1624件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

京丹後市議会 2019-03-25 平成31年予算決算常任委員会( 3月25日)

空き家対策の事業で、緊急老朽空家等除却費補助金、相続財産管理人選任手続の予算を計上している。空き家対策は地域の中では本当に対策に困る問題となってきている。市は適切な対応と検証を行っているとは思うが、今後も多くの空き家が発生すると考えられる。現在も大きくの空き家が存在する。地域住民のトラブルにならないような対応と対策が必要であると考え、さらなる支援が空き家対策事業や施策には必要である。  

向日市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第5号 3月19日)

関連して、一委員より、市内の空き家に対する危険ブロック塀の把握状況について質疑があり、屋根や外壁などが危険と思われる空き家は44件あり、空き家の危険ブロック塀については、今後、調査していくとの答弁がありました。  一委員より、地籍調査の進捗状況について質疑があり、昨年11月から地籍調査の立ち会いを開始し、本年2月に立ち会いを完了した。

京丹後市議会 2019-03-04 平成31年産業建設常任委員会( 3月 4日)

そういうケースがあるのかどうかはわからないのですが、特定空き家の場合はこういった指導というのはどのようにされるのですか。そういったケースは想定されていますか。 ○(平林委員長) 部長。 ○(中西建設部長) 特定空き家の場合であれば、まず所有者に安全対策を求めていく。

向日市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2号 3月 4日)

最近、市民の方から、近所の空き家の死角になる家に空き巣が入ったらしいが、ご近所のことなのに全くわからなかった。お互いに気をつけていかなければと思うのだがというようなお声もいただきました。  8点目、現在、本市においては、防災情報お知らせメールもされており、市から、防犯メールとして、地域での注意喚起につながる情報など発信をしてはどうでしょうか。  

城陽市議会 2019-02-27 平成31年総務常任委員会( 2月27日)

○小松原一哉委員  いずれにせよ、ちょっと件数が2件から4件ということで、前年度に比べればふえてるということで、ただ、地域性というのは、特にこの地域というようなことがないということなんですけども、最近、空き家等がふえてきて、地域社会の中でそういう放火が起こるようなリスクというのがある意味、高まっていると考えてもいいと思うんですよね。

京丹後市議会 2018-12-21 平成30年第 5回定例会(12月定例会)(第5日12月21日)

次に、本市では、空き家等の対策について、関係機関等と連携した対策を図るため、12月18日、京都弁護士会、京都司法書士会、京都土地家屋調査士会、京都府宅地建物取引業協会、京都府建築士会の5団体と連携協定を締結いたしました。各団体が持つ専門性を生かし、より一層の対策に取り組んでまいりたいと考えています。  次に、新年の行事について御案内を申し上げます。  

八幡市議会 2018-12-17 平成30年12月17日総務常任委員会−12月17日-01号

しかしながら、八幡市は、人口はあと10年すれば7万人を切るような予測をしていますけども、例えば一例を挙げますと、笠置町だったと思うんですけども、空き家をリフォームして、他市から来ていただいて、そこで住んでもらうと。1年間、例えば農産物を無料で渡すとか、子どもの育児に関することをサポートしながら、無料でいろいろな形で提供するとか、いろいろな取り組みを各市町村はやられています。

木津川市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月14日

その後、2番目のほうに、空家バンクとか、いろいろこの制度が京都府の分でありますし、木津川市のほうでも空家バンクの分でパンフレット等があるんですけれども、空き家の分で、空き家全体は木津川市の全体ですんで、とりあえず空家バンクは木津川市には何件ぐらい登録されているのか、それと瓶原の地域ではあるのかどうか、わかりましたらお願いします。 ◯議長(高味 孝之) マチオモイ部長。

福知山市議会 2018-12-14 平成30年第6回定例会(第4号12月14日)

本地域は、人口減少や少子高齢化による暮らしへの影響が心配され、本市の自治基本条例の包括的な地域づくり組織として、また、過疎化に歯どめをかけ、定住人口の増加を図っていくため、中六人部地区計画推進委員会を立ち上げて、空き家対策など、移住の促進につなげる活動を行っております。そして、住民自治検討会議の中で、支援施策等を考えていくと答弁されております。  

