運営者 Bitlet 姉妹サービス
1442件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-25 京丹後市議会 平成31年予算決算常任委員会( 3月25日) 課題ではあるが、虐待や養護の件数もふえ、多様化してきている。相談員2人ではきめ細やかな訪問ができないので、正規の職員を希望しているが、正規の配置がない場合は、臨時職員でも継続的にかかる必要があるので、週5日の予算計上をしている。  問い、ケースによって、重篤なケースもあると考えるが、臨時職員で十分に対応できるのか。答え、過去3年間、正規職員を希望しているが、昨年度は臨時職員で少し補充した。 もっと読む
2019-01-10 京丹後市議会 平成31年総務常任委員会( 1月10日) 121番の箇所では、高齢者に対する虐待については、虐待防止の周知啓発を進めるとともに、関係機関との連携を強め、虐待の早期発見、早期対応に努めることを追加しています。  29ページから33ページでは、障害のある人に対する人権問題の現状について、述べています。  30ページをごらんください。  30ページの126番の箇所です。 もっと読む
2018-12-26 福知山市議会 平成30年第6回定例会(第5号12月26日) まず、第一に、福知山児童相談所一時保護所代替施設を福知山市内に設置するよう、京都府に意見書提出を求める請願は、河川改修に伴う児童相談所一時保護所の代替施設を引き続き本市内に設置を求めるものです。本件の施設は、府北部の唯一の施設であり、1年を超えて閉鎖されれば、保護者を初め職員の体制や府南部、北部の関連施設にも多大な影響が出ます。 もっと読む
2018-12-25 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月25日-付録 このような虐待事案は、近年急増しており、平成29年度に全国の児童相談所に寄せられた児童虐待に関する相談件数は13万件を超え、5年前と比べると倍増している。  こうした事態を重く受け止め、政府は平成28、29年と連続して児童福祉法等を改正し、児童虐待防止対策を強化してきた。しかし、今回の事案は、児童相談所が関与していたにもかかわらず、虐待から救うことができなかった。   もっと読む
2018-12-25 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月25日-06号 △日程第17 ○森川信隆 議長  日程第17、意見書案第2号、児童虐待防止対策の更なる強化を求める意見書案を議題といたします。  提案理由の説明を求めます。小北幸博議員。          (小北幸博議員 登壇) ◆小北幸博 議員  ただいま上程されたました日程第17、意見書案第2号、児童虐待防止対策の更なる強化を求める意見書案につきまして、案文を朗読し、提案理由の説明とさせていただきます。   もっと読む
2018-12-19 八幡市議会 平成30年12月19日文教厚生常任委員会−12月19日-01号 ◎羽田尊子 子育て支援課長補佐  家庭児童相談室の相談件数増加のご質問についてですが、平成25年度と比較いたしまして、虐待に関する相談が多く、特に心理的虐待とネグレクトに関する相談が増加しております。心理的虐待は、平成25年度が全体の約36%であったものが、平成29年度では全体の54.1%と、通告の半数以上を占めております。 もっと読む
2018-12-14 木津川市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月14日 児童虐待防止対策は」と題しまして、11月は「児童虐待防止推進月間」であった。ことし2018年の標語は「未来へと生命を繋ぐ189(いちはやく)」、「189」とかいて「いちはやく」と読みます。「189」は児童相談所全国共通ダイヤルの番号です。   もっと読む
2018-12-14 福知山市議会 平成30年第6回定例会(第4号12月14日) また、その地域の連携というところの中で、登下校の見守り、安全指導などについて、生徒児童の安全、命を守るということは、大変重要で大切な見守り活動、業務であると思うわけですけれども、保護者や地域、そして社会全体でその生徒児童を守るシステムをつくり上げることが必要だと考えております。 もっと読む
2018-12-12 城陽市議会 平成30年文教常任委員会(12月12日) 各学校とも学校行事をきっかけに登校できるようになる児童・生徒、逆に欠席がちになる児童・生徒が見られました。個々に目標を持たせ、児童・生徒が頑張れるように組織的な対応が必要であると考えております。  1枚開いていただきまして、4ページ、はぐくみ第389号をごらんください。10月の状況ですが、小学校では9月に比べ、指導件数、指導人数が少し増加しました。中学校においても増加しております。 もっと読む
2018-12-12 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月12日-05号 4つ目に、茨城県美浦村は、児童・生徒の防災意識を向上させるため、小・中学校を対象に毎年1回防災講習を実施しており、今年度から講習を受けた児童・生徒に受講証を手渡すようにしたとのことです。防災講習では、消防署の協力のもと、児童は新聞紙による簡易スリッパを作成したほか、非常食のアルファ米に水を入れて実食された様子が新聞に掲載されていました。  本市は消防本部と連携した講習会や訓練を実施されています。 もっと読む
