鈴鹿市議会 > 2020-01-08 >
令和 2年広報広聴会議( 1月 8日)

ツイート シェア
  1. 鈴鹿市議会 2020-01-08
    令和 2年広報広聴会議( 1月 8日)


    取得元: 鈴鹿市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-03-25
    令和 2年広報広聴会議( 1月 8日)                 広報広聴会議会議録   1 日 時   令和2年1月8日(水) 2 場 所   第1委員会室 3 出席者   副議長   山口 善之   議  員  明石 孝利         議  員  野間 芳実   議  員  大杉 吉包         議  員  池上 茂樹   議  員  大西 克美         議  員  田中  通   議  員  石田 秀三         議  員  宮木  健 4 欠席者   議  長  森 喜代造 5 事務局   参事兼議事課長  亀井 正俊   書  記  小比賀啓二         書  記     山本 保志 6 会議に付した事件  1 議会報告会について   (1)高校生対象議会報告会について   (2)今後の議会報告会について  2 議会基本条例検証について  3 その他   (1)次回の広報広聴会議の開催について
      (2)その他              ――――――――――――――――                 午前10時30分開会 ○山口副議長  それでは,出席議員定足数に達しておりますので,これより広報広聴会議を開会いたします。  本日,議長は,鈴鹿四日市道路建設促進期成同盟会の国土交通省等への要望活動に参加のため,東京都に出張されておりますので,広報広聴会議規程第4条第2項の規定により,私が議長の職務を行わせていただきますので,よろしくお願いいたします。  本日の事項は,議会報告会について及び議会基本条例検証についてでございます。  なお,高校生対象議会報告会について,本日,御協議いただきますが,議会報告会高校生対象班の班長であります宮木議員から開催要項案の説明をいただきたいと思いますので,宮木議員に出席を求めたいと思います。これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○山口副議長  御異議ないものと認めます。よって,そのように決定いたしました。  宮木議員,席の移動をお願いいたします。              〔宮木健議員説明議員席に着く〕 ○山口副議長  それでは,事項書に基づき進めさせていただきます。  事項1,議会報告会についてでございます。  (1)高校生対象議会報告会についてですが,まず,開催要項案につきまして,高校生対象班,宮木班長から報告いただきたいと思います。  それでは,宮木班長,御報告をお願いいたします。 ○宮木議員  改めまして,明けましておめでとうございます。  それでは,お手元に配付させていただきました高校生対象議会報告会の開催要項案について御説明させていただきます。  先日まで班会議を行いまして,各リーダーに各学校に行っていただきまして,対象高校・日時・会場・対象生徒数がおおむね把握できましたので御報告させていただきます。  石薬師高校,神戸高校につきましては,1月27日の月曜日,石薬師高校は3時半から4時半,これは会議室で生徒会を中心とした約10人ほどの生徒,神戸高校は,同日の4時15分から5時5分という流れで,この1月27日につきましては,45分ぐらいの時間差を設けて2校同日開催させていただきます。  飯野高校につきましては,1月29日の水曜日午後2時25分から3時15分,体育館にて,これは160名の生徒で開催させていただきます。  稲生高校につきましては,1月30日の木曜日午後4時から4時50分までの間で視聴覚室で,これもおおむね生徒会を中心とした約10名ほどということです。  現状,私たちの高校生対象班の参加議員が割り振りを行いまして,石薬師高校につきましては,山中,船間,宮木,神戸高校につきましては,高橋,中西,田中 通議員,飯野高校につきましては,高校生対象班の班員全員と,生徒対象者が160名おりますので4常任委員会の委員長の出席を求めたいと思います。稲生高校につきましては,高校生対象班全員で対処するということであります。  議長副議長においては,全ての高校に参加していただくということで,1月27日につきましては,石薬師高校での挨拶終了後,神戸高校に移動していただきます。  石薬師高校,神戸高校の2校は,当然班員も2つに分かれることもありまして人数が不足されると思われますので,この後,お諮りいただきたいと思いますが,各一,二名の参加者の御協力をお願いしたいと思います。  飯野高校につきましても,高校生対象班の班員と4常任委員会の委員長が出ていただきますけども,傍聴参加者という表現でございますが議員の方々のそれぞれの任意の参加も募らせていただきます。  内容及び構成についてですが,石薬師高校,神戸高校,稲生高校については,第1部でパワーポイントの資料に基づいて,お手元の資料があると思いますが,また改めて説明させていただきます。それから,第2部においては,事前アンケートをもとに意見交換を行うという。  飯野高校につきましても,同じように第1部でパワーポイントの資料の説明の後,第2部でアンケートからテーマをピックアップした形で,簡潔に報告の意見交換会をしたいと思っております。  役割分担のほうですが,表記にありますように,石薬師高校,神戸高校,飯野高校,稲生高校,それぞれ進行役等々を割り振ってみました。  その結果,石薬師高校,神戸高校に,若干名の御協力をいただきたいということでございます。  資料は,別紙にありますけども,パワーポイントの映写に当たっては,各学校の備品のプロジェクターを使って,印刷は学校側のほうで準備していただけるということで進んでおります。  