2822件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮津市議会 2019-09-30 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第5日 9月30日)

次に、商工観光課所管分について、魅力ある観光地づくり支援事業で、海の京都DMOによる経済効果、波及効果はあったのかとの質疑があり、観光交流人口については目標を達成でき、外国人観光客宿泊数もほぼ目標に近い数字であったが、問題点は、観光消費額が伸びていないことにあるとの答弁があった。

大山崎町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4号 9月26日)

(第7款)商工費では観光事業や商工会への補助金、また今後の観光事業に関する方針の質問がありました。従前は地域戦略の考え方から、観光にしっかり力を入れて交流人口をふやし、定住人口増につなぐ考えであったが、理事者による観光客の増加を求める発想を持たないという新しい方針から、それに従うと答弁がございました。  

長岡京市議会 2019-09-24 令和元年第3回定例会(第4号 9月24日)

産業の分野では、新・長岡京市観光戦略プランの見直しについてです。  新・長岡京市観光戦略プランの各種アクションプログラムについて、数えられている個別アクションの施策が、本市にとって本当に必要なのか精査することで、より魅力的なまちづくりと効果的な観光客促進に努め、持続的に発展可能な取り組みとなるようお願いいたします。  

長岡京市議会 2019-09-19 令和元年決算審査特別委員会小委員会( 9月19日)

本市においても、文化財の活用においては、観光情報発信など、関連部局や民間事業者との連携や横断的な取り組みが必要不可欠であります。  昨年6月に、先ほど教育長に発表いただきましたが、弟国宮1500年記念イベントがありました。  バンビオでは生涯学習課と商工観光課が連携しながら、講演会、青空市「アンネモー」が開かれたところであります。  

長岡京市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会小委員会( 9月18日)

  上田商工観光観光戦略地域経済推進担当主幹   入江環境業務課ごみ減量推進担当主幹  能勢健康福祉部長   川村(雄)健康医療推進室長兼医療政策監兼保健センター所長兼乙訓休日応急診療所長   杉原健康医療推進室保健活動担当主幹  伊藤社会福祉課主幹   名和子育て支援課長  中島子育て支援課主幹  厚地障がい福祉課長   藤田高齢介護課長兼老人福祉センター所長兼あったかふれあいセンター館長

木津川市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年09月17日

この間、観光振興といいますのは、地域経済への波及効果が極めて高いということで、観光振興を図るために、るる取り組みも進めてまいりました。  また、産業という観点で申し上げますと、いわゆるこの間、農業でも自然栽培に特化した新規就農者が区画をふやして法人化の手続を進めておられますし、市の産業競争力強化支援事業を活用して、ことしJGAPを取得するといったような申請もなされております。  

木津川市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年09月12日

内容といたしましては、「学校給食との連携や、観光商工団体との協力などにより、市内農産物の直売所の設置に向けた支援など、地産地消を推進するとともに、地域における豊かな食文化の創造と発展を図ります。」という形で位置づけております。  以上でございます。 ◯議長(山本 和延) 山本しのぶさん。

長岡京市議会 2019-09-11 令和元年決算審査特別委員会第1分科会( 9月11日)

○鳥居商工観光課長  春の観光シーズンにおいてでは、4月13日から5月6日、春の観光まつりということでいろんなイベントをやっておるんですけれども、その間で52台の利用となっております。 ○小谷宗太郎委員  ちょっと心配で、今後どうなるのかというのが。1年通して見てからの話にしたかもしれないと思ったので。 ○冨岡浩史主査  ほかにございませんか。

長岡京市議会 2019-09-10 令和元年決算審査特別委員会第1分科会( 9月10日)

市民協働部長   井上(晃)市民協働参事危機管理監  河北自治振興室長兼市民協働政策監   柿原防災安全推進室長  中村(彰)総務課長  馬場総務課主幹   木下総務市民相談・消費者行政担当主幹兼消費生活センター長   村上(裕)税務課長  小谷税務課主幹  川村(雅)市民課長   大石総合交流センター館長  山田多世代交流ふれあいセンター館長   井ノ上環境経済部長  岡本農林振興課長  鳥居商工観光課長

