伊勢市議会 > 2013-06-24 >
伊勢市 平成25年  6月 定例会-06月24日−01号

ツイート シェア
  1. 伊勢市議会 2013-06-24
    伊勢市 平成25年  6月 定例会-06月24日−01号


    取得元: 伊勢市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-26
    DiscussNetPremium 伊勢市 平成25年  6月 定例会 − 06月24日−01号 伊勢市 平成25年  6月 定例会 − 06月24日−01号 伊勢市 平成25年  6月 定例会           平成25年6月伊勢市議会定例会会議録 議事日程                    平成25年6月24日(月)午前10時開会 日程第1 会議録署名議員の指名について 日程第2 会期の決定について 日程第3 議案第46号 平成25年度伊勢一般会計補正予算(第2号) 日程第4 議案第47号 平成25年度伊勢市病院事業会計補正予算(第2号) 日程第5 議案第48号 平成25年度伊勢市水道事業会計補正予算(第1号) 日程第6 議案第49号 伊勢災害派遣手当等の支給に関する条例の一部改正について 日程第7 議案第50号 伊勢市市税条例の一部改正について 日程第8 議案第51号 伊勢都市計画税条例の一部改正について 日程第9 議案第52号 伊勢市半島振興対策実施地域における固定資産税の特例措置に関する条例の一部改正について 日程第10 議案第53号 伊勢保健福祉会館条例の一部改正について 日程第11 議案第54号 伊勢市子ども・子育て会議条例の制定について 日程第12 議案第55号 伊勢市新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について 日程第13 議案第56号 伊勢自転車等の放置防止及び適正な処理に関する条例の制定について日程第14 議案第57号 伊勢市営宇治駐車場条例の一部改正について 日程第15 議案第58号 鳥羽市との定住自立圏形成協定の締結について
    日程第16 議案第59号 志摩市との定住自立圏形成協定の締結について 日程第17 議案第60号 玉城町との定住自立圏形成協定の締結について 日程第18 議案第61号 度会町との定住自立圏形成協定の締結について 日程第19 議案第62号 大紀町との定住自立圏形成協定の締結について 日程第20 議案第63号 南伊勢町との定住自立圏形成協定の締結について 日程第21 議案第64号 明和町との定住自立圏形成協定の締結について 日程第22 議案第65号 財産の処分について 日程第23 議案第66号 伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約について 日程第24 議案第67号 倉田山公園野球場グラウンド改修工事の請負契約について 日程第25 議案第68号 市道の路線の廃止について 日程第26 議案第69号 市道の路線の認定について 日程第27 議案第70号 伊勢監査委員の選任につき同意を求めることについて 日程第28 議案第71号 人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて 日程第29 議案第72号 人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて 日程第30 平成25年請願第1号 国民健康保険料の引下げを求める請願 日程第31 平成25年請願第2号 消費税増税の中止を求める意見書の提出を求める請願 日程第32 平成25年請願第3号 風疹の予防接種費用に公費助成を求める請願 日程第33 平成25年請願第4号 TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加に反対する請願 本日の会議に付した事件  1.平成25年度伊勢一般会計補正予算(第2号)  1.平成25年度伊勢市病院事業会計補正予算(第2号)  1.平成25年度伊勢市水道事業会計補正予算(第1号)  1.伊勢災害派遣手当等の支給に関する条例の一部改正について  1.伊勢市市税条例の一部改正について  1.伊勢都市計画税条例の一部改正について  1.伊勢市半島振興対策実施地域における固定資産税の特例措置に関する条例の一部改正について  1.伊勢保健福祉会館条例の一部改正について  1.伊勢市子ども・子育て会議条例の制定について  1.伊勢市新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について  1.伊勢自転車等の放置防止及び適正な処理に関する条例の制定について  1.伊勢市営宇治駐車場条例の一部改正について  1.鳥羽市との定住自立圏形成協定の締結について  1.志摩市との定住自立圏形成協定の締結について  1.玉城町との定住自立圏形成協定の締結について  1.度会町との定住自立圏形成協定の締結について  1.大紀町との定住自立圏形成協定の締結について  1.南伊勢町との定住自立圏形成協定の締結について  1.明和町との定住自立圏形成協定の締結について  1.財産の処分について  1.伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約について  1.倉田山公園野球場グラウンド改修工事の請負契約について  1.市道の路線の廃止について  1.市道の路線の認定について  1.伊勢監査委員の選任につき同意を求めることについて  1.人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて  1.人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて  1.国民健康保険料の引下げを求める請願  1.消費税増税の中止を求める意見書の提出を求める請願  1.風疹の予防接種費用に公費助成を求める請願  1.TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加に反対する請願 出席議員(28名)       1番  野崎隆太君      2番  吉井詩子君       3番  世古 明君      4番  野口佳子君       5番  岡田善行君      6番  福井輝夫君       7番  辻 孝記君      8番  吉岡勝裕君       9番  広 耕太郎君    10番  品川幸久君      11番  藤原清史君     12番  山根隆司君      13番  長田 朗君     14番  黒木騎代春君      15番  西山則夫君     16番  上田修一君      17番  中川幸久君     18番  小山 敏君      19番  杉村定男君     20番  浜口和久君      21番  工村一三君     22番  山本正一君      23番  佐之井久紀君    24番  宿 典泰君      25番  世古口新吾君    26番  長岡敏彦君      27番  中村豊治君     28番  中山裕司君 欠席議員(0名)       なし 職務のため議場に出席した事務局職員   事務局長     中川芳明君   事務局次長    杉原正基君   議事係長     伊藤 亨君   調査係長     津村将彦君   書記       中野 諭君   書記       中川浩良君 説明のため出席した者   市長       鈴木健一君   副市長      松下 裕君   病院事業管理者  藤本昌雄君   会計管理者    中井宏明君   総務部長     藤本 亨君   情報戦略局長   森井 啓君   環境生活部長   可児文敏君   健康福祉部長   山本辰美君   産業観光部長   三浦 徹君   都市整備部長   高谷幸良君   二見総合支所長  中村龍平君   小俣総合支所長  森 明彦君   御薗総合支所長  内田 豊君   上下水道部長   川口 薫君   病院事務部長   佐々木昭人君  消防長      大西邦生君   総務部理事    白木信行君   産業観光部理事  奥野喜久君   消防本部次長   竜田博史君   総務課長     北 一晃君   行政経営課長   大西要一君   教育委員会委員長 中居信明君   教育長      宮崎吉博君   教育部長     玉置行弘君   教育次長     早川和夫君   監査委員     鈴木一博君   選挙管理委員会委員長            鈴木市郎君 △開会 午前10時00分 △開会の宣告 ○議長(杉村定男君) ただいまから市議会定例会を開会いたします。  本日の出席者は全員ですので、会議は成立しております。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △諸報告 ○議長(杉村定男君) 本議会の議案等説明のため、市長、教育委員会委員長、選挙管理委員会委員長、農業委員会会長、監査委員の出席を求めましたところ、市長から副市長、病院事業管理者、会計管理者、各部長、局長、各総合支所長、消防長、各理事、各次長、各参事、各課長、各室長、消防署長、各副参事、各消防署副署長、嘱託員を、教育委員会委員長から教育長、部長、次長、各課長、所長、各参事を、また選挙管理委員会委員長、農業委員会会長、代表監査委員からそれぞれ事務局長を説明補助員として議場に出席承認方の申し出がありましたので、これを承認いたしておきましたから御報告いたします。  会議に入ります前に、去る4月18日に開催されました東海市議会議長会定期総会並びに5月22日に開催されました全国市議会議長会定期総会におきまして、長岡議員が議員在職25年以上の、中山議員が議員在職20年以上の特別表彰を受けられ、世古口議員が議員在職15年以上の、また、広副議長、品川議員、藤原議員、山根議員、長田議員、黒木議員、西山議員、上田議員、小山議員、工村議員が議員在職10年以上の一般表彰を受けられ、また、西山議員が全国市議会議長会理事としてその運営に功績があったとして感謝状を贈呈され、議長が代理受領してまいりましたので、ただいまから表彰状及び感謝状の伝達を行います。なお、私、杉村も議員在職10年以上の一般表彰及び全国市議会議長会理事として感謝状を受けましたので御報告申し上げます。  それでは、表彰状及び感謝状の伝達を行います。      〔表彰状伝達〕 ○議長(杉村定男君) 以上で、表彰状及び感謝状の伝達を終わります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △開議の宣告
