5027件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡京市議会 2019-07-23 令和元年議会運営委員会( 7月23日)

○進藤裕之副委員長  その4番目のところで、現実起こった場合に改めて検討してはいかがというのが案なので、まずは現状通り会議規則はなぶらない状態で進めてはどうかということで今投げかけさせていただいて、御意見もらって、問題がなければこの案でいかがですかという事なんですけれども。

福知山市議会 2019-07-05 令和元年第3回定例会(第5号 7月 5日)

次に、議第27号について、タンク車及び化学車を1台に統合した化学消防ポンプ自動車として車両更新するが、不都合はないのかを問う質疑に対し、1台に統合しても本市の消防力の基準を満たす6台のポンプ車は確保できることに加え、出動計画において応援態勢も整えているため、問題はないとの答弁がありました。  

木津川市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第7号) 本文 開催日:2019年06月28日

問題は、待機児童問題木津川市が本気で取り組もうとしていないことをカモフラージュするものと言われても仕方ないと思います。  賛成討論の中で、委員会ではありませんでしたが、本日は予定されています。どのように、この条例改正によって待機児童問題が解消するのか、明快な討論をお願いしたい、そのことを申し添えて、反対討論といたします。  以上です。

城陽市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(資料等 6月28日)

記  意見書案第2号  性的マイノリティ(LGBT)の差別解消を目的と           した法制度の策定を求める意見書   性的マイノリティ(LGBT)の差別解消を目的とした法制度の   策定を求める意見書  近年、我が国においてLGBTの社会生活及び人権に関する問題への社会的注目が高くなっている。  

城陽市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第6号 6月28日)

そのために、いわゆるこの問題では市でも相談を受けるということですけれど、市民の人がやっぱり相談をするときに、税機構に申告の窓口が移るということは、今後も徴収なんかのときにも市民にとっては大変不便なことになると思いますので、反対をいたします。 ○熊谷佐和美議長  ほかに討論はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○熊谷佐和美議長  これをもって討論を終わります。  

木津川市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年06月26日

6%にしようと思えば、市の単費の補助をつけなければならないんですけれども、これは今後の問題なんですけれども、圃場整備に手を挙げられた地区、10ヘクタール以上が必要やと思うんですけれども、手を挙げられたところについては、6%と、私はそう言ってしまいましたけれども、12.5%をもう少し低くするような方策、市の単費の補助になるんですけれども、その辺は、今後の問題なんですけれども、今、これを問うても仕方ないんですけれども

福知山市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第3号 6月25日)

これは二つあるということで、一つだったら問題はないんですけど、先ほど言いました補償問題でも、駆除の仕方の問題でも、地域ごとに分かれていませんから、ばらばらであって、すり合わせが非常に難しいと、もうこじれているというのが現状です。  ここで市長、この問題を解決できるのは、もう大橋市長しかないと思っています。

城陽市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第4号 6月25日)

まずは、前回も質問させていただきましたけれども、保育所待機児童問題について質問をさせていただきます。  今年度、保育所に入所を希望したけれども、入所できない待機児童問題が城陽市でも発生しています。緊急の課題として、保育所の整備や保育士の確保を進めなければなりませんが、先日の福祉常任委員会でもその実態が報告されました。

福知山市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第2号 6月24日)

次に、問題発覚時に適切な対応がされていなかったことに対する再発防止策といたしまして、部内管理職を対象としました問題発生時のリスク管理研修を行います。  さらには、問題意識がないままで前例踏襲事務を行っていたことに対する再発防止策といたしまして、リスクの洗い出しや対応、評価を行うためのリスクマネジメントを実施いたします。  

宮津市議会 2019-06-24 令和元年第 2回定例会〔6月定例会〕(第5日 6月24日)

非常に難しい問題であるといった意見。さらに定住するには、トイレ等水回りが課題、水洗でなければなかなか難しい。定住に向けた建物改修補助の充実が必要ではないのか。また、京都府の定住特区、これは養老地区、世屋地区、上宮津地区ですが、に係る補助は10年間、宮津市は5年間が条件であると。住まないと補助金は返還しなければならないという非常に厳し過ぎるのではないかといった意見もありました。

精華町議会 2019-06-24 令和元年度 6月会議(第6日 6月24日)

税機構発足後、税務の素人に督促業務をさせたり、事務的な取り立てを優先させたりしているなど、府内で問題が報告されている。課税自主権は本来、個々の自治体にあるもので、固有の権限である。実務的とはいえ自治体外に委ねるのは、税務上の独立性が確保できなくなる可能性が高い。よって、反対であるということでございます。  賛成討論はございませんでした。以上でございます。

木津川市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年06月24日

最近の若者は本を読まなくなったとよく言われるように、若者の活字離れが重大な問題として指摘されています。活字離れとは、新聞や書籍などの紙に印刷された文字媒体の利用率が低くなることです。これによる問題点としては、読んで理解する能力の低下などが挙げられます。ICT教育が導入され、デジタル教科書が普及すると、ますますこの活字離れが進むことは、想像にかたくありません。

向日市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号 6月21日)

単純な定数減の問題においても、二元代表制の機能を損なうことになるものと考えております。行政への監視や請願紹介など、広範な市民の声を市政に反映させる機会を市民から奪うものであります。  一例といたしまして、前回、24名から20名に定数減になりましたとき、我が党派は8名の議員が6名となりました。我が党派の問題だけではございません。

長岡京市議会 2019-06-20 令和元年文教厚生常任委員会( 6月20日)

これから検証していくということですけれども、やっぱり保育所としても保健所が単発の事例やと言わはっても、O-157って本当に感染力が強い、そういうものはここにもこういう自分たちがつくってはるものにもあるわけなんですから、ここでやっぱりきちんと、強いものだから、そのときにペーパータオルに変えるとか、やっぱりそういうことをとってないこと自体が問題だと思うんです。  

長岡京市議会 2019-06-19 令和元年建設水道常任委員会( 6月19日)

今の一般質問でもこの問題出てたんですけども、前回の開田区画整理事業を設定された関係で、新たに可能な範囲からでよいということになったとお聞きしたんですけど、どの範囲で、いつごろ策定・確定して進みだすかと、そういう見通しというのは今、この段階ではたってるんだったら教えてほしいんですけど。