533件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

向日市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2号 3月 4日)

地区医師会、地域包括支援センター、社会福祉協議会、民生委員などと連携し、それぞれ役割明確にして、地域一体でフレイル予防に取り組むことで、総合的なフレイル予防推進が図れるものと考えております。 ○(永井照議長)  以上で、理事者答弁は終わりました。      (「議長」と呼ぶ者あり) ○(永井照議長)  11番、長尾美矢子議員。

京丹後市議会 2019-01-28 平成31年議会運営委員会( 1月28日)

そのほかにも監査専門委員創設であるとか、条例により包括外部監査実施する地方公共団体実施頻度緩和ということが改正になっております。次に、3番目施行期日ですが、中点2番目です。2は平成30年4月1日ということになっておりまして、議選監査委員選任義務付け緩和は、平成30年4月1日から施行するということになっているものです。  続きまして、2枚目、資料2見ていただきたいと思います。

福知山市議会 2018-12-14 平成30年第6回定例会(第4号12月14日)

本地域は、人口減少や少子高齢化による暮らしへ影響が心配され、本市自治基本条例包括的な地域づくり組織として、また、過疎化に歯どめかけ、定住人口増加図っていくため、中六部地区計画推進委員会立ち上げて、空き家対策など、移住促進につなげる活動行っております。そして、住民自治検討会議中で、支援施策等考えていくと答弁されております。  

長岡京市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2号12月10日)

次に、10月から11月にかけては、オープンハウス開催し、長岡天神駅前や市役所等でブース設け、基本計画に関する検討内容説明や、歩きたくなるまちマップもとに、対話方式で意見交換し、8日間で延べ669名方から直接御意見お伺いすることができました。

宮津市議会 2018-10-04 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第6日10月 4日)

ただいまから本日会議開きます。  日程第1「諸報告」であります。  監査委員から地方自治法第235条2第3項規定に基づく平成30年度7月分一般会計、特別会計、基金等並びに水道事業会計7月分例月出納検査結果報告書が提出されており、写し配付しておりますので、ごらんおき願います。           

長岡京市議会 2018-09-26 平成30年決算審査特別委員会小委員会( 9月26日)

具体的な活動といいますと、谷田自治会から谷田de朝カフェ、毎週第一土曜日に高齢者と若い世帯が朝御飯食べるという取り組みでございますとか、あと愛犬家と民生児童委員さんが高齢者や障がいある見守るわんわんパトロール、それから夏休みに子供から高齢者が交流でき、夏クールスポットとしてさわやかスポット、それから西地域包括支援センターときずな事業協同企画で竹の里カフェ、これは自治会未組織地域中心

城陽市議会 2018-09-26 平成30年第3回定例会(第5号 9月26日)

そこで、トータルで私が考えるには、職員500近い、いろんな形でサポートしてくれる方もいるんですけど、一が、一般的な言い方かもわかりませんけど、ありふれた言い方で言えば、太陽ように輝いて、すなわち城陽市民代表しているという形で働けば、そんなに何言われても腹が立たへんところもあったりするかなと思うんですけど。  

長岡京市議会 2018-09-14 平成30年決算審査特別委員会第1分科会( 9月14日)

1.3%減ということで説明ところでその減要因には加熱式たばここと言っておられてたかと思います。ただ、加熱式たばこ、今回税掛ける額が上がってますね。その分で次から相殺されていくではないかという考えがある一方で、たばこ吸う全体が少なくなってきているようにも感じているんですよ。実際に若い世代たちは、たばこそのものがもう高過ぎて買わないと。

木津川市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月11日

これより平成30年第3回木津川市議会定例会再開し、直ちに本日会議開きます。  本日議事日程は、お手元に配付とおりであります。  日程に入ります。      ──────────────────────── ◯議長(高味 孝之) 日程第1、一般質問行います。  一般質問される方は17、41問であります。  本日は、49問で行います。  

京丹後市議会 2018-09-11 平成30年第 4回定例会(9月定例会)(第3日 9月11日)