    ○議長(杉村定男君) 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。  それでは、会議に入ります。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △会議録署名議員の指名 ○議長(杉村定男君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。  本議会の会議録署名者は、会議規則第87条の規定により、議長において14番、黒木議員、15番、西山議員の御両名を指名いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △会期の決定 ○議長(杉村定男君) 次に、日程第2、「会期の決定について」を議題といたします。  お諮りいたします。  本議会の会期は、本日から7月10日までの17日間と決定いたしまして、御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。  よって、本議会の会期は本日から7月10日までの17日間と決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第46号外2件一括上程、説明 ○議長(杉村定男君) 審議の都合により、日程第3、「議案第46号平成25年度伊勢一般会計補正予算(第2号)」から日程第5、「議案第48号平成25年度伊勢市水道事業会計補正予算(第1号)」に至る3件を一括議題といたします。  議案の朗読を省略いたします。  当局の説明を求めます。  市長。 ◎市長(鈴木健一君) それでは、議案の説明の前に、ただいま受章された皆様方に心からお祝いとお喜びを申し上げます。これまで以上に市政、そして市民生活の福祉向上、そして伊勢市の発展にさらなるお力添えをお願いしたいと思います。  それでは、議案の説明にまいります。  ただいま一括上程されました「議案第46号平成25年度伊勢一般会計補正予算(第2号)」外2件につきまして御説明を申し上げます。  まず、「議案第46号平成25年度伊勢一般会計補正予算(第2号)」につきましては、新規事業を初め、国・県補助金の決定等による事業費の変更、地域の元気臨時交付金活用事業及び行政運営上、早急に予算化を必要とする諸経費を合わせた追加補正を行うとともに、平成24年度の国補正予算第1号に対応するため、平成25年度当初予算から平成24年度予算へ前倒しをした各事業の計数整理に伴う減額を行うため、総額では7,243万5,000円の減額補正をお願いするものでございます。補正後の歳入歳出の総額は、それぞれ483億6,212万7,000円となるものでございます。  それでは、歳出の主なものについて御説明を申し上げます。  まず、総務費における自主運行バス事業に要する経費、民生費における障害者支援施設の耐震化整備及びアレルギー等対応特別給食の提供に対する補助に要する経費、衛生費における風しんワクチン接種緊急助成事業及び共同墓地整備事業補助に要する経費、農林水産業費においては漁港及び海岸の維持管理に要する経費、土木費では橋梁の長寿命化に要する経費、消防費においては救急車の購入に要する経費、教育費では小学校中学校の教材の整備及び世界陸上競技選手権大会の出場選手を激励する事業に要する経費を計上いたしております。また、総務費、民生費、衛生費、土木費及び教育費において、地域の元気臨時交付金を活用し実施をするエレベーターの防災対策改修に要する経費をそれぞれ計上いたしております。  以上が歳出の主なものですが、これらに要する財源としては、分担金及び負担金、国・県支出金、繰越金、諸収入及び市債を充当することとしております。  なお、歳出予算に関連して、債務負担行為及び地方債につきましても所要の補正を行っております。  次に、「議案第47号平成25年度伊勢市病院事業会計補正予算(第2号)」につきましては、エレベーターの防災対策改修に要する経費について追加補正をお願いするものでございます。財源としては一般会計からの繰入金を計上しております。あわせて、医療機器の更新を行うに当たり、企業債及び重要な資産の取得について必要な補正を行っております。  次に、「議案第48号平成25年度伊勢市水道事業会計補正予算(第1号)」につきましては、水道料金納入通知書等作成業務委託のための債務負担行為の設定をしております。  詳細につきましては副市長から御説明を申し上げます。御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 副市長。 ◎副市長(松下裕君) それでは、「議案第46号平成25年度伊勢一般会計補正予算(第2号)」外2件につきまして、補足の御説明を申し上げます。  まず、「議案第46号平成25年度伊勢一般会計補正予算(第2号)」につきまして御説明申し上げます。  恐れ入りますが、補正予算書の14ページ、15ページをお開きいただきたいと存じます。  歳出でございますが、款2総務費、項1総務管理費、目17財産管理費、庁舎等整備事業4,226万7,000円の増額は、東庁舎及び各総合支所エレベーターの防災対策改修に要する経費を計上したものでございます。これは建築基準法施行令の一部改正に伴い、エレベーターに関し、故障時及び地震発生時における安全確保のための改修工事を行うものでございます。具体的には、扉が開いたままの状態で作動しないようにする、地震発生時に最寄りの階に停止させるといった機能を持たせるものでございます。なお、エレベーター防災対策改修事業の新設及び病院事業会計への繰り出しを行いまして、全体で市内の34施設39基のエレベーターの改修工事を行うものでございます。  次に、目19市民交流推進費、いせ市民活動センター防災対策事業475万9,000円の減額は、平成24年度補正予算(第10号)への前倒しによる事業の計数整理を行ったことによるものでございます。以降、前倒し分の計数整理につきましては、別紙の6月補正予算の概要3ページに記載のとおりでございますので、後ほど御高覧を賜りますようお願いいたします。  次に、目24交通対策費、自主運行バス運行事業1,184万9,000円の増額は、沼木地区の生活交通路線維持のため、自主運行バスを運行する初期経費等を計上したものでございます。  次に、16ページ、17ページをお願いいたします。款3民生費、項1社会福祉費、目1社会福祉総務費、社会福祉一般経費73万5,000円の増額は、社会福祉法の一部改正に伴い、三重県から権限が移譲された社会福祉法人の認可及び監査事務のうち、社会福祉法人の会計経理に関する指導監査業務を外部委託するための経費を計上したものでございます。  次に、目2障害者福祉費、障害者支援施設等耐震化整備補助金7,694万7,000円の増額は、三重済美学院が実施いたします障害者支援施設の耐震化整備に対する補助に要する経費を計上したものでございます。  次に、20ページ、21ページをお願いいたします。項3児童福祉費、目1児童福祉総務費におきます1,398万5,000円の増額は、次世代育成支援対策事業として平成27年度から施行予定の子ども・子育て支援新制度に係る子ども・子育て支援事業計画の策定に当たって必要となる経費108万9,000円を、アレルギー等対応特別給食提供事業補助金として、食物アレルギー等があり、給食に特別な配慮を必要とする児童に安全な給食を提供するため、調理員の加配等を行う民間保育所に対する補助に要する経費1,289万6,000円を計上したものでございます。  次に、24ページ、25ページをお願いいたします。款4衛生費、項1保健衛生費、目2保健センター費、病院事業会計繰出金6,487万6,000円の増額は、市立伊勢総合病院のエレベーター6基分の防災対策改修工事に要する経費を繰り出しするものでございます。  次に、目3予防費における800万円の増額は、現在流行している風疹の拡大防止と先天性風疹症候群の発生を予防するため、三重県と協調し、風疹ワクチン接種費用の一部を助成するための経費を計上したものでございます。  次に、30ページ、31ページをお願いいたします。款9土木費、項2道路橋梁費、目4橋梁維持費、橋梁維持事業2,100万円の増額は、平成24年度に宮川橋の橋梁の長寿命化のための調査を実施したところ、橋面からの漏水に対する止水対策が必要であることがわかったため、その対策に要する経費を計上したものでございます。  次に、36ページ、37ページをお願いいたします。款10消防費、項1消防費、目1常備消防費、救急車購入事業3,629万3,000円の増額は、本年度、三重県発電用施設周辺地域振興事業費補助金が採択されたことにより、次年度に更新を予定していた小俣分署の高規格救急車を購入するための経費を計上したものでございます。  次に、38ページ、39ページをお願いいたします。款11教育費、項2小学校費、目2小学校教育振興費、小学校教材整備経費778万6,000円の増額は、国の理科教育設備補助金が増額されたことに伴い、理科教材の充実を図るための経費を計上したものでございます。  次に、40ページ、41ページをお願いいたします。項3中学校費、目2中学校教育振興費、中学校教材整備経費640万2,000円の増額は、小学校費と同様でございます。  次に、44ページ、45ページをお願いいたします。