69件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

舞鶴市議会 2021-06-29 06月29日-05号

2023年度末には敦賀まで延伸の計画とされている北陸新幹線開業に向け、本来であれば増便や、昔走っていたような急行、特急などを運行させることにより、乗降客の増大が見込めるこの大きなチャンス減便が発表されたことは、今後、飛躍的に利用客が増加するチャンスを自ら潰すことになってしまいます。 乗客が少ないから便数を減らす、便数が減ったからさらに乗客が減るという負のスパイラルに入ると思われます。

八幡市議会 2021-06-28 令和3年6月28日都市環境常任委員会−06月28日-01号

本来であれば永久緑地というような一面もあるわけですから、当然当初の指定の段階では、先祖代々の土地をずっと農地として守っていくんだという決意も普通はあるのではないかと言いますけれども、それは時代の変化だとか後継者状況によって変わりますので一概には言えませんけども、結果的に、そこで最低1992年から2023年になるんですか、その間だけで終わってといいますか、亡くなったときに終わっていくと、当初の責任と

八幡市議会 2021-06-21 令和 3年第 2回定例会−06月21日-04号

現在、全国都道府県では、2021年度から2023年度の3年間における第2期国民健康保険運営方針策定作業が進められています。コロナ禍によって明らかになった国民健康保険制度問題点解決方向を、いかに将来世代も安心して使えるような制度改善に結びつけていくかが焦点となっています。  そこで何点かお伺いします。  

八幡市議会 2021-06-15 令和 3年第 2回定例会−06月15日-02号

財政シミュレーションで詳しく見てみますと、2019年決算と比較して給水収益が令和5年(2023年)、約3億円増額見込みになっています。つまり水道料金が値上げされて収益が増えるということです。この3億円の増額内訳を教えてください。 ○岡田秀子 議長  山田上下水道部長。          

八幡市議会 2021-03-30 令和 3年第 1回定例会−03月30日-06号

介護保険料総額は、これにより2018年度から2020年度までの第7期3年間で39億5,781万円ですが、値上げ後の2021年度から2023年度までの第8期は42億1,789万円となり、2億6,007万円引き上げられることが明らかになりました。1年当たり8,700万円の負担増となります。  2つ目に、市町村特別給付として寝具乾燥等サービス費の支給が計上されています。

八幡市議会 2021-03-03 令和 3年第 1回定例会-03月03日-03号

まず、城南衛生管理組合沢工場において、2023年1月をめどごみ中継施設の改修が進められます。これによって、現行の可燃ごみ中継設備に加え、不燃ごみプラスチック製容器包装を中継するための設備の追加も盛り込まれています。この更新工事によって、現在隔週で実施されているプラスチック製容器包装の回収は毎週実施できるのでしょうか、見通しをお聞かせください。  

城陽市議会 2020-12-18 令和 2年第4回定例会(第5号12月18日)

現在、2021年度から2023年度の第2期国保運営方針策定が進められています。  コロナ禍国民健康保険加入者制度利用状況保険料について質問します。  コロナ減免承認件数とその減免割合内訳を教えてください。 ○熊谷佐和美議長  吉村部長。 ○吉村英基福祉保健部長  新型コロナウイルス感染症影響に伴います減免承認件数減免割合内訳をご答弁申し上げます。  

城陽市議会 2020-12-14 令和 2年第4回定例会(第2号12月14日)

そこで、近くの市町村がどのように取り組まれているかなと確認したところ、井手町では2023年に完成する町役場に併設して道の駅を建設する計画が報道されていました。井手町に行ってちょっと確認をしてまいりました。国と町で覚書を交わしたということでございます。城陽で道の駅的なものを建設するにしても、井手町は極めて隣でございます。隣接した市です。

八幡市議会 2020-12-14 令和 2年第 4回定例会−12月14日-04号

現在、全国都道府県では、2021年度から2023年度の3年間における第2期の国民健康保険運営方針策定作業が進められています。コロナ禍によって明らかになった国民健康保険制度問題点解決方向をいかに将来世代も安心して使えるような制度改善に結びつけていくことが焦点となっています。  そこで何点かお伺いします。  

八幡市議会 2020-12-11 令和 2年第 4回定例会−12月11日-03号

2018年度と比較し、プロジェクト開始5年目、2023年度に、医療費介護給付費を5自治体合計で12億円抑制するとなっています。現在の八幡市でのプロジェクト参加者数と、5年後に想定している人数はどのようになりますか。また、5年後の八幡市における医療費介護給付費の削減、抑制目標はどれぐらいになる見込みなのか、教えてください。  

八幡市議会 2020-12-09 令和 2年第 4回定例会−12月09日-02号

児童・生徒一人ひとりに1人に1台の端末及び全国学校高速大容量の通信ネットワークを整備するGIGAスクール構想は、当初2023年度めどに進められる予定でありましたが、新型コロナウイルス感染拡大影響による臨時休校オンライン授業必要性が高まったことなどから、前倒しして本年度中の実現が目指されることになりました。  

八幡市議会 2020-06-15 令和 2年第 2回定例会-06月15日-04号

2023年までにSDGs未来都市を210自治体に拡大すると積極的です。モデル事業に選定された鎌倉市の推進アドバイザーである慶應義塾大学大学院の高木 超特任助教授の「SDGs×自治体実践ガイドブック」の帯には、鎌倉市長が「地域づくりに役立つワークショップのノウハウと最新事例が満載」と書かれています。書店で目にして早速購入し、読ませていただきました。  そこでお伺いいたします。  

八幡市議会 2020-06-11 令和 2年第 2回定例会-06月11日-03号

そして、観光客1人当たり観光消費額については、2017年の245円を2023年には300円に増やして、観光消費額総額では6億3,800万円から2億1,200万円増加の8億5,000万円にする目標を立てておられます。この観光消費額現状値には、京都吉兆松花堂以外の飲食店が含まれていない数値だということであります。

舞鶴市議会 2020-06-10 06月10日-02号

2019年末に文部科学省が打ち出した「GIGAスクール構想」は、5年計画で、2023年度の達成を目指していましたが、新型コロナウイルス感染症への対応の緊急経済対策に、前倒し実施の施策が盛り込まれました。各自治体でも、教育のIT化へ積極的に取り組んでいる様子が報道されています。舞鶴市におきましても、ウィズ・コロナに向けた授業体制を考えていらっしゃることと存じます。