運営者 Bitlet 姉妹サービス
1716件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 八幡市議会 平成30年12月20日都市環境常任委員会−12月20日-01号 ○巌博 副委員長  適正な盛り土についてですけれども、この間府の意向では粘り強く指導していくということなんですけれども、多分委員会とか一般質問で毎日相手方に連絡しますということを聞いているんですけれども、現局面でいうと、相手の事業施行者に連絡とかついていますか。ついていたら、その事業施行者がどういうふうに言っておられるのかと思うんですけれども。 もっと読む
2018-12-20 城陽市議会 平成30年第4回定例会(第5号12月20日) それが総務省の会議の場では、まるで適正かのように会議で話し合われた、会議の場で徹底していた。このことについて当時の中谷防衛大臣は、そういう不適切な要請を行ったことはまことに遺憾だというふうに謝罪をしています。  この不適切な要請を行ったということの中身が、その後、次々に明らかになった中で、中学生の名簿提出を市長さんに要求していた自衛隊、地方協力本部もあったということなんですね。 もっと読む
2018-12-18 木津川市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年12月18日 夏休み中も、児童・生徒が、個人面談、プール指導、図書室への来室、補充学習、部活動等のために登校してきたときに様子を把握する、気になる児童・生徒の家には家庭訪問を行うなど、機会を捉えて変化を見逃さない指導を心がけています。  あわせて、家庭や学校のほかに悩み事を相談できる場として、SOSダイヤル、ヤングテレホン等の相談窓口についても、積極的に啓発をしております。   もっと読む
2018-12-14 木津川市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月14日 1番の「学力の向上」、2番目は「いじめ・登校対策」とかありますけれども、そのほか「伝統文化の継承・発展」もありますけれども、やっぱり1番目のところに書かれている、「地域全体で子どもの学びや成長を支える取組を推進します。」、京都府の目標、府教委です。 もっと読む
2018-12-14 福知山市議会 平成30年第6回定例会(第4号12月14日) さらに、登校の予防対策として、登校傾向にある児童への支援として、訪問指導員というものを小学校5校に配置をしておりまして、朝の登校支援や家庭訪問等を行っております。  また、心の居場所サポーターというものを中学校2校、小学校1校に配置をしておりまして、教室には入れませんが、別室に登校しております児童生徒のサポートに当たっております。  以上です。 ○(大谷洋介議長)  田渕裕二議員。 もっと読む
2018-12-13 福知山市議会 平成30年第6回定例会(第3号12月13日) さらに、お尋ねの指定管理施設における利用料金につきましては、条例で定める限度額の範囲内において指定管理者が定めるものでありますけれども、増税によりまして、指定管理者が利益をこうむることがないようにすることが原則でありまして、必要によっては条例改正などの手続が必要というふうに思っております。   もっと読む
2018-12-12 城陽市議会 平成30年文教常任委員会(12月12日) 登校に関しては、1学期に比べますと小・中学校とも少し増加しております。各学校とも学校行事をきっかけに登校できるようになる児童・生徒、逆に欠席がちになる児童・生徒が見られました。個々に目標を持たせ、児童・生徒が頑張れるように組織的な対応が必要であると考えております。  1枚開いていただきまして、4ページ、はぐくみ第389号をごらんください。 もっと読む
2018-12-12 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月12日-05号 暫定利用に当たっては、地域包括支援センターが居宅介護支援事業所と連携し、利用者の利益にならないように努めているところでございます。   もっと読む
2018-12-10 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月10日) 3つ目の大きな柱として、登校の子供の学びと居場所について、お聞きをいたします。  周囲から見れば大したことのないように思えても、子供本人にはとてもつらい出来事、あるいは、少しずつ蓄積されてきたしんどさが、あるきっかけであふれ出てしまうなどで、学校に行けなくなってしまう子供がこの数年増加傾向にあります。本市調査で、平成29年度の登校児童生徒数は、小学生22人、中学生64人の計86人。 もっと読む
2018-12-10 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月10日-04号 3点目に、八幡市の適正な盛り土を未然に防ぐ対策について、農地の所有者に対して、農地の地目を変更する申請段階での啓発を強めることが必要だと思います。市として、今後どのような対策を考えておられるのでしょうかお教えください。  以上で1回目の質問を終わります。ありがとうございました。 ○菱田明儀 副議長  理事者、答弁願います。吉川理事。           もっと読む
