運営者 Bitlet 姉妹サービス
160件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第3日12月 7日) だから言ってみれば、皆さんが知りたいことを、知ってほしいことを第一に載せて、あとの細々したことは箇条書きでいいから、あとはQRコードを打って、もっと知りたかったら自分でごらんになるような、そんなことをする。そういうコンセプトがないと、いかにああせえこうせえと言っても、その辺の根本的なところの考え方を変えていくように今、言ってますので、もう少し御寛恕を賜りますようお願いしたいなと。   もっと読む
2018-12-06 伊賀市議会 平成30年第 5回定例会(第2日12月 6日) 中には発電機だったりとか脚立、それからちょっと見にくいですけれども担架、ヘルメット、こっちにはコードリールだったりとか誘導のライトが入ってたり、トラロープがあったりとか、そういったものが収納されてます。ここには消防の可搬式のポンプもあります。この自主防災組織、自治会ごとで相当な温度差があると思うんです。   もっと読む
2018-12-01 鈴鹿市議会 平成30年12月定例議会一般質問一覧 ) 公  明  党 1 認知症対策について  (1) 本市の現状と課題について  (2) 介護者への支援について  (3) 若年性認知症施策について  (4) 認知症予防について  (5) SIB等民間を活用した取り組みについて  (6) 行方不明者の身元確認について(QRコード もっと読む
2018-11-01 四日市市議会 平成30年11月定例月議会(第5日) 本文 そこで、さまざま今回質問するに当たり、全国の動向を調査させていただく中で、より安価で携行しやすいQRコードつきラベルを用いたどこシル伝言板というシステムを最近全国の自治体で導入する動きが広がっていることを知りました。  このシステムは、大手医薬品卸売企業の東邦ホールディングス株式会社が展開するもので、県内でも亀山市や鳥羽市、志摩市など、全国23都県の60市町で導入予定でございます。   もっと読む
2018-09-13 伊賀市議会 平成30年第 4回定例会(第5日 9月13日) これQRコードを読み取れば登録もできるというシステムになってます。ちょっとパネルなんですけれども用意しました。これ、伊賀市のホームページ、前々からちょっとパネル使いたいなと思ってて、このホームページの上に英語、中国語、ポルトガル語、スペイン語というふうにあるんです。 もっと読む
2018-06-01 四日市市議会 平成30年6月定例月議会(第4日) 本文 また、この全国AEDマップにはアプリもあることから、スマートフォンで近くに登録されているAEDの設置情報を知ることも可能であり、今後は救命講習会時に配布するパンフレットなどにQRコードを掲載するなど、広く広報を行ってまいりたいと考えております。  以上です。 もっと読む
2018-03-13 伊賀市議会 平成30年予算常任委員会( 3月13日) といいますのは、今現在、情報をとられるのは外国の方も含めましてスマートフォンのような媒体からとられるというのが主でございますので、パンフレット等のほうにはQRコードを入れさせていただいているのが最近、進めさせていただいてる手法でございまして、そちらのほうからホームページに入っていただいて、多言語対応させていただいてるホームページのほうで情報を得ていただくというふうな取り組みを今は進めているところです もっと読む
2018-03-05 志摩市議会 平成30年第1回定例会(第3号 3月 5日) 御存じのように、認知症のある徘回高齢者等の安全・安心のための安心シール、QRコードつき、服とか帽子とかに張りつけるものです。QRコードつき活用事業を推進しておりますが、開始当初は、東海地域では初、三重県でも初ということで新聞紙上などにも取り上げていただいております。しかしながら、残念ながら、志摩市民の中ではまだまだ周知されていないように感じます。 もっと読む
2018-02-23 亀山市議会 平成30年 3月定例会(第1日 2月23日) さらに、徘回高齢者の見守り支援につきましては、認知症等で行方不明となった高齢者の早期発見・保護のために、QRコードを活用した見守りシールを交付するなど対策の強化に努めてまいります。   もっと読む
2017-12-14 志摩市議会 平成29年教育厚生常任委員会(12月14日) 例えば、旧町村別の、市町村コード順というか、また、浜島、大王、志摩、阿児、磯部というような順番をまず整理していこうということで、しております。    もっと読む
