359件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

四日市市議会 2020-02-02 令和2年2月定例月議会(第2日) 本文

また、学校現場におきましても、スクールカウンセラーはもとより、カウンセリングマインドを持って子供教育相談を行う教職員が大切にしている傾聴につながるものと考えており、今後も大切にしてまいります。  このように、教員以外の人材を活用してチーム学校としての課題解決に向けた取り組みを充実してまいります。  次に、こども家庭課についてご質問いただきました。  

伊賀市議会 2019-09-18 令和元年決算常任委員会( 9月18日)

学校教育課長(林崎 勉君)  この教育相談員といいますのは、ふれあい教室ではなくて、教育研究センターにいていただく方で、この方についても、学校訪問等もしていただきますし、保護者相談も受けていただきますけれども、いじめとか、それ以外にも子供たち子育て支援等も含んだ相談業務になっておりますので、いじめ、それから不登校、これにより特化した内容というのは、先ほどの相談員の方2名、カウンセリングの資格を

伊勢市議会 2019-09-17 09月17日-02号

サポートステーションにおいては、相談カウンセリングによる生活指導ボランティア体験等の簡易なプログラムを通じ、適切な生活習慣と自信をつけることにより、生活における自立を促しております。また、電話応対などのビジネスマナー講座や企業に赴いての就労体験などを行っていただいており、市といたしましても、より効果を高めるため、臨床心理士配置等を実施しております。 

桑名市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-09-12

まず、1)虐待予防についてでございますが、議員御案内のとおり、専門職による妊娠期からの訪問面談カウンセリング、複数回の赤ちゃん訪問など、早い段階でかかわり、支援することで、虐待は防止できると認識しております。  市では、親子健康手帳の発行の際に、保健師助産師などの専門職が現在の体調、産後の支援状況育児環境などを聞き取り、妊婦の心配事などに対しての相談を行っております。

志摩市議会 2019-09-09 令和元年第2回定例会(第3号 9月 9日)

教育部長橋爪正敏) 先ほどの14件に関しましては、保護者からということですが、全体的な相談内容の中でほかのところへつないだというところに関しましては、まず、カウンセリングにつないだのが7件、それから、言葉の教室のほうにつないだのが3件という結果になっております。 ○議長中村和晃) 濱口卓議員。 ○5番(濱口 卓) 10件ですね。

志摩市議会 2019-09-06 令和元年第2回定例会(第2号 9月 6日)

そして、問題解決に向けたアドバイスを行うとともに、臨床心理士によるカウンセリングにつなげたり、ふれあい教室への通級へ導くという対応をしております。  以上です。 ○議長中村和晃) 大西議員。 ○12番(大西美幸) ただいま相談件数について保護者側からと教師側からということで件数を聞きました。

鈴鹿市議会 2019-09-04 令和元年 9月定例議会(第2日 9月 4日)

そのほかの支援策といたしましては,法律相談カウンセリング,相談窓口に関する広報,犯罪被害者等への理解促進取り組みなどがございますが,カウンセリング等につきましては,高度な専門的知識と能力が求められることから,必要に応じ,みえ犯罪被害者総合支援センターと連携し,対応していきたいと考えているところでございます。  以上でございます。

志摩市議会 2019-06-13 令和元年第1回定例会(第3号 6月13日)

また、臨床心理士によるカウンセリングにつきましては、24件実施をされております。相談件数につきましては、4月に7件、5月に12件というふうに多くなってきているという状況です。相談件数が増加をしているというのは、必ずしも喜ばしいことではないものの、子育て等に悩まれる保護者等相談窓口としての役割を確実に果たしているというふうに考えております。  

伊賀市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会(第4日 3月 6日)

特に中学校2年生で実施しております職場体験に関しましても、単に体験・経験に終わらせるのではなく、事前学習においてなぜ参加したいのか、どんな体験をしたいのかについて、また、参加したその後についてもどんな気づきがあったのか、またどんな仕事につきたいかなど、一人一人の思いや希望を取り上げ、キャリアカウンセリングを行っているところです。

亀山市議会 2018-12-17 平成30年教育民生委員会(12月17日)

それからあと教育委員会としましては、この不登校にかかわる研修会事例検討会を開催したり、それから適応指導教室におきまして児童・生徒はもちろん保護者の方も含めてカウンセリング等相談に乗りながら、じっくりと取り組みを進めているところでございます。  あとはここに上げさせてもらったようなことで取り組みを進めている状況です。以上でございます。 ○福沢美由紀委員長  原田教育総務課長

鈴鹿市議会 2018-12-05 平成30年12月定例議会(第2日12月 5日)

普通教室以外の学校施設とは,特別教室や多様な学習対応したスペースカウンセリングルームなどでございまして,小学校で70教室中学校で24教室がこれらの目的を持って使用しており,これを差し引きました小学校教室中学校教室がいわゆる空き教室となってございます。  次に,余裕教室を活用しての地域共生社会の実現に向けた取り組みについて答弁申し上げます。  

松阪市議会 2018-10-09 10月09日-08号

医療活動とかカウンセリングのためのスペース保健室という具体的な明記をしてあるんですが、当然教室のほうも避難所の一部としては活用できるとなっておりますが、先ほど冒頭おっしゃっていただきました学校早期再開というところもありますので、ある事情の方は一部校舎のほうへの避難も可能ですが、早期再開を視野に入れたことを想定するというところで、地域に出向いた際にはそのあたりも御説明させていただいております。 

鈴鹿市議会 2018-09-18 平成30年 9月定例議会(第2日 9月18日)

また,就労困難者への支援心理カウンセリングなどを連携・協働で行い,就労困難者仕事を持ち,可能な限り経済的に自立してもらうことを目指す就労支援ルームを設置しております。市の職員がハローワークに常駐し,双方の専門分野を生かしたワンストップ的就労支援となるこの事業は,全国でも初の取り組みということでございました。