運営者 Bitlet 姉妹サービス
1628件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-27 城陽市議会 平成31年総務常任委員会( 2月27日) 平成30年中の救急出動状況は、前年と比べまして出動件数で5.3%、搬送人員で4.7%の増加となり、ともに過去最高となりました。また、高齢者の搬送状況につきましては、搬送者総数3,774人のうち2,604人が高齢者となっており、割合につきましては69.0%を占める状況であり、今後も高齢化社会の進展等により、高齢者の救急需要が増加してくるものと考えられます。 もっと読む
2018-12-26 福知山市議会 平成30年第6回定例会(第5号12月26日) この政府方針の根拠とされた厚生労働省の医師需給の将来推計は、医療需要を少なく見積もり、長時間労働解消を前提としていないものである。  これは、医療現場の長時間労働解消の方向に反するものであり、地域医療崩壊の危機すら招きかねないものである。   もっと読む
2018-12-13 福知山市議会 平成30年第6回定例会(第3号12月13日) ただし、今回の増税につきましては、軽減税率の導入が図られておりますことや、国において、駆け込み需要や、その反動による消費減への対策といたしまして、大型の経済対策なども検討されております。したがいまして、市民生活や企業活動への大きな影響が出ないような方策が、一定講じられておりまして、そのとおりの効果が発現することを期待しているところでもございます。   もっと読む
2018-11-13 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月13日) 使用に当たりましては、消防本部に依頼をいたしまして、救急救命講習等を受講することで、緊急の際、スムーズに操作できるように努めているところでございます。 ○角馨一郎消防長  それでは、私のほうからは、市内コンビニに設置されていますAEDの管理についてご答弁を申し上げます。   もっと読む
2018-11-12 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月12日) 本市の公共下水道事業は、市内全域の整備をほぼ終了し、今後は維持管理及び久世荒内・寺田塚本地区土地区画整理事業のような新たに発生した需要に対する整備が主な事業となっております。平成29年度では、下水道使用料については微減となりましたが、企業債の償還が進み、支払利息が減少したこともあり、昨年度に引き続き黒字決算となりました。 もっと読む
2018-11-08 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月 8日) 次に、小児救急の関係でありますが、これも小児救急も、産科の関係もありますけれども、もう今ネットが進んでいるというか、それしたらもうちょっと時間がかかって大変なぐらい、いろんな形で若いお母さんいいますか、そういう、これがネットの上では飛び交っています。城陽には小児救急ないし困るとか、それから、どこまで連れていかなあかんとか、そういう話もございます。   もっと読む
2018-11-06 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月 6日) したがいまして、一定、そういう受け入れの需要はあるものの、やはり受け入れに当たっての安全面というところも十分調整した中で今後の受け入れについては進めていく必要があるのではないか、このように考えているところでございます。   もっと読む
2018-09-28 福知山市議会 平成30年第5回定例会(第5号 9月28日) 初めに、議第41号及び議第42号の物品の取得について、高規格救急自動車1台及び小型動力ポンプ付積載車5台が同一業者との契約となっている。6月議会においても、多機能型小型動力ポンプ付積載車など5台の物品取得の議案を審査したが、契約業者は同じであり、特定の業者に偏り過ぎではないかと問う質疑があり、一括発注にすることによりスケールメリットがある。 もっと読む
2018-09-26 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月26日−03号 ◎都市整備部長(木下健太郎君) (登壇)歴史公園では、その立地条件を生かしてできる限り公共交通での来訪をPRする一方で、マイカーによる来訪需要に応じた一定の駐車場確保が必要と考えております。本市では、観光動向調査をもとにマイカーでの来園者数並びに駐車台数を予測しており、これをもとに要求水準書において60台程度の駐車台数の確保を求めたところでございます。   もっと読む
2018-09-25 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会小委員会( 9月25日) その要望項目につきましては、受水市町の水需要予測や、施設規模等を踏まえた、最も効果的、効率的な運用方法を検討すること。  もう一つは、3水系間における料金格差の解消を図ること。  そして、3つ目に、京都府独自での更新や耐震化補助制度の創設といった内容について、要望をさせていただいたところであります。   もっと読む