項6保健体育費、目4体育振興費、全国大会等参加激励事業150万円の増額は、モスクワで開催される第14回世界陸上競技選手権大会に伊勢市出身の選手2名が出場するため、パブリックビューイングを中心とした応援イベントを実施するための経費を計上したものでございます。  以上、簡単ではございますが、歳出の説明を終わらせていただきます。  続きまして、歳入の御説明を申し上げます。恐れ入りますが、10ページ、11ページにお戻りいただきたいと存じます。  款13分担金及び負担金、款15国庫支出金、款16県支出金、款20繰越金、款21諸収入及び款22市債につきましては、いずれも説明欄に記載のとおりでございますので、後ほど御高覧を賜りますようお願いいたします。  次に、4ページをお願いいたします。上段の第2表債務負担行為補正でございますが、子ども・子育て支援事業計画策定支援等業務委託及び地域防災計画等改訂業務委託につきましては、2カ年にわたる事業であることから、事業を円滑に進めるため、債務負担行為の設定をさせていただきました。  下段の第3表地方債補正につきましては、緊急防災・減災事業債を追加し、また、5ページの市町村合併特例事業債ほか2件につきまして起債限度額の変更を行っております。  以上で一般会計補正予算の説明を終わらせていただきます。  続きまして、「議案第47号平成25年度伊勢市病院事業会計補正予算(第2号)」につきまして御説明申し上げます。49ページをお願いいたします。  これは、市立伊勢総合病院に設置してありますエレベーター6基分の防災対策改修工事を行うための経費につきまして、6,487万6,000円の追加補正をお願いするものでございます。財源といたしましては、一般会計からの繰入金を計上いたしております。あわせて、医療機器の更新を行うに当たり、企業債及び重要な資産の取得につきまして必要な補正を行っております。  続きまして、「議案第48号平成25年度伊勢市水道事業会計補正予算(第1号)」につきまして御説明申し上げます。55ページをお願いいたします。  水道料金納入通知書等作成業務委託のための債務負担行為2,200万円の設定をいたしております。  以上、「議案第46号平成25年度伊勢一般会計補正予算(第2号)」外2件につきまして補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 以上で議案第46号外2件一括の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。  そのように決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第49号外8件一括上程、説明 ○議長(杉村定男君) 審議の都合により、日程第6、「議案第49号伊勢災害派遣手当等の支給に関する条例の一部改正について」から日程第14、「議案第57号伊勢市営宇治駐車場条例の一部改正について」に至る9件を一括議題といたします。  議案の朗読を省略いたします。  当局の説明を求めます。  市長。 ◎市長(鈴木健一君) それでは、ただいま一括上程されました「議案第49号伊勢災害派遣手当等の支給に関する条例の一部改正について」外8件につきまして御説明を申し上げます。  最初に、「議案第49号伊勢災害派遣手当等の支給に関する条例の一部改正について」は、新型インフルエンザ緊急事態措置の実施のため本市に派遣された職員に対し、新型インフルエンザ緊急事態派遣手当の支給を行うため、条例を改正しようとするものでございます。  次に、「議案第50号伊勢市市税条例の一部改正について」は、地方税法の一部改正に伴い、住宅借入金等特別税額控除の延長及び拡充並びに延滞金の利率の見直し等に伴う規定の整備を行うため、条例を改正しようとするものでございます。  次に、「議案第51号伊勢都市計画税条例の一部改正について」は、地方税法の一部改正に伴い、条例中に引用する条項が移動したことに伴う規定の整備を行うため、条例を改正しようとするものでございます。  次に、「議案第52号伊勢市半島振興対策実施地域における固定資産税の特例措置に関する条例の一部改正について」は、半島振興法第十七条の地方税の不均一課税に伴う措置が適用される場合等を定める省令等の一部改正に伴い、固定資産税の特例の適用対象となる設備の範囲を改めるため、条例を改正しようとするものでございます。  次に、「議案第53号伊勢保健福祉会館条例の一部改正について」は、保健福祉会館に指定管理者制度を導入することに伴う規定の整備を行うため、条例を改正しようとするものでございます。  次に、「議案第54号伊勢市子ども・子育て会議条例の制定について」は、子ども・子育て支援法の施行に伴い、伊勢市子ども・子育て会議を設置するため、条例を制定しようとするものでございます。  次に、「議案第55号伊勢市新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について」は、新型インフルエンザ特別措置法の施行に伴い、対策本部の設置に関し、必要な事項を定めるため、条例を制定しようとするものでございます。  次に、「議案第56号伊勢自転車等の放置防止及び適正な処理に関する条例の制定について」は、公共の場所における自転車等の放置を防止することにより、通行機能の確保及び市民生活の安全を図るとともに、良好な都市環境を保持するため、条例を制定しようとするものでございます。  次に、「議案第57号伊勢市営宇治駐車場条例の一部改正について」は、宇治第5及び第6駐車場の入庫時間を改めるとともに、中型自動車及び大型自動車の駐車料金を有料化するため、条例を改正しようとするものでございます。  詳細につきましては副市長から御説明申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 副市長。 ◎副市長(松下裕君) それでは、「議案第49号伊勢災害派遣手当等の支給に関する条例の一部改正について」外8件につきまして、補足の御説明を申し上げます。  まず、議案第49号伊勢災害派遣手当等の支給に関する条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。  恐れ入りますが、条例関係の議案書の2ページをお開きいただきたいと存じます。  これは、新型インフルエンザ特別措置法が施行され、本市において新型インフルエンザ等の病原性が高い感染症が発生した際に市民の生命や健康保護することを目的とした新型インフルエンザ緊急事態措置を実施するため、必要があるときは他の自治体等に対し職員の派遣を要請することができるとされたことに伴い、その派遣された職員に対し手当を支給することができるよう、条例を改正しようとするものでございます。  支給額につきましては、災害派遣手当及び武力攻撃災害等派遣手当と同様、本市に滞在する期間及び施設の区分に応じ、日額3,970円から6,620円としようとするものでございます。  なお、この条例は公布の日から施行しようとするものでございます。  次に、議案第50号伊勢市市税条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。  5ページをお願いいたします。  改正の主な内容でございますが、まず中段から6ページにかけましての附則第3条の2の改正は、延滞金の割合を市場利率を基準とし、財務大臣が告示する割合に1%を加えた特例基準割合をもとに算定することで、近年の金利情勢に見合った割合に引き下げようとするものでございます。例えば、特例基準割合が2%の場合、延滞金の割合は14.6%から9.3%に、納期限後1カ月以内は4.3%から3%に引き下げられるものでございます。  6ページをお願いいたします。中段の附則第7条の3の2の改正でございますが、これは住宅借入金等特別税額控除に係るものでございまして、消費税等の税率の改正に関連した所得税法等の改正に伴い、個人の市民税に係る住宅借入金等特別税額控除の期間を4年間延長し、平成26年1月1日から平成29年12月31日までの間に住宅に入居した方についても控除の対象としようとするものでございます。また、控除の限度額を市民税、県民税合わせて所得税の課税総所得金額の5%に相当する金額から7%に相当する額へ拡充し、最大で13万6,500円を控除できるよう、規定の整備を行おうとするものでございます。  次に、9ページをお願いいたします。附則第23条の改正でございますが、これは東日本大震災被災者に対する住宅借入金等特別税額控除に係るものでございまして、附則第7条の3の2の改正と同様に、控除の期間の延長及び控除額の拡充を行うため、規定の整備を行おうとするものでございます。  なお、この条例は公布の日から施行するものでございますが、延滞金の割合の改正に係る部分につきましては平成26年1月1日から、住宅借入金等特別税額控除に係る部分につきましては平成27年1月1日から施行しようとするものでございます。  次に、議案第51号伊勢都市計画税条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。  44ページをお願いいたします。  改正の主な内容でございますが、都市計画税の課税標準の特例について規定しております附則第11項におきまして、引用する法律の条項が移動したことに伴う規定の整備を行おうとするものでございます。  なお、この条例は公布の日から施行しようとするものでございます。  次に、議案第52号伊勢市半島振興対策実施地域における固定資産税の特例措置に関する条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。  50ページ、51ページをお願いいたします。  これは、省令の改正等に伴い、現在、製造の事業に係る設備を新設または増設した者に限っております特例措置の対象に旅館業の用に供する設備を新設または増設した者を追加するとともに、特例措置の対象となる設備の取得価格の合計額を現在の2,700万円を超えるものから資本金の額に応じ500万円、1,000万円、または2,000万円以上に引き下げようとするものでございます。
