1095件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2019-09-30 令和元年第 5回定例会(第5日 9月30日)

議案第127号、伊賀市建築基準法等関係手数料条例の一部改正についてですが、委員から、認定申請手数料において1件当たりから1棟当たりに改正する理由は何かとの質疑があり、当局からは、建築物エネルギー消費性能の向上に関する法律が改正されたためであると答弁がありました。  また、建築基準法の改正もあったのか、具体的な変更はどのようなものかとの質疑があり、当局からは、建築基準法の改正はない。

亀山市議会 2019-09-27 令和元年 9月定例会(第6日 9月27日)

次に、議案第61号亀山市手数料条例の一部改正については、令和2年2月からマイナンバーカードを利用して各種証明書を交付する証明書等コンビニ交付事業を開始すること、消費税及び地方消費税税率の引き上げに伴い、地方公共団体手数料の標準に関する政令が改正され、令和元年10月1日から施行されること、並びに建築物エネルギー消費性能の向上に関する法律が改正され、複数の建築物に係る建築物エネルギー消費性能向上計画

伊賀市議会 2019-09-11 令和元年第 5回定例会(第4日 9月11日)

じゃないと、やっぱりそれが伊賀市にとってはいいエネルギーやら薬、スパイスになると思いますので、そこはきっちりしてあげてほしいなと。  でも、やっぱり実際に現場で私が今言うたように、現場でこれはもうやめときと言われてしまったら、せっかく大事な意見かもわからへんので、そこで切られてしまうというのは非常にこれは残念な話やし、市民としてもこれは腹立たしい話やと思います。

伊賀市議会 2019-09-10 令和元年第 5回定例会(第3日 9月10日)

そうエネルギーの要るような問題ではないと思います。  それから、3点目、附属機関審議会委員会のあり方について、目的に合った諮問機関になっていますか。ともすれば形骸化しておりませんか。そして、委員の選考基準はどんなんですかというふうなことで、トータル的には非常に幅広くなりますので、一例を挙げてまいりたいと思います。  まず、人選について、年齢制限をしている部分がありますよね。

伊賀市議会 2019-09-09 令和元年第 5回定例会(第2日 9月 9日)

木造の住居は、木の優しさ、温かさによるリラックス効果に加え、他の資材と比べて製造時のエネルギー消費が少ない資材でございまして、地球温暖化防止にも大きく貢献をいたしております。  今後も木材のよさを啓発し、伊賀産木材の需要の増加を図ってまいりたいと考えております。 ○議長(中谷一彦君)  嶋岡議員。 ○11番(嶋岡壯吉君)  ありがとうございます。  

伊賀市議会 2019-09-02 令和元年第 5回定例会(第1日 9月 2日)

改正の理由ですが、本年5月17日に建築物エネルギー消費性能の向上に関する法律の一部を改正する法律公布され、6カ月以内に施行されることに伴い、本条例の一部を改正しようとするものです。  改正の内容ですが、複数棟にわたる建築物エネルギー消費性能向上計画の認定制度について、規定を設けるものです。手数料については、三重県及び県内他市と同様の徴収の仕方としています。  

亀山市議会 2019-08-30 令和元年 9月定例会(第1日 8月30日)

61号亀山市手数料条例の一部改正についてでございますが、市民の利便性の向上を図るため、令和2年2月からマイナンバーカードを利用して各種証明書を交付する、証明書等コンビニ交付事業を開始すること、消費税及び地方消費税税率の引き上げに伴い、地方公共団体手数料の標準に関する政令の一部を改正する政令により、地方公共団体手数料の標準に関する政令が改正され、令和元年10月1日から施行されること及び建築物エネルギー

亀山市議会 2019-06-17 令和元年 6月定例会(第4日 6月17日)

これまで、自動走行や再生可能エネルギーなど、これも市長のご答弁がありましたけれども、さまざまな単一分野や個別分野での、いわゆるスマートシティ的なアプローチというのは日本全国で既に数多く実施されておりますけれども、丸ごと未来都市をつくるという点でスーパーシティ、この構想はこれらと次元が異なっております。  

