87件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

向日市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第5号 3月19日)

当時、私たちは、2日目が愛知万博への視察ということで抗議し、議長はご辞退され、私も、1日目の学習のみでホテル代がもったいないので、2日目は宿泊せず、日帰りにしたことがあります。もちろん、委員会の視察や政務活動費についても費用削減は可能だと思います。  

八幡市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会-03月08日-06号

私がかねてから提案させていただきました、観光客増加に向けて有名なブロガーを招致して世界に八幡市の魅力を発信していけばという提案に対しての取り組みにつきましても、東京オリンピックや大阪万博に向けて台湾ブロガーを招致という形で取り組んでいただき、情報発信の強化を図られることを評価しております。

八幡市議会 2019-02-28 平成31年第 1回定例会−02月28日-03号

2025年には、皆さんご承知のとおり、大阪万博が5月3日土曜日から11月3日月曜日までの185日間開催される予定となっております。本市を見てみますと、早いもので、平成28年2月9日に日本三大八幡宮の1社である石清水八幡宮が国宝に指定され、3年が経過しました。古代から近代までの日本の歴史が重なる道筋である歴史街道の途中には、松花堂昭乗ゆかりで松花堂弁当でよく知られた松花堂美術館iセンターがあります。

八幡市議会 2019-02-26 平成31年第 1回定例会-02月26日-01号

次、61ページに移りまして、観光振興費では、東京オリンピック・パラリンピック、大阪万博の開催も踏まえ、本市の観光資源の発信と誘客を図ることを目的に、海外プロモーションの実施や関西圏の広域的な観光ルートの開発、PRなどを新たに行うこととしており、インバウンド対策関連経費として363万2,000円を計上しております。  次に、土木費でございます。総額13億630万円を計上しております。

向日市議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第5号12月18日)

その地区は、万博公園の西側、最近は開発が進んで住宅地もやってきていますが、当初は千里丘陵、そうした山、本当に自然豊かな地域であったのかと思います。で、現在は非常に落ちついた住環境の中で施設の運営をされております。  

木津川市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月14日

2025年には大阪万博が決定になり、道路網の整備が急がれる。物流や観光等の経済効果の期待等が挙げられ、災害や事故等の緊急時の代替道路となる。ぜひとも4車線になるように進めるべきであると考えるが、どうか。  (4)市道335号は、せめて歩道をシルバーカーやベビーカーが使用できるように整備するべきであると考えるが、どうか。  以上です。 ◯議長(高味 孝之) 建設部長。    

福知山市議会 2018-12-14 平成30年第6回定例会(第4号12月14日)

2025年、大阪万博の開催が決定しました。経済効果は2兆円に上ると言われております。本市においては、平成29年6月に設置された福知山観光地域づくりセンターは、北近畿の玄関口としての特性を生かし、「市民主体で持続可能な観光コンテンツをつくる」をテーマに進められております。  それでは、まず、観光地域づくりセンターの現在の活動状況について、お伺いします。 ○(大谷洋介議長)  市長。

八幡市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会−12月12日-05号

2025年の国際博覧会、万博の開催国を決める博覧会国際事務局総会がパリで開かれ、加盟各国の投票で大阪が選ばれました。大規模な万博としては2005年の愛知以来、大阪では1970年以来55年ぶりの開催となります。2025年の大阪万博の経済効果は全国で約1.9兆円と試算され、2020年東京五輪・パラリンピック後の日本の景気浮揚策に位置づけられております。

八幡市議会 2018-12-07 平成30年第 4回定例会−12月07日-03号

第一に、堀口市長は、今回の大阪万博開催決定につきましては、いかなる評価をしておられるのかお聞かせください。  第二に、2025年大阪万博につきましては、同じくする関西圏での開催であることから、少なからず本市にも経済効果、消費拡大等の恩恵をもたらすものと、積極的に捉えるべきであります。もちろん開催までには6年半程度の猶予はあります。

宮津市議会 2018-10-04 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第6日10月 4日)

また、夢洲まちづくり構想検討委員会がまとめた夢洲まちづくり構想は、2025年国際博覧会、いわゆる大阪万博誘致と統合型リゾートIR誘致とは一体的ではない、事業主体が異なると主張されています。スケジュールも2024年にIR開業、2025年万博開催というものですが、しかし、大阪万博のための鉄道建設や会場建設は、2024年IR開業までに前倒しでつくることが予定されています。

福知山市議会 2018-09-28 平成30年第5回定例会(第5号 9月28日)