     なお、この条例は公布の日から施行し、平成25年4月1日以降に取得した設備から適用しようとするものでございます。  次に、議案第53号伊勢保健福祉会館条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。  54ページ、55ページをお願いいたします。  これは、伊勢保健福祉会館をより効率的に運営するため、保健福祉会館6館のうち小俣北部保健福祉会館を除く5館について指定管理者制度を導入することに伴い、条例を改正しようとするものでございます。  改正の主な内容でございますが、まず第2条の改正は、市が管理する保健福祉会館を別表第1で、指定管理者が管理する保健福祉会館を別表第2でそれぞれ規定するため、第2条の表につきましては削除しようとするものでございます。  次に、第4条は指定管理者保健福祉会館の管理を行わせること、第5条は指定管理者が行う業務について規定しますとともに、第6条は、これまで規則において定めておりました保健福祉会館の開館日等については、指定管理者制度の導入に伴い、条例で定める事項となりますことから規定いたしたものでございます。  なお、この条例は平成26年4月1日から施行しようとするものでございます。  次に、議案第54号伊勢市子ども・子育て会議条例の制定につきまして御説明申し上げます。  61ページ、62ページをお願いいたします。  条例の主な内容でございますが、まず第2条は、この会議の所掌事務子ども・子育て支援法に規定する子ども・子育て支援事業計画の策定、子ども・子育て支援に関する施策の総合的かつ計画的な推進に関し、必要な事項及び実施状況等を調査、審議することと規定いたしております。  次に、第3条は、子ども・子育て会議の構成について規定いたしておりまして、教育、保育及び子育て支援の関係者のバランスや子育ての当事者の参画に配慮するよう国が求めておりますことから、幅広い分野の方々の参画をもって組織することといたしております。  次に、第4条は、委員の任期は2年とし、第5条は、会議に会長及び副会長を置き、会長の職務は子ども・子育て会議を代表し、会務を総理すること、副会長の職務は会長を補佐するなど規定いたしております。  次に、第6条は、子ども・子育て会議の会議は会長が招集し、議事は出席者の過半数をもって決することと規定いたしております。  なお、この条例は公布の日から施行しようとするものでございます。  また、附則におきまして、伊勢特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例を改正し、子ども・子育て会議の委員に支払う報酬の額を日額6,000円と定めようとするものでございます。  次に、議案第55号伊勢市新型インフルエンザ等対策本部条例の制定につきまして御説明申し上げます。  66ページ、67ページをお願いいたします。  これは、議案第49号と同様に、新型インフルエンザ特別措置法の施行に伴うものでございます。法においては、新型インフルエンザ等が全国的に蔓延し、国民生活に甚大な影響を及ぼす場合には、新型インフルエンザ緊急事態宣言が出されることとなっております。この宣言が出されたときには、市長を本部長とした新型インフルエンザ等対策本部を設置することとされておりますことから、条例におきまして、この対策本部の設置に関し必要な事項を定めようとするものでございます。  条例の主な内容でございますが、第2条は、新型インフルエンザ等対策本部の組織について、本部長は対策本部の事務を総括すること、副本部長本部長を補佐すること、本部員は本部長の命を受けて対策本部の事務に従事することなどを規定いたしております。  次に、第3条は、対策本部の会議は本部長が招集し、必要に応じて国などの職員を会議に出席させ、意見を求めることができると規定いたしております。  また、第4条は、本部長は必要があると認めるときは対策本部に部を置くことができると規定いたしております。  なお、この条例は公布の日から施行しようとするものでございます。  次に、議案第56号伊勢自転車等の放置防止及び適正な処理に関する条例の制定につきまして御説明申し上げます。  69ページ、70ページをお願いいたします。  伊勢市の放置自転車等の対策につきましては、シルバー人材センターに委託し、駅の周辺の駐輪場及び道路に駐車された自転車などの整理を行ってまいりましたが、収容台数を超えた利用がある駐輪場については、駐輪場内に駐車できない自転車などが道路に駐車され、道路の安全な通行に支障を来しているところでございます。このことから、新たに条例を制定し、放置自転車等の適正な管理を行うことで、道路の安全な通行の確保及び駅周辺の美観を確保しようとするものでございます。  条例の主な内容でございますが、第2条は、この条例で使用する用語の定義について規定いたしております。  次に、第3条から第7条までは、市、道路管理者、鉄道事業者等、自転車等の利用者等及び自転車小売業者、それぞれの責務について規定いたしております。  71ページ、72ページをお願いいたします。第8条は、市長は自転車等の放置禁止区域を指定することができ、その指定に当たっては自転車等駐車対策協議会の意見を聞くものと規定いたしております。  次に、第10条は、何人も禁止区域に自転車等を放置してはならないと規定いたしております。  次に、第11条から第13条までは、放置自転車等に対する措置について、自転車駐車場に移動するよう指導することができるとするとともに、その指導に従わず放置された自転車等については撤去することができると規定いたしております。  次に、第14条は撤去した自転車等の保管について、第15条は当該自転車等の利用者等の確認について規定いたしております。  次に、73ページ、74ページをお願いいたします。第17条は、市長は撤去した自転車等の保管に不相当な費用を要するときは当該自転車等を売却し、その代金を保管することができること、また、自転車等を保管したことを告示した日から6月を経過しても保管した自転車等を利用者等に返還することができないときは、当該自転車等の所有権は市に帰属することなどを規定いたしております。  次に、第18条は、保管した自転車等を利用者等に返還するときは、当該自転車等の撤去及び保管に要した費用として、自転車1台につき1,000円、原動機付自転車1台につき2,000円を徴収することができると規定いたしております。  次に、第19条は、自転車等の駐車対策に関する重要事項を調査、審議するため、自転車等駐車対策協議会を設置することと規定いたしております。  なお、この条例は、自転車等放置禁止区域の指定及び自転車等駐車対策協議会の設置に関する部分については公布の日から、その他の規定については公布の日から1年以内の規則で定める日から施行しようとするものでございます。  また、附則におきまして、伊勢特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例を改正し、自転車等駐車対策協議会の委員に支払う報酬の額を日額6,000円と定めようとするものでございます。  次に、議案第57号伊勢市営宇治駐車場条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。  77ページ、78ページをお願いいたします。  改正の主な内容でございますが、まず、第4条の改正は、宇治第5駐車場及び宇治第6駐車場自動車の入庫時間について、これまで4月から9月までは午前7時から午後7時まで、10月から3月までは午前7時から午後5時までとしていたものを、1年を通じて午前7時から午後7時までと改めようとするものでございます。  次に、第5条から78ページの別表までの改正は、現在無料となっております乗用定員が11人以上の中型自動車及び乗車定員が30人以上の大型自動車の駐車料金を3,000円と改めようとすることに伴うものでございます。現在、これらの自動車につきましては、駐車台数が駐車場の収容台数を超えた場合は伊勢志摩スカイラインの駐車場へ回送をお願いしておりますが、市営駐車場の駐車料金が無料であるのに対し、伊勢志摩スカイラインの駐車場へ回送した場合は通行料として2,500円が必要となるため回送が進まず、市営駐車場付近の渋滞の一因にもなっております。このことから条例を改正し、状況を改善しようとするものでございます。  なお、この条例は平成25年9月1日から施行しようとするものでございます。  以上、「議案第49号伊勢災害派遣手当等の支給に関する条例の一部改正について」外8件につきまして補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 以上で議案第49号外8件一括の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。  そのように決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第58号外6件一括上程、説明 ○議長(杉村定男君) 次に、日程第15、「議案第58号鳥羽市との定住自立圏形成協定の締結について」から日程第21、「議案第64号明和町との定住自立圏形成協定の締結について」に至る7件を一括議題といたします。  議案の朗読を省略いたします。  当局の説明を求めます。  市長。 ◎市長(鈴木健一君) それでは、ただいま一括上程されました「議案第58号鳥羽市との定住自立圏形成協定の締結について」外6件につきまして御説明を申し上げます。  これは、鳥羽市志摩市、玉城町、度会町、大紀町、南伊勢町及び明和町との間において定住自立圏形成協定を締結することについて、伊勢市定住自立圏形成協定の議決に関する条例の規定により、議会の議決を求めるものでございます。  詳細につきましては副市長から御説明を申し上げますので、御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願いを申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 副市長。 ◎副市長(松下裕君) それでは、「議案第58号鳥羽市との定住自立圏形成協定の締結について」外6件につきまして、補足の御説明を申し上げます。  定住自立圏構想につきましては、中心市と連携市町とが相互に役割を分担し、連携、協力することにより、地域住民の命と暮らしを守るため、圏域全体で必要な生活機能を確保し、地方圏への人口定住を促進することを目的としたものでございます。本市は定住自立圏構想の推進に向け、本年2月に中心市宣言を行い、鳥羽市志摩市、玉城町、度会町、大紀町、南伊勢町、明和町の2市5町と協議、調整を行ってまいりました。このたび協定内容などが整いましたことから、定住自立圏形成協定をこれらの市町それぞれと締結しようとするものでございます。  まず、議案第58号鳥羽市との定住自立圏形成協定の締結につきまして御説明申し上げます。  議案書の84ページ、85ページをお開きいただきたいと存じます。  協定の主な内容でございますが、第1条は目的について、第2条は基本方針について、それぞれ規定いたしております。  第3条は、連携する具体的事項について規定いたしておりまして、生活機能の強化に係る政策分野、結びつきやネットワークの強化に係る政策分野及び圏域マネジメント能力の強化に係る政策分野の3つの分野について、別表におきまして、その取り組みの内容とそれぞれの役割などについて定めております。  第4条は事務の執行等に係る基本的事項について、第5条は協定の変更の際の手続について、第6条は協定を廃止する際の手続について、それぞれ規定いたしております。  86ページ、87ページをお願いいたします。別表でございますが、これは先ほど第3条で御説明申し上げました連携する具体的事項について、取り組み内容、伊勢市の役割及び鳥羽市の役割を各分野ごとにまとめたものでございます。別表第1の生活機能の強化に係る政策分野においては、伊勢志摩総合地方卸売市場の安定した経営基盤の確立の推進など7つの取り組みについて、87ページ中段から88ページにかけて記載しております別表第2の結びつきやネットワークの強化に係る政策分野においては、県道鳥羽松阪線等の道路整備事業の推進など5つの取り組みについて、88ページ下段から89ページにかけて記載しております別表第3の圏域マネジメント能力の強化に係る政策分野においては、職員等の合同研修の実施など2つの取り組みについて連携しようとするものでございます。  次の議案第59号から議案第64号までの定住自立圏形成協定の締結に係る各議案においては、市町ごとに異なる連携する具体的事項についてそれぞれ御説明させていただき、目的などの全市町に共通する事項につきましては説明を省略させていただきます。  それでは、議案第59号志摩市との定住自立圏形成協定の締結につきまして御説明申し上げます。  93ページ、94ページをお願いいたします。  志摩市と連携する具体的事項についてでございますが、別表第1の生活機能の強化に係る政策分野においては、伊勢志摩総合地方卸売市場の安定した経営基盤の確立の推進など5つの取り組みについて、94ページ上段から95ページにかけて記載しております別表第2の結びつきやネットワークの強化に係る政策分野においては、伊勢志摩連絡道路の道路整備事業の推進など5つの取り組みについて、別表第3の圏域マネジメント能力の強化に係る政策分野においては、職員等の合同研修の実施など2つの取り組みについて連携しようとするものでございます。  次に、議案第60号玉城町との定住自立圏形成協定の締結につきまして御説明申し上げます。  99ページ、100ページをお願いいたします。  玉城町と連携する具体的事項についてでございますが、別表第1の生活機能の強化に係る政策分野においては、休日、夜間の一次救急医療体制の維持など10の取り組みについて、100ページ下段から102ページにかけて記載しております別表第2の結びつきやネットワークの強化に係る政策分野においては、コミュニティバス交通ネットワークの充実の推進など6つの取り組みについて、別表第3の圏域マネジメント能力の強化に係る政策分野においては、職員等の合同研修の実施など2つの取り組みについて連携しようとするものでございます。  次に、議案第61号度会町との定住自立圏形成協定の締結につきまして御説明申し上げます。  106ページ、107ページをお願いいたします。  度会町と連携する具体的事項についてでございますが、別表第1の生活機能の強化に係る政策分野においては、休日、夜間の一次救急医療体制の維持など8つの取り組みについて、107ページ中段から108ページにかけて記載しております別表第2の結びつきやネットワークの強化に係る政策分野においては、コミュニティバス交通ネットワークの充実の推進など6つの取り組みについて、108ページ下段から109ページにかけて記載しております別表第3の圏域マネジメント能力の強化に係る政策分野においては、職員等の合同研修の実施など2つの取り組みについて、それぞれ連携しようとするものでございます。  次に、議案第62号大紀町との定住自立圏形成協定の締結につきまして御説明申し上げます。  113ページ、114ページをお願いいたします。  大紀町と連携する具体的事項についてでございますが、別表第1の生活機能の強化に係る政策分野においては、休日、夜間の二次救急医療体制の維持及び適正な医療受診に係る啓発など5つの取り組みについて、別表第2の結びつきやネットワークの強化に係る政策分野においては、地産地消及び農林水産物のPRの推進など4つの取り組みについて、115ページになりますが、別表第3の圏域マネジメント能力の強化に係る政策分野においては、職員等の合同研修の実施など2つの取り組みについて、それぞれ連携しようとするものでございます。  次に、議案第63号南伊勢町との定住自立圏形成協定の締結につきまして御説明申し上げます。  119ページ、120ページをお願いいたします。  南伊勢町と連携する具体的事項についてでございますが、別表第1の生活機能の強化に係る政策分野においては、休日、夜間の二次救急医療体制の維持及び適正な医療受診に係る啓発など8つの取り組みについて、120ページ下段から121ページにかけて記載しております別表第2の結びつきやネットワークの強化に係る政策分野においては、県道伊勢南島線等の道路整備事業の推進など4つの取り組みについて、121ページ下段から122ページにかけて記載しております別表第3の圏域マネジメント能力の強化に係る政策分野においては、職員等の合同研修の実施など2つの取り組みについて、それぞれ連携しようとするものでございます。  次に、議案第64号明和町との定住自立圏形成協定の締結につきまして御説明申し上げます。  126ページ、127ページをお願いいたします。  明和町と連携する具体的事項についてでございますが、別表第1の生活機能の強化に係る政策分野においては、休日、夜間の一次救急医療体制の維持など4つの取り組みについて、126ページ下段から127ページについて記載してございます別表第2の結びつきやネットワークの強化に係る政策分野においては、コミュニティバス交通ネットワークの充実の推進など5つの取り組みについて、別表第3の圏域マネジメント能力の強化に係る政策分野においては、職員等の合同研修の実施の取り組みについて、それぞれ連携しようとするものでございます。  以上、「議案第58号鳥羽市との定住自立圏形成協定の締結について」外6件につきまして補足の御説明を申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 以上で議案第58号外6件一括の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。  そのように決定いたしました。  会議の途中ですが、10分間休憩いたします。 △休憩 午前10時59分 △再開 午前11時09分 ○議長(杉村定男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第65号の上程、説明 ○議長(杉村定男君) 次に、日程第22、「議案第65号財産の処分について」を議題といたします。  議案の朗読を省略いたします。  当局の説明を求めます。 ◎市長(鈴木健一君) それでは、ただいま上程されました「議案第65号財産の処分について」御説明を申し上げます。  これは、サン・サポート・スクエア伊勢の土地の一部を売り払うにつき、伊勢市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。  詳細につきましては副市長から御説明を申し上げます。御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。
