614件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八幡市議会 2020-03-30 令和 2年第 1回定例会−03月30日-付録

───────┼──────────────────┴──────┴───────────┤ │ 陳 情 者 │京都市南区東九条西山王町9−9                      │ │ 住所氏名 │ 京都地域人権運動連合会 執行委員長 山川明仁              │ ├───────┼─────────────────────────────────────┤ │ 件   名 │部落差別

八幡市議会 2020-03-30 令和 2年第 1回定例会−03月30日-07号

2019年度2月末現在で、歳出の中で研修活動促進事業として185万8,000円の支出があり、そのうち部落解放同盟山城地区協議会に156万7,000円が交付され、全体の84%を占めています。こうした特定の団体への資金提供となるような施策はやめるべきです。また、市は市職員部落解放同盟集会公費で派遣しています。

長岡京市議会 2020-03-24 令和 2年第1回定例会(第5号 3月24日)

                   記 ┌──┬─────┬──────────────┬─────────┬─────┐ │受理│受理年月日│   件      名   │陳情者住所氏名│審査の結果│ │番号│     │              │         │     │ ├──┼─────┼──────────────┼─────────┼─────┤ │2-│令和2年 │部落差別

八幡市議会 2020-03-17 令和2年3月17日総務常任委員会-03月17日-01号

陳情要望文書表真ん中下ぐらいに、「法務省は、本年2月7日付けで、全国自治体教育委員会へ、2014年から5年間の部落差別事例の報告を要請した」とあるんですけれども、法務省からそういった要請があったのかどうか。それと、2014年から5年間、部落差別事例本市ではあったのかどうかお教えください。  以上です。 ○長村善平 委員長  近藤市民部次長。 ◎近藤考賜 市民部次長  お答えいたします。

向日市議会 2020-03-17 令和 2年第1回定例会(第4号 3月17日)

反対理由の8番目は、「日の丸・君が代」の管理教育や、また、乙訓人権擁護負担金や、山城人権ネットワークなどによるトンネル団体部落解放同盟への負担金です。  次に、先ほど申し上げたほかで、市に対しての要望を申し上げます。  1番目に、生活保護ケースワーカー事件全国に衝撃を与えました。本市の組織としての多くの問題が非常に重要です。

福知山市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第4号 3月 5日)

○13番(吉見純男議員)  長年にわたる部落解放運動の取組や民主主義の発展に伴い、市民の理解の進展や地方自治体、福知山市による対策事業の実施によりまして、部落問題は大きく解決してきており、また、まれに発生する問題についても、解決できる状況が作り出されてきていると認識しております。

八幡市議会 2020-03-04 令和 2年第 1回定例会−03月04日-01号

次に、本日までに受理した陳情要望のうち、陳情要望第1号、部落差別解消推進に関する法律に伴う国が行う実態調査に関する陳情書は、総務常任委員会に付託いたします。 △日程第4〜日程第11 ○山田芳彦 議長  日程第4、議案第1号、令和2年度八幡一般会計予算案から日程第11、議案第8号、令和2年度八幡下水道事業会計予算案までを一括議題といたします。  順次、提案理由の説明を求めます。

長岡京市議会 2020-03-03 令和 2年総務産業常任委員会( 3月 3日)

(「はい」と言う者あり) ○小原明大委員長  陳情2-1号 部落差別解消推進に関する法律に伴う国が行う実態調査に係る陳情書について、趣旨を了とすることに賛成委員挙手を求めます。                 (賛成者挙手) ○小原明大委員長  賛成少数。したがって、陳情2-1号については、趣旨を了としないとなりました。  議事の都合により暫時休憩します。              

長岡京市議会 2020-02-28 令和 2年議会運営委員会( 2月28日)

次に、陳情受理番号2−1号、部落差別解消推進に関する法律に伴う国が行う実態調査に係る陳情書については、どの委員会に付託がよろしいでしょうか。            (「総務産業常任委員会」と言う者あり) ○上村真造委員長  総務産業常任委員会という声がありましたが、いかがでしょうか。               

