242件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

向日市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第5号 3月19日)

一委員より、部落解放・人権政策確立要求山城地区実行委員会分担金についての質疑があり、山城地域の15市町が連携して行っている事業であり、人権問題や差別解消のために取り組んでいる。現在、ヘイトスピーチにかかるガイドライン等の作成に向けて検討しているとの答弁がありました。  一委員より、歴史文化交流センターについての質疑があり、センターでは、さまざまな事業を行っている。

木津川市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2019年03月18日

次に、山城人権ネットワーク推進協議会負担金や部落解放の名称は運動団体が使ってきた名称で、その名称を使う部落解放・人権政策確立要求木津川市実行委員会補助金も、行政の公平性・自主性・中立性の観点から問題で、支出すべきではありません。  ほかにも問題点はありますが、以上が反対の主な理由です。市民に我慢を押しつけるのではなく、市民の暮らしを支えることこそ大事だと申し上げて、反対討論とします。  

長岡京市議会 2019-03-11 平成31年予算審査常任委員会第1分科会( 3月11日)

○藤井(徹)人権推進課長  差別事象というと、どこそこの地域の誰々のところは部落だからとか、そういうような形のものとかもございます。  以上です。 ○小原明大委員  京都府のほうで、そういった区域内の差別事象というのをインターネット上のものも含めて点検していくというか、チェックしていくというような、そういう機能といいますか取り組みというのがあるんですか。

城陽市議会 2018-11-13 平成30年決算特別委員会(11月13日)

第4に、山推協への負担金の支給についてでありますが、部落解放・人権政策確立要求城陽市実行委員会への補助金、また運動団体である部落解放同盟など特定団体への理由のない支出は新たに差別をつくり出すものであり、認められません。  第5に、新名神の供用開始にあわせて、長池先行整備地区、青谷先行整備地区など、東部丘陵地の開発が急ピッチで進められております。

城陽市議会 2018-10-29 平成30年決算特別委員会(10月29日)

それと、差別解消の分でございます、なぜ部落という名前があるのかとご質問でございますが、こちらのほう、城陽市のほうに地域がないということをとおっしゃいましたが、今でもさまざまな人権問題の中で、特に同和のほうに係る問題につきましては広範囲にありまして、城陽市のほうにおきましてもそういうふうな問い合わせとかがあるという状況の中、こちらのほうを部落解放差別推進法というのができまして、国のほうにおきましても部落問題

福知山市議会 2018-10-23 平成30年第5回定例会(第6号10月23日)

初めに、議第50号の一般会計については、治水対策の継続、医療介護福祉総合ビジョンの策定、小・中学校の空調設置及びトイレ改修は評価できるが、事業棚卸しによる福祉事業の打ち切り、法失効後の部落解放団体への補助の継続は同意できない。  次に、議第61号の後期高齢者医療事業については、受けられる医療について差別される仕組みになっており反対する。  

向日市議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第5号 9月18日)

部落差別を固定化する山城人権ネットワーク推進協議会分担金の執行を停止すること。  第9は、福祉保育所建設部をはじめ必要な部署への正規職員の採用を積極的に進め、職員労働環境の改善と生活向上を正面に据えた働き方改革の意識が弱いことです。長時間労働や超過密労働を市役所の職場から根絶すること。

長岡京市議会 2018-09-14 平成30年決算審査特別委員会第1分科会( 9月14日)

同じページの96ページで、人権のところなんですけれども、決算資料の12ページで部落解放・人権政策確立要求京都府実行委員会決算報告書で左下に、以前は別途闘争資金と書いてあったものが、今は特別会計積立金という名称で1,200万円というのがあるんですけれども、これは何のお金でしょうか。

城陽市議会 2018-03-29 平成30年第1回定例会(第6号 3月29日)

運動団体である部落解放同盟など、特定団体への理由のない支出は差別を解消するものではないことを指摘しておきます。  第5に、新名神の供用開始にあわせて東部丘陵地の開発が急ピッチに進められております。本来、組合施行で実施するのであれば、市が負担するのではなく、組合に委ねるべきであります。

向日市議会 2018-03-19 平成30年第1回定例会(第4号 3月19日)

第8は、個人情報漏えいとプライバシー侵害のおそれのあるマイナンバー制度に反対であり、利用の拡大を中止すること、部落差別を固定化する山城人権ネットワーク分担金の支出はやめること。  第9は、学校教育現場への「君が代」の押しつけと学力学習状況調査は実施しないこと、教員の多忙化が大問題であり、本市は、全国に比べて長時間労働で、月80時間以上が多くなっているとのことです。教員の勤務状況が非常に厳しい。

舞鶴市議会 2018-03-14 平成30年  3月 予算決算委員会民生環境分科会-03月14日−01号

2年ほど前から、また個別法としまして障害者差別、LGBT、性的マイノリティーの方に関する差別、それと部落問題に関する差別の解消法等ができておる中で、今後も引き続き啓発については進めていくものと考えております。市としての役割についてですが、そういったところを地道ではあるんですが、粛々と今後も啓発を続けていきたいと考えております。  

福知山市議会 2017-12-13 平成29年第7回定例会(第3号12月13日)

部落解放団体補助金は、先日発表された、11月21日の中で、新年度予算編成方針の策定についての2のほうで、平成30年度予算編成方針の中で、慣例や前例踏襲を是正し、その上で、目的、手法、成果を検証し、市全体として有限な財政資源を最適配分にしていくということが、改めて求められています。その点から見れば、同和行政が事実上失効したもとでも、引き続きこれがされております。

城陽市議会 2017-11-17 平成29年決算特別委員会(11月17日)

本市としましては部落問題を初めとしたあらゆる人権問題の解決に向けて引き続き広域的な取り組みを進める必要があるということから、今後も引き続き同協議会に参画していきたいと思っております。 ○綱井孝司市民環境部長  空き家につきましては、現在空き家に関する担当部署が都市整備部となっておりまして、申しわけございませんけれども、そちらのほうで、できれば質問をお願いしたいと思っております。

向日市議会 2017-09-19 平成29年第3回定例会(第4号 9月19日)

6番目に、部落解放同盟へのトンネル補助金のある山城地区実行委員会分担金をやめるべきです。  7番目に、マイナンバーでの個人情報漏えいのリスクが高く、現に本市でも間違いなどの問題が発生しております。プライバシー侵害の危険性があり、利用拡大をやめるよう国に求めるべきです。  次に、何点か要望を申し上げます。  

長岡京市議会 2017-09-13 平成29年第3回定例会(第4号 9月13日)

そして250万円程度が部落解放同盟山城地区議会の活動に支出されており、実質的には行政から特定の運動団体への公金支出です。  さらに、本市の職員も研修として部落解放全国集会初め、各段階の集会に多数参加していますが、これらの集会の主催は実行委員会形式ながら、申し込みや振り込みから、実質は特定の運動団体が行っている集会と言えます。