    ○議長(杉村定男君) 副市長。 ◎副市長(松下裕君) それでは、議案第65号財産の処分につきまして、補足の御説明を申し上げます。  議案書の129ページをお開きいただきたいと存じます。  これは、サン・サポート・スクエア伊勢につきまして、大湊町に本社があり、しんちゅう製インテリア用品の企画製造販売を行っております株式会社ゴーリキアイランドから、地震、台風対策及び事業拡大を目的とした移転のため土地の取得の申し出がありましたので、6月12日に売買契約の仮契約を行ったものでございます。  今回売り払う土地は、伊勢市朝熊町字東谷3477番35及び朝熊町字鴨谷4383番495で、雑種地6,059.25平方メートル、売り払い価格は7,431万円、売り払い先は、伊勢市大湊町1125番地10、株式会社ゴーリキアイランド、代表取締役社長、強力 海でございます。  なお、株式会社ゴーリキアイランドにおかれましては、平成26年3月に工場などの建設に着手し、平成27年3月に操業を開始しまして、5人が新規雇用となる予定でございます。  今回の件により、サン・サポート・スクエア伊勢への進出は5件目で、73.9%の土地を売り払うことになります。今後も次の進出につながるよう、引き続き企業誘致を行いまして、雇用の場の創出、地域振興はもとより、地場産業の活性化に努めてまいりたいと考えております。  以上、議案第65号財産の処分につきまして補足の御説明を申し上げましたが、参考といたしまして位置図を添付いたしておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 以上で議案第65号の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。  そのように決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第66号の上程、説明 ○議長(杉村定男君) 次に、日程第23、「議案第66号伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約について」を議題といたします。  議案の朗読を省略いたします。  当局の説明を求めます。  市長。 ◎市長(鈴木健一君) それでは、ただいま上程されました「議案第66号伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約について」御説明を申し上げます。  これは、伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事について、このたび契約の運びとなりましたので、伊勢市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。  詳細につきましては副市長から御説明を申し上げます。御了承の上、何とぞよろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 副市長。 ◎副市長(松下裕君) それでは、議案第66号伊勢市防災行政無線(デジタル同報系)屋外拡声子局整備工事の請負契約につきまして、補足の御説明を申し上げます。  議案書の131ページをお開きいただきたいと存じます。  本件は、要件付一般競争入札により5月13日に入札公告を行いましたところ、1社の参加申し込みがあり、6月11日に開札しました結果、入札金額が1億9,900万円でございまして、愛知県名古屋市中区錦1丁目11番20号、沖電気工業株式会社中部支社、支社長、中山達博に落札決定いたしましたので、消費税及び地方消費税を含み2億895万円で契約を締結しようとするものでございます。  今回の契約の主な内容といたしましては、屋外拡声子局設備につきまして、旧伊勢市内に45カ所、小俣町地内に20カ所、合わせまして65カ所の整備をするものでございます。完成につきましては平成26年3月を予定いたしております。  参考といたしまして入札結果調書を添付いたしておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 以上で議案第66号の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 異議なしと認めます。  そのように決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第67号の上程、説明 ○議長(杉村定男君) 次に、日程第24、「議案第67号倉田山公園野球場グラウンド改修工事の請負契約について」を議題といたします。  議案の朗読を省略いたします。  当局の説明を求めます。  市長。 ◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました「議案第67号倉田山公園野球場グラウンド改修工事の請負契約について」御説明を申し上げます。  これは、倉田山公園野球場グラウンド改修工事について、このたび契約の運びとなったので、伊勢市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。  詳細につきましては教育長から御説明を申し上げます。御了承の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 教育長。 ◎教育長(宮崎吉博君) それでは、議案第67号倉田山公園野球場グラウンド改修工事の請負契約につきまして、補足の御説明を申し上げます。  議案書の134ページをお開きいただきたいと存じます。  本件は、要件付一般競争入札により5月13日に入札公告を行いましたところ、4社の参加申し込みがあり、6月11日に開札しました結果、入札金額2億900万円が最低価格でございまして、伊勢市辻久留3丁目5番52号、宮本・西邦特定建設工事共同企業体、共同企業代表者、宮本建設株式会社代表取締役中川 学に落札決定いたしましたので、消費税及び地方消費税を含み2億1,945万円で契約を締結しようとするものでございます。  工事の概要でございますが、ロングパイル人工芝を使用したグラウンド舗装を1万2,532.4平方メートル、塁周り舗装を321.4平方メートル行おうとするものでございます。なお、ロングパイル人工芝につきましては、プロ野球の本拠地球場でも使用しているものと同等のものを使用し、県内初の全面人工芝のグラウンドとなる予定でございます。また、グラウンド内の排水設備を整備することで、雨の日の翌日にもグラウンドが使用可能となり、稼働率の向上が期待されます。  なお、完成につきましては平成26年2月を予定いたしております。  参考といたしまして入札結果調書、位置図及び平面図を添付いたしておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 以上で議案第67号の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。  そのように決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第68号外1件一括上程、説明 ○議長(杉村定男君) 審議の都合により、日程第25、「議案第68号市道の路線の廃止について」及び日程第26、「議案第69号市道の路線の認定について」の2件を一括議題といたします。  議案の朗読を省略いたします。  当局の説明を求めます。  市長。 ◎市長(鈴木健一君) それでは、ただいま一括上程されました「議案第68号市道の路線の廃止について」及び「議案第69号市道の路線の認定について」御説明を申し上げます。  まず、「議案第68号市道の路線の廃止について」は、市道の路線を廃止するにつき、道路法第10条第3項の規定により、次に、「議案第69号市道の路線の認定について」は、市道の路線を認定するについて道路法第8条第2項の規定により、あらかじめ議会の議決を経ようとするものでございます。  詳細につきましては副市長から御説明を申し上げます。御了承の上、何とぞよろしく御審議賜りますようお願いを申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 副市長。 ◎副市長(松下裕君) それでは、「議案第68号市道の路線の廃止について」及び議案第69号市道の路線の認定につきまして、補足の御説明を申し上げます。  議案書の139ページをお開きいただきたいと存じます。  これは、楠部1号線及び楠部軌道跡線について、三重県が施行する主要地方道鳥羽松阪線道路改良工事に伴い、起点を変更するため、議案第68号におきまして一旦路線の廃止をし、141ページに記載してございますように、議案第69号におきまして改めて市道として認定し、管理を行おうとするものでございます。  なお、これらの路線の土地についてでございますが、楠部1号線は三重県及び市の所有地で、楠部軌道跡線は市の所有地でございます。  以上、議案第68号市道の路線の廃止及び議案第69号市道の路線の認定につきまして補足の御説明を申し上げましたが、参考といたしまして位置図を添付いたしておりますので、御高覧の上、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 以上で議案第68号外1件一括の説明は終わりましたが、議案の精読を願う必要がありますので、本日はこの程度で審議をとどめ、後日さらに審議を願うことに決定いたしまして御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 異議なしと認めます。  そのように決定いたしました。  全員協議会のため暫時休憩いたします。 △休憩 午前11時24分 △再開 午前11時32分 ○議長(杉村定男君) 休憩前に引き続き会議を開きます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第70号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(杉村定男君) 次に、日程第27、「議案第70号伊勢監査委員の選任につき同意を求めることについて」を議題といたします。  議案の朗読を省略いたします。  当局の説明を求めます。  市長。 ◎市長(鈴木健一君) それでは、ただいま上程されました「議案第70号伊勢監査委員の選任につき同意を求めることについて」御説明を申し上げます。  これは、伊勢監査委員3名のうち、鈴木一博委員が本年6月30日に任期満了となりますので、その後任として新たに畑 芳嗣さんを選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の御同意を求めるものでございます。  それでは、畑 芳嗣さんの略歴につきまして申し上げます。  畑さんは、昭和24年7月1日生まれ。現住所伊勢市船江2丁目3番6号。学歴は昭和48年3月、慶應義塾大学法学部卒業。主な経歴としては、昭和48年4月、株式会社百五銀行就職、平成5年7月、一志支店長、以降、各支店の支店長を歴任され、平成13年6月、総務グループマネジャー、同15年6月、業務監査室マネジャー、同16年6月、百五ビジネスサービス株式会社代表取締役、同年9月、株式会社百五銀行を退職、現在に至っておられます。  畑さんにおかれましては、人格が高潔で事業の経営管理に関し、すぐれた識見を有する方であるため、お願いをしたいと考えております。  以上、何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願いを申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 質疑に入ります。  御発言はありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。  議案第70号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。  そのように決定いたしました。  それでは、討論を行います。  討論はありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 討論なしと認めます。  今から議案第70号を採決いたします。