2018-12-07 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月07日-03号 そして、検針業者が異変や自然な不在等に気づいた際には、あらかじめ同意し、登録してある緊急連絡先に連絡するというぐあいですがいかがでしょうか、お考えをお聞かせください。  2つ目に、下水道行政に関して伺います。今回は、マンホールのふたの活用についてお伺いします。   もっと読む
2018-11-08 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月 8日) その方々は、やはり、この間教育委員会のテレビ見ましたけども、やっぱり登校からの長い二十数年間のひきこもりということで、学び直しどころか、いざ一足飛びに就労はできないと。 もっと読む
2018-10-30 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(10月30日) ○松尾貴仁学校教育課主幹  登校に対しての対応ということで、登校支援等の推進事業の委託を受けておりまして、本市ではそれを受けております。 もっと読む
2018-10-29 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(10月29日) まず、お尋ねの中芦原事業所の結果ですが、平成29年度、3回実施しておりまして、まず1回目が0.0011ミリグラム/リットル、2回目が検出です、3回目が0.0005ミリグラム/リットルとなっております。平川指月の井戸につきましてのこれまでの最高値としましては、平成19年の市内井戸水質調査のときの0.0007ミリグラム/リットルとなっております。   もっと読む
2018-10-16 八幡市議会 平成30年第 3回定例会−10月16日-09号 次に、教育部所管の一般会計につきましては、委員より、英語検定受検料負担における受検者数、合格者数及び成果について、社会教育委員並びに公民館運営審議会委員において、公民館についての議題が上がっていない理由について、登校児童・生徒の学校復帰の成果や実績について、成人式参加率及び今後の対応や考え方について、異物混入時の検査内容及び再発防止策について、小・中学校での図書館司書の配置状況及び業務内容について もっと読む
2018-10-02 京都市議会 平成30年 10月 決算特別委員会第2分科会(第2回)-10月02日−02号 繰越し1,690万円は,大規模建築物に対する耐震改修計画作成や耐震改修への助成などについて,対象事業が年度内に完了せずに翌年度に繰り越したもので,不用1億9,896万円は,木造住宅などの耐震改修への助成や既存耐震適格建築物に対する耐震改修計画作成や耐震改修への助成における補助金の減などによるものでございます。   もっと読む
2018-09-28 精華町議会 平成30年度 9月会議(第6日 9月28日) プラスチックごみを減らす課題とともに、必要なプラスチック製品を生産しないことが必要で、その削減や循環システムを進めるには、行政、事業者、国民の幅広い理解とライフスタイルの変革も求められます。  よって、本議会は、政府において海洋汚染対策を強化し、プラスチックごみ問題解決対策を強化されることを強く求めます。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。   もっと読む
2018-09-26 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会小委員会( 9月26日) お寺の未来の形でありますとか、高齢者の居場所でありますとか、それに取り組むことによりまして、学校との連携でありますとかSNSによる書き込みが広がることによって、地域の登校児童、あるいはひきこもりの成人が、ここなら通えるということで安心できる居場所になっているようでございます。   もっと読む
2018-09-20 八幡市議会 平成30年9月20日文教厚生常任委員会-09月20日-01号 それから、34ページの登校対策ですが、ここで私自身がよくわからないところがあるので教えてください。教育相談活動で2,294回なされて実績として上がっているんですが、主な登校の原因とか教えてください。 もっと読む
2018-09-19 久御山町議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月19日) その結果、昭和47年度に交付団体となって以来47年間継続して、現在では京都府で唯一の普通交付税の交付団体となっております。近年では佐山西ノ口の土地区画整理事業による医療・福祉交流エリアの整備や、さやまこども園の建設など、積極的な事業を行っている中であっても、安定した財政運営を継続されています。   もっと読む