菰野町議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3日目 6月14日)

過去の議会において、自然エネルギーの提案、あるいは再生可能エネルギーの活用内容について、何パターンも私から一般質問をしてまいりました。いずれも経済コスト面を主に提案してまいりましたが、財源等のコスト面で問題が生じ、厳しい課題で終わっております。  その中でも、木質バイオマスによる再生可能エネルギーについて、2年前にも一般質問をしました。

伊賀市議会 2019-06-14 令和元年第 3回定例会(第3日 6月14日)

ほかにですね、食品を捨てるということは食品が無駄になるということだけでなく、つくるためのエネルギー、また届けるため、あるいは処理するために使ったエネルギー、水、肥料飼料、それから労働力とさまざまなものを捨ててしまうことになるということについてもお話し合いをいただきました。そして、それぞれの方が日々の暮らしの中で少し気を配るだけで食品ロスは減らしていけるということも。

伊賀市議会 2019-06-13 令和元年第 3回定例会(第2日 6月13日)

最適化計画の視点で、総量の縮減は非常にエネルギーが必要です。なぜならば住民の皆様方が利活用をしている施設を縮小しようとするならば、なおさらのことです。住民コンセンサスが得られません。でもね、行政公共施設の管理を一括するということは、住民の皆さん方に迷惑じゃなくして、むしろメリットがある方法ではありませんか。だから、このことが議論にも乗ってこなかったというのが、とても残念でございます。  

志摩市議会 2019-06-10 令和元年第1回定例会(第2号 6月10日)

○市長(竹内千尋) 下村議員御指摘のように、志摩市は全域が伊勢志摩国立公園であるということですし、また、これは前回等の議会でも議論、あるいは答弁した部分もあろうかとは思いますけれども、この再生エネルギーの利活用等については、地球温暖化の防止等の観点から、世界的にも進められておるということであります。

志摩市議会 2019-05-07 令和元年全員協議会( 5月 7日)

夜、勉強を教えに来てもらったことは確かに苦痛なときもあったけども、自分がエネルギーをためる、そんな時間だったと思うというようなことを残して卒業していきました。  その子は、幸い、高校にも合格し、現在、ほとんど休まず登校しているといいます。

志摩市議会 2019-03-22 平成31年予算決算常任委員会( 3月22日)

換気設備保守点検委託料につきましても、東海小学校の全熱交換換気扇という形で換気をされておりますので、空調換気に使用される換気によって失われる空調エネルギーの全熱を交換改修する省エネルギー装置が使われております。こちらにつきましては、エアーフィルターや熱交換機が詰まると性能が低下するため、定期的なメンテナンスが必要と考えております。以上です。 ○委員長(西﨑甚吾) 中村孝司委員。

亀山市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会(第6日 3月12日)

分散型エネルギーについての質問に入りたいと思います。  まず、市内の整備状況と検討課題についてというところでございますが、8年前の東日本大震災の教訓として、大規模集中型の電力システムの脆弱性というものが浮き彫りになりました。今後は、エネルギー地産地消する分散型エネルギーと従来の集中型エネルギーが調和したエネルギーシステムの構築が求められていると考えております。  

伊賀市議会 2019-03-11 平成31年予算常任委員会( 3月11日)

第2表の債務負担行為ですが、エネルギーサービスプロバイダー業務経費ほか9業務について、それぞれ所要の期間と限度額を設定しています。  次に第3表の地方債では、地区市民センター整備事業ほか29事業に充当する市債の限度額及び臨時財政対策債の限度額を定めており、起債の総額は55億5,716万6,000円としています。  

志摩市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第3号 3月 5日)

市長のこの思い、この言葉を信じて、生活排水処理施策への早急な取り組み、そして志摩市内における山林を伐採して行われる再生可能エネルギー発電施設整備事業の規制に期待をしまして、私の質問を終わります。 ○議長中村和晃) 以上で、小河光昭議員の一般質問を終わります。  暫時休憩します。再開は午後4時ちょうどとします。よろしくお願いします。