     本件につきまして同意することに賛成の方は御起立願います。      〔賛成者起立〕 ○議長(杉村定男君) ありがとうございます。  起立全員と認めます。  よって、議案第70号伊勢監査委員の選任につき同意を求めることにつきましては、同意することに決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第71号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(杉村定男君) 次に、日程第28、「議案第71号人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて」を議題といたします。  議案の朗読を省略いたします。  当局の説明を求めます。  市長。 ◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました「議案第71号人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて」御説明を申し上げます。  これは、本市区域の人権擁護委員の岡島久美子委員が本年9月30日に任期満了となりますので、その後任として再度、岡島久美子さんを推薦するにつき、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の御意見をお聞きするものでございます。  それでは、岡島久美子さんの略歴について申し上げます。  岡島さんは、昭和27年2月5日生まれ。現住所伊勢市二見町松下2005番地。学歴は昭和45年3月、三重県立宇治山田商業高等学校卒業。主な経歴としては、昭和45年4月、神鋼電機労働組合就職、同50年3月、退職、平成12年3月、有限会社オーピーエス代表取締役、同16年7月、特定非営利活動法人まなびの広場理事長、同年10月、人権擁護委員就任、その後、現在に至るまで御就任いただいておりますが、その間、同21年7月、みえ生涯学習ネットワーク委員長、同22年5月、伊勢人権擁護委員協議会副会長、同23年7月、三重県私立学校審議会委員、同年9月、伊勢社会福祉協議会評議員、同年11月、伊勢市立図書館協議会委員、同24年10月、みえの学力向上県民運動推進会議委員、現在に至っておられます。  岡島さんにおかれましては、長年にわたり人権擁護委員をなさっており、人格、識見高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護について理解のある方であるため、引き続きお願いしたいと考えております。  以上、何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 質疑に入ります。  御発言はありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 質疑なしと認めます。  お諮りいたします。  議案第71号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略し、討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。  そのように決定いたしました。  それでは、討論を行います。  討論はありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 討論なしと認めます。  ただいまから議案第71号を採決いたします。  本件につきまして同意することに賛成の方は御起立願います。      〔賛成者起立〕 ○議長(杉村定男君) ありがとうございます。  全員と認めます。  よって、議案第71号人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことにつきましては、同意することに決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第72号の上程、説明、質疑、討論、採決 ○議長(杉村定男君) 次に、日程第29、「議案第72号人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて」を議題といたします。  議案の朗読を省略いたします。  当局の説明を求めます。  市長。 ◎市長(鈴木健一君) ただいま上程されました「議案第72号人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて」御説明を申し上げます。  これは、本市区域の人権擁護委員の大藪慶子委員が本年9月30日に任期満了となりますので、その後任として再度、大藪慶子さんを推薦するにつき、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の御意見をお聞きするものでございます。  それでは、大藪慶子さんの略歴につきまして申し上げます。  大藪さんは、昭和24年7月16日生まれ。現住所伊勢市辻久留1丁目5番23号。学歴は昭和47年3月、三重大学教育学部卒業。主な経歴としては、昭和47年4月、鈴鹿市立平田野中学校教諭として奉職、以降、県内の小中学校教諭を歴任され、平成22年3月、退職、同年4月、玉城町立田丸小学校非常勤講師、同年10月、人権擁護委員就任、現在に至っておられます。  大藪さんにおかれましては、教職についておられたときの人権教育の経験を生かし、現在も人権擁護委員をなされており、人格、識見高く、広く社会の実情に通じ、人権擁護について理解のある方であるため、お願いしたいと考えております。  以上、何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願いを申し上げます。 ○議長(杉村定男君) 質疑に入ります。  発言はありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 発言なしと認めます。  お諮りいたします。  議案第72号につきましては、会議規則第38条第3項の規定により、委員会付託を省略して討論に入りたいと思いますが、御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。  そのように決定いたしました。  それでは、討論を行います。  討論はありませんか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 討論なしと認めます。  ただいまから議案第72号を採決いたします。  本件につきまして同意することに賛成の方は御起立願います。      〔賛成者起立〕 ○議長(杉村定男君) ありがとうございます。  起立全員と認めます。  よって、「議案第72号人権擁護委員の推薦につき意見を聞くことについて」は、同意することに決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △平成25年請願第1号の上程、説明、委員会付託 ○議長(杉村定男君) 次に、日程第30、「平成25年請願第1号国民健康保険料の引下げを求める請願」を議題といたします。  請願の朗読を省略いたします。  この際、紹介議員から御説明をお願いいたします。  14番、黒木議員。 ◆14番(黒木騎代春君) それでは、請願第1号国民健康保険料の引下げを求める請願について御説明をさせていただきます。  伊勢市では、国保会計において平成23年度に8億円を超える収支差引残高となり、基金残高12億円と合わせ20億円を超える黒字額となっています。全国では、国保財政の厳しい中、赤字の自治体が多く、それぞれの自治体の裁量で努力され、運営されております。伊勢市はこの間の黒字額を充てれば、県下一、例えば世帯所得200万円、65歳以上74歳以下、年金2人暮らしの場合、高くなった国保料、かなりの値下げは可能です。  国民健康保険料が市民の暮らしを圧迫し、病気になっても医師にかかれない状況をつくり出しています。健康で文化的な生活にまで食い込む高過ぎる国民健康保険料は憲法25条に違反します。国民健康保険料を引き下げて市民が安心して暮らせる行政を行ってくださいという趣旨から、請願事項として、高過ぎる国民健康保険料を大幅に引き下げてくださいという趣旨の請願であります。  以上が趣旨説明でございます。よろしくお願いします。 ○議長(杉村定男君) お諮りいたします。  平成25年請願第1号につきましては、教育民生委員会に審査を付託し、審査を願い、本議会会期中に審査結果の報告を願うことにいたしまして御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。  そのように決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △平成25年請願第2号の上程、説明、委員会付託 ○議長(杉村定男君) 次に、日程第31、「平成25年請願第2号消費税増税の中止を求める意見書の提出を求める請願」を議題といたします。  請願の朗読を省略いたします。  