運営者 Bitlet 姉妹サービス
969件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-11-13 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月13日) 以上、29年度決算は、大規模開発による大規模な財政出動、その痛みを市民に押しつけるものとなっております。市の財政は市民のためのものであり、地方自治体の本務である住民の福祉、教育、暮らしを応援する市政こそが求められていると思います。  以上で反対討論といたします。よろしくお願いします。 もっと読む
2018-10-16 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-10月16日−07号 この経常収支比率は、全国の傾向の中で国と地方との関係、あるいは地域経済がいかに、中央の東京都は潤っていても、なかなか厳しい痛みというものを伴っておるという状況の中にあるわけでございます。 もっと読む
2018-09-28 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月28日) 医療費がふえれば保険料の値上げ化、医療内容の劣悪化、どちらをとっても高齢者には痛みしか選択できないこととなります。 もっと読む
2018-09-28 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月28日−05号 敬老会を廃止したことで約1,200万円の財政効果があったとするならば、例えば各学区福祉委員会に10万円の予算を配分するなど、地域の中で皆さんが暮らしやすいような取り組みがなされなければ、財政健全化推進プランで痛みを少しずつ実感している今、市がなさろうとしていることに市民理解が得られないのではないかと思います。 もっと読む
2018-09-20 八幡市議会 平成30年9月20日文教厚生常任委員会-09月20日-01号 メーカーの大手セイバンが2,000人の方を対象に実施された調査によりますと、31%の方がランドセルを背負って痛みを感じているとのことでした。文部科学省の教育課程の担当者はバズフィードニュースの取材に対して、学校もいろいろな状況がありますが、一律で何かをやりなさいという話ではなく、参考にしてもらえるような内容を考えているとの報道でありました。  ここで質問でございます。 もっと読む
2018-06-13 宇治市議会 平成30年  6月 定例会-06月13日−04号 ありがたいことだとも思いますが、そういう無理を行政の側の都合で強いたということは痛みとして感じなければ、順調に行ってるんやと言ってのんきに構えてる事態ではないと思います。  こうした削減の中でもう一つ看過できない問題について上げたいと思うんですが、国民健康保険への繰入金を1億5,000万円をやめる、減らすという話が健全化プランの中にも出てまいります。 もっと読む
2018-05-08 京都市議会 平成30年  5月 文化環境委員会(第3回)-05月08日−03号 差別された者でないと痛みは分からないということで差別発言,あるいは差別落書きというのが色々取り上げられて,それを口実にした糾弾闘争が行政に対しても,あるいは市民個人に対しても行われたということで,そのことが結局,同和問題,部落問題には関わらない方がいいという形で部落差別の解消,同和問題の解消を阻害する要因になったと。 もっと読む
2018-04-24 京都市議会 平成30年  4月 教育福祉委員会(第2回)-04月24日−02号 いじめにつきましては,児童生徒にそういうことを学習の中で,教科の中で学んで理解をしていただくと同時に,実際に様々な現象をキャッチをしていく,発見をしていくということが大変重要で,SNSなどでは,余計に,どういう友達間でやり取りがなされて,どういう心の痛みと言うか,受けているかというのはなかなか気が付きにくいという風に思います。  ある方は,こういう気付きというのが,対策への当然入口ですね。 もっと読む
2018-03-29 宇治市議会 平成30年  3月 定例会-03月29日−08号 するのかについて   ◯財政が厳しい中で全体的な感覚として今引き上げることをどう考えているのかについて   ◯上げる、下げるそれぞれに理由があるというのはどういうことなのかについて   ◯現給保障の期間延長について市民の理解が得られるのかについて   ◯昇給の抑制をしていくという手法が本当に職員にとっていいのかについて   ◯賃金カットの手法は考えられなかったのか、また、残業代のカットについて市民が痛みもっと読む
2018-03-28 福知山市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月28日) つまり、経常経費が増加する中、どのように経費削減を行っていくか、常に改革は痛みを伴うものであります。高度成長期は完全に過ぎ去り、これまでの市政が残された多くの負の資産を現市政は整理をし、改革を推し進め、次世代につけを残さない取り組みを進めようとされていることは、事実であります。  さきに策定されました第6次行革ですが、この計画と現実とはかなりの乖離を生じる結果となっています。 もっと読む
