運営者 Bitlet 姉妹サービス
675件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月27日−04号 また、この地域包括ケアシステムを推進するに当たり、となる地域包括支援センターの課題についてお聞きしたいと思います。 もっと読む
2018-09-27 南山城村議会 平成30年第 3回定例会(第3日 9月27日) 主に燃料、光熱費。  2事業所あると思うが、社協のほうだけか。社協の部分だけ。  雑入の成年後見首長申し立て費用還付金の説明。南山城村成年後見開始裁判等申し立て実施要綱に基づくもので、対象者が1人いる。申し立て費用ほかの家庭裁判所への費用を徴収できるということで、その還付された金額。  以上です。  続きまして、議案第41号、平成30年度南山城村高度情報ネットワーク特別会計補正予算(第1号)。   もっと読む
2018-09-12 福知山市議会 平成30年第5回定例会(第2号 9月12日) また、普通交付は、合併算定替特例加算の縮減2年目でございました。臨時財政対策債を含めた実質的な普通交付につきましては、2億8,825万円の減少、普通交付で3億388万円の減、臨時財政対策債では1,563万円の増となっております。また、特別交付につきましても、4,113万円の減少となっております。   もっと読む
2018-09-10 宮津市議会 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第2日 9月10日) 福島原発事故が示したように、原子炉を停止してもその後、放射性物質である燃料の冷却を続けなければ大事故に至ります。また、原発は事故になれば燃料を取り出すことができません。したがって、一旦重大事故になれば、急激にコントロール不能に陥り、炉心溶融(メルトダウン)、爆発、放射性物質放出へ、事故は拡大の一途をたどります。 もっと読む
2018-06-22 京都市議会 平成30年  6月 産業交通水道委員会(第6回)-06月22日−06号 交通局の役割として,人と公共交通優先の歩くまち京都をリードする主要交通インフラとして,人口減少社会に挑戦する本市のまちづくりのとして,市民の皆様の生活と都市活動をしっかりと支えることとしております。この役割を果たすため,経営ビジョンは,経営の基本方針,事業戦略,取組という三つの組立てで構成いたします。  一番下の矢印の先の箱書きに,今後の取組の方向を記載しております。 もっと読む
2018-06-20 宇治市議会 平成30年  6月 市民環境常任委員会(第5回)-06月20日−05号 ◆真田敦史委員 去年も質問させていただいたんですが、コミセンは地域のとなって本当に重要な施設だと思っていますし、いろんな地域活動等とかでいろいろコーディネートしていただいたりとか、いろんなところで活動していただいていることを大変理解してますし、感謝もしています。 もっと読む
2018-06-19 京都市議会 平成30年  6月 文化環境委員会(第7回)-06月19日−07号 そういう傾向がやっぱりある中で,地域コミュニティのとして町内会の意義,役割というのはあると思うんですが,そういう今の傾向について,京都市としてはどう応えていくという処方箋を持ってはりますか。 ○委員長(曽我修)   山村部長。 もっと読む
2018-06-15 福知山市議会 平成30年第3回定例会(第4号 6月15日) 続いて、4項目めの質問として自然保護と再生エネルギーの活用について、京都府では、先ほどおっしゃっていただきました豊かな森を育てる条例を制定して、京都府民は年間森林として、1世帯600円を負担しています。この豊かな森を育てる府民はどのような狙いと仕組みになっているのか、条例の内容について、概略でよろしいので説明をしていただきたいと思います。 ○(大谷洋介議長)  産業政策部長。 もっと読む
2018-06-14 八幡市議会 平成30年第 2回定例会−06月14日-03号 2つ目の条件として、市町村が中小企業者に対し認定した一定の要件に基づく先端設備等に関し、固定資産の課税標準をゼロとする条例を成立させていることとなっています。  八幡市では、設備投資による固定資産をゼロとする八幡市条例等の一部を改正する条例案が、本議会開会日に上程されました。なお、の減免による固定資産の減少分については、最大75%を国が地方交付で補填することとなっています。   もっと読む
2018-06-14 長岡京市議会 平成30年第2回定例会(第3号 6月14日) 加えて、原発を動かすことでできる使用済み燃料について、計画案でも、我が国においては、現在、約1万8,000トンの使用済燃料を保管中である。これは既に再処理された分も合わせるとガラス固化体で約2万5,000本相当の高レベル放射性廃棄物となる。しかしながら、放射性廃棄物の最終処分制度を創設して以降、15年以上を経た現在も、処分地選定調査に着手できていない。 もっと読む
2018-06-12 城陽市議会 平成30年総務常任委員会( 6月12日) ○辰已幸司税務課長  まず、小売業者の関係になるかと思うんですけども、たばこ、城陽市で市のたばこですね、市のたばこで市の税収となる分につきましては、市内で購入された分についてが対象ということになります。 もっと読む