この際、紹介議員から御説明を願います。  14番、黒木議員。 ◆14番(黒木騎代春君) それでは、請願第2号の趣旨説明を行わせていただきます。この請願は、消費税増税の中止を求める意見書の提出を求める請願であります。  長期のデフレ不況と大震災からの復興に懸命の努力が続く中、厳しい暮らしと経営を余儀なくされている国民、中小企業の実態を顧みることなく、消費税を2014年4月に8%、2015年10月に10%へと引き上げることを柱とした社会保障と税の一体改革関連法が成立しました。しかし、これは地域経済を根本から壊す大増税計画であり、到底認めることはできないという立場から請願されているものです。  また、この間に国民の平均年収は大幅に下がっています。非正規雇用者の割合は35.2%、年収200万円に届かない労働者は6年連続で1,000万人を超えております。地域経済を支える中小企業の営業と暮らしは深刻です。このような状況のもと、消費税増税と社会保障の負担増がのしかかるならば、倒産、廃業が加速し、多くの労働者が仕事を失い、地域経済は決定的に破壊されることとなります。  また、自治体財政にも深刻な影響を及ぼすことは必至です。財政試算を行った自治体によると、地方消費税交付金の増収を見込んでも、例えば病院の建てかえなど高額投資に伴う消費税負担に伴う市民病院の診療報酬アップ分反映が保証される見通しが立っていないなど、マイナス要素が多いと報道されています。  消費税社会保障財源にすると言われますが、年金制度改悪、医療費負担増など、社会保障負担はふえ、制度はこの間、改悪される一方です。そもそも消費税は、低所得者ほど負担が重い弱い者いじめの税金で、社会保障財源としてふさわしくありません。財政再建のためというなら、今でも大変な国民の負担増に依拠する方法では根本解決になり得ません。税金の使い方を国民の暮らし、福祉優先に切りかえ、法人税率の見直しや、大企業、大資産家に応分の負担を求めることが必要です。  以上の趣旨から、地方自治法第124条の規定により、消費税増税の中止を求める請願を採択し、政府に意見書を提出していただくことが請願の趣旨です。議員の皆さんには慎重な審議のもと、採択をしていただきますようよろしくお願い申し上げます。 ○議長(杉村定男君) お諮りいたします。  平成25年請願第2号につきましては、総務政策委員会に審査を付託し、審査を願い、本議会会期中に審査結果の報告を願うことにいたしまして御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。  そのように決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    △平成25年請願第3号の上程、説明、委員会付託 ○議長(杉村定男君) 次に、日程第32、「平成25年請願第3号風疹の予防接種費用に公費助成を求める請願」を議題といたします。  請願の朗読を省略いたします。  この際、紹介議員から説明を願います。  15番、西山議員。 ◆15番(西山則夫君) 請願第3号風疹の予防接種費用に公費助成を求める請願について、紹介議員を代表いたしまして請願趣旨を申し上げ、議員皆様方の御理解を得たいと存じます。  国立感染症研究所感染症情報センターは、ことしの風疹の患者報告数が2013年5月29日の時点で8,500人、うち三重県は49人と発表されております。この数は、昨年1年間の患者数に比べ既に約3.56倍にも上り、今後もふえ続けることが懸念されています。先日の報道では既に1万人を超えたということがいわれております。今後の流行、拡大を防ぐためにも、予防接種を受けることがこれまで以上に重要となってまいります。  現在、定期接種の対象は1歳児と小学校入学前1年間であります。しかし、現在、流行の中心となっておりますのは、患者数の約8割近くを占めている男性、特に20代から40代の方々であります。この世代は未接種者が多い世代と言われておりまして、また、男性患者から妊娠初期の女性に風疹がかかると、胎児に先天性風疹症候群の障がいが出るおそれがあると言われております。こういった現状の中、妊娠前に予防接種を受けることが重要視されています。  三重県においても、さらには県下の各自治体においても既にこういった予防接種への補助が始まっておりますが、我が伊勢市も今回補正予算を計上されておりますが、ぜひこういった自治体の努力に対して、国に対しても、予防接種未接種者が予防接種を受けるための必要な措置を講じること、さらには県や各自治体が行う公費助成に対し財政措置を講じることを求める意見書を提出していただきたい、このような趣旨でございます。  何とぞよろしくお願い申し上げます。 ○議長(杉村定男君) お諮りいたします。  平成25年請願第3号につきましては、教育民生委員会に審査を付託し、審査を願い、本議会会期中に審査結果の報告を願うことにいたしまして御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。  そのように決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △平成25年請願第4号の上程、説明、委員会付託 ○議長(杉村定男君) 次に、日程第33、「平成25年請願第4号TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加に反対する請願」を議題といたします。  請願の朗読を省略いたします。  この際、紹介議員から御説明をお願いいたします。  14番、黒木議員。 ◆14番(黒木騎代春君) それでは、請願第4号TPPへの参加に反対する請願の趣旨説明をさせていただきます。  この請願は、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)、この問題が重大な局面を迎えているという危機感を持つ立場から請願されているものです。  安倍首相が2月の日米首脳会談で、聖域なき関税撤廃が前提でないことが明確になったとして、3月の交渉参加表明に続いて、4月12日にアメリカとの事前協議合意を経て、4月下旬には交渉参加11カ国全ての同意を取りつけたとして交渉参加を進めていることに対しての懸念を表明するとともに、TPPへの参加に反対し、TPP参加に至る過程で同時に並行して行われている日米2国間協議を中止することを求める意見書を政府及び関係機関に提出するよう求めているものでございます。  これまでに明白になったこととして、1つ目は、TPPが全ての関税、非関税障壁の撤廃という世界でも類例のない危険な枠組みになっていること、2つ目として、交渉では米国の言うままに日本が譲歩を重ね、屈辱的な協定であることが浮き彫りになったことです。具体的には、日米事前協議の合意では、米、乳製品、砂糖など日本の重要農産物である聖域確保の可能性がほとんどないこと、米国側が日本の交渉参加への条件要求としていた牛肉、自動車保険を日本側が早々と全面的に受け入れてしまったこと、さらに、TPP交渉と並行して、自動車保険、投資、知的財産権、規格・基準、政府調達、競争政策、衛生植物検疫など非関税障壁についても日米2国間協議を行い、TPP交渉の妥結までにまとめることを約束したことです。  さらに、アメリカ政府が導入を迫っているISD条項が重大です。この制度は、進出企業が相手国政府の政策によって被害をこうむったと判断すれば、国際機関に訴えて損害賠償を請求でき、その国の法律や制度の改変を可能にする仕組みで、導入されれば国民と日本の主権、国づくりが大きく脅かされることとなります。  医療分野でも、日本の国民皆保険制度を崩し、混合診療の全面解禁が迫られていますが、混合診療を認めると、保険診療範囲が縮小し、全額自己負担の自費診療が拡大し、患者負担がふえることになります。また、もうからない診療科や患者も切り捨てられます。  しかも、国民生活に重大な影響を及ぼす協定交渉が国民、国会議員にも秘匿され、国民は蚊帳の外という異常な秘密交渉に国の命運を託すわけにはいかないことも問題です。今、交渉に入っていけば、参加国の市場開放圧力包囲網の中で、アメリカ主導で多国籍企業に都合のいいルールづくり、際限のない譲歩に引きずり込まれるのは必至です。安倍内閣は、公約に掲げた国益が守られず、国民に苦難を押しつける協定であることが明らかになった以上、交渉撤退しか道はないと言わなければなりません。  よって、請願項目1、TPPに参加しないこと、2、TPP参加までの日米2国間協議を中止すること、以上を請願する内容でございます。皆様方には慎重な審議のもと、採択されるようよろしくお願いを申し上げまして、説明とさせていただきます。 ○議長(杉村定男君) お諮りいたします。  平成25年請願第4号につきましては、関係常任委員会に審査を付託し、審査を願い、本議会会期中に審査結果の報告を願うことにいたしまして御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。  そのように決定いたしました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △散会の宣告 ○議長(杉村定男君) 以上で、本日の議事日程は全て終了いたしました。  お諮りいたします。  議案の精読のため、明25日から28日までの4日間を休会といたしたいと思いますが、御異議ありませんか。      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(杉村定男君) 御異議なしと認めます。  よって、明25日から28日までの4日間を休会とすることに決定いたしました。  継続会議は、来る7月1日午前10時から開きます。  それでは、本日は散会いたします。  なお、本日御出席の皆様には開議通知を差し上げませんから、御了承をお願いいたします。 △散会 午前11時58分  会議の顛末を録し、ここに署名する。   平成25年6月24日      伊勢市議会議長   杉村定男      伊勢市議会議員   黒木騎代春      伊勢市議会議員   西山則夫...