6793件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伊賀市議会 2021-03-10 令和 3年第 1回定例会(第5日 3月10日)

それと、あと接種証明でございますけれども、現在、業者を委託しまして接種券接種クーポン券の印刷を発注しております。その中にシールになっておるんですけども、接種証明書というふうなシールがございまして、接種をされたら最後にその場所でそのシール接種済み書ということで貼っていただいて、それが接種済み書となるということでございます。 ○議長近森正利君)  中谷議員

伊賀市議会 2021-02-26 令和 3年産業建設常任委員会( 2月26日)

それごとに事業名を改正するというよりは、今回、大きな枠で条例を改正してございますので、あとは規則のほうで詳細な負担率等々も、この指針にのっとって御負担いただく部分、あるいは免除といいますか、減額する部分も含めて対応していきたいというふうに考えてございます。 ○委員長嶋岡壯吉君)  ほかにございませんか。                 

伊賀市議会 2021-02-25 令和 3年教育民生常任委員会( 2月25日)

また、一般会計から繰り入れておりますけれども、事務費に対して繰り入れてる分はもうそのまま事務費に使っておりますが、それ以外の保険基盤安定繰入金ですとか、国保財政安定化支援事業繰入金については、上の歳出支払いに充てるということで、あと前年度の繰越金それらを含めた歳入23億7,800万円余りを歳出のほうで充てておりますので、目的のために頂いた交付金についてはそのまま使わせてもらっておりますが、このように

伊賀市議会 2021-02-25 令和 3年総務常任委員会( 2月25日)

委員安本美栄子君)  入湯税の使い方と温泉公社存続という関係でちょっとお伺いするんですけど、まず、入湯税このままやりますよ、外来というのか、その人は減免しますよみたいなことの話ですけれども、入湯税の使い道、つまり入湯税をそっくりそのまま施設へ使ってもらうと、温泉公社のほうで使ってもらうと、その温泉公社は、あと足らん分自分たちで出して存続をできるのかというようなところの話合いとか議論というのはどうでしょうか

伊賀市議会 2021-02-22 令和 3年第 1回定例会(第4日 2月22日)

そこで質問しますが、この上下水道部における労働関連法令違反行為をどのように是正してきたのか、また、このような事態をどう受け止めているのかということを、あと是正勧告の詳細の説明ということも含めて管理者答弁を求めます。 ○議長近森正利君)  上下水道部長。 ○上下水道事業管理者職務代理者(兼上下水道部長)(高木忠幸君)  失礼いたします。

亀山市議会 2021-02-15 令和 3年第1回臨時会(第1日 2月15日)

あと最近県が打ち出した県の農産物や魚介類のキャンペーンとかイベント等しか私は思いつかないんですけれども、どんな支援事業のメニューを想定した中で、なぜこの事業を選択したか、端的にお願いします。 ○議長(中﨑孝彦君)  大澤産業建設部長。 ○産業建設部長大澤哲也君)(登壇)  現在、三重県におきましても独自の緊急警戒宣言が出されておるところでございます。

鈴鹿市議会 2021-02-10 令和 3年総務委員会( 2月10日)

上でも下でもちゃんと操縦できるということも分かりましたし,あと職員に協力いただいてリフター機能も見せていただきましたんで,あと消防長を初めしっかりと説明をしていただきまして,いい視察だったと思います。  以上です。 ○宮本委員長  ありがとうございます。では,私も発言させていただきます。             

鈴鹿市議会 2021-02-09 令和 3年全員協議会( 2月 9日)

あと県に支払う事業費納付金との関係につきましては,事業費納付金のほうは,毎年,仮算定,確定と,二度にわたって算出をされてくるのですが,今年度は特に新型コロナウイルス感染症の影響の見込みが立たないというようなことから,三重県のほうが納付金をほぼ確定という形で,最初,提出してきましたので,それに基づきまして,私ども歳入歳出のバランスを決めさせていただいたのですが,この納付金に関しまして,今後増大するというような

