3486件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大山崎町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4号 3月22日)

委員会終了後に当会派議員団で十分に話し合った後、理事者側担当部長と協議する機会を求め実現いたしました。その折、私どもが懸念しておりました京都府との連携やアセットマネジメントに関する件、また、第3条の審議会委員の構成に対する考え方を重点的に問いましたところ、担当部長より丁寧な説明と基本的な進め方をお聞きいたしました。

長岡京市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5号 3月22日)

(冨田達也議員登壇) ○(冨田達也議員) ただいま議題となっております第3号議案 長岡京市男女共同参画推進条例及び長岡京市立総合交流センター設置条例の一部改正について、会派輝ではなく、個人の立場として反対討論をいたします。  

向日市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第5号 3月19日)

会派に属さない杉谷伸夫でございます。  議案第11号職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例に対して、反対の立場で討論を行います。  昨年の国会で、働き方改革関連法が成立しました。残業時間の上限を設ける内容のほかに、一定の条件の労働者には労働時間に関する保護規定を一切適用しないという内容です。

長岡京市議会 2019-03-19 平成31年予算審査常任委員会小委員会( 3月19日)

それでは、会派輝の質疑を行います。私が一番にやらせていただきます。  5項目ありますが、まず、1番目。一応、事項としては、京都新聞の社説からということで、多くの方が読まれたかもわかりませんが、市長選挙が1月に行われまして、すぐに、二、三日後に京都新聞の1面の裏側、いわゆる京都新聞でいう全国版ですね、洛西版でなく、に社説が載りました。

京丹後市議会 2019-03-18 平成31年予算決算常任委員会( 3月18日)

その結果で、附帯決議のこの案を、一度、例えば、会派に持って帰りたいということなのか、ここで結論を出していくということなのかについて諮りたいと思いますが、まず、会派に持ち帰りたいというところがございましたら、発言をお願いします。ございませんか。      (「なし」の声あり) ○(金田委員長) それでは、この場所で取り扱いを決定していくということで進めさせていただいてよろしいでしょうか。      

長岡京市議会 2019-03-12 平成31年予算審査常任委員会第3分科会( 3月12日)

済みません、うちの会派が資料請求した分じゃないんですけれども、251ページをちょっと参考にさせていただきたいんです。  そこに通学安全整理員の人数と、どこに立ってくださっているかという地図をつけていただいていて、あと各小学校区の人数を書いていただいていますが、これって、通学安全整理員という方はシルバーさんなんですか。 ○大木教育部次長兼学校教育課長  そのとおりです。

向日市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第4号 3月 6日)

環境経済部長  山 田 栄 次     市民サービス部長                              水 上 信 之  建 設 部 長 福 岡 弘一朗     教 育 部 長 小賀野 孝 人  上下水道部長  厳 嶋 敏 之 〇議事日程(本会議 第4日)  日程第 1         ・会議録署名議員の指名  日程第 2         ・一般質問                  1.会派

向日市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第3号 3月 5日)

嶋 敏 之 〇議事日程(本会議 第3日)  日程第 1         ・会議録署名議員の指名  日程第 2         ・一般質問                  1.MUKOクラブ   和 島 一 行                  2.日本共産党議員団  松 山 幸 次                  3.新政クラブ     小 野   哲                  4.会派

城陽市議会 2019-03-05 平成31年議会運営委員会( 3月 5日)

○語堂辰文副委員長  これ、私は出ていないんであれですけど、これ、各会派幹事会の中では、そういうワンボックスカーの要望が出ていたいうことなんですけど、この事務局として、これ予算をそういう形で上げられて、こういう結果になってきているんでしょうか。それとももう事務局要望されていないけれども、こういう形で予算化されてきているということでしょうか。そのあたりはどうですか。

大山崎町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第2号 3月 5日)

会派のぞみ、波多野庇砂です。私ごとでございますが、思うところございまして、4月より会派名についてでありますが、「保守・本流・のぞみ」に変更をさせていただきます。  なお、どこの既成政党にも組みしない形であります。ほんまもん・無所属、8年間ほぼ無所属。本当の無所属は、どこの政党会派にも参加せずに、今後も、そういうことはありません。まさしく無所属であります。これ以上は申しませんがね。  

