753件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

舞鶴市議会 2021-06-16 06月16日-04号

例えば、佐賀調査では、40代以上がひきこもり層全体の7割を超えていると言われております。さらに、長期化という意味でも、例えば茨城調査では、10年以上が4割を超えるというデータが出ており、長期高齢化というのは全国的な傾向にあると言われております。 また、長期高齢化するひきこもり、その理由は、現在の社会構造にあると指摘されております。

長岡京市議会 2020-12-18 令和 2年第5回定例会(第4号12月18日)

しかし、議会でも紹介した埼玉蕨市の市民アンケートでは、9割の市民庁舎を利用するのは年に4回以下だと答えており、庁舎に求めるのは、にぎわいや交流ではなく、防災機能とコストでした。  愛知高浜市では、20年後には行政サービスのあり方がどう変わっているのかわからないとして、民間事業者の建てた建物に20年リースで入居するという形式をとりました。  

八幡市議会 2020-12-11 令和 2年第 4回定例会−12月11日-03号

やわた未来いきいき健幸プロジェクトは、八幡市や山口宇部市など5自治体連携する飛び地連携型大規模ヘルスケアプロジェクトとして実施されています。このプロジェクト内容説明では、5自治体で2万人が参加し、年間12億円の医療費介護給付費の抑制を目指すと書かれています。  そこで第1の質問であります。

京丹後市議会 2020-12-10 令和 2年第 5回定例会(12月定例会)(第4日12月10日)

前者については、9月の一般質問でもさせていただきましたが、兵庫明石市のように、子育て環境とか安心・安全なまちづくり等環境を、周りの自治体よりも整備していけば、転入者が増えて社会増となるケースもあります。  後者の場合は、本市の近くで言えば、福井越前市が上げられます。越前市は人口約8万3,000人で、そのうちの約5%、4,200人の外国人がおられます。

京田辺市議会 2020-12-08 12月08日-03号

本年の令和2年7月豪雨では、7月の前半には梅雨前線九州付近を通って東北地方に延び、ほとんど停滞し、前線活動が非常に活発で西日本や東日本で大雨となり、九州では4日から7日にかけて記録的な大雨となり、気象庁が熊本、鹿児島、福岡、佐賀、長崎、岐阜、長野の7に対して大雨特別警報を発表し、最大級の警戒を呼びかける事態となり、7月の半ばには中国地方中心に、7月後半には東北地方中心大雨となり

宇治市議会 2020-09-25 09月25日-03号

東京の小金井市では、上限5万円、65歳以上の高齢者のみの世帯に、兵庫の香美町では、上限10万円、75歳以上の方のみの世帯重度身障者の方がおられる世帯対象に、町内事業者からの購入、茨城の境町は、70歳以上の高齢者のみの世帯対象に、上限5万円の補助をしています。狛江市は、65歳以上の高齢者世帯児童扶養手当受給世帯上限5万円。

京丹後市議会 2020-09-09 令和 2年第 4回定例会(9月定例会)(第2日 9月 9日)

2年前には学校での教育活動中に、小学生が熱中症が亡くなるという痛ましい事故愛知で起きています。このときの学校の気温は32度であったと言われています。この小学校の校長は、これまで問題がなかったから活動を中止させるという判断はできなかったというふうに述べています。これまで前例がないことを学校判断でやめるというのは難しいことなのだということが、ここから読み取れるなと思っています。

八幡市議会 2020-09-04 令和 2年第 3回定例会−09月04日-03号

テレビで話題になった愛知豊田市の童子山小学校は、コロナウイルス感染症対策熱中症の予防のため、傘を差して登校しています。マスクと帽子を着用しながらの登下校熱中症の心配があるとして独自に始められ、傘を差すことで、直射日光を遮るだけでなく、ソーシャルディスタンスも保てるというものです。