万博誘致そのものに反対するものではありませんが、この決議の背景には、昨年7月に、関西・広域連合議会において、万博誘致決議が提案、可決された際に、大阪市の夢洲を会場とする万博誘致にIR、カジノをセットにした誘致であることが否定されませんでした。カジノは、日本の刑法が禁じている賭博であり、他人の不幸の上に成り立つものです。

南山城村議会 2018-09-27 平成30年第 3回定例会(第3日 9月27日)

それ以外にも、大阪万博で紹介され、その後、普及したものがたくさんあり、まさしく人類の進歩と調和でした。  しかし、今回の万博誘致は、万博はテーマに掲げる「いのち輝く未来社会のデザイン」とは、ほど遠く、カジノを含むIRと一体なのは明らかです。大阪府の松井知事は成長の起爆剤として万博とIRの相乗効果を狙うとしています。

与謝野町議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会(第83回)-09月27日−10号

平成30年9月27日、与謝野町議会ということで、この誘致の委員会のほうでも、国とともに2025年の博覧会、この大阪、関西への誘致を目指していると、こういうことで、この博覧会は国の閣議決定の了解を経て決定された国家プロジェクトということでございまして、他の立候補国との誘致競争、これを勝ち抜くには、機運の盛り上がりを対外的に示して万博誘致、この機運を日本全国に波及させる必要があるということで、大阪府内の

八幡市議会 2018-09-19 平成30年9月19日総務常任委員会-09月19日-01号

世の中、日本全体を見ていると、何でもかんでも物を建てたいという動きがいっぱいありまして、大きいレベルで見ても、東日本大震災から東京オリンピックがあって、大阪万博があって、今度は札幌も東京オリンピックがどうのこうのなどというのが出始めたりとか、この間、熊本県を初め、いろいろなところでの地震や災害があって、この分野というのは圧倒的に人が足りないところでもあると思いますので、お互い知恵を出し合うしかないのかと

向日市議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第5号 9月18日)

昨年7月に開かれた関西広域連合議会定例会において万博誘致決議が提案され、可決されております。その採択を受けて、誘致決議を上げる動きがあったことが、この意見書案の背景になってきていると思います。大阪府、大阪市が万国博覧会の誘致を進めているところですけれども、万国博覧会そのものには、私どもは必ずしも反対ではありません。

八幡市議会 2018-09-14 平成30年第 3回定例会−09月14日-07号

7月下旬に、大阪府の万博近辺で行われた大阪府中学校のサッカー大会を観戦する機会がありました。通常、中学サッカーでは、前半30分、後半30分で行われますが、その日観戦した試合では、前半の15分に1回、後半の15分に1回の給水タイムが設けられていました。

久御山町議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第1号 9月 7日)

まず第1点目は、大阪府の2025日本万国博覧会基本構想では、万博会場が大阪湾の人工島である夢洲であり、しかも万会場に隣接して、カジノを含む統合リゾート施設(IR事業)が計画されていることです。  カジノなどギャンブルは刑法で禁じられている賭博であり、成長戦略どころかギャンブルは、何ら財産を生み出すものでないことは明白です。

八幡市議会 2018-06-28 平成30年第 2回定例会−06月28日-06号

昨年8月に開かれました関西広域連合議会定例会において万博誘致決議が提案され、可決されました。その採択を受けて、広域連合議会に参加する府、県、政令市の議会に誘致決議を上げる働きかけがあったことが背景にあります。  我が党は、国際博覧会が、産業や技術の進歩、展望を示し広く教育的に広げようという目的で開催されることの意義や理念に反対するものではありません。

舞鶴市議会 2018-06-28 平成30年  6月 定例会-06月28日−04号

大阪府、大阪市、関西経済連合会、関西経済同友会、大阪商工会議所で構成される夢洲まちづくり構想検討委員会が、6月にまとめられた夢洲まちづくり構想では、3段階に分けて整備する計画で、第1期ではIRの核となるカジノのほか、ホテルや商業施設、国際会議場、展示施設を誘致する、第2期は大阪府などが誘致を目指す万博会場として整備をし、万博後を見据えてエンターテインメントを体験できる拠点、医療ツーリズム、スポーツツーリズム

宇治市議会 2018-06-27 平成30年  6月 定例会-06月27日−07号

しかし、本決議案が誘致、促進をする2025年の夢洲を会場とする国際博覧会は、大阪府・大阪市などが夢洲の再開発をカジノが目玉であるIR誘致を中心に進める中で、カジノ誘致と一体となった国際博覧会であり、カジノ万博には反対の立場であります。  国際博覧会の意義と役割そのものを否定するものではありません。