向日市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第2号 3月 4日)

                (第3号)  日程第 3         ・一般質問                  1.公明党議員団    長 尾 美矢子                  2.MUKOクラブ   太 田 秀 明                  3.日本共産党議員団  山 田 千枝子                  4.新政クラブ     上 田   雅                  5.会派

長岡京市議会 2019-03-04 平成31年建設水道常任委員会( 3月 4日)

この間、ちょっと会派で別件のテーマで行かせてもらったんですけど、人口はまさにニアイコールぐらいです、本市と。ところが、面積は3.5倍から4倍くらいで、駅前に何もないようなところやったんで、ちょっとやっぱり本市とは事情が全然違うんで、そこで公共交通って言われても、「は」っていう感じでしょう。

京丹後市議会 2019-02-12 平成31年議会改革特別委員会( 2月12日)

一度、皆さんの会派からの御意見を聞かせていただきたいと思います。 ○(谷津委員長) それでは、ただいま政友会の見解をきかせていただきましたので、他の会派からの御意見をいただきたいです。  櫻井委員。 ○(櫻井委員) 新星会の意見としては、政友会の意見にあったように、結論としては、条文に、多様な、という文言を記載するということになりました。

京丹後市議会 2019-01-28 平成31年議会運営委員会( 1月28日)

当時の会派の中でもね。ずっとそのように思っていたわけです。ところが、松本聖司議長からいただいた資料は、そもそもこれは江藤俊昭氏という、これ政治学の博士です。この方の監査委員の考えという資料を読ませていただいたときに、そうではなかったのです。

京丹後市議会 2019-01-21 平成31年議会改革特別委員会( 1月21日)

本日につきましては、各会派に持ち帰っていただきました検討事項について、御意見をいただくこととしておりますので、まずは、それについて報告をしていただきたいと思います。  各会派への持ち帰り事項につきましては、第5条の市民参加及び市民との連携というところにおいて、男女共同参画についての条項を盛り込むべきではないかという御意見がありました。それについてです。

福知山市議会 2018-12-26 平成30年第6回定例会(第5号12月26日)

会派を代表し、消費税増税中止の意見書提出を求める請願について、委員長報告に反対し、請願に対する賛成の討論を行います。  2014年4月に、消費税が5%から8%に引き上げられ、景気の底が抜けたとまで言われる消費不況を招きました。以来、消費は回復せず、今日、実質消費は2014年よりもさらに、1世帯当たり年間26万円も落ち込んでいます。

木津川市議会 2018-12-25 平成30年第4回定例会(第7号) 本文 開催日:2018年12月25日

実は、長岡さんとは同じ会派です。会派の中でいろんな話をして、これについては論議もしてまいりました。  しかし、逆に私も市民の方に、大勢の方に聞いてみました。このままでいいよと、むしろふやさないと、我々の市民の声が届かない、そのような思いで、市民からは言われています。  私は、やはりふやすというのは、少し抵抗があるし、現状のままこれは行くべきだなというふうに思っています。  

大山崎町議会 2018-12-20 平成30年第4回定例会(第4号12月20日)

○11番(波多野庇砂議員) 会派のぞみ、保育所にかかわる本修正案に対して、反対の理由を述べます。  そもそも、前山本町政と係る支持会派の選挙公約の一つ、第2保育所の4年間の限定かつ条件つき運営がありました。したがって、仮に園児1人であろうと、在園がある以上、しっかりとメンテを行わなければなりません。4年間は大変長い期間であります。

八幡市議会 2018-12-19 平成30年12月19日文教厚生常任委員会−12月19日-01号

まず、全体としては、子育て支援ということが社会的にも大きな問題になっていて、僕もおととい、総務常任委員会のところで質疑をしていたときに、私とかほかの会派の方からも八幡市の人口の減少傾向の問題について質疑があって、若い人たちの人口増定着をどうするのかということが議論になりまして、雇用の問題であったりとか、今回のテーマである子育て支援ということも、施策として大事な柱にしていくことが必要になっているということは