2018-03-28 宮津市議会 平成30年第 1回定例会〔3月定例会〕(第6日 3月28日) 加えるべきことは、議会みずからが反省し、痛みを伴う改革の第一歩として、議員報酬の減額を申し出ることだと私は思います。議員定数の議論を機会に、今回の要望を出された会や市民の皆さんとじっくり話し合いをすることが大切だと思います。多くの人が参加して決めることがまちの再生の第一歩で、鳥の目と虫の目と魚の目、マクロとミクロとトレンドという視点から判断できるよい知恵も沸いてくると思います。   もっと読む
2018-03-14 宇治市議会 平成30年  3月 全員協議会(第2回)-03月14日−02号 30年度の当初予算につきましては、私ども、もちろん財政健全化推進プランの中で取り組むべきものもやっておりますので、そういう意味では非常に市民の皆様方が痛みを感じるということになろうかと思っておりますが、一方ではこの総合計画の中に書いております施策についても進めていくという形で、新規であったり充実であったりとか、そういう施策も組んでおります。 もっと読む
2018-03-14 宇治市議会 平成30年  3月 定例会-03月14日−07号 するのかについて   ◯財政が厳しい中で全体的な感覚として今引き上げることをどう考えているのかについて   ◯上げる、下げるそれぞれに理由があるというのはどういうことなのかについて   ◯現給保障の期間延長について市民の理解が得られるのかについて   ◯昇給の抑制をしていくという手法が本当に職員にとっていいのかについて   ◯賃金カットの手法は考えられなかったのか、また、残業代のカットについて市民が痛みもっと読む
2018-03-06 福知山市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月 6日) しかし、事業の改廃は同時に、市民にとっても痛みを伴う変革であることで、十分な説明で市民に財政的な窮状を理解していただくことが、これは肝要なところになるとは思っております。何らかの手順を踏むという行為と、経過を通さなければ事業の改編は難しいというふうに思っておりますから、事業棚卸し事業には大変期待をしているところでございます。引き続き精力的に展開をしていただきたいというふうに考えております。   もっと読む
2018-03-05 宇治市議会 平成30年  3月 総務常任委員会(第2回)-03月05日−02号 市民が痛みを感じるところは職員の皆さんも一緒にそこは協力していくという姿勢が僕は必要なんじゃないかなと思いますけど、そのあたりどうですかね。 ○鳥居進委員長 波戸瀬課長。 ◎波戸瀬亮人事課長 今回の見直しに当たりまして、1つ課題の大きな部分がラスパイレス指数の問題がございます。 もっと読む
2018-02-26 宇治市議会 平成30年  3月 定例会-02月26日−03号 本市もそういった中では内部経費の徹底した削減や行革を行う中で、市民の皆さんと痛みを共有する、共にするという考え方が今、出されているわけでありますけれども、本当に市民の皆さん方は状況も把握をされている方も多くおられますけれども、まだまだ宇治市の将来像が見えてこないという方々も多くおられるというふうに思いますので、先ほど市長もおっしゃったとおり、丁寧に市民の皆さんにしっかりと伝えるように努力していただくことをお もっと読む
2018-02-06 宇治市議会 平成30年  2月 総務常任委員会(第1回)-02月06日−01号 市民のところに痛みをずっと押しつけながら議員はそれを決めるだけというわけにはいかなくなってくるような、そんな状況になっているんですけど、じゃあ実際85億円の収支不足が生まれるのかというところでは、私まだまだ疑問やなというふうに、よく理解できないんですよね。 もっと読む
2017-12-13 与謝野町議会 平成29年 12月 定例会(第79回)-12月13日−04号 しかし、それを実際に実行するというのは非常に痛みも伴う、いろんな形でそういうものが働いてくるんです。そういうものを乗り越えてつくっていくと、そういう気概というのか、そういうものはぜひ持っていただいて推進をしていただきたいというふうに思ってます。  それと、撤廃をされて、条例で明確化をしていると町長の答弁もあったんですが、確かにそうなんです。 もっと読む
2017-12-13 福知山市議会 平成29年第7回定例会(第3号12月13日) 遅くなればなるほど、結局痛みを多く伴うことになる。なぜ、ここまで悪化が進んでしまったのか、伺います。 ○(大谷洋介議長)  財務部長。 ○(櫻井雅康財務部長)  お答えいたします。  確かに、取り組みが不十分であったといったことは否めないわけでございますけれども、このように悪化するに任せていたといったわけではございません。 もっと読む
2017-12-12 大山崎町議会 平成29年第4回定例会(第3号12月12日) あわせて、こうした運動器の疾患による痛みや機能低下は互いに関連しながら、骨粗鬆症や、それに伴う骨折を初め、関節、椎間板、筋肉、神経系の部位といった、運動器全体の機能低下にもつながると言われております。   もっと読む