木津川市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月09日

具体的には、産業の活性化、農業振興、雇用と就業の創出、2番目といたしまして、交流人口の増加、地域活性化、観光展開、3つ目といたしまして、「子育て支援No.1」の施策の充実、4つ目といたしまして、小さな拠点とコミュニティの充実、5つ目といたしまして、教育機関企業との連携による活性化、6つ目といたしまして、まちづくりの人材の支援・創出という形で位置づけて、具体の施策を展開しているという状況でございます

長岡京市議会 2019-09-09 令和元年決算審査特別委員会第2分科会( 9月 9日)

○浜野利夫委員  今言いましたけれども、歴史建造物の抱き合わせながらといいますか、道路だけではなくて、建物も一緒になって、ずっと人が寄りやすいような、観光客も含めて、地元の人にもそれでこれがいいというふうになる方向で、ぜひ、長期展望も含めて、ぜひお願いしておきたいと思いますので、要望だけにしておきます。  次は、同じページですかね。道路復旧工事。218ページ。

大山崎町議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第3号 9月 6日)

また、ふるさとセンターの有効活用につきましては、駅前施設であることや、歴史資料館と併設していることを生かし、引き続き、商工業観光の振興、また文化財の啓発などを通じて、利用率の向上につなげてまいりたいと考えているところであります。  次に、(3)災害避難所の整備について「自治会館や集会所などを耐震診断して避難所にしてほしい」などの声があるがどのように考えるかについてであります。  

精華町議会 2019-09-06 令和元年度 9月会議(第2日 9月 6日)

最後に、(3)エリア・ゾーン交通についてでございますが、一定のエリア内において鉄道バスが連携した共通乗車券のようなものであるということで考えておりますけども、例えば一日乗車券であれば、観光で周遊する場合は有効な利用促進策と考えますが、本町における公共交通の利用方法といたしましては、最も多いのが現在としましては通勤、通学であり、通勤、通学については定期券があるため、観光の移動手段として公共交通が使われることは

宮津市議会 2019-09-06 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第4日 9月 6日)

まず初めに、浜町エリア活性に向けてということで、浜町にぎわいづくり推進事業6,239万円、観光交流センター案内件数2万1,224件についてお尋ねいたします。  まず初めに、このうち、外国人観光客数と日本人観光客数の割合はいかほどのものか。また、外国人の場合はどこの国から来ておられるのか。

大山崎町議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第2号 9月 5日)

ましてや、当町としての大山崎天王山観光ピクニックルートとして、西山天王山駅からの主要ルートの玄関口と言えます。これでいいのかと町民批判があります。府の回答は、確かに当初、府の費用でフェンスを設置して民間に移譲したか否かは、さらに境界点の表示について明確に見当たらずであり、確定したコメントはできない現地の現状と言えます。  

長岡京市議会 2019-09-05 令和元年予算審査常任委員会第2分科会( 9月 5日)

委託の内容は市道第3287号線いわゆる丹波街道でございますが、秋の紅葉シーズンには大型観光バスや、乗用車などで非常に多くの観光客が訪れます。しかし道路幅員も狭く歩道がない箇所もあり、車両と歩行者との接触事故も考えられる危険な状態でありますので、歩道や車道の整備に要する測量設計業務委託料を計上するものであります。  

長岡京市議会 2019-09-05 令和元年建設水道常任委員会( 9月 5日)

もっと言うと、会社の名前言うてええのかどうかわかりませんけど、広電とか観光バス会社大手、そういうふうなところが一生懸命に行政協力してやってくれているのはよくわかるんですけども、言いたいことがイコールではありませんけども、この間、小野議員が一般質問で、本市の北部にも路線バスを何とかしてください的な、ほんで何分で行けますとか、人数何人ですとか、議員なりに考えて言うてはりましたけど、公共交通のあり方というものが

宮津市議会 2019-09-05 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第3日 9月 5日)

また、病院へも自分で行く、お友達のところへも行ける、高齢の方だけでなく、学生さんや観光客の方も利用しやすい運行も必要です。来年、マリオットホテルの進出もあり、市内観光の充実、金引の滝などをバスでめぐる観光のお客さんもふえていくのではないでしょうか。金引の滝は、車ですと駐車場も少なく、限界があります。ことしの夏も渋滞していました。