431件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鈴鹿市議会 2019-07-02 令和元年広報広聴会議( 7月 2日)

表紙でございますが,編集会議で御意見をいただき,3月にオープンしました新名神高速道路鈴鹿PAスマートインターチェンジ写真使用いたしました。  次に,2ページから15ページまでは,2月定例議会の概要,主な議案審査状況,討論,議決一覧,一般質問を掲載いたしました。  続きまして,6月20日発行の第207号でございます。

菰野町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第4日目 6月17日)

しかし、この秋には新名神高速道路の菰野インターチェンジが開通して初めての紅葉シーズンを迎える。このことを考慮しますと、さらに車両による来訪者がふえるというふうなことは十分に考えられますので、湯の山温泉街周辺における駐車場の容量不足の課題克服の検討は、急務であるとも考えております。  

いなべ市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2日 6月 6日)

まず、@さらなる自主財源の確保に向けた市の方針はの御質問でございますが、自主財源の確保といたしましては、東海環状自動車道大安インターチェンジの開通を生かして企業等の誘致を推進し、企業等からの税収、それに伴う人口増による増収や、さらに地域経済が潤うよう政策を進めていくことが必要と考えます。自主財源以外には国の情報を注視し、補助金、交付金の積極的な確保も必要です。

菰野町議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第4日目 3月18日)

2点目について、インターチェンジ付近の区画整理事業について、まず2点お伺いします。  1点目は、この組合設立認可の最終的な時期ですね、これについて、都市計画決定の手続の予定を平成32年3月に計画はされていますが、これにあわせまして、土地区画整理事業の本同意書の取得なしになりますと、すべてが無になるんではないか。このように思っております。  

菰野町議会 2019-03-15 平成31年第1回定例会(第3日目 3月15日)

山とロープウェイと温泉があり、田畑と工場と住宅があるという、一般的な地方都市ではなく、新名神高速道路ができ、インターチェンジができ、新しい国道ができ、全国的にもまれなチャンスと可能性のある都市だと思います。菰野町自体の三重県、そして日本における役割も大きく変わるのではないでしょうか。  そこで、今後の土地政策について、またどのように規制緩和を進めていくのかをお聞かせください。  

菰野町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第2日目 3月14日)

鈴鹿パーキングエリアには、ETC専用のスマートインターチェンジが設けられ、車で高速道路に乗りおりができることから、物流拠点としての利用が見込まれています。  計画地は、四日市市の境近くで、鈴鹿パーキングエリアに一部が隣接をします。物流施設は計約9.9ヘクタール食品工場、約3.4ヘクタールなどを見込み、計600人ほどの雇用を想定しているというものです。  

菰野町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第1日目 3月 8日)

菰野インターチェンジ周辺地区について、平成31年度の土地区画整理組合設立を目指して、地権者向けの勉強会の開催支援等、事業化の推進を図る事業などに取り組みます。  次に、「元気で心豊かな人が育つまち」に関する施策として、老朽化が著しい小学校及び中学校校舎の屋根防水や外壁塗装等の大規模改造工事を行う事業。  

亀山市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会(第2日 3月 6日)

この渋滞の緩和によりまして、交通事故の減少に加え、ジャストインタイムの物資輸送による生産性向上、亀山インターチェンジ及び亀山パーキングエリアスマートインターチェンジ周辺での新たな企業立地の促進や地域雇用の創出が期待されます。  また、関宿などの市内観光においても、定時性が確保されることによりまして自動車での来訪者の増加を期待するところでございます。 ○議長(小坂直親君)  鈴木議員

いなべ市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(第2日 3月 1日)

皆さんがおっしゃいますように、本当にことしは東海環状自動車道、大安インターチェンジの開通、新庁舎の完成と、本市が大きく動き出す年となります。施政方針にありますように、新たな幕あけでございます。その幕あけの中から、新たな庁舎の幕あけ、みんなで支える公共交通、新たな学びの幕あけの3項目についてお尋ねいたします。  まずは、質問事項1、新たな庁舎の幕あけについてです。  

桑名市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-02-27

桑名市高速道路インターチェンジが5カ所と有利なように感じているのですが、近隣地に物流拠点となるような企業立地など、本当に推進しやすいような環境が整っているのかというところですね。  そして、もう1点なんですけれども、多度工業団地に物流拠点などが進出していますが、接続する道路網、市道であったり、県道であったりですが、市道においては大型車両が通行できる環境下に100%対応できているのか。

桑名市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019-02-26

二つ目に、インターチェンジ周辺の開発と企業誘致についてであります。  この件に関しましては、市長も以前から申しておりますようにインターチェンジ周辺の利便性の高い土地利用が全く進んでおりません。その要因をどのように分析されているのか。また、企業誘致を念頭に置いた土地利用の推進をどう考えてみえるのか御説明を願います。

いなべ市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会(第1日 2月21日)

【新たな社会資本の幕開け】  東海環状自動車道の大安インターチェンジが開通し、いなべ市も高速道路ネットワークにつながります。この大安という名は、聖徳太子仏教研究の中心地として道場を創建した奈良大安寺の寺領がこの地にあったことに由来します。戦渦の絶えなかった飛鳥の昔に、太平の世と住民の安楽「天下太平、万民安楽」を願った聖徳太子の思いが「大安」という名に刻み込まれています。

桑名市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-02-20

さて、三重県内を見渡しますと、新名神高速道路の新四日市ジャンクションから菰野インターチェンジ亀山西ジャンクションまでの約23キロメートルの区間が、また、東海環状自動車道の東員インターチェンジと大安インターチェンジ間の6.4キロメートルの区間が3月17日に開通すると発表されました。これにより、長年経済活動の支障になっておりました東名阪自動車道渋滞が劇的に解消することが期待できます。  

四日市市議会 2019-02-07 平成31年2月定例月議会(第7日) 本文

一方、市街化調整区域におきましては、優良な農地などを除いて内陸の既存の工業専用地域に隣接する区域や、大規模な既存工場の跡地、広域高速交通インターチェンジ周辺、北勢バイパスの主要な交差点付近において、既存都市基盤への負荷や周辺の自然や農業環境に配慮しながら生産機能の拡充を図ると、こういった形で方針を掲げているところでございます。