98件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

城陽市議会 2018-06-12 平成30年総務常任委員会( 6月12日)

地下水の調査項目は、健康項目の28項目と水素イオン濃度でございます。1ページの最下段から2ページにかけまして、大気の調査項目となりますが、城陽市消防本部においては、大気質として、JIS方式による二酸化窒素と浮遊粒子状物質、一酸化炭素の3項目と、気象として風向、風速、気温、湿度の4項目となっております。

城陽市議会 2017-03-13 平成29年第1回定例会(第5号 3月13日)

3点目についてですが、これらの産廃の水素イオン濃度については、A事業所は10.2、B事業所が10.3、C事業所は11.0と、10年たったにもかかわらず高い値となっております。大量の産廃が地下に、周辺の地層に含まれています金属や化合物に反応して、有害物質の溶出を促進することにはならないのかどうか、お聞きをしたいと思います。お願いします。 ○土居一豊副議長  岡本参事

長岡京市議会 2016-12-09 平成28年第4回定例会(第3号12月 9日)

結果、硫化水素ガス等による腐食でありますことから、発生抑制のための施設の改築を行いますとともに、現在も継続して硫化水素ガスの測定調査等を行っておりますが、異常はございません。  なお、その他の上下水道施設につきましても、水道管路更新計画及び下水道施設長寿命化計画に基づき、耐震化を含めた改築更新事業を計画的に実施いたしております。  

城陽市議会 2016-09-21 平成28年第3回定例会(第3号 9月21日)

そういうことで、大気の大循環という意味からいきますと、我々が生存しておりますこの地球、この地球の成り立ちということを考えますと、水の星・地球とも言われますけれども、さかのぼること45億年前ですか、私たちが生存する太陽系というものが形成されて、そして太陽を中心に惑星が回っておるわけなんですけれども、その中の地球という、この絶妙な距離感の中で、地球には偶然か必然かわかりませんけれども、水素酸素が安定した

八幡市議会 2016-09-14 平成28年第 3回定例会−09月14日-05号

実際にいわき市のことなんですけど、いわき市で被災して、北九州市避難された方から具体的な話を聞かせていただいたんですが、いわき市は原発から40キロ圏で、福島原発の1回目の水素爆発が起こった3月12日には、空間線量とかを全然誰も教えてくれなくて、後で判明したんですけど、この3月12日時点で23マイクロシーベルトあったんです。

城陽市議会 2016-06-14 平成28年総務常任委員会( 6月14日)

地下水の調査項目は、健康項目の28項目と水素イオン濃度でございます。  2ページをお願いいたします。大気の調査項目でございますが、城陽市消防本部においては、大気質としてJIS方式による二酸化窒素と浮遊粒子状物質、一酸化炭素の3項目と気象として風向、風速、気温、湿度の4項目となっております。

京都市議会 2016-03-25 03月25日-04号

次に,地球環境保全対策,ごみ処理については,地球温暖化対策計画において国の原発政策で大きく変動する温室効果ガス排出量を目標から見直す必要性,2030年の電源構成において20パーセント以上を原子力発電へ依存する目標を掲げる国と早期に国へ全廃を求める本市の考えとの矛盾,脱原発に向け再生可能エネルギーの普及促進を本市が率先して推進する決意,水素エネルギーに対する本市の考え方と普及拡大に向けた啓発,家庭系ごみの

福知山市議会 2016-03-07 平成28年第1回定例会(第4号 3月 7日)

また、バイオマス発電の蓄電方法として、水素化して循環させるという、そういう技術も注目されております。こういった新しい動きには、常に行政アンテナを張って、産業化への道を探っていただきたいというふうに熱望いたします。  さて、2回目の質問ですけれども、そういう素材供給を図る上で、事業体の育成というものをどう図っていくのかという点について、お聞きします。 ○(田中法男議長)  農林商工部長

宮津市議会 2015-10-07 平成27年第 3回定例会(第6日10月 7日)

原子力発電所は絶対苛酷事故は起こらないとする安全神話は、平成23年3月11日の地震津波により炉心冷却装置が動かなくなり、水素爆発を起こしたことにより、完全に崩れました。その後、設置された原子力規制委員会では新基準をつくりましたが、田中委員長は適合審査を進めているが、再稼働の是非の判断はしない、規制委は絶対安全とは言っていないと述べています。

城陽市議会 2015-09-25 平成27年第3回定例会(第5号 9月25日)

この再生土につきまして、当時、京都府平成17年12月でしたか、土壌検査を実施されて、pH水素イオン濃度ですが、これは高いものの、基準値を超える有害物質は検出はされなかったわけです。また、京都府の再生土問題に関する検証委員会は、専門家を入れて議論され、アルカリ性の影響等を意見聴取されたわけであります。平成18年には覆土による安全対策が妥当であるとの結論を出されました。