木津川市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月13日

今後の課題としては、主なものとして、第2次木津川市総合計画にもうたわれているように、JR奈良線・片町線複線化の完成、宇治木津線の実現、335号の西へ向けての拡幅、木津合同樋門の内水対策の解決、耕作放棄地対策、空き家対策、中部消防本部の移転、農商工業の振興対策、持続可能な財政運営対策等々、課題が山積みしているが、市長は今後どのように課題を突破していこうと考えておられるのか、見解をお伺いします。

長岡京市議会 2018-12-13 平成30年建設水道常任委員会(12月13日)

中小路市長  佐々谷副市長  澤田統括官  城田対話推進部次長兼秘書課長   八島広報発信課長  末永建設交通部長  大西建設交通部参事兼交通政策課長   八木(篤)まちづくり政策室長兼都市政策監   宮本建設交通部次長兼まちづくり政策室市街地整備担当主幹   志水建設交通部次長兼公園緑地課長   鈴木(秀)まちづくり政策室街路整備担当主幹  井上(健)都市計画課長   下澤都市計画課主幹  廣都市計画課空き家

長岡京市議会 2018-12-13 平成30年予算審査常任委員会第2分科会(12月13日)

  佐々谷副市長  澤田統括官   城田対話推進部次長兼秘書課長  八島広報発信課長  末永建設交通部長   大西建設交通部参事兼交通政策課長   八木(篤)まちづくり政策室長兼都市政策監   宮本建設交通部次長兼まちづくり政策室市街地整備担当主幹   志水建設交通部次長兼公園緑地課長   鈴木(秀)まちづくり政策室街路整備担当主幹  井上(健)都市計画課長   下澤都市計画課主幹  廣都市計画課空き家

八幡市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会−12月12日-05号

防災・減災に関するアンケートでは、改善が必要な地域の危険箇所として3割以上が空き家、道路、河川と回答しました。国民の多くが豪雨、土砂災害による河川の氾濫、道路の寸断、そして所有者が管理を怠っている空き家や空き地がもたらす被害の拡大を心配されていることが明らかになりました。

八幡市議会 2018-12-07 平成30年第 4回定例会−12月07日-03号

恐らく空き家に係る事案が多いのではないかと思いますが、市民やその他の個人、法人が所有するものに関しての通報では、どのような内容のものが多いのか、そして現在どのように対応されているのかお聞かせください。  次に、住みよいまちづくりの不燃ごみ、プラスチック製容器包装の収集についてお伺いいたします。  

向日市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第3号12月 7日)

5点目は空き家対策条例を創設することについて伺います。建設環境常任委員会において、去る10月22・23日の両日にわたって、山口県の周南市・防府市を視察させていただきました。防府市さんのほうでは、空き家対策適正化補助金として、対象となる床面積に対し最大50万円の補助金支給がされております。

八幡市議会 2018-12-05 平成30年第 4回定例会−12月05日-02号

また、たびたび申し上げている本市の文化的資産の活用や、空き家と思われる建物のリノベーションも含め、さらなる活用方法の検討などなど、本市の持ち備えているものや取り組んできたものから、さらなる一歩へと進めるべきであると考えます。  内閣府においてのまち・ひと・しごと創生総合戦略も5カ年が経過し、新しいステージへと充実されようとしていますし、新たに事業内容も強化されてくることと思います。

城陽市議会 2018-11-12 平成30年決算特別委員会(11月12日)

○米田達也上下水道部次長  下水道の普及分、あと何件ぐらい残ってるんか、世帯数のお聞きの部分ですけども、平成28年、29年、普及啓発で回っております件数は2,088件ということで、それプラスアルファ、まだ空き家とかありまして、おおむね2,900件程度残っていると考えております。  ただ、今おっしゃってました関係で、飲食店のみどんだけ残ってるかという、そういうデータは持ち合わせておりません。

城陽市議会 2018-11-06 平成30年決算特別委員会(11月 6日)

次に、(6)の空家対策事業として、城陽市空き家バンク補助金交付制度により、市外からの転入8世帯及び市内における転居10世帯に支援を行いました。また、平成28年度に実施した城陽市空家等実態調査の結果を踏まえ、空家等対策の推進に関する特別措置法に基づき、城陽市空家等対策計画の策定に着手いたしました。  次に、歳入の主なものについてご説明いたします。  123ページをごらんください。