運営者 Bitlet 姉妹サービス
227件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-07-24 京都市議会 平成30年  7月 文化環境委員会(第8回)-07月24日−08号 つは,国の方が先日定めましたエネルギー基本計画におきまして,国の方は22から24パーセントを目安としておりますが,やっぱり指定都市とは連携しまして30パーセントとする目標を定めるべきではないかという提言,あるいは自然性エネルギーを最大限導入に向けました対策としまして,やっぱりイノベーションの創出,あるいは地産地消型の分散型エネルギーの普及拡大,またFIT制度の適切な運用とか,幾つかの要望,また最後,水素社会 もっと読む
2018-06-12 城陽市議会 平成30年総務常任委員会( 6月12日) 地下水の調査項目は、健康項目の28項目と水素イオン濃度でございます。1ページの最下段から2ページにかけまして、大気の調査項目となりますが、城陽市消防本部においては、大気質として、JIS方式による二酸化窒素と浮遊粒子状物質、一酸化炭素の3項目と、気象として風向、風速、気温、湿度の4項目となっております。 もっと読む
2018-04-24 京都市議会 平成30年  4月 文化環境委員会(第2回)-04月24日−02号 次に,5の水素エネルギー普及促進事業。 もっと読む
2018-03-12 京都市議会 平成30年  3月 予算特別委員会(第5回)-03月12日−05号 同時に,10年後,20年後,無人運転の水素バスが都大路を自由に走っている,人間はお年寄りや障害のある人をサポートしている,こんなまちが来るかもしれない。当時まだ日本のマスコミでは一切自動運転というのはほとんど報道がなかったんですけど,そういうことも含めて,LRTの問題もBRTの問題も未来の交通体系全体を議論しようというのを蓄積し,今回の社会実験を含めた取組に進化していくと。   もっと読む
2018-03-05 福知山市議会 平成30年第1回定例会(第3号 3月 5日) また、平成27年度に発生いたしました市道陥没事故を教訓に、管路の落差が大きい場所や、圧送管の吐き出し先などが硫化水素が発生しやすく、腐食するおそれが大きい箇所につきましては、5年に1回の頻度で点検を実施するということにしております。  以上でございます。 ○(大谷洋介議長)  桐村一彦議員。 ○3番(桐村一彦議員)  それぞれのご説明ありがとうございます。   もっと読む
2018-03-01 京都市議会 平成30年  3月 予算特別委員会第3分科会(第6回)-03月01日−06号 ◎下水道部長(西野彰一)   腐食のおそれの高い箇所と申しますのは,下水が長時間滞留をしやすい場所で,こういう所につきましては硫化水素が発生しやすいということで,それがひいては水中の生物の生化学反応によりまして硫化水素が硫酸に変わっていくと,それで水が酸性になることによってコンクリートが腐食をするという風なメカニズムがございます。 もっと読む
2018-02-28 京都市議会 平成30年  2月 予算特別委員会第3分科会(第5回)-02月28日−05号 ただ,東京都営交通さんが平成29年3月に燃料水素バスという形で2両導入されているところでございます。電気バスの導入についてでございますが,先生御承知のとおり,私どもの方も運用していた時期がございますが,一つは非常にクリーンな車両ではございますが,1回の充電で走れる距離が非常に短いという欠点がございまして,やはり運用上厳しかったというのが私どもの認識でございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-02-28 京都市議会 平成30年  2月 予算特別委員会第1分科会(第5回)-02月28日−05号 言うまでもなく,水素エネルギーは化石燃料に代わる将来的なエネルギーとして大変注目をされており,国を挙げて進められている事業であります。また,昨年12月に開催されました地球環境京都会議で台湾や韓国の国々の方がFCVに体験試乗されたり,高い関心を持たれたとは聞いておるところであります。   もっと読む
2018-02-26 京都市議会 平成30年  2月 予算特別委員会第1分科会(第3回)-02月26日−03号 次に,その下の水素エネルギー普及促進事業1,966万円。   もっと読む
2017-12-19 京都市議会 平成29年 12月 文化環境委員会(第14回)-12月19日−14号 なお,開設当初は,最先端の環境技術の展示としては,シリコンカーバイドやバイオエタノール,水素技術などの紹介を予定しておりますが,常に最先端の技術を紹介できるよう,企業などの協力を得ながら,定期的な展示の入替えを検討してまいります。  また,広報室では,映像や音響を活用しながら,環境学習のオリエンテーションや研修などを行います。   もっと読む