鈴鹿市議会 2021-01-22 令和 3年文教環境委員会( 1月22日)

そうすると,生徒たちはだらだらとやっているわけではなくて,時計を見ながら自分たち進捗管理をして,「あともう少しだからまとめやんとあかんな」というようなことを,班や,それから個人で考えて作業を進めたりしております。  その次のスライドも調べ学習で使っている場面ですけれども,これは,学校図書館の中で調べ学習をして,資料の作成をしているところです。

鈴鹿市議会 2021-01-08 令和 3年産業建設委員会( 1月 8日)

あとは市民の情報,ここら辺で大体穴ぼこを補修,修繕するというふうなことであります。とりわけ鈴鹿市の道だけということの,市道だけでありますけれども,毎日のように道へ行って補修,そしてまた穴ぼこの修理,御覧になっとるということで,大変やなという思いもありました。  以上でございます。 ○中村委員  御苦労さんでございました。  

志摩市議会 2020-12-25 令和 2年議会運営委員会(12月25日 2)

議会事務局長山下雅彦) どのような話を、その通告された後も、議員皆さん執行部と話をされていると思うんですが、一つ、これは執行部側から言われたことなんですが、通告順番どおり質問をしていないという方も見えまして、そうなりますと、通告どおり答弁を作っていたのが、前後してしまうと、うまく、そこはかみ合わなかったことも実際ありましたし、あと確かに言われるように、質問の趣旨と、要旨に対して、違うような

伊賀市議会 2020-12-24 令和 2年総務常任委員会(12月24日)

人事課長中西孝治君)  おっしゃるように、今のところそのたくさんの施設で一遍に発生しているということはないので、部の中で調整をしていただいておりますが、今後そういったうふうに、複数の施設で一遍に発生するということも考えられますので、その場合にどういった取扱いにするかというのは、こちらが通ったあと調整をしまして、庁内で無理のない配置の中でそういった消毒業務が行えるような体制を整えてまいります。

桑名市議会 2020-12-23 令和2年教育福祉常任委員会 本文 開催日:2020-12-23

世代共生型社会の実現という大きなとか、あとは公立の保育所とか私立保育所の問題、大きな問題があって、この議案第134号というのは、その事業の中の細かい関係条例の整備についての議案なので、大きな方針は所管事務調査でもっと皆さん委員間討議して話し合うべきもので、この議案第134号に関しましては、伊藤真人委員から提出されたことは少し範疇を超していると考えますので、私はこれ、1番は全て範疇を超しているかなと

志摩市議会 2020-12-23 令和 2年議会改革特別委員会(12月23日)

もう一つは、もう一回言いますけど、あともうちょっと調べて、例えば、これを質疑するんやったら、例えばの話、おおぞら児童園予算がどんなんやと言うんやったら、例えばの話ですよ、これは、当初予算書91ページのちょっと右側の中段よりちょっと上のほうに書いてありますけど、167万円というのが。そういうのを全部調べてから、最低限のことを調べてから質疑をなされるのが議員なのかなと。

伊勢市議会 2020-12-23 12月23日-07号

これは、やるべきことをやれということで承ったらそのようなことだと思いますので、説明者の方も全体的な議会の流れの中でこういう文書を作られたんだとは思うので、その部分について理解をし、あと内容について、私はちょっといかがかなと思っておるので、判断を言う必要はないと思いますので、以上で終わっておきます。 ○議長浜口和久君) 他に御発言はありませんか。     

菰野町議会 2020-12-22 令和 2年第4回定例会(第6日目12月22日)

総務財政常任委員会委員長益田和代君) 委員会の中でも、今まで公助だけというわけではなくて、みんなで一緒にやっていこうという中で、啓発の意味で、このような形でしたっていうことで、この「今後も」、この「基本目標−共通」っていうところが中心になっての審議で、あとは評価をされているところでした。