6197件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八幡市議会 2021-06-28 令和3年6月28日都市環境常任委員会−06月28日-01号

○小北幸博 委員長  大洞商工観光課長。 ◎大洞真白 商工観光課長  中村委員の再質問にお答えいたします。  このような特産品認定制度の近隣の自治体での例ということですが、近くでは京田辺市が、こちらは観光協会が主催してされておりますけれども、一休品という名称でブランド認定制度というのをされておられます。

八幡市議会 2021-06-25 令和3年6月25日文教厚生常任委員会−06月25日-01号

また、観光スポットなどでもWi−Fi無線の利用を紹介していただいているわけでございますけれども、先ほども電子図書のお話もありましたが、今やデジタル化は世代を超えて多くの国民に活用されていると思います。ましてやこのたびの新型コロナウイルス感染予防を受けて、遠隔会議リモートワークという言葉も聞き慣れてきました。実際に私も自宅では、遠隔の講座を受講させていただいております。  

木津川市議会 2021-06-22 令和3年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2021年06月22日

もっと身近に、例えばZoomを使って、ボタン一つ向こうといろいろやる、あるいはVRかVAかを使って、プレゼンテーションを、木津川市の観光はこうですよというのを英語でプレゼンしてあげる。向こう日本語でオーストラリアのプレゼンをする。それだけで十分なグローバル教育というか、英語教育になりますよね。だから、そんなことをぜひ考えてくださいよ。  

八幡市議会 2021-06-21 令和 3年第 2回定例会−06月21日-04号

市役所2階商工観光課で相談に乗ってもらえるのでしょうか、お教えください。 ○岡田秀子 議長  橋口環境経済部長。          (橋口孝幸環境経済部長 登壇) ◎橋口孝幸 環境経済部長  一時支援金の申請についてですけれども、以前にお伺いしたんですが、商工会では会員以外の事業者に対しても制度の説明をされていると伺っております。

八幡市議会 2021-06-17 令和 3年第 2回定例会−06月17日-03号

議員が述べられました四つの視点を踏まえ、八幡まち・ひと・しごと創生総合戦略で、子どもたちの次代を生きる力の育成と安心して子育てできる環境整備に取り組むやわた子ども未来プロジェクト八幡市の豊かな自然や歴史文化の中で一人ひとりがいつまでも健康で幸せを感じ、生き生きと輝き続けまちを目指すやわたスマートウェルネスシティプロジェクト、市民関係団体と協働しながら、観光客から選ばれる観光地となるブランド構築

与謝野町議会 2021-06-16 06月16日-07号

      長島栄作    社会教育課長    植田弘志      防災安全課長    藤垣浩二    福祉課長      田辺茂雄      CATVセンター長 小牧伸行    子育て応援課長   下川賢司      税務課長      吉田雅広    保健課長      平野公規      住民環境課長    中上伸午    商工振興課長    小室光秀      会計室長      安田 敦    観光交流課長

向日市議会 2021-06-16 令和 3年第2回定例会(第4号 6月16日)

一方、経済界企業家側は、これを受けて、一般社団法人京都スマートシティ推進協議会京都ビッグデータ活用プラットフォーム事業を立ち上げておられ、事業内容には、京都にはどんなデータが所在するのか、例えば、京都府内の大学、研究機関観光連盟、そして旅行業などを中心としているDMO、行政などのデータ紹介実証実験のフィールドとしての京都関連施設紹介京都府の各部署・各地域が取り組んでいる課題の紹介補助金

向日市議会 2021-06-15 令和 3年第2回定例会(第3号 6月15日)

散策路、竹の径が整備され、その手入れの行き届いた美しい竹林の風景は、市民の憩いの場として、そして本市の貴重な観光資源として活用されています。本市の宝と言える竹林を、「農業×緑地景観×竹産業×観光×その他もろもろ」の相乗効果で持続可能とし、後世に引き継ぎたいと考え、今回は主に今までの政策実績と今後の方向性、計画について伺います。  それでは通告書に従い質問させていただきます。  

舞鶴市議会 2021-06-15 06月15日-03号

次に、期待される効果についてでありますが、受信エリアの拡大により、FMまいづるの情報発信力が強化されるとともに、市民観光客に人気の施設である五老スカイタワー内にデジタルサイネージを設置し、市内の観光案内イベント情報などをお知らせし、赤れんがパーク引揚記念館など、ほかの観光施設等への回遊を促すものであります。 

八幡市議会 2021-06-15 令和 3年第 2回定例会−06月15日-02号

次に、観光についてお伺いします。  観光をめぐる環境も大きく変わりました。長引く緊急事態宣言で、京都の知られた観光地帯はひっそりとしています。インバウンドを見越して建てられたホテルをこれからどうしていくのか案じられています。だからといって、観光が駄目になったのではなく、アフターコロナを見据えた観光対策をしっかり立てて推進するのが、今この時代、この時期だと見ています。

向日市議会 2021-06-14 令和 3年第2回定例会(第2号 6月14日)

この中で、阪急洛西口駅西地区につきましては、府道中山稲荷線及び阪急洛西口駅に近接し、交通利便に優れた立地特性を有しており、併せて、竹の径や古墳群などを巡る本市観光ルートの起点であること、また、複合型宿泊施設立地に必要な一団の土地を確保することが可能であることなど、観光拠点としての立地環境にも優れた特性を有していると存じております。  

与謝野町議会 2021-06-11 06月11日-04号

◆13番(家城功) 最後にトータルで話をしますが、次に、観光協会、これも観光について何人かの議員が質問され、ある程度考え方というのは、町長の思いというのは理解はできたんですが、では、そのために何をすべきなのか、そのすべきことに対して観光協会がどういった役割をするから、これだけの補助金が必要なのか、そういったことが全く私には理解できません。

与謝野町議会 2021-06-10 06月10日-03号

余談になりましたが、世界遺産の件につきましては以上としますが、国内において有名な観光地としては、やはり歴史的な観光遺産を見るために、一生に一度はあそこへ行って、テレビで見たことがあるで行ってみたいとか、いろんなところ、それからまた、有名な社寺仏閣があるからちょっとあそこへ行ってみたいという、そういったようないわゆる有名な観光地は、黙っていても毎年多くの観光客が次々と訪れます。