614件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

舞鶴市議会 2022-12-26 12月26日-05号

農業経営者への支援として、過疎化高齢化に伴う農業の担い手不足等限られた労働力で効率的に経営維持・拡大するため、ICT活用は、これからの農業において、経営改善作業効率生産性向上につながる事業となります。本市として、他の農業経営者へもこの制度を活用していただけるよう積極的な取り組みをお願いいたします。 

舞鶴市議会 2020-10-07 10月07日-05号

その中で、まず、2款総務費舞鶴版Society5.0実装推進事業につきまして、産官学連携のもと、リカレント教育を確立させるためのトライアル事業や、ICT活用した防災減災システム導入、さらには、共助の仕組みによる新たな移動マッチングシステム導入など、サイバー空間現実をつなぎ、人間中心の社会を実現させるために、大きな方向性を定めるための準備段階に入ったものと認識し、賛成をするものです。 

宮津市議会 2020-06-22 令和 2年第 4回定例会〔6月定例会〕(第5日 6月22日)

資料の通し番号5ページの学校における1人1台ICT端末整備等GIGAスクール構想)の推進1億4,200万円でございます。国において令和5年度までをめどに、昨年12月からスタートしましたGIGAスクール構想につきましては、さきの国の1次補正予算により、本年度中に前倒しが図られたところでございます。  

長岡京市議会 2020-06-22 令和 2年予算審査常任委員会第3分科会( 6月22日)

今後、教育支援センターを含めて学校教育課学校と連携しながら、今のケース・バイ・ケースを試しながら、他校から学びながらという形で少しずつですけれども、よりよいオンライン授業的なものICT活用っていうことを考えていきたいと思いますので、御理解のほうよろしくお願いします。 ○宮小路康文委員  ありがとうございます。

木津川市議会 2020-06-16 令和2年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2020年06月16日

一方で、日本ICT活用の貧弱さ、あるいはその活用において諸外国と比べて大きく後れを取っている現実が露呈されているというように感じております。  2つ目質問ですが、働き方、教育改革についてお尋ねするとともに、それがすごく働き方によって影響のある市民の皆様への支援サービスの提供についてのスピード。  2)行政内でのテレワークの今の進捗状況。  

長岡京市議会 2020-05-21 令和 2年議会運営委員会( 5月21日)

となると、ICT化の分科会を早よせなあかんなというのもあるんですけどね。新庁舎も具体的になってくれば。 ○上村真造委員長  それは、議運の、今後の課題として。 ○進藤裕之委員  認識しとかなあかんかなという。 ○上村真造委員長  そうですね。では、次に平成市民クラブさん。 ○三木常照委員  共通事項については、列挙してある分、賛成です。

福知山市議会 2020-03-31 令和 2年第1回定例会(第7号 3月31日)

(2)ICT活用した議会運営に関する事項  まず、一般質問において、写真や図表をスクリーン投影するなど、タブレット端末を積極的に活用し、質問を行いました。  二つ目に、決算審査委員会と協議を進め、決算成果説明書ペーパーレス化、また、事務報告書ペーパーレス化推進をいたしました。  (3)その他、議会運営に関する事項  一つは、本会議場、各委員会における改善の問題です。  

与謝野町議会 2020-03-30 03月30日-11号

◆13番(多田正成) 今、ICTを使った農業経営だとか、当町としての特色も、よその町よりは早く取り組んでいただいたりしておりますけれども、それがやっぱり若手の経営者に、どんどん広がって、それとただ、今の農家の中の範囲の中で動くんではなしに、新しい方が農業に参入してくるという姿を、どうつくるかということが、私は今後の課題であろうというふうに思っております。

木津川市議会 2020-03-27 令和2年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2020年03月27日

そのためには、人材育成が必要だと、先ほども本会議で話がありましたけれども、その組織マネジメントができる管理者が必要だというふうに、一般企業であれば、人数よりもそういうトップマネジメントができる方を置くということによって、今、課題であることに対して新しい発想で、例えばICTを使った運営とか、もっと違った人材育成をするということをすれば、もっとうまいこといくこともあると思うんですけれども、今回のやつは、

京田辺市議会 2020-03-27 03月27日-03号

暮らしの実態についての認識について、国民健康保険税負担軽減について、介護保険基金を使ってのサービス利用料への助成について、北陸新幹線新駅設置に係る歳出についてなど、次に、NEXT京田辺からは、子育て関連予算の力点について、学校トイレについて、財政支出の見通しと効率的・効果的な取り組みについて、企業誘致の促進についてなど、次に、京都南風の会・日本維新会クラブからは、情報セキュリティに関する行政ICT

舞鶴市議会 2020-03-27 03月27日-06号

款総務費では、舞鶴版Society5.0 for SDGs推進事業として共助による移動手段である共生型MaaSいわゆるmeemoの実証実験市民が新たな技術を得るための学び直しを後押しするリカレント教育トライアル事業ICT活用した防災減災システムAI-OCRやRPAの導入範囲をさらに拡大し、業務効率化を図る「AIロボティクス業務効率化推進事業」など、積極的に新たな取組を行い、将来につながる