2018-09-20 八幡市議会 平成30年9月20日文教厚生常任委員会-09月20日-01号 また有都こども園への統合は、保育需要が高まる中、待機児童が出ることが懸念されたため、これまで見送っておりましたが、欽明台地域での認定こども園化が進んだことにより、表2にありますとおり、平成30年度には両園の園児の合計が有都こども園の定員を下回り、みやこ保育園の園児を受け入れられる状態となりました。 もっと読む
2018-09-13 八幡市議会 平成30年第 3回定例会−09月13日-06号 具体的には、全ての学校で学習指導要領にのっとり防災に関する基礎的、基本的事項を理解するために、教科では社会科で地域の防災の取り組みや、理科で地震や気象などの自然現象について、保健体育科で心身の健康や救急処置などを行っております。また、防災教育の観点から、生命の尊重やルールやマナー、公共心、公徳心など安全な生活を行うことなどを特別の教科道徳で考えることとしております。 もっと読む
2018-09-12 八幡市議会 平成30年第 3回定例会−09月12日-05号 外国人旅行客の急上昇、旺盛なインバウンドの需要、平成28年2月石清水八幡宮の国宝指定、背割堤の認知度アップなど、本市を取り巻く観光環境はここ数年著しく良化していると思われます。観光資源の深掘り、誘致活動に加えて、八幡市駅前周辺整備計画の推進に伴い、観光施策予算も大きく増加しております。   もっと読む
2018-09-11 宮津市議会 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第3日 9月11日) つまり宮津市全体で考えていただいた場合、保育所の入所児童数は平成29年度実績で327名ですが、先ほどの比率から考えますと人数にして大体100名くらい、延べ数にして1,500名くらいの需要が隠れているということになります。このような観点から考えますと需要がないわけではなく、利用しにくいから困っているという現実が見えてきます。 もっと読む
2018-09-07 京都市議会 平成30年  9月 産業交通水道委員会(第10回)-09月07日−10号 ◆委員(椋田隆知)   花背山の家に,今回2校の小学生がそんなに長い時間ではなかったけども孤立して,救急搬送が必要な子供が二人,本市の消防ヘリで運ばれたということもあります。いろんな運用をしなきゃいけない中において,やはり各局が,今,今井部長おっしゃっていただいたように連携してできるような体制をこれからしっかりとシミュレーションして整えていっていただきたいと思っております。  以上です。 もっと読む
2018-09-03 京都市議会 平成30年  9月 総務消防委員会(第11回)-09月03日−11号 京都市をはじめ政令指定都市は人口の集中や産業集積に伴う大都市特有の財政需要を抱えるとともに,基本的な市町村事務に加え,道府県に代わって多くの行政サービスを担っていますが,これらに必要な財源に対する税制上の措置や地方交付税の配分が不十分なため,自主的,安定的な財政運営が困難な状況となっております。   もっと読む
2018-07-27 京都市議会 平成30年  7月 産業交通水道委員会(第7回)-07月27日−07号 事故について補足を申し上げますと,被処分者や警察からの聴き取りによりますと,被処分者がバイクで三条通の2車線のうち,右側の追越し車線を東へ走行中,三条通仁王門交差点付近で同じく東向き左側車線に停車していた車両がUターン禁止場所において合図なく急に右にUターンを始めたため,被処分者の運転するバイクがこの車両の右側面に衝突をしたもので,被処分者は心肺停止の状態となり,病院に救急搬送をされました。   もっと読む
2018-07-24 京都市議会 平成30年  7月 文化環境委員会(第8回)-07月24日−08号 需要を高めるためとか,供給量を増やすためとかいうことが書かれておりましたけども,私は,先ほど理事者がおっしゃったように,パリ協定に基づいた脱炭素社会の構築を目指して,この原発に依存しない社会の構築維持を図るという点での京都市の市長の姿勢に反するものであり,こういう火力発電所の稼働を促すような提案はやめるように強く求めておきたいという風に思います。  終わります。 もっと読む
2018-06-27 宇治市議会 平成30年  6月 定例会-06月27日−07号 (1)質疑及び意見・要望の項目   ◯市内の地域密着型サービス事業所数について   ◯看護小規模多機能型居宅介護の運営をしている法人について   ◯看護小規模多機能型居宅介護を拡大していくための課題について   ◯場所と介護人材の確保が進まないと必要なニーズに対応できないのではないかについて   ◯国に対して必要な要望をすべきについて   ◯現在、介護人材は足りているのかについて   ◯今後は介護需要 もっと読む
2018-06-26 南山城村議会 平成30年第 2回定例会(第3日 6月26日) 救急健康ダイヤルや広域バスが今どこにいるかなどを人工知能により会話方式でやれる。  タブレット配布か、アプリだけなのか。アンサー、今年度はアプリだけの対応、タブレットについては、補助金を探している。  当初予算で生活支援開発事業として1,163万円、補正で80万使っているが、進捗状況がよくわからない、80万円だけでも明確にしてほしい。アンサー防災無線のお知らせが見える化する。 もっと読む