2017-12-08 伊賀市議会 平成29年第 6回定例会(第3日12月 8日) 各地域の名産品やゆるキャラ、市のホームページを見てもらうためのホームページアドレスやQRコード、または広告を載せて収入にもつなげております。特に飯田市は、市内のタクシー会社にも協力を仰ぎ、ラッピングタクシーをつくったり、サブカルチャー特有の痛い車、通称痛車で注目されました。痛車のイベントや、ことしの11月に開催された名古屋モーターショーにも招待をされました。 もっと読む
2017-09-14 菰野町議会 平成29年第3回定例会(第5日目 9月14日) ○13番(出口利子君) では、最後の質問になりますが、徘徊した高齢者を一刻も早く見つけられるサービスとして、ほかの自治体で導入しているところが、これはQRコードつきのシールを衣服に貼りつけ、認知症のため行方不明になった高齢者の早期発見をするものです。QRコードごとに年齢や身体的な特徴がわかる情報をシステムに登録、コードつきの安心シールを服の袖などにアイロンで貼りつけておく。 もっと読む
2017-08-01 四日市市議会 平成29年8月定例月議会(第3日) 本文 そうすると、それに関連しまして、四日市市では、前回の統一地方選挙の際に選挙公報を電子化しまして、いわゆる候補者のポスターですね、ポスターを張る掲示板の左隅ですか、隅っこにQRコードを張りつけて、そのQRコードを携帯にかざすと全候補者の選挙公報が見れるよというシステムを前回からやっていただいています。   もっと読む
2017-06-26 鈴鹿市議会 平成29年広報広聴会議( 6月26日) そうすると,見てる人からすると,そこまで懇切な言葉というふうなことは,別に文字で紙の上に表現する必要はなくて,もし気になれば,議会事務局のほうに電話してくださいでいいわけですし,また,今だとQRコードをつけて,それをホームページとかで見てもらえばいいわけなので,そういうふうにして,まずは文字量を減らして,見た目をすっきりしていくという作業も考えていくべきなのかなという。   もっと読む
2017-03-27 桑名市議会 平成29年第1回定例会(第6号) 本文 開催日:2017-03-27 これに対して、個人番号カードがなければコンビニ交付はできない、個人番号コードの取得を誘導するための据え置きではないのかとの意見がありました。  また、他の委員から、窓口での待ち時間を問う質問があり、待ち時間については確認はしていないとの説明がありました。   もっと読む
2017-03-08 伊勢市議会 伊勢市 平成29年  3月 定例会-03月08日−04号 ◎健康福祉部長(江原博喜君) これにつきましては、国が示しますサービスコード、これに基づく上限でございまして、国の上限ということでございます。   もっと読む
2017-03-01 伊賀市議会 平成29年総務常任委員会( 3月 1日) 平成27年度施策評価シート、政策コード63、施策コード6310、市民活動支援機能等の充実とあります。これは藤岡企画振興部長が評価責任者です。まず基本情報、中間支援をミッションとする団体の育成を図ることにより、多様な主体が協働、連携し、市民活動の支援を行う社会を目指します。これが基本です。   もっと読む
2016-06-22 桑名市議会 平成28年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2016-06-22 通電火災とは、大地震による停電が復旧して、再び電気が通じた際に、倒れていた電気ストーブなどの家電や断線した電気コードが火元となって起こる火災であります。阪神・淡路大震災や東日本大震災でも、出火原因の多くが通電火災だったと言われております。  その通電火災の予防として、感震ブレーカーがあります。感震ブレーカー、これは地震を感知すると自動的にブレーカーを落として電気をとめるものです。 もっと読む
2016-06-21 亀山市議会 平成28年予算決算委員会( 6月21日 総務分科会) あとテント、移動用のアンプ、スピーカー、マイクとかマイクの延長コードとか、そういったものがもろもろとなっております。  あと、関南部地区につきましては、屋外用の体操用のマットとか計量器、大型鍋、座布団、コピー機、掃除機とかプリンター用紙とか机、ベンチなどとなっております。 ○鈴木達夫会長  新委員。 ○新秀隆委員  特に市から定めたものではないというふうに理解してよろしいですか。 もっと読む
2016-06-15 菰野町議会 平成28年第2回定例会(第4日目 6月15日) また、この2枚目、QRコードがついているやつお願いします。ここにQRコードとあります。これを読み込むと簡単にできるんですけど、この簡単にできるものがホームページのトップに来ても別におかしくないんじゃないかなと思います。あっちにいって、こっちにいって、そっちにいって、初めてここに到達するわけです。災害でこれから先、考えるとなれば、こういうものは前面に出したほうがいいと私は考えます。 もっと読む