簡単な説明になりますが,あとパワーポイントの資料については,お目を通していただきまして,この後,お諮りいただきたいことは,希望者の集約,それから進行についての御意見をいただければと思います。  以上です。 ○山口副議長  報告は終わりました。ただいまの件につきまして,何か御意見がありましたらお願いいたします。 ○明石議員  希望者というのは,この場で申し込まさせていただいてよろしいんですか。それとも,後日になるんでしょうか。 ○山口副議長  今からそれをお話しさせてもらいます。会派でまとめていただくというのを今から言いますので。  ほかにはよろしいでしょうか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○山口副議長  では,御意見がありませんので,要項案のとおり開催したいと思いますが,これに御異議ございませんか。               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○山口副議長  御異議ございませんので,高校生対象の議会報告会につきましては,そのように開催することに決定いたします。  それでは,先ほど説明がありましたが,石薬師高校と神戸高校への参加希望者及び飯野高校への傍聴希望者につきましては,1月14日火曜日までに事務局まで氏名を御報告いただきますようお願いいたします。  参加希望者が多い場合は,正副議長と宮木班長で期数などを考慮した上で,人数の調整をさせていただきます。参加議員が全て決定しました最終要項につきましては,文書で各会派へ配付させていただくこととします。  次に,(2)今後の議会報告会についてですが,前回の広報広聴会議では,次回の一般対象議会報告会の開催方法等について皆様から御意見をいただきました。別紙3にまとめてありますのでごらんください。  本日は,令和2年度の開催に当たっての検討課題につきまして御協議いただきたいと思います。  まず,開催回数及び時期について御意見をお願いいたします。 ○明石議員  前回お話しをさせていただきましたが,前回の形で,1会場で4常任委員会をやられましたけど,非常に多くの方が見えたということですばらしいと思うんですが,それ以外の中で,もしできるんでしたら,それぞれの会場の中,狭いかもわかりませんが,各委員会でそれぞれのグルーピングをしていただいて,その中でワールドカフェなんかができないのかというふうな意見がありました。  回数的には,それをやって,あとは,高校生のがありますので,前回意見の一番上のところに賛成という形でございます。  以上です。 ○大西議員  委員会ごとにやっていったらどうかなというふうに思います。  以上です。 ○野間議員  前回やったような年1回で1カ所でやってもいいんじゃないかなと思っております。  それともう1点,高校生対象の議会報告会を今回もやっていただきますけど,結局これを見ていると石薬師高校,神戸高校,飯野高校でも生徒会の方10名ぐらいを対象にやるということが果たして意味があるのかどうか。だから,高校生対象にやるのも一遍再度検討したほうがええのかなというふうに思っております。  以上です。 ○池上議員  うちは,やっぱり年に1回は今回やったような4常任委員会でやっていくほうがいいのではないかということでまとまりました。  以上です。 ○大杉議員  私のほうも,今回のような形でもう一度やって,あとまたいろいろ地域でやるような方法もあろうかと思いますので,とりあえず次回は,昨年のようなやり方でというふうな形がよろしいかと思います。 ○山口副議長  次に,開催場所と内容についてですが,先ほどの意見もありますが,再度,今までの意見と違うことがあれば御発言願えればと思いますが。よろしいですか,先ほどの御意見で。 ○亀井参事兼議事課長  1つ補足説明をさせていただきますと,先ほど野間議員から高校生対象議会報告会の件がありましたけれども,今年度はこういった形で各高校へ行っていただくということでございましたが,その前の年は,議場で行っていただきました。今年度については,改選期ということで,議場で行う準備が整わなかったという点も1つあってこういう形になっておりますので,前年にやったような形も含めて,また御検討いただければというふうに思います。 ○山口副議長  よろしいでしょうか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○山口副議長  では,次年度の議会報告会につきましては,引き続き御協議いただきたいと思いますので,会派で御協議いただきますようよろしくお願いいたします。  また,次年度の高校生対象の議会報告会につきましても,次回の広報広聴会議で御協議いただきますので,事前に各会派で御協議いただきますようお願いいたします。  それでは,この件については以上とします。  次に,事項2,議会基本条例検証についてですが,前回の広報広聴会議において,検証方法などにつきまして各会派で検討いただき,文書で提出することとされました。各会派から提出されました意見は別紙4のとおりでございます。  まず,各会派からそれぞれ御説明願いたいと思います。 ○大杉議員  記載させていただいておりますとおりでございますので,方法としては,各市の状況を確認いただいて,鈴鹿市がどうあるべきかというふうな形での検証をしていただければなと。  それから項目については,特に第3章を,要は市民というものが一番大事ですので,情報共有市民の方がいかにしていただけるかというところを検証いただきたいと思います。  手直しは,そんなに必要はないと思いますので,しっかりと今の条例を前進していただけたらなというふうに考えておりますのでよろしくお願いいたします。 ○池上議員  うちは,予算決算委員会のあり方ということで,一昨年,議会運営委員会多摩市議会を視察させていただいたときに,決算審査において政策の評価などをやっていましたので,そういうふうなことを条例に入れられるのかどうかというのはちょっと難しいんですが,そういうこともやっていく必要もあるのではないかなと思いましたのと,もう1つ,ここに書いていないんですけど,常任委員会の任期が今1年で終わっていますけど,そこもやっぱり2年任期ぐらいにしていくのがいいのではないかと思っています。  それは,今回も提言をするんですけど──1月15日でしたか──その提言をして次の年になったら,そのメンバーが誰も残っていなかったりとか,その検証も次の年にするので,そういったことで4年の任期で2年,2年のそういうふうな常任委員会の任期にしていくことが大事ではないかということで思っています。  以上です。 ○野間議員  自由民主党鈴鹿市議団です。うちの会派では,別に今,検証すべき事項というのは特にはないような気がしております。もう7年か8年たつわけですけど,報告会等も既にきちっとやっておるし,現状特に問題はないのかなというふうに思っていますので。  以上です。 ○大西議員  市民クラブです。  一応そこへ書かせていただいてありますとおり,会派で,検証してはどうかということでこのような項目を挙げさせていただきました。特に,若い議員の意見を反映して,1期生の方も去年までは市民だった目線というのがあるので,若い議員から見て,この議会基本条例はどうなんだろうというようなのを一遍検証したらどうかというような話があって,ここへ記載させていただいております。  近隣自治体,他市との兼ね合い等も踏まえて,先ほど野間議員が言われましたけど,7年,8年たってきたのでそろそろ中間的に一遍見直しながら検証していくというようなスタイルで。毎年毎年やっていてはちょっとあれですので,中間見直しみたいな形の検証をやっていったらどうか。それで若い議員中心に,その意見も取り入れたらどうかというようなところで書かせてもらいました。  以上です。 ○明石議員  鈴鹿太志会の明石です。  私どもは,この議会基本条例第29条の中で,見直し云々というものが書いてあります。文言的には「市民の意見,社会情勢の変化等を勘案し,この条例目的が達成されているかどうか」ということが起点になりますので,できてから8年目を迎えておりますので,これについてはやっぱり検証すべきではないか。8年間のブランクというかタームがありますので,その中については,新しい方もいらっしゃいますので,やはり一遍全ての条文について検証してみたらどうか。  ただし,その検証を行う場合に,議会基本条例をもう既につくられて改正されている,例えば有名な栗山町議会基本条例がありますし,それ以外にも可児市とかいろいろありますので,そういうようなところのほうに,できれば一遍検証等についてのアンケートとか,あるいはまた議会基本条例,これの基本的なことなんですけども,市民について,これについて考えていることの要望,アンケートを,検証の前に一遍実施したらどうかというような意見がございました。  検証すべき事項については,具体的にここに記載させてもらっています,第2条,第6条,第7条,第11条,第13条,第14条,第20条そして第29条の見直しなんですが,この見直しについても具体的な見直し手続,そういうようなものについても検討したらどうかというような意見がございました。  あとその他の協議・議論を行うことが必要なことなんですけども,当然検証すれば,それなりの成果物が出てきますので,その成果物についてどのような形で対応していくのか,そしてその検証後の流れについても事前に一応議論というか決めてもらったほうがいいんじゃないかなというような,そういうふうな意見がございました。  以上が鈴鹿太志会の意見です。 ○山口副議長  これに関しては日本共産党,それから鈴和にもちょっと御意見を聞きたいと思います。 ○石田議員  条例そのものの内容についてはいいと思うんですけども,条例の趣旨とか精神に沿った運営の仕方というのは,いつも各派代表者会議でも議会運営委員会でもその都度その都度,必要なことを議論して変えるべきところは変えているということですから,それでいいと思います。  検証ということで言っても,この広報広聴会議でというふうに言いましたけども,これも実際は会議のたびにいろいろ議論して,それでいい方向に行こうというふうになっておりますから,今やっていることをここに書いたという程度のことでありますけども,条例そのものの条文がというよりも,その趣旨,精神をどう生かしていくかというのは,毎回の議会運営委員会とか各派代表者会議とかそういうところでいろいろ議論されているので,それはそれでいいと思います。  以上です。 ○田中議員  鈴和の田中です。  私どもも市民クラブとよく似ているところがあるんですが,会派内での読み合わせを年1回以上,随時行っていけばいいのではないかと。そこで気づく点があれば広報広聴会議などで稟議を出していけばいいかなと思います。  そして,現状非常によくつくり込まれていると思いますもので,現在検証すべき事項としては,今回は特になしということになりました。  報告は以上です。 ○山口副議長  それでは,今皆さんから御意見いただいたものを議長,そして私とまたちょっと話を詰めさせていただきまして,次回の検証にさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。  では次に,事項3,その他でございます。  (1)次回の広報広聴会議の開催につきましては,議会報告会及び議会基本条例検証について御協議いただくため,2月3日月曜日の各派代表者会議に引き続き開催しますのでよろしくお願いいたします。  次に,(2)その他でございますが,何かありましたら御発言ください。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○山口副議長  別段ございませんので,これで広報広聴会議を閉会いたします。  お疲れさまでした。                 午前10時52分閉会              ――――――――――――――――...