8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

向日市議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第5号 9月18日)

ジュネーブの準備委員会で演説された被爆者で、日本被団協事務局次長の児玉三智子さんの訴えには、核保有国も、「核兵器のない世界という目標は同じだ。核兵器を使ってはならない。」と言わざるを得ないものがありました。核兵器の非人道性を告発し、その廃絶を訴える被爆者と市民の声こそ、核抑止力論を打ち破る最大の力であります。

向日市議会 2013-12-06 平成25年第4回定例会(第2号12月 6日)

先ほど児玉副市長もおっしゃいましたが、総務省は公共施設を地方債で建てかえができるようにしたそうです。老朽化した第2保育所こそ建てかえすべきですが、いかがですか。また、第3保育所は市民待望の女性センター、NPOセンターなど、複合施設として再生してほしいがどうですか。  他市を視察するたびに余りにも美しい市役所に驚き、市民も職員も生き生きと機能的な活動をされていてアメニティ向上を実感します。  

向日市議会 2013-11-27 平成25年第4回定例会(第1号11月27日)

○(磯野 勝議長)  次に、児玉副市長。 ○(兒玉幸長副市長)(登壇)  おはようございます。  松山議員から多項目にわたるご質疑を受けましたので、一つずつに全部、答えるという形になるかどうかあれですけども、この条例をつくったつくり方、それから考え方、そういったものを答弁させてもらって答弁にかえさせてもらいたいと考えてます。  

宇治市議会 2002-06-27 平成14年  6月 定例会-06月27日−06号

1 損害賠償の額      93,345円 2 損害賠償の相手方    住所 宇治市菟道東隼上り5番地の6               氏名 児玉久徳    ------------------------------                専決処分書                                  専決第10号  損害賠償の額を決定するについて、地方自治法第180条第1項

宇治市議会 2002-06-26 平成14年  6月 議会運営委員会(第14回)-06月26日−14号

賠償の相手方は、宇治市菟道の児玉さんでございます。なお、事故の概要でございますけれども、発生の日時は平成14年2月の28日でございます。発生場所は、五ケ所谷前地内の市道谷前岡本線上でございます。事故の状況でございますけども、被害者が自家用車で市道谷前岡本線を北から南へ走行中、対向車と離合する際、道路端に寄ったところ、道路上にございました穴ぼこにより、左前車輪を損傷をしたものでございます。  

宇治市議会 2002-06-04 平成14年  6月 建設水道常任委員会(第6回)-06月04日−06号

市といたしましては、被害者であります児玉久徳氏と協議の結果、宇治市の過失割合を50%とする交渉により、9万3,345円を賠償することで示談が調い、解決を見たところでございます。  この賠償額を定めるに当たりまして、地方自治法第180条による専決処分を平成14年4月24日、市長において決定いたしましたので、ご報告を申し上げるものでございます。  

宇治市議会 1999-06-17 平成11年  6月 定例会-06月17日−06号

1月の国会での我が党の児玉議員、小池議員の質問に対し、介護保険施行後も同程度の入院なら、もとのホームに戻れる措置が必要との答弁がありました。施設に入所されているお年寄りにとって、私も何回も入院に付き添いましたが、その時点でもう帰れるところがないとなると、それだけで治療する意欲も何もなくなってしまいます。この措置は、安心して治療を受けるためにもぜひとも必要です。

舞鶴市議会 1995-03-22 平成 7年  3月 定例会-03月22日−05号

       岡山 稔      教育次長     小林舜治   教育次長      野々尾理一      選挙管理委員会      委員長      園田敏郎   公平委員会委員長  片又良二      監査委員     桜井義昭 ◯事務局職員出席者      事務局長     藤井好雄   事務局次長     団野祐人                     (兼総務課長)      総務課主幹    児玉貞夫

  • 1