城陽市議会 2015-09-24 平成27年第3回定例会(第4号 9月24日)

いわゆる給食における使用状況でございますけれども、まずトランス脂肪酸はその構造中にトランス型の二重結合を持つ不飽和脂肪酸の総称で、先ほど本城議員さんのご質問にもございましたように、天然の植物油にはほとんど含まれず、植物油に水素添加して部分硬化油を製造する上で発生するため、マーガリン、ファットスプレッドショートニングなどには数%から十数%含まれるほか、これらを原料とするパン、ケーキ、ドーナツ、クッキー

福知山市議会 2015-09-14 平成27年第5回定例会(第3号 9月14日)

しかし、先ほどもおっしゃいました、本年5月に下水道管の破裂が原因で発生しました道路陥没事故を教訓に、今後、長寿命化計画を策定するに当たっては、布設年数だけではなく管路の落差、高低差が大きい場所や圧送管の開放点など、硫化水素が発生しやすい箇所なども考慮していきたいというふうに考えております。  以上でございます。 ○(田中法男議長)  土木建設部長

福知山市議会 2015-06-22 平成27年第4回定例会(第2号 6月22日)

しかし、今回の市道陥没事故を教訓に、今後の長寿命化計画を策定するに当たりましては、布設年数だけではなく、管路の落差が大きい場所や圧送管の開放点など、硫化水素が発生しやすい場所なども優先順位の見直し項目に入れまして、点検調査を行い、大きな事故の防止に努めていきたいと考えております。  以上でございます。 ○(田中法男議長)  桐村一彦議員

八幡市議会 2015-06-16 平成27年第 2回定例会−06月16日-05号

鉄鋼メーカーらしく、分別された容器包装プラスチックを高温処理して、40%は炭化水素油にしてプラスチックに再利用し、20%は鉄鉱石の還元剤としてコークス化、残りの40%はコークス炉の燃焼ガスとして利用して発電などに利用するとの説明を受けました。現時点の入札状況は把握していませんが、八幡市を含む関西地方のプラスチック製品の多くは、この大分県製鉄所に運ばれリサイクル化されています。  

城陽市議会 2015-06-15 平成27年総務常任委員会( 6月15日)

地下水の調査項目は、健康項目の28項目と水素イオン濃度でございます。次に、大気の調査項目でございますが、城陽市の消防本部において、大気質としてJIS方式による二酸化窒素と浮遊粒子状物質、一酸化炭素の3項目と気象の、4項目となっております。また、市内20地点においてPTIO方式による二酸化窒素の測定もあわせて行っております。  

舞鶴市議会 2015-03-27 平成27年  3月 議員協議会-03月27日−01号

万一の重大事故に対応するための対策として、高浜発電所の加圧水型原子炉原子炉格納容器が大きく、炉心が損傷しても水素爆発の可能性は極めて少ないが、福島第一原子力発電所事故を鑑み、炉心溶融時に原子炉格納容器内に発生する水素の濃度を下げる水素燃焼装置などを1つの原子炉に対して18個設置し、安全裕度の向上を図ったことなどであります。  

長岡京市議会 2015-03-11 平成27年予算審査特別委員会第2分科会( 3月11日)

これは、一応枝管になりまして府道には入っておるんですが250の小さい管でございますから、幹線道路ですので影響が大きいということで対応をするという状況でございますので、平成十何でした、サントリー前のいわゆる硫化水素によるマンホール陥没事故との関連は、今回は特に陶管ですのでございません。

舞鶴市議会 2015-01-15 平成27年  1月 新たな舞鶴市総合計画・後期実行計画に関する調査特別委員会第1分科会(1)-01月15日−01号

◆(谷川眞司委員) 28ページですけれども、電気自動車の普及促進というところなんですけれども、12月の質問でも出ましたですが、水素燃料自動車が、今、新聞紙上で載っておりますが、この計画が8年間の計画ですか。その新しい燃料についての記述も必要ではないかなと思うんですが、市としてはどのように考えられているのか、お願いいたします。 ○委員長(和佐谷寛) 平野生活環境課長

舞鶴市議会 2014-12-25 平成26年 12月 定例会-12月25日−資料

松田弘幸公明党議員質問方法一括要旨 1 災害に強いまちづくりについて   (1) 情報伝達について   (2) 避難道路の確保について   (3) 被災家屋について  2 納骨堂について   ・ 納骨堂の建設について  3 次世代漁業の担い手育成について   ・ 「海の民学舎」について 10鯛 慶一輝進クラブ議員質問方法一括要旨 1 観光施策について   (1) 平成27年度における観光イベントについて   (2) 水素