運営者 Bitlet 姉妹サービス
2063件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月11日) そのためには、安定的な営農を続けていただくことが重要であり、農作物の高付加価値やブランドなどによる農家所得の向上や、農業生産法人への組織を通じて安定して働ける環境づくりによる担い手の確保、効率的に多品種の生産も可能になっていけるような展開などを目指して取り組んでいくことが必要でありまして、まさに今回の道の駅的施設の検討は、その1つの手段として進めているものであります。   もっと読む
2018-12-10 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月10日) もとより、保育や教育は、ひとしく子供たちの権利として保障されるものであり、教育費の無償は国際的な流れでもあることから、前向きに動いていくことは日本共産党も求めてきたことです。しかし、今回の国の無償には、解決が必要な問題が幾つかあります。  まずは、給食食材料費は無償の対象外とし、保護者への実費負担を求めている点です。 もっと読む
2018-10-24 京都市議会 平成30年 10月 市会運営委員会(第28回)-10月24日−28号 次に,(5)の幼児教育・保育の無償に係る国への意見書は,自民党,公明党,国民・みらい,京都党,日本維新の会の5会派及び無所属4名の共同提案でありますが,共産党,いかがされますか。 ◆副委員長(加藤あい)   日本共産党市会議員団は,反対します。  そのうえで,くらた共子議員が反対討論を行います。 もっと読む
2018-10-01 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-10月01日−06号 全校の耐震や空調設備を整備した上で、本市がこれまで推進してまいりました公務のICTとセキュリティーの厳格につきましては、胸を張れる状況にあることを再認識いたしました。   もっと読む
2018-09-28 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月28日) 他の年度でも、児童数の増加で、委託先が常勤職員を増員したのに、市は人件費を持たなかったり、引き継ぎを民間に無償で行わせ、引き継ぎ文書も十分に用意しなかったりと、子供に対する責任を果たさない事態が起こっています。  保育では、平成11年に、児童数の減少を理由に民営を打ち出し、抜本的な待機児童対策をしてこないまま、今度は待機児童解消を目的に民営する方針を打ち出しました。まさに民営ありきです。   もっと読む
2018-09-27 南山城村議会 平成30年第 3回定例会(第3日 9月27日) 駅舎改修後、無償提供してもらうことになっている。ロータリーはこの事業から離れる。今後村がロータリーを整備するかもしれないということは、伝えてある。  災害復旧で、田山高山橋線が単独と補助事業に分かれているのはなぜか。被災部ののり面でその周りにクラックが入るなどの部分があり、一体的に工事をしなければならないということから、こういう形になった。  大河原多羅尾線は補助事業にならないのか。 もっと読む
2018-09-26 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会小委員会( 9月26日) また、個別の活動から活動の総合、ネットワークを目指し、幅広い地域住民の参画により、地域学校協働活動を推進するという新たな体制を提言しています。平成28年度には社会教育法が改正され、平成29年度改正社会教育法が施行される中で、地域学校協働活動推進事業が開始されているところでございます。   もっと読む
2018-09-25 久御山町議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月25日) また、働く女性の増加、少子などによるさまざまな子育てへのニーズに対応し、幼児期の子供が集団で学び、育つ場として、幼稚園と保育所の機能を合わせ持つ幼保連携型認定こども園が誕生。   もっと読む
2018-09-25 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会小委員会( 9月25日) 少子高齢、人口減少、ICT、グローバルなど、地域課題は時代とともに変化しながら次々とあらわれます。そうした中で、職員としては、まず地域課題を把握することが大切であると考えております。私自身も旧総務課時代に、多くの市民の方に直接地域課題についてお話をする機会を得たことが、市民の視点を考える上で大きな財産となっております。   もっと読む
2018-09-19 南山城村議会 平成30年予算決算常任委員会( 9月19日) 茶振興対策事業で801万6,000円、乗用型茶園管理機の導入によります、茶園管理の省力により、魅力が持てる農業経営の実現と、経営の健全を図るための共同製茶等、省力推進事業といたしましての補助です。財源といたしましては、総事業費1,650万円に対しまして、京都府40%以内ということで660万円を、村5%以内ということで82万5,000円を財源の内訳とさせていただいております。   もっと読む
