491件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡京市議会 2019-09-11 令和元年決算審査特別委員会第1分科会( 9月11日)

例えば、ちょっと具体例を出すとすると、西山天王山駅側だったら調子側、ちょっと焼肉屋のでんの裏側ぐらいの農地ですね、あの辺とかもう既にちょっと長岡京市としては規制がかけられていなかったという例もあるんですけれども、農道沿いに家が建っているという、新しい家が、7軒ぐらいかな、そういう兆候とか出ていて、今後あの辺の周辺の農地、例えば宅地転用されるような方向になる場合、阪急長岡天神駅前周辺と同じような、農道

木津川市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月09日

2つ目についてですけれども、当事業に係るため池や水路、農道等の農業施設に関することについて、地元と調整の上、国と連携し進めてまいりたいと考えています。  特に、ため池や農業用水路については、防災減災の観点からも重要な課題であり、つけかえや機能復旧の必要が生じた場合には、十分な検討の上、事業を進めていただきますよう国に要望してまいります。  

福知山市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第2号 6月24日)

そこへの進入路のあり方なんですが、現在の動物園裏の駐車場に行くには、第7駐車場の脇から入る農道しかない状態なんですね。その写真をごらんいただきたいと思います。  左上が交差点です。第7駐車場から黄色い線でなぞった、幅3メートルぐらいの農道を南下をしてきて、一番下の丸で囲った駐車場にやってきます。

南山城村議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会(第3日 3月22日)

農地農道等整備事業増額理由。各区からの要望によるもので増額した、全部とはいかないが順次進めたい。  林業振興対策事業、目的、趣旨、説明を詳しく。森林譲与税の使い道、目的森林の荒廃を防ぐ。災害予防などを5年後からの森林環境税の本格運用のための準備措置。土地所有権の業者移転ということではない。2月から始まったばかりの事業でともかく予算を消化しろ的なところもある。  

京丹後市議会 2019-02-27 平成31年予算決算常任委員会( 2月27日)

まず、31年度につきましては、30年度同様に農業施設、あるいは農地農道、そういったものの災害復旧が、箇所にしても、金額にしても非常にたくさんありまして、今回の予算の中でも災害復旧費としてそれを計上しているということでありますし、もう一つは、基盤整備、土地改良、圃場整備が、久美浜で1カ所もう終わりますし、さらに上宇川であるとか、平田地区も今から予算の中に入ってくるということで、農業基盤というものをそういった

久御山町議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第2号12月19日)

次に、今年度の農業振興でありますが、農業生産の基盤となる農道や水路などの施設長寿命化により、農業施設の良好な生産環境の保全を図ることを目的とした多面的機能支払交付金事業を初め、農地集約による効率的な農用地利用を促進し、意欲ある若手農業者や中核的担い手の確保・育成に努める農地中間管理事業に取り組んでおります。  

城陽市議会 2018-12-17 平成30年第4回定例会(第3号12月17日)

今回もなかなか難しい問題を取り上げておりますけれども、この1年間を振り返ってみても、大変一つ一つの個別の交差点とか、あるいは農道とかいう要望は1つもしていなかったので、そういうことは今回もしませんけれども。  1年前というよりも、もう1年になるんですね。

大山崎町議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第3号12月12日)

地方における広大な山々や原野、田畑はそれなりの、それぞれの人々が所有をしているにもかかわらず、私の幼いころはいつも野山を駆け回る農道や山道が開かれた状態に保たれていた理由であります。  それぞれの所有者はその所有者が義務として管理をし、村全体で行うべき山道は、村用と称して、村人全員が総出で行うわけであります。体力不十分な村人は、炊き出しなど後方支援となります。  

福知山市議会 2018-12-12 平成30年第6回定例会(第2号12月12日)

○(桐村正典産業政策部長)  集落共同活動によります適切な農地農道、水路等の管理を目的といたします中山間地域等直接支払交付事業ですとか、多面的機能支払交付事業に取り組まれる集落の拡大に努めまして、地域によります農地の適切な維持、保全活動や地域づくり活動を支援しているところでございます。

京丹後市議会 2018-12-11 平成30年第 5回定例会(12月定例会)(第3日12月11日)

野田市河川に囲まれた平地で耕作されていますが、本市においての耕作、稲作は山に囲まれた谷間であったり、平地においても耕作面積が小さかったり、農道が狭かったりとそういったことがあり、大型の耕作機械が使用できないような状況があちこちで見受けられます。  本市の第2次京丹後市総合計画の実施計画の中に、京丹後米ブランド化推進事業が明記されています。そこでお聞きします。

城陽市議会 2018-12-06 平成30年総務常任委員会(12月 6日)

テレビ家電とか、山の中、あんまり走ること、このごろなくなったんで、そういうところに料金取ることによってほかされるよという危険性があったんで、なかなか料金取ることの痛しかゆしが今まで出てきたんやと思ってたんですけども、そのあたり、どういうふうに見積もっておるのか、だから、川にほかされたりとか、山のとこにほかされたり、あるいは農道に家電が今でもちょこちょこっとは見てますけどね、だから、誰がほかしたか、西城陽中学

宮津市議会 2018-12-03 平成30年第 5回定例会〔12月定例会〕(第1日12月 3日)

事業の概要でございますが、農地21カ所60工区、農道11カ所18工区及び水路1カ所1工区、全体で33カ所79工区の復旧を実施していくものであります。  なお、箇所別の事業量等につきましては、議案に記載のとおりであり、これらに係る予算につきましては、議第83号 一般会計補正予算(第3号)で別途お願いをしております。  よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。

城陽市議会 2018-11-06 平成30年決算特別委員会(11月 6日)

次に、5目農地費ですが、農道等整備事業繰り越しとして868万5,360円を支出しており、これは、水主用排水路改修工事でございます。  111ページをお願いいたします。3行目、土地改良区等への土地改良事業費補助金として283万9,000円を交付しております。富野西田部地区井戸掘削、ポンプ新設工事を初めとした8事業に対する補助金でございます。