2018-12-11 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月11日) 現状に即した待機児童の把握に基づいて、この待機児童問題を解決することで、女性が輝き、さらに地域社会や経済の場で活躍できるよう応援する必要があるのではないでしょうか、御見解をお伺いいたします。  次の項目として、発達障がいなどの支援についてお伺いいたします。   もっと読む
2018-12-03 八幡市議会 平成30年第 4回定例会-12月03日-目次 ────┼───────────────────────────┼─────┼────┤ │意見書案  │下水道施設の改築に係る国庫補助の継続に関する意見書案 │ 12月25日 │原案可決│ │   第1号│                           │     │    │ ├──────┼───────────────────────────┼─────┼────┤ │意見書案  │児童虐待防止対策 もっと読む
2018-11-08 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月 8日) 2億706万2,625円でございますが、ゼロ歳児から中学校卒業までの乳幼児、児童生徒の医療費につきまして、入院、通院とも1医療機関ごとで1カ月当たり200円を支払っていただき、残りの医療費を支給をすることによりまして、対象児童等の健康保持増進を図ったものでございます。   もっと読む
2018-10-30 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(10月30日) その中で、生きづらさ、子どもが変わってきたいうことですが、ふれあい教室に通室されて、年度がかわってまた登校できるようになったっていうことで、自信をつけて戻られるいうことがあったりとか、親の支援ですね、その専門家の方、特にスクールソーシャルワーカーさんは福祉のほうともつながっていただきますので、家庭の安定、不登校の原因としまして貧困家庭であったりとか、また、虐待等があるケースが多いですので、家庭の安定 もっと読む
2018-10-29 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(10月29日) それと、参加されてるメンバーでございますが、城陽市を初め、商工会議所、社会福祉協議会、民生・児童委員さん、高齢者クラブ、青年会議所、JA、身体障害者協会、PTA連絡協議会、社会教育委員など、多くの方に参加いただいております。  それと、29年度の山城人権ネットワークの市負担金でございますが、こちらのほうは97万9,200円でございます。済みません、失礼しました。 もっと読む
2018-10-24 京都市議会 平成30年 10月 市会運営委員会(第28回)-10月24日−28号 次に,(4)の児童虐待防止対策の更なる強化を求める意見書は,自民党,公明党,国民・みらい,京都党,日本維新の会の5会派及び無所属4名の共同提案でありますが,共産党,いかがされますか。 ◆副委員長(加藤あい)   日本共産党市会議員団は,賛成します。 ○委員長(吉井あきら)   お聞き及びのとおりですので,簡易表決していただきます。   もっと読む
2018-09-28 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月28日) 児童虐待防止対策のさらなる強化を求める意見書(案)  今般、東京都目黒区で両親から虐待を受け女児が死亡するという痛ましい事件が発生した。このような虐待事案は、近年、急増しており、平成28年度全国の児童相談所に寄せられた児童虐待相談件数は12万件を超え、5年前と比べると倍増している。  こうした事態を重く受け止め、政府は平成28、29年と連続して児童福祉法等を改正し、児童虐待防止対策を強化してきた。 もっと読む
2018-09-28 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月28日−05号 次に、児童虐待についてお尋ねします。きのう私どもの会派の久保田議員からの質問に対し、市長の児童虐待防止に向けた考えのお答えがあり、子供の命を守り、子供の安全を確保することを最優先にするとの決意も伺いましたが、私からも少し質問したいと思います。   もっと読む
2018-09-28 精華町議会 平成30年度 9月会議(第6日 9月28日) しかしながら、今日においても社会的身分や人種、民俗、信条、性別、障害等による不当な差別、高齢者等に対する虐待、子供のいじめ、体罰などの人権侵害が頻繁に繰り返されている。また、インターネットを使用したプライバシーの侵害や差別情報の拡散など、新たな人権侵害も増加している。  全ての国民が等しく、公正で基本的人権が保障されるべきであるが、実効ある措置がとられていない現状がある。   もっと読む
2018-09-27 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月27日−04号 まず最初に、児童虐待防止についてであります。ことしの3月に、東京都目黒区で、わずか5歳の女の子が両親から虐待を受け続け、平仮名でつづった手書きの言葉を残して亡くなられました。女児虐待死事故が、悲惨な事故がありました。その言葉は、底知れぬ暗さと悲しみに満ちあふれたものでありました。多くの心ある大人が涙し、このような悲劇は二度と繰り返してはならないと思ったところでございます。   もっと読む