224件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八幡市議会 2020-03-30 令和 2年第 1回定例会−03月30日-07号

次に、健康部所特別会計についてご報告申し上げます。  まず、休日応急診療所特別会計につきましては、質疑がありませんでした。  次に、国民健康保険特別会計につきましては、限度額引き上げ及び軽減判定所得拡充による保険収入の影響について等2件の質疑があり、それぞれ理事者より答弁がありました。  

八幡市議会 2020-03-23 令和2年3月23日都市環境常任委員会−03月23日-01号

◎亀井雅史 下水道課長補佐  続きまして、市民防災広場雨水地下貯留施設設置工事について報告させていただきます。資料2をごらんください。  市民防災広場雨水地下貯留施設設置工事につきましては、平成29年、平成30年度の継続事業として進めており、受注者は西武・城南特定建設工事共同企業体、第1回変更契約後の請負金額は7億2,079万7,400円でございます。

八幡市議会 2020-03-04 令和 2年第 1回定例会−03月04日-01号

1期目は、安心・安全子育て八幡市健康第一などの土台、骨組みづくり(ベースメント)を、2期目は、雨水地下貯留施設の整備や有利な財源を活用した新庁舎整備などの安心・安全、中学校給食の開始などの子育ての充実、スマートウェルネスシティ構想の策定など健康第一などの仕組みづくり(ストラクチャ)に取り組んでまいりました。  

八幡市議会 2019-12-23 令和元年12月23日都市環境常任委員会−12月23日-01号

また、水道の老朽の更新や耐震化の必要性について掲載しております。2面には、水道事業及び下水道事業の経営状況等につきまして掲載しております。次に3面は、雨水地下貯留施設設置工事を初めとする下水道事業の取り組みについて掲載しております。4面には、ご家庭でできる災害への備え等、市民の皆様に周知していただきたいお知らせとお願いについて掲載しております。  

八幡市議会 2019-12-09 令和 元年第 4回定例会−12月09日-03号

このほかにも、大きな課題でございます市民の皆様の生命財産を守るための防災減災事業の促進といたしまして、小・中学校公共施設耐震化、防災無線の整備、雨水排水対策災害時に庁舎機能が継続できることはもちろん、浸水被害時には避難も可能となる防災機能の強化と行政サービス機能の充実を図るための新庁舎の整備などの取り組みを地道に進めているところでございます。  

福知山市議会 2019-09-13 令和元年第4回定例会(第4号 9月13日)

(3)家庭向け自立型再エネ導入補助と、雨水貯留槽設置補助についてです。  これは、太陽光発電設備に対する申請補助と、雨水タンクの申請補助のその状況なんですが、そのことについて今の申請補助の状況を、まず伺いたいと思います。 ○(芦田眞弘議長)  産業政策部長。 ○(櫻井雅康産業政策部長)  3項目ご質問がありましたので、順次お答えしてまいりたいと思います。  

八幡市議会 2019-09-09 令和 元年第 3回定例会−09月09日-04号

また、それ以前にも平成16年には集中豪雨による床上・床下被害を受けられ、その後、下水道総合浸水緊急事業により市街地道路下に雨水誘導雨水地下貯留を築造され、その効果が十分に発揮され、警察署消防などの都市機能が保全されたとのことです。  そこで以下のことについてお伺いします。  

八幡市議会 2019-09-05 令和 元年第 3回定例会−09月05日-02号

これまでも小・中学校等の公共施設耐震化、防災無線の整備、雨水排水対策などの取り組みを地道に進めてまいりましたが、今回の地震や豪雨被害の教訓も踏まえ、自然災害への対策防災拠点としての機能も有した新庁舎の整備などを軸にした安心・安全なまちづくりの必要性を改めて実感したところでございます。  

向日市議会 2019-08-20 令和元年第1回臨時会(第1号 8月20日)

まず、平成30年度の事業報告についてでありますが、突発的な漏水や給水装置の不具合等に迅速に対応するため、24時間対応が可能な体制のもと、本市上下水道部からの受託事業である公道下給配水の緊急漏水修繕や、水道メーター等の取りかえのほか、宅地内の漏水修繕などを実施されたところであり、平成30年度の決算では、収益的収入及び支出におきまして、収入額が7,651万6,387円、支出額が7,838万7,359円

京丹後市議会 2019-07-01 令和元年第 2回定例会(6月定例会)(第5日 7月 1日)

問い、電柱や地下埋設などについては、あくまで市道上の話であると思うが、従来と料金的には変わらないという理解でいいか。答え、この条例に準拠しているため、建設部関係の単価が変わらなければ変わらない。  次に、意見交換紹介します。第3次行財政改革大綱に基づき、受益者の負担の適正化と消費税の適正転嫁という内容である。一定表記の仕方が変わっているというのみであり、適当である。  

八幡市議会 2019-06-17 令和 元年第 2回定例会−06月17日-02号

その対策として、我が会派の提案により雨水地下貯留施設があさかぜ公園に一つ完成し、平成30年の大雨の際は貯水効果があり、近隣住民の方々から喜ばれております。現在、総合庁舎横の市民広場に2つ目の雨水地下貯留施設工事が行われており、さまざまな事情で工期が延びたものの無事故工事を終えることを願い、設置に当たっては評価するものでございます。

八幡市議会 2019-06-14 令和 元年第 2回定例会−06月14日-01号

資本的支出の建設改良費の府営水受水布設耐震工事につきましては、下水道事業が行っている市民防災広場雨水地下貯留施設設置工事の施工にあわせて事業を行うこととしており、雨水地下貯留施設設置工事が繰り越すため、本工事についてもあわせて繰り越したものでございます。事業費は4,550万円、財源は企業債3,200万円、損益勘定留保資金1,350万円でございます。  

八幡市議会 2019-03-19 平成31年度予算特別委員会−03月19日-03号

本日の日程は、各所管部ごとの審査とし、都市整備部所一般会計予算案及び上下水道部所水道事業並びに下水道事業会計予算案について審査を行いたいと思います。審査の順序といたしましては、1.都市整備部、2.上下水道部、以上の順序で説明員の交代を行いながら進めたいと思います。これに異議ありませんか。          

城陽市議会 2019-03-15 平成31年予算特別委員会( 3月15日)

17款府支出金、2項府補助金、1目総務費府補助金、1節総務管理費補助金といたしまして4,412万1,000円を計上しておりますが、このうち市民環境部に関連するものとしましては、人権問題啓発事業補助金158万4,000円、雨水貯留施設設置事業費補助金9万3,000円、家庭向け自立型再生可能エネルギー導入事業費補助金374万4,000円が該当いたします。  35ページをお願いいたします。