2018-09-18 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会第1分科会( 9月18日) ○中小路(孝)農林振興課主幹  農地利用最適推進委員さんにつきましては、昨年の制度改正によりまして、7月から農業委員会、組織の委員として活動していただいております。そして、今、委員御案内のとおり3支店に一人ずつおられます。3支店、管内ごとに、それぞれ地区連絡協議会という会をつくりまして、その中に1名ずつ入っていただいております。 もっと読む
2018-09-13 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会第2分科会( 9月13日) ○八木(篤)まちづくり政策室長兼都市政策監  まちづくり協議会のほうは地元の方で構成されておりまして、今度、いよいよ来年からは実現に向けた動きということで、この前、まちづくり協議会の中の総会を開かれた中でも、今度は実現に向けた、まちを知って、まちを変えて、今度はまちを実現していくという活動に移っていくんだということで決定されておりますので、今後は実現に向けた活動に入っていかれます。 もっと読む
2018-09-13 八幡市議会 平成30年第 3回定例会−09月13日-06号 ちなみに函館市では、まち歩きコースマップで、「これぞ王道、函館の魅力凝縮コース」という1番がありまして、26番が「てくてく開港通り、街の発展と食を訪ね歩く」といった26コースのパンフレットを作成しておられ、インターネットの函館市公式観光情報「はこぶら」から無償で取り寄せることができます。事前に旅行プランを立てて、わくわくとその地方を訪ねることができるのです。   もっと読む
2018-09-12 八幡市議会 平成30年第 3回定例会−09月12日-05号 3点目、アンケートの中で、駐輪場の問題では無料を続けてほしいとの要望が圧倒的に多い要望です。この無料の継続要求に対してどのように応えられますか、教えてください。  4点目、駐輪場の無料の継続が圧倒的に多い要望ですが、有料が避けられないとしたら、屋根をつけてしっかり管理してほしいなどの意見もあります。 もっと読む
2018-09-11 宮津市議会 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第3日 9月11日) その計画の中でも、冒頭に述べましたスポーツ本来の視点に加え、スポーツを通じたまちの活性、元気づくりを新たな視点として、計画づくりを進めているところでございます。  今後、市関係部局の連携はもとより、体育協会、各競技団体、観光関連団体等とも十分に連携を図りながら、スポーツを通じた地域の活性に努めてまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-09-10 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月10日) 済生会京都府病院は、昭和58年に京都市北区から本市へ誘致してきた経過のほか、市民病院を持たない本市にとっては、市民の医療、介護、健康などを支え、市民病院的な役割も担ってもらってきたこともあり、現在の病院については、本市が病院敷地を用意し、済生会へ無償貸与してこられました。   もっと読む
2018-09-07 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月 7日) 地震に強く、公共の水道がとまっても安定して飲料水を確保できるということで、導入する病院や企業もふえつつあるようで、今年6月の大阪北部地震では、大阪府高槻市の北摂総合病院では、その浄水設備が導入されていることで、大量の水を必要とする人工透析の患者を断水した市内の診療所から受け入れられたことや、2016年の熊本地震でも浄水設備を備えた病院が、住民に水を無償で提供されたそうであります。 もっと読む
2018-09-03 京都市議会 平成30年  9月 総務消防委員会(第11回)-09月03日−11号 (3)でございますが,文化庁移転の意義や誘致の経過等を踏まえ,本格移転に際しての貸付料は国と京都側で対等の負担とすることが適当と考えられることから,議会の了承が得られることを前提に,土地相当額については無償,建物相当額については4割を減額することといたします。   もっと読む
2018-08-31 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第1号 8月31日) 本市でも市街区域内の農地が重要な役割を果たしていますことから、宅地すべきものから都市にあるべきものとして位置づけ、1団地の面積要件を300平方メートルに引き下げることにより、農地をでき得る限り保全するよう、本条例を制定するものであります。   もっと読む
2018-08-22 京都市議会 平成30年  8月 教育福祉委員会(第10回)-08月22日−10号 このおばあさんは非常にうれしそうな顔をされて,今回,無償譲渡の棚に入っている英語の本,最近外国人観光客も増えてるので,英語を勉強する機会も兼ねて本をもらいに来たんですという風なことで御主人と御本人と10冊ずつの英語の本を持って帰られるところでございました。   もっと読む