運営者 Bitlet 姉妹サービス
14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-09-14 八幡市議会 平成29年第 3回定例会-09月14日-06号 昭和40年代だったと思いますけども、堺屋太一さんの団塊の世代という本があったときに、団塊の世代がこれからの社会を、いい面、悪い面で大きな現象化するだろうと。それをどう捉えて商売に生かすかということで、我々も研究したものですけども、まさしく今2025年問題は団塊の世代が75歳になる年だと。 もっと読む
2014-09-16 八幡市議会 平成26年第 3回定例会−09月16日-05号 ご承知のとおり、2025年は団塊世代、行政マンで作家だった堺屋太一が名づけたと言われている昭和22年(1947年)から昭和24年(1949年)生まれの全ての人が75歳、後期高齢者の仲間入りをする年です。団塊の世代人口は、1947年から1949年、広くは1951年までの生まれで、約700万人、広くは1,000万人超と人口も多く、消費文化や都市化などの経験をした戦後を象徴する世代です。 もっと読む
2008-10-27 宇治市議会 平成20年 10月 決算特別委員会(第4回)-10月27日−04号 いわゆる公社に委託を出させていただきまして、団塊の世代、堺屋太一が申し上げました2015年問題につきまして、宇治市として取り組んでいるところであります。   もっと読む
2006-09-12 京都市議会 平成18年  9月 定例会(第5回)-09月12日−02号 作家の堺屋太一氏が1976年,昭和51年に発表した団塊の世代から30年がたちました。先ほども述べましたが,昭和23年1月生まれの私もその一人です。団塊の世代は,戦後我が国の経済成長と共に歩み続けた世代であると共に数多くの流行商品,文化社会現象の中心にいました。また,高い進学率,男女平等社会,自由社会の中で多様な価値観をはぐくんできた世代であります。 もっと読む
2005-03-16 京丹後市議会 平成17年第 2回定例会(3月定例会)(第6日 3月16日) また、余談になりますが、団塊の世代と名付けたのは、元経済企画庁長官を務めた堺屋太一さんだそうです。  この団塊の世代の人たちは、今から約30年前、高校への進学では受験戦争、就職においては金の卵とか、集団就職、そして、大学へ入れば学園紛争や全共闘、社会人になると、エコノミックアニマルと言われて一生懸命仕事をしてきた、そういった方々です。 もっと読む
2003-03-03 京都市議会 平成15年  3月 普通予算特別委員会第2分科会(第3回)-03月03日−03号 これも古い雑誌になりますが,これは文藝春秋の,一昨年の10月号か11月号だったか,堺屋太一さんが書いておられるのは,これは小泉さんの不良債権処理で中小企業がつぶされていくというそういうことに対して批判的な記事なんですけど,不良債権の処理の問題は別にして,ここで堺屋さんがおっしゃっておられるのは,企業が,この場合倒産ですけれども,倒産すれば,倒産にとどまらず,人々が生活する空間である町の崩壊につながる もっと読む
2003-02-28 京都市議会 平成15年  2月 定例会(第1回)-02月28日−03号 この年は,地域経済の厳しさを日本列島総不況と言っても過言ではないと堺屋太一当時経済企画庁長官が表現され,デパートやスーパーの売上高が急減したほか完全失業率は過去最悪の水準で推移するなど,企業倒産も件数も負債総額共に過去最悪を記録するなど戦後最大の大不況に見舞われ,激動の平成時代を凝縮したような年でありました。 もっと読む
2000-12-07 長岡京市議会 平成12年第4回定例会(第2号12月 7日) 同日の記者会見で、堺屋太一経済企画庁長官は、「今回は5段階評価で上から2番目くらい、そろそろ個人の財布のひもが緩むのではないか」と、多分に期待を込めて予想を語ったとされています。  堺屋長官の願望は別にいたしまして、現実は極めて厳しいものであります。 もっと読む
1999-12-08 長岡京市議会 平成11年第5回定例会(第3号12月 8日) その講義の中で講師の方から、策定に当たっては、一般の皆様からインターネットやファックス、地方シンポジウム、物価モニターアンケート調査等を通じて約5,000件の御意見を聞かれ、堺屋太一経済企画庁長官が、全部で56ページからなる原稿を書き下ろしされ、審議会等で慎重に審査がされたとのことであるとお聞きしました。 もっと読む
1999-06-16 宇治市議会 平成11年  6月 定例会-06月16日−05号 堺屋太一経済企画庁長官は、月例経済報告において、昨年12月「変化の胎動」、今年3月の「下げどまりつつある」、それに続きまして6月の今回の報告では「おおむね横ばいで推移している」という表現にかえられ、「底固め感をにじませた」と新聞報道がされております。長引く景気低迷も、国においては底打ちをしたとの判断が出てきたものと考えています。 もっと読む
1999-03-26 長岡京市議会 平成11年第1回定例会(第5号 3月26日) 堺屋太一経済企画庁長官が景気状況は厳しい状況にあるとの見方をされているとおり、景気回復の道のりはまだまだ厳しいものがあります。 もっと読む
1998-09-18 京都市議会 平成10年  9月 定例会(第3回)-09月18日−03号 堺屋太一経済企画庁長官は,日本経済は最も暗い時期,また今,脇を通りつつあり要注意の状態だとも述べています。先月以来のロシアのルーブル切下げ等による経済混乱でドイツ等の欧州経済も影響を受け変調を来しており,アジア不況の影響も浸透してきて,これまで好調だったアメリカや欧州が勢いを失えば株安の世界連鎖が一層起こりやすくなるのであります。   もっと読む
1998-09-17 京都市議会 平成10年  9月 定例会(第3回)-09月17日−02号 堺屋太一経済企画庁長官は,就任直前に出版した自らの著書で消費税増税を失政と書き,経済企画庁も消費税税率引上げが景気回復を拒んだことを認めました。国際通貨基金IMFが消費税減税を求めたことをはじめ,自民党の中曽根元首相ですら消費税3パーセントを主張するなど税制の考え方の違いを超えた消費税減税論が高まっています。消費税3パーセント引下げはますます避けられない課題です。 もっと読む
1998-02-26 京都市議会 平成10年  2月 定例会(第1回)-02月26日−02号 作家の堺屋太一氏が昨年10月号の文芸春秋において,今日の政府の官僚を俎上に乗せて予測能力と情報能力の欠如を憂いておられますが,あらゆる英知を結集して感性も研ぎ澄まして行わなければならない大変な事柄であります。もちろん本市においては,気を引き締めて全力を挙げて取り組んでいることと確信いたしておりますが,市民全員が注目しているグランドビジョン策定について桝本市長の御決意をお聞かせください。   もっと読む
  • 1