2018-06-12 八幡市議会 平成30年第 2回定例会−06月12日-02号 今年度から、保険料の賦課、保険証の発行、健康推進事業などは健康部が担当し、保険料の徴収は市民部、滞納の督促や徴収は京都地方機構が担当することになりました。今年度になってから、早速、私のところに、京都地方機構から滞納の督促があったという市民の方からの相談が寄せられました。滞納になった理由を詳しく聞かせていただきましたが、機構では期限までの納付を迫られて、どうしたらいいのか困っておられました。 もっと読む
2018-05-08 京都市議会 平成30年  5月 文化環境委員会(第3回)-05月08日−03号 今回のリニューアルを機に京都市美術館では,魅力的な展覧会事業を中心,としながら,例えば来館者向けのサービスの充実,例えば今回,これまでの大展示室が広い中央のホールになるわけでございますが,この中央のホールで展覧会の客待ちの列が出来るという風なことを考えております。このホールには展覧会の内容に応じて,展覧会,美術館の雰囲気を十分楽しんでいただけるようなしつらえをしていく必要があると思っております。 もっと読む
2018-04-24 京都市議会 平成30年  4月 文化環境委員会(第2回)-04月24日−02号 まず,機構についてでございますが,市民の皆様の環境意識や環境面における京都の都市格の更なる向上の機会となるよう,気候変動に関する政府間パネル,IPCC第49回総会の本市開催に向けた取組を進めるとともに,市民や観光客の皆様の満足度の向上を目指し,宿泊を財源として観光地トイレの快適性を向上させるため,地球温暖化対策室とまち美化推進課において体制の強化を行っております。   もっと読む
2018-03-28 宇治市議会 平成30年  3月 議会運営委員会(第7回)-03月28日−07号 まず1件につきましては、平成11年9月定例会におきまして、燃料工場の臨界・被ばく事故に対する意見書というものと、あとアメリカ政府の未臨界実験に反対する決議というものが2件提出されております。平成26年12月におきましても2件提出されておりまして、まず1つが意見書としまして中途失聴者・難聴者に対する公職選挙のバリアフリーを求める意見書が、これは文教福祉常任委員会として提出されてございます。 もっと読む
2018-03-20 京都市議会 平成30年  2月 定例会-03月20日−04号 地方交付は,全国交付団体の総必要額に対し限られた原資の範囲内でやりくりする仕組みでありますから,必要額に応じて原資自体の拡大が必要です。交付の本来の性格をゆがめ,額も減らそうとするトップランナー方式に本市が迎合しているのは論外であります。臨時財政対策債は交付で措置されるとはいっても,むしろ措置されるからこそ実質的な交付が減らされるばかりではありませんか。 もっと読む
2018-03-12 京都市議会 平成30年  3月 予算特別委員会(第5回)-03月12日−05号 特に疏水については200億円,そして汚泥の燃料化の施設については110億円ということが今やられております。この汚泥の燃料化につきましても,今回,現行いわゆる4基あるのを1基は予備でありますから,当然その体制を図っていくということで,今回1基が老朽化をするということでなっておるわけでございます。   もっと読む
2018-03-06 福知山市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月 6日) 森林環境は、平成36年度から課税される予定となっておりますが、課税に先行して、平成31年度から将来の森林環境を財源とする森林環境譲与が都道府県及び市町村に交付されることとなったところでございます。その使途につきましては、間伐や搬出路といった森林整備に加え、森林整備を促進するための人材育成、担い手確保や木材利用の促進や普及啓発に充てることとなっているところでございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-03-05 八幡市議会 平成30年第 1回定例会−03月05日-05号 税源涵養を含めました新たな歳入財源の確保策につきましては、中期財政見通しにおいて、自主財源の確保の方向としまして、徴収率の向上及び未収金対策の強化、土地利用の見直しによる税源涵養策の展開、使用料、手数料水準の見直し、公有財産の利活用、外収入の確保を挙げております。   もっと読む
2018-02-27 京都市議会 平成30年  2月 予算特別委員会第3分科会(第4回)-02月27日−04号 それと少し関連するんですが,宿泊なんですが,交通局関連,観光地における混雑対策であるとかに使われるということがあるんですけども,年度途中ですから今回は19億円の中で交通局は幾ばくかということかと思うんですが,今後宿泊は一定のものが入っていく中で,私は当然,交通局にも関連するものがたくさんあると思っていまして,それは当然,混雑対策というのは使っていただけると思うんですが,観光地の分散あるいは観光の もっと読む