか大きな音でまずはお知らせして、その後、自動音声により告知をするというところで、通常音量よりも少しボリュームがあるのと、いろんな携帯とかラジオでも緊急地震速報は即座に流れるというところで周知をされるものと考

伊賀市議会 2018-09-11 平成30年第 4回定例会(第3日 9月11日)

また、一般的に水資源機構の管理ダムでは、豪雨が続き洪水調節容量を超える状況に至り、下流の流況に著しい変化が生じる場合などでは、ダム管理者みずからによるサイレン警報車を用いて、一般へ周知を行うことともに伊賀市等の関係機関への速やかな情報提供を行うと聞かせていただいてます。 ○議長(岩田佐俊君)  宮﨑栄樹君。

名張市議会 2018-06-26 06月26日-06号

まず、学校にもスピーカーついてますし、サイレンも鳴って、消防ポンプ庫にもついてますし、そういう設備をしていく必要性はそろそろあるんではなかろうかな、またスマートフォンの活用というのも出てくるというふうに危機管理室から聞いてますけども、防災ラジオ、これから一体どれぐらい進めているのかというお気持ち、当初は全員に配りたいということでした、以前はね。そういう議論をされました。

名張市議会 2018-06-26 06月26日-06号

まず、学校にもスピーカーついてますし、サイレンも鳴って、消防ポンプ庫にもついてますし、そういう設備をしていく必要性はそろそろあるんではなかろうかな、またスマートフォンの活用というのも出てくるというふうに危機管理室から聞いてますけども、防災ラジオ、これから一体どれぐらい進めているのかというお気持ち、当初は全員に配りたいということでした、以前はね。そういう議論をされました。

亀山市議会 2018-06-13 平成30年 6月定例会(第3日 6月13日)

本当に2日に一遍ぐらい救急車といいますか、サイレンの音が聞こえるのが現状でございまして、すぐ通行どめになるわけでございます。とにかく通行どめになってしまいますと、加太地区というのは陸の孤島になってしまいますので、大変だということでございます。  

津市議会 2018-06-12 06月12日-02号

それと相手の方は、これはもうその方だけではなしに、やはりサイレンを鳴らして緊急車両ということで搬送していくことの中で突っ込んでみえたというようなことで、この20%については、普通一般の事故を起こしたときに、相手車両といいますかが動いている場合には20%とよく保険会社が言われるんですけれども、この緊急車両の場合については、100、ゼロというか、まではいかないとも思いますけれども、これは恐らく保険会社

いなべ市議会 2018-06-08 平成30年第2回定例会(第3日 6月 8日)

(5)火災時にサイレンを鳴らさなくなった経緯と、現在の運用で支障は出ていないか。  よろしくお願いします。 ○議長(林 正男君)  総務部長、渡邊修司君。 ○総務部長(渡邊修司君)  おはようございます。どうぞよろしくお願いいたします。  それでは、近藤議員の御質問に対して答弁をさせていただきます。  まず、1、防災体制について。  (1)自主防災組織について。  

志摩市議会 2018-05-22 平成30年全員協議会( 5月22日)

○市長(竹内千尋) 先ほどのサイレン吹鳴ですけれども、ドクターヘリ対応ということでありましたので、よろしくお願いします。 ○議長中村和晃) ほかに質疑はございませんか。  上村議員。 ○10番(上村秀行) まず、4ページの、僕ちょっとわからないのですけれど、9の償還の平成19年から平成20年度の間のやつで、利息削減しましたって、どれくらい削減したのかなと思ったり。