○(上田市民環境部長) 海岸漂着ごみ回収処理実績関係でございますが、京都府補助事業海岸漂着物等地域対策推進事業補助金活用した海岸漂着ごみ回収処理実績で報告させていただきますと、平成25年度が回収量149トン、うち54トンが外部処理。26年度回収量134トン、うち56トンが外部処理。27年度回収量111トン、うち84トンが外部処理。28年度が113トン、うち33トンが外部処理。

宮津市議会 2018-09-10 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第2日 9月10日)

こうしたまち変化がありますけれども、4年に1度選挙では多く頂戴したり、市域全体改めて国見する機会でもあるわけですが、例えば人口減初め、まだまだ被害絶えない猿対策など有害鳥獣被害対策、市内南部に比べて北部域包括ケア体制格差、狭隘な通路で浄化槽設置不可、浸水対策や河川整備など、防災・減災対策求めるお声聞かせていただいております。

精華町議会 2018-09-07 平成30年度 9月会議(第3日 9月 7日)

再質といたしまして、平成25年公職選挙法改正から、その施設不在者投票する際、公正な実施確保する意味で、外部立会に立ち会わせる制度が創設されました。その辺はおわかりかと思うんですけど、その辺は、外部立会利用されてる施設というは精華町場合あるんでしょうか。 ○議長  選挙管理委員会事務局長。

長岡京市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第3号 9月 7日)

またあわせて、長岡京市が外部に委ねる事業について、条例上最低賃金確保担保どのように確認していくかも具体的に聞かせてください。  次に、2つ目テーマであります。平和日制定30周年に際して「いのち輝く長岡京市平和都市宣言」についてです。  

精華町議会 2018-09-06 平成30年度 9月会議(第2日 9月 6日)

例えばこの前も、府道八幡線先ほど言いましたアクセス道路とタッチするとこの説明会があって、私も出ました。そこに出席したはその説明聞いてますけども、地域みんなにそれが伝わっているかといえば、「華創」か何かで伝えていただかないと、これはできないわけですよね。ですから、そういう意味で、やはり皆さんに周知するということでは「華創」活用するが一番説得力ある良周知かと私は思っております。

与謝野町議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第83回)-09月05日−02号

この中で与謝野みらい大学事業は、前年トライアル事業経て、平成29年7月に「よさのみらい大学」開講、リベラルアーツコース、地域づくり学部、与謝野ブランド戦略ビジネス学部1コース、2学部で、幅広い教養習得や地域に働きかける人材育成、起業家養成につながる講座全18回実施し、延べ参加者数は904になっております。  次に、122ページから第3款民生費についてご説明申し上げます。

京丹後市議会 2018-08-29 平成30年第 4回定例会(9月定例会)(第1日 8月29日)

以上、長くなりましたが、29年度一般会計決算補足説明とさせていただきます。 ○(松本聖司議長) 以上で、17議案について説明が終わりました。  ここで代表監査委員東幹夫氏から、一般会計及び各会計決算に係る審査意見報告求めます。東代表監査委員。 ○(東代表監査委員) それでは、平成29年度決算審査等意見報告させていただきます。  

向日市議会 2018-08-27 平成30年第3回定例会(第1号 8月27日)

(「異議なし」と言う者あり) ○(永井照議長)  ご異議なしと認めます。  よって、今期定例会会期は、本日から9月18日まで23日間と決定いたしました。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ○(永井照議長)  日程第3、監査委員報告行います。  例月出納検査結果報告求めます。谷代表監査委員。

宇治市議会 2018-08-17 平成30年  8月 建設水道常任委員会(第8回)-08月17日−08号

◎嶋本康宏建設総務課長 本件につきましては、これまで副課長が申しておりますように、個別、それぞれ、具体的にこの件に関して了解得たということではございませんが、今回事故、車両事故、それから休業補償も含めて、包括的に現在、相手方お2とお話させていただいております。そうした部分も含めまして、少し確認とらせていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

京丹後市議会 2018-08-10 平成30年産業建設常任委員会( 8月10日)

以上が、今回総会で決定された改善についてであります。  続けて、もう1点、今後改善につきましてですが、今後改善につきましては、外部監査導入有無、役員報酬、職員募集などについて検討する必要があると社長から伺っていること申し添えます。  以上、株主総会における改善へ取り組みがあった分について説明終えさせていただきます。