317件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮津市議会 2019-06-05 令和元年第 2回定例会〔6月定例会〕(第2日 6月 5日)

具体的に申し上げますと、国保加入世帯全体では、協会けんぽ8万2,000円に対し、国保は12万1,000円と4万円程度高く、協会けんぽの約1.5倍の保険になっています。同様に軽減なし世帯は6万3,000円高く、1.4倍の、5割軽減世帯は1万4,000円高く、1.3倍の、2割軽減世帯は4万9,000円高く、1.6倍の保険になっています。

長岡京市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3号 2月28日)

バーチヤルパワープラントは、家庭などの小規模な再生エネルギー発電や蓄電池燃料電池設備と、電力事業を管理するネットワークシステムをまとめて制御することです。複数の小規模発電設備システムなどを、あたかも1つの発電所のように機能させることから、仮想発電所と呼ばれています。  つまり、本市のような大規模発電設備には不向きな地域であっても、自治体PPSの参入ができるといえます。  

長岡京市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2号 2月27日)

つまり本来は、公共交通会議において阪急バスが値上げの根拠としている運転手の処遇改善は具体的にどのようにされるのか、燃料価格高騰はどのくらいになっているのか等を検証し、運賃値上げが妥当かどうか、値上げを避けるためにどうすればよいのかの議論が交わされることが必要ではなかったかと考えますが、市の見解をお聞きします。  

福知山市議会 2018-09-12 平成30年第5回定例会(第2号 9月12日)

また、普通交付は、合併算定替特例加算の縮減2年目でございました。臨時財政対策債を含めた実質的な普通交付につきましては、2億8,825万円の減少、普通交付で3億388万円の減、臨時財政対策債では1,563万円の増となっております。また、特別交付につきましても、4,113万円の減少となっております。  

宮津市議会 2018-09-10 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第2日 9月10日)

福島原発事故が示したように、原子炉停止してもその後、放射性物質である燃料の冷却を続けなければ大事故に至ります。また、原発は事故になれば燃料を取り出すことができません。したがって、一旦重大事故になれば、急激にコントロール不能に陥り、炉心溶融(メルトダウン)、爆発放射性物質放出へ、事故は拡大の一途をたどります。

福知山市議会 2018-06-15 平成30年第3回定例会(第4号 6月15日)

続いて、4項目めの質問として自然保護と再生エネルギーの活用について、京都府では、先ほどおっしゃっていただきました豊かな森を育てる条例を制定して、京都府民は年間森林として、1世帯600円を負担しています。この豊かな森を育てる府民はどのような狙いと仕組みになっているのか、条例の内容について、概略でよろしいので説明をしていただきたいと思います。 ○(大谷洋介議長)  産業政策部長

長岡京市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3号 6月14日)

加えて、原発を動かすことでできる使用済み燃料について、計画案でも、我が国においては、現在、約1万8,000トンの使用燃料を保管中である。これは既に再処理された分も合わせるとガラス固化体で約2万5,000本相当の高レベル放射性廃棄物となる。しかしながら、放射性廃棄物の最終処分制度を創設して以降、15年以上を経た現在も、処分地選定調査に着手できていない。

与謝野町議会 2018-03-12 平成30年  3月 定例会(第80回)-03月12日−04号

それともう一点申し上げたいのは、職員も確かに議員さん言われるだけじゃなくて、職員だって、だって言うたらしかられますけども、このことは知っとっても、私らでも財政だったらちょっとだけはわかっておってものことだったら全くわからんだとか、そういった職員は個々にあると思うんです。

舞鶴市議会 2018-03-12 平成30年  3月 定例会-03月12日−04号

市といたしましては、今回開発される用地は南側の5ヘクタールを超える用地であり、店舗のホームセンターのほかにも、広域的に集客力のある著名なアパレル企業郊外型では最大級の店舗の立地が予定されていると聞いており、京都府北部地域福井県嶺南地域などから広範囲で集客が見込め、サービス業の雇用の増大や市外からの交流人口の拡大の観点からも期待いたしているところであります。  

舞鶴市議会 2017-10-02 平成29年  9月 定例会-10月02日−資料

受益者負担の適正化に向けた取り組みについて   ・ 適正化に取り組む市長の決意について  5 次代を担う若者への事業等について   (1) まいづる中学生まちづくり議会の開催について   (2) 若者の意見・反応を見て市長が期待する若者像について 4小杉悦子日本共産党議員代表質問方法一括要旨 1 28年度の取り組みについて   (1) 経常収支比率と将来負担比率について   (2) 市の施策と市について

与謝野町議会 2017-09-25 平成29年  9月 定例会(第78回)-09月25日−08号

今、国内には、原発を動かすことで生まれた使用済み燃料が約1万7,000トン以上あると言われています。その大半は、全国の原発サイト内の燃料プールで一時保管されています。その占有率は平均で70%余りに達しており、あと数年で満杯になると言われています。日本使用済み燃料を再処理し、新たな燃料として軽水炉や高速増殖炉で発電するリサイクル政策燃料サイクルを上げています。

向日市議会 2017-09-19 平成29年第3回定例会(第4号 9月19日)

その際に、向日市の財政負担は表面上の数字でなく、地方交付の影響などを反映した実質的な数字を示していただかなければなりません。しかし、行政は、地方交付の話になると途端に算定困難であり、わからないと数字の提示を拒みます。確かに地方交付の実際の算定額がどうなるかは、決まるまでわからないのは事実でしょう。

大山崎町議会 2017-09-15 平成29年第3回定例会(第4号 9月15日)

その理由は、建設負担金として計上されていました京都府の流域下水道施設、洛西浄化センターにつくられる汚泥固形燃料プラント事業について、どのような事業であるか、説明を求めましたが、説明がなかったため、判断を保留したものでありました。  その後も、町からこのプラント建設並びに運営についての説明は十分になされず、この事業がどのようなものであるかを判断する材料は町からは提供されませんでした。  

福知山市議会 2017-09-13 平成29年第5回定例会(第3号 9月13日)

また、北朝鮮実験の暴挙は、核兵器禁止条約への署名が始まろうとする中で強行された、許しがたい行為です。核兵器への固執は、世界の流れに逆らい、みずから国際的な孤立を深める結果にほかなりません。  北朝鮮実験に抗議をされ、恒久平和都市宣言の福知山市長として、被爆者の願いである核兵器禁止条約に賛同すべきと考えるわけでありますが、市長の所見を伺います。