福知山市議会 2019-10-23 令和元年第4回定例会(第7号10月23日)

反対討論  ・議第53号の一般会計歳入歳出決算の認定について、平成29年度及び平成30年度に発生した災害復旧事業由良川流域治水対策及び内水対策、学校のトイレ改修及びクーラー設置子育て総合相談窓口の開設などについては評価できるが、事業棚卸しによるイベントや福祉事業補助金の削減、支所の職員配置実質減少就学援助制度における基準の引き下げ、放課後児童クラブ使用料大幅値上げ部落解放運動補助金

八幡市議会 2019-10-15 令和 元年第 3回定例会−10月15日-08号

八幡市など府南部自治体、企業や商工会などの分担金、会費で運営されている山城人権ネットワーク推進協議会研修促進事業として、平成30年度は84%、238万円が部落解放同盟山城地区協議会に交付されました。山城人権ネットワーク推進協議会は事実上一部運動団体である部落解放同盟への資金提供の仕組みとなっており、八幡市は脱退すべきです。  

向日市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第5号 9月26日)

また、部落差別を固定化する山城人権ネットワーク分担金支出をやめることです。  第10に、向日市の廃棄物減量推進協会が、市長の諮問を受け、指定袋有料化などが、この決算でも委員会が開かれ、検討されていたことに賛成できません。市民市職員及び関係者ごみ減量化の努力と協力で家庭系ごみが減少しております。

木津川市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年09月26日

部落解放人権政策確立要求木津川実行委員会は、法的根拠もなく市長実行委員長として行政をゆがめています。加茂人権センター事業では、駐車場収入を上回る管理委託料支出しています。これらをただし、山城人権ネットワーク推進協議会から脱退し、部落解放人権政策確立要求木津川実行委員会は解散すべきであります。  第3に、さらなる市民負担を前に、職員への給与カットを初め職員の待遇を悪くしました。

八幡市議会 2019-03-28 平成31年第 1回定例会−03月28日-07号

市民周知及び問い合わせの対応について、やわた未来いきいき健幸プロジェクトの今後の取り組み及び事業成果の検証について、被災者住宅等支援事業について今後の災害発生時の考え方について、八幡産てん茶普及啓発とお茶の京都普及啓発の内容及び連携について、債務負担行為における城南土地開発公社用地取得等資金借入金に対する損失補償の詳細について、山城人権ネットワーク推進協議会人権啓発研修活動促進事業における部落解放同盟山城地区協議会

八幡市議会 2019-03-26 平成31年度予算特別委員会−03月26日-06号

部落解放同盟研修会市職員公費による参加をしておりますが、これは平成30年の資料で2回派遣されています。公費ということなので、まず、かかった費用を教えてください。  一部運動団体研修会公費市職員を派遣するというのはいかがなものかと思うので、市としてはやめるべきだと思いますが、その考え方について教えてください。  最後です。

久御山町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4号 3月22日)

反対理由の第9は、何度も指摘していますが、人権啓発推進事業と称して、部落解放同盟主催集会・大会に職員公費で派遣することはやめるよう指摘しておきます。  反対理由の第10は、事業2407万6000円のコンビニでの住民票等交付サービスであります。19日の総括審査では、年間の交付件数は600件で、費用は600万円であることを明らかにしました。

木津川市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2019年03月18日

次に、山城人権ネットワーク推進協議会負担金部落解放名称運動団体が使ってきた名称で、その名称を使う部落解放人権政策確立要求木津川実行委員会補助金も、行政公平性自主性中立性の観点から問題で、支出すべきではありません。  ほかにも問題点はありますが、以上が反対の主な理由です。市民に我慢を押しつけるのではなく、市民の暮らしを支えることこそ大事だと申し上げて、反対討論とします。