432件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八幡市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-04号

道路交通網の充実とか、観光振興とか、地域経済の活性化、起業しやすい環境づくりとか、若者が集まる仕組み・取り組み、女性が活用できる仕組み・取り組み、医療福祉の充実、教育子育ての支援、自然環境の保全、農業の振興、その他で11項目あるんですけど、その中で道路交通網の充実が138社があって24.8%で、観光振興が64、11.5%、地域経済の活性化というところで315社が56.7%になっているんです。

福知山市議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第5号 3月28日)

重点的事業として、住宅確保支援、就労・起業支援、子育て環境の向上及び定住促進施策を掲げています。移住定住コンシェルジュと空き家コンシェルジュを配置しております。定住住宅リフォーム補助住宅取得補助を行います。就業支援として、ハローワークと連携した求人情報の提供、結婚支援として、相談窓口の設置、講座の開催、婚活イベントの開催などを行います。

宮津市議会 2019-03-27 平成31年第 1回定例会〔3月定例会〕(第6日 3月27日)

世代人材育成事業について、創業スタートアップセミナーと商工会議所が行う創業塾とどうすみ分けしているのかとの質疑があり、創業スタートアップセミナーは、起業を目指す方を対象とした入門編であり、地域おこし協力隊員には必ず受講していただいている。一方、創業塾は、既に創業している方を対象に、次世代への承継や第二創業などといった実践的な内容で、相互に連携しているとの答弁があった。  

向日市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第5号 3月19日)

一委員より、女性活躍センター「あすもあ」での起業相談についての質疑があり、女性起業についての相談はあるが、起業までは至っていないとの答弁がありました。  一委員より、適正な市税徴収業務がなされているかとの質疑があり、滞納の方の徴収業務は税機構が行っているが、しっかり市と連携・共有している。納付については、相談の中で分納などによる対応をしていただいているとの答弁がありました。  

八幡市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会-03月08日-06号

私どもは昨年の第4回定例会で、中小企業支援日本一として注目されているf-Bizを紹介し、中小企業の経営相談や起業支援を目的に開設された内容等を参考事例としてお示しし、仮称八幡f-Bizを設置し産業支援されるお考えはないかを聞かせていただきました。京都産業21の取り組みを述べられ、市においても創業支援員1人を配置し、創業にかかわるワンストップ相談窓口設置していると述べられました。  

宮津市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会〔3月定例会〕(第4日 3月 6日)

そして、2点目、事業等説明資料の16ページ、里の地域資源活用事業なんですけれども、地域おこし協力隊の起業支援に食品乾燥機、真空パック機の補助とありますけれども、これらの機器というのは一体どこに設置されるのか、お伺いをいたします。  17ページの農水商工観連携推進事業ですけれども、農商ビジネスフェアに4万2,000円の負担金とあります。

福知山市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4号 3月 6日)

また、福知山産業支援センターでは、移住希望者で起業を志す人からの相談も受けていることから、さらに連携を深めまして、移住に結びつくように取り組みを進めてまいりたいと考えております。  今後も、雇用促進の取り組みとして、就職面接会・説明会の実施手法につきましても、先進事例を調査・研究いたしまして、事業効果を高めてまいりたいというふうに考えております。  以上でございます。

福知山市議会 2018-12-12 平成30年第6回定例会(第2号12月12日)

また、店舗などを開設される場合には、福知山市起業家支援事業補助金や、福知山市起業応援助成金などで企業創業を支援しているところでございます。  さらに、商工会との連携や、産業支援センターの活用により、起業や創業をしやすい環境づくりの支援もしてまいりたいというふうに考えております。  以上でございます。 ○(大谷洋介議長)  高宮辰郎議員。 ○9番(高宮辰郎議員)  ありがとうございます。

宮津市議会 2018-12-10 平成30年第 5回定例会〔12月定例会〕(第2日12月10日)

先週、政府は、東京23区から地方へ移住して起業した人、あるいは、中小企業に就職した人対象の補助制度というのを発表されました。詳細はこれからでしょうけども、情報収集や宮津市の取り入れなど、御検討、協議されることはございますでしょうか、お聞きしたいと思いますが。 ○副議長(星野和彦)   松崎産業経済部長

八幡市議会 2018-12-05 平成30年第 4回定例会−12月05日-02号

本市にも、こんな支援センターがあれば、悩んでいる中小企業起業を目指すチャレンジャーの希望になり、活気がつくのではないかと思います。  そこでお伺いいたします。  本市も、エフビズならず、仮称八幡市のワイビズを設置して、中小企業・小規模事業者などの産業支援をされてはいかがでしょうか。  以上で私の1回目の質問を終わります。ご清聴ありがとうございました。 ○森川信隆 議長  理事者、答弁願います。

城陽市議会 2018-11-06 平成30年決算特別委員会(11月 6日)

中村雅彦まちづくり活性部次長  創業支援補助金の今後の見通しということでございますが、創業支援補助金そのものではないんですが、今回決算の資料で出ております創生総合戦略の資料の10ページに、起業に向けたワンストップ相談窓口の設置という項目がございまして、その中のKPIの22番、起業者数という欄がございます。

長岡京市議会 2018-09-28 平成30年第3回定例会(第5号 9月28日)

また、商工業観光農業の振興については、私たちがこれまで訴えてきた、創業、起業希望する人への支援、新たな観光戦略プランの実施による基盤整備、特産物育成のための支援等に取り組まれました。  今後も、本市の魅力発信と、交流人口地域消費の拡大に向けて、精力的に取り組んでいただくことを要望いたします。  次に、子育て教育についてであります。  

宇治市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会-09月27日−04号

事務局を担うオール宇治体制で進めており、統計等に基づく現状分析を踏まえまして、事業目的効果を合理的に検討する証拠に基づく政策立案の考え方を参考とし、宇治市版産業連関表をもとに業種ごとの市域内外での資金の流れや雇用所得などの付加価値など市内の経済構造を詳細に把握した上で、本市がこれまでから実施しております企業立地助成金、展示会出展補助金といった既設施策や融資制度代表とした均質的な産業支援策に加え、起業

与謝野町議会 2018-09-25 平成30年  9月 定例会(第83回)-09月25日−08号

やはり、この不況による廃業であったり、あるいは高齢化等によって町内業者の数というのは、やはり今後も減少していくんではないかというふうに思っておりますし、若い人も含めて、あらゆる年齢層の方の起業であったり、創業であったり、こういったことができる状況であったり、環境をつくっていく、こういうことが、やはり町の経済の活性化を図るためには非常に必要であり、もっとここを支援、応援していくことが必要ではないかなというふうに

向日市議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第5号 9月18日)

これから、女性の活躍センターもできたのですし、女性が起業家になり、社長になり、自分の仕事を一生懸命やっていく中で、そういう働くということについて、間違ったお考えを述べての賛成討論を聞きましたので、これはね、問題だと思います。