運営者 Bitlet 姉妹サービス
15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2015-12-04 城陽市議会 平成27年総務常任委員会(12月 4日) ただ、そのときに水銀だけをはかっておられるケースがあるんで、例えば水銀とほかの物質が出てるかどうかという文献はちょっと私、見たことないんで、ちょっと承知してないところでございます。 ○大西吉文委員  でね、これがですね、かなりこれ長い間出てきてるわけですね、長きにわたってね。 もっと読む
2015-03-27 八幡市議会 平成27年第 1回定例会-03月27日-付録 │ │                                            │ │陳情事項                                        │ │  1  線維筋痛、筋痛性脳脊髄炎、脳脊髄液減少、軽度外傷性脳損傷、化学物質過敏  │ │    、一型糖尿病など、人口の0.1%程度以上の疾病及び診断基準が明確でなく指定難  │ │    病から除外 もっと読む
2012-03-19 京都市議会 平成24年  3月 教育福祉委員会(第18回)-03月19日−18号 しかも,認知の方が多くおられます。こうした方々に生活援助していく場合,個々の状態をアセスメントして,利用者,家族の意見を聴き,ケアプランが作成されます。そのケアプランに基づいて,訪問看護計画が作成されます。統計的に平均所要時間が出されることは有り得ることだと思いますが,その時間を援助時間として当てはめることは妥当ではありません。 もっと読む
2011-12-09 八幡市議会 平成23年第 4回定例会-12月09日-03号 この夏に、私ども京都府本部の議員とNPOの脳脊髄液減少患者家族支援協会との意見交換会が行われ、その際に、高額な治療費に対しての保険適用、また行政の支援等を待ち望んでおられる切実な声が聞かれました。  こうしたことを踏まえて、この秋、私どもと患者会が街頭にて早期保険適用に向けての署名活動が行われました。 もっと読む
2011-09-21 城陽市議会 平成23年第3回定例会(第3号 9月21日) また、ダイオキシン類などの有害化学物質の発生・拡散・汚染も考えられる。さらに野焼きの焼却残渣、燃えた残りですね。これは高濃度のダイオキシン類が残留しており、土壌汚染などを引き起こす原因となると記載されておりますが、市は野焼きについてどのように考えておられますか。また、これまでどのように行政指導をしてきたのですか、見解を教えてください。   もっと読む
2010-03-01 京田辺市議会 平成22年  3月 定例会(第1回)一般質問通告書-一般質問通告書 (3) 化学物質過敏問題 ① 現状の把握と認識はどうか。  ② 公的施設での香料禁止と啓発の充実をするべきだ。(4) 北部における高齢化問題 ① 現状と今後の課題について問う。  ② コミュニティーサロン等の充実をするべきだ。  ③ 高齢者のネットワークづくりを早急に進めるべきだ。  ④ 大住ケ丘汚水処理場跡地利用を考えるべきだ。 もっと読む
2009-12-01 京田辺市議会 平成21年 12月 定例会(第4回)一般質問通告書-一般質問通告書 (5) 化学物質過敏について ① 公的施設での香料は禁止すべきだ。  ② 啓発に向けた取り組みはどうか。 もっと読む
2008-06-25 京都市議会 平成20年  6月 教育福祉委員会(第8回)-06月25日−08号 ◎体育健康教育室長(山本雅之)   アトピー性皮膚炎に限らず,一般論としてのお答えになってしまいますが,例えば,これまでにも化学物質過敏に反応されるお子さんがおられるということで,主治医あるいは学校医の方から,空気清浄器等の設置が必要であるという風な場合につきましては,空気清浄器を設置する等の措置をしてきておりますので,必要性に応じてと言いますか,それが治療的に必要であれば,そういう措置はもちろん もっと読む
2008-06-01 京田辺市議会 平成20年  6月 定例会(第2回)一般質問通告書-一般質問通告書 (3) 公共施設における化学物質過敏対策について ① 市は化学物質過敏をどのように認識し、対策を考えているのか。  ② 学校や公共施設での対応を急ぐべきだがどうか。 順位6番 河田美穂(公明党) (1) 安全・安心のまちづくりについて ① 来年度のAED設置に向けて、幼稚園教諭、保育士等を対象に救命講習を実施してはどうか。   もっと読む
2004-03-15 福知山市議会 平成16年第1回定例会(第2号 3月15日) 最後に、化学物質過敏について伺います。   もっと読む
2003-06-16 八幡市議会 平成15年第 2回定例会−06月16日-03号 アレルギー性疾患について、寒い冬が終わり、春の便りが届き始め、みんながうきうきする季節になりますと、反対に花粉で悩む人、これからの季節はじめじめとした蒸し暑い日がかゆくてたまらないアトピー性皮膚炎に苦しむ子供、食べ物で激しいショック症状を起こす子供など、国民の3人に1人が何らかのアレルギー疾患を持つと言われています。 もっと読む
2001-03-09 京都市議会 平成13年  3月 普通予算特別委員会第2分科会(第7回)-03月09日−07号 ◆委員(中西正三君)   シックハウス対策ですが,これも一つ,相談をどんどん受けていくことになると思いますので,その環境衛生係の方の相談窓口として今研修されているということですが,御承知のように,このシックハウス対策という一面があるものの,もう一つ根本的な,人間の免疫性といいますか,むしろ化学物質過敏という,そういう中の一環になっているのではないかとの見解が言われております。 もっと読む
2000-01-15 宇治市議会 平成12年 12月 定例会-01月15日−04号 一口にアレルギー疾患といっても、気管支ぜんそく、花粉、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、最近ではシックハウス症候群、化学物質過敏などのように多岐にわたっています。その上、原因も食生活や居住環境、大気汚染、内面的なストレスなど複合的で、現在の医療では対症療法にとどまっています。   もっと読む
1999-12-08 長岡京市議会 平成11年第5回定例会(第3号12月 8日) まず、化学物質への対応をどのようにしていくのかについてであります。 もっと読む
1998-06-12 長岡京市議会 平成10年第2回定例会(第3号 6月12日) 確かに、昔に比べると、子供部屋の普及をはじめ、子供を取り巻く物質的環境はよくなっていますが、その反面、いつの間にか心が貧しくなってきたということを強く感じます。また、15歳未満の子供の総人口に占める割合は年々低下し、いわゆる少子化社会の進行が言われています。   もっと読む
  • 1