712件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

菰野町議会 2020-03-11 令和 2年第1回定例会(第4日目 3月11日)

しかし、新たに策定された菰野都市マスタープラン四日市都市計画用途地域変更についても、インターチェンジ周辺開発のみで、少子高齢化人口減少に悩む調整区域規制緩和を行う計画は記載されていません。この件について、この1年、どのような議論がなされてきましたでしょうか。お尋ねします。  問題があると認めた上で、解決に向けて、何も実施してないというのは、放置していることと同じ意味です。

菰野町議会 2020-03-10 令和 2年第1回定例会(第3日目 3月10日)

その中でインターチェンジ周辺土地区画整理に基づき、市街地編入の答申がされましたが、私もそれに参加しました。  そこで、今後どうなるか。きょうはたくさん傍聴の方もおみえになりますので、ぜひ住民のお話を聞くとですね、市街地編入区画整理工事が始まってから市街地編入されると理解されているという方もみえると。  また、一体いつから工事が始まるのって。

菰野町議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第2日目 3月 9日)

○こもの輝代表加藤大輝君) 先ほど見ていただきました資料で、何が言いたかったかと言いますと、菰野町はインターチェンジもありまして、やはり観光業者さん、今、町長が言われたのは、直近の4,500人の話なのかなと思うんですが、当初、2月過ぎの状況でも、もう既に2,000人以上のキャンセルもあるっていうことは伺っておりましたので、やはりここの状況も、町で補助体制っていうのはなかなか難しいなと。

津市議会 2020-03-04 03月04日-04号

7つ目、昨年初めての6月議会でも観光目線質問をいたしました津インターチェンジ周辺からなぎさまち開発について、お伺いいたします。     〔「6番目が抜けた」と呼ぶ者あり〕 ◆31番(山路小百合君) あ、すみません。 ○議長岡幸男君) いいよ、ゆっくりやってください。 ◆31番(山路小百合君) すみません、続けさせていただきます。 6番目の集会所の取得について。 

いなべ市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第3日 3月 4日)

特定土地で主なものは福祉センター用地がございまして、大安インターチェンジの南側に約3ヘクタール保有してございます。  (2)今後の開発についてですが、①開発候補地。御質問土地完成土地に分類される土地に当たると思いますが、現在、新たに開発しようとする土地はございません。  ②過疎地開発に向けての調査。御質問調査はいたしておりません。  ④誘致できる可能性のある業界、業態はどのような企業か。

津市議会 2020-03-03 03月03日-03号

中でも、陸の玄関口として重要な役割を担います津インターチェンジ周辺についてでございますが、サオリーナのオープンによって交流人口が大きく増加しておりますし、今後も国体等で集客が期待されるところでありまして、地域未来投資促進法農村産業法施行によりまして、これまで新たな土地利用が困難であった市街化調整区域優良農地、ここが土地利用規制の突破の可能性、一筋の光明が見えてきたというところでございます。 

菰野町議会 2020-03-02 令和 2年第1回定例会(第1日目 3月 2日)

しかし、既に市街地として整備された区域編入を検討するとしているものや人口減少に伴い、このことを踏まえて、菰野インターチェンジ周辺に新たなまちづくり拠点を整備し、町の活性化を図るという考えであることなどの説明がありました。  計画策定については、一通りの手続が終了していることから、内容を変えることは難しい。

いなべ市議会 2020-02-28 令和 2年第1回定例会(第2日 2月28日)

東海環状自動車道大安インターチェンジ完成して、北勢インターチェンジが令和6年までに完成と発表いただいておりますので、そうしますと企業も見通しがつきますから投資をしやすくなります。それに対しての投資ということで、利便性の向上が設備投資を呼び込んでいると思っていただけるとありがたいと思っております。  

亀山市議会 2020-02-27 令和 2年 3月定例会(第1日 2月27日)

まず、企業活動促進・働く場の充実につきましては、新名神高速道路県内本線開通により、東名阪自動車道とのダブルネットワーク機能が発揮され、渋滞緩和や物流の効率化など、亀山インターチェンジ周辺交通拠点性が高まっております。こうした中、民間産業団地亀山関テクノヒルズ」の開発主体三重県と連携を図るとともに、産業振興奨励制度を活用しながら積極的な企業誘致活動を展開してまいります。

桑名市議会 2020-02-27 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2020-02-27

3)、本市は高速道路が充実しており、五つのインターチェンジがあります。中部国際空港から1時間程度で、また、JRと近鉄の名古屋駅から30分程度で本市に到着することができます。このようなことから市民に感染が確認された場合の対応についてをお伺いいたします。  4)感染症患者対応についてお尋ねをいたします。消防署の対応として救急車活動が必要とされるのではないかと考えます。

松阪市議会 2020-02-25 02月25日-02号

また、一志嬉野インターチェンジに隣接して、今年4月に完成予定天花寺テクノランドを含めると、市内の分譲可能な産業用地は9区画、約6.2ヘクタールとなります。ただし、松阪木材コンビナートにつきましては、木材関連事業のみを立地条件としておりますので、その部分を除きますと、3区画、3.7ヘクタールに限られるのが現状でございます。

桑名市議会 2020-02-20 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2020-02-20

三重県内の動向に目を向けますと、昨年3月に新名神高速道路の新四日市ジャンクションから亀山西ジャンクションまでの区間と、東海環状自動車道の東員インターチェンジから大安インターチェンジまでの区間が開通いたしました。  これにより、人や物の交流、移動に長年支障となっておりました東名阪自動車道渋滞回数が大幅に減少しました。

四日市市議会 2020-02-05 令和2年2月定例月議会(第5日) 本文

例えば、今鈴鹿市のスマートインターチェンジの近く、あそこも多分農業振興地域入っているかと思うんですが、そこを流通拠点にしようというような動きを鈴鹿市はやっています。  やろうと思えば市と県、そういった部分が力を合わせればできることはたくさんあるかと思います。ただ、そのやる気があるかないか。それが大事かなというふうに私は考えております。  

菰野町議会 2019-12-02 令和元年第4回定例会(第1日目12月 2日)

まず、全体構想(案)は、新たなまちづくりの将来像を「人・自然・地域を笑顔でつなぐ魅力あふれるまち」と設定し、その実現に向けた目標として、①菰野インターチェンジを新都市拠点とした多極ネットワーク型のまちづくり、②健やかな子育て環境を創り出し、暮らしやすさを実感するまちづくりなど、5つのまちづくりに向けた目標が挙げられており、町内の各拠点公共交通などで結びつけ、多極ネットワークの形成や車中心の生活に新