2017-12-01 京都市議会 平成29年 12月 総務消防委員会(第14回)-12月01日−14号 まず,高浜,大飯,いずれの原発につきましても,新規制基準に基づきそれぞれの原発で事故の発生防止,これは地震対策や津波対策,さらには,炉心損傷を防止する対策,電源の多重化,多様化等の事故の進展防止対策,さらには,水素再結合装置等による事故の拡大防止対策,こういった対策が講じられているところでございます。   もっと読む
2017-11-02 京都市議会 平成29年  9月 定例会-11月02日−06号 水素自動車事業などはその典型であり,トヨタミライのレンタル事業では昨年度の車両購入費と今年度の委託費を合わせて3,575万円の支出をしているにもかかわらず,その実績はレンタル事業で89件と低迷という次元で片付けられない状況です。既に民間事業でも更に低価格でレンタル事業が行われていることからも見通しの甘さを指摘せざるを得ません。 もっと読む
2017-10-27 京都市議会 平成29年 10月 決算特別委員会(第4回)-10月27日−04号 しかし一方で,昨日,辛辣な御意見もありましたけれども,水素ガスを使ったエネルギーについては辛辣な意見がありましたけども,私も局別質疑ではやっぱり武士の情けで,なかなか地球温暖化対策についての取組というのは効果が出にくいので,しっかり立ち止まったらどうかというぐらいの助け船を出しましたけども,一方でそういった面が進んでいないという中で,先ほど冒頭に申しましたように,もし違う人が担当していたら,あるいはまた もっと読む
2017-10-26 京都市議会 平成29年 10月 決算特別委員会(第3回)-10月26日−03号 例えばですけれども,一例を挙げますが,水素自動車の事業なんか,MIRAIを2,700万円掛けて買ったんですけれども,去年,実績は89件しかレンタルしてくれておりませんで,そのために経費が795万円も掛かってしまっていると。 もっと読む
2017-10-06 京都市議会 平成29年 10月 決算特別委員会第1分科会(第5回)-10月06日−05号 ◆委員(橋村芳和)   環境政策局に対して,初め,水素エネルギーの普及事業ですね,何か車を使った普及,水素の車の普及事業を応援しようとして考えていたんですけども,私は車を運転しませんので余り深く分からないので,たまたま南部クリーンセンター第二工場の話が出ましたのでそっち側から先に質問をしたいなと思います。 もっと読む
2017-10-04 京都市議会 平成29年 10月 決算特別委員会第3分科会(第3回)-10月04日−03号 こちらの方でエネルギーを作る,ためる,使うという大きなテーマで事業を推進しておりまして,こちらの方はまだ実際には基礎研究の分野でございますけれども,そちらの方で水素エネルギーとか,そういったものについても力を入れている状態でございます。  以上でございます。 ○主査(くらた共子)   それでは,進行いたします。山田委員。 もっと読む
2017-10-04 京都市議会 平成29年 10月 決算特別委員会第1分科会(第3回)-10月04日−03号 中国もそんなんにするのやみたいな話に今なってきっているわけで,別に京都市が水素エネルギーの車を一生懸命走らさなくたって,もう時代の潮流が勝手に多分そういう社会の到来を告げていると。それをわざわざコストを掛けて行政がやるべきなのかと言われると,私はこんなできる限り政策効果の薄いものはやるべきじゃないし,1自治体としてやれるものを私は超えていると思いますので,こういことはやらなきゃいい。   もっと読む
2017-10-03 京都市議会 平成29年 10月 決算特別委員会第1分科会(第2回)-10月03日−02号 具体的には,原子力発電に依存しない持続可能なエネルギー社会を目指し,省エネルギーの推進と共に,太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの導入促進や水素エネルギーの理解向上等に取り組みました。   もっと読む
2017-09-22 京都市議会 平成29年  9月 予算特別委員会第3分科会(第2回)-09月22日−02号 これ,最後の質問なんですけれども,今後,今,国の方でも下水に関するエネルギー利用というのは積極的にやりなさいというような通達も出ていますし,努力義務も課せられている状況下ですけれども,他都市で先進的な所であれば,水素エネルギーに変換するであったり,リンの回収というところも進んでいるようですけれども,京都市の方向性として新たにそういったものを再利用するというような考えを今お持ちでしょうか。 もっと読む
2017-09-19 向日市議会 平成29年第3回定例会(第4号 9月19日) 北朝鮮は、ICBM搭載の水素爆弾の実験を成功させたと主張している。北朝鮮の核実験は、今年だけでも13回行った弾道ミサイル発射とともに、世界と地域の平和と安定にとって重大な脅威であり、類似の国連安保理決議、6カ国協議の共同声明、日朝平壌宣言に違反する暴挙である。 もっと読む