244件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

京丹後市議会 2019-12-10 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第2日12月10日)

○(新井政策総括監) 公共交通の空白地につきましては、これまでから既存路線の延伸でありますとか、新たな路線の運行、スクールバスとの混乗、また、デマンドバスやEV乗合タクシーなどを運行させることで、その解消に取り組んできたところでございます。昨年から申していますが、現在、運転手不足によりまして、既存のバス路線自体の見直しを迫られている状況でございます。

南山城村議会 2019-12-05 令和元年第 4回定例会(第1日12月 5日)

それは、何かといいますか、デマンドタクシーのようなものをですね、兼ね備えると、それで、先ほどもちょっとお話に出ましたけども、大河原駅をそういったところの住民タクシーの、デマンドタクシーの指令所みたいなことでも使おうかなというふうにしておりますし、そっから駅もそうですけども、観光客の人らも利用できるような形に最終持っていきたいなと思っております。  

長岡京市議会 2019-09-24 令和元年第3回定例会(第4号 9月24日)

2.免許を自主返納した高齢者が日々の買い物や通院などに困らないよう、コミュニティバスデマンド予約)型乗合タクシーの導入など「地域公共交通ネットワーク」のさらなる充実を図ること。また、地方自治体などが行う、免許の自主返納時における、タクシー公共交通機関の割引制度などを支援すること。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  

八幡市議会 2019-09-24 令和元年9月24日都市環境常任委員会−09月24日-01号

こちらにつきましては、従前より複数年にわたって橋本地域四区の方で、自主的に主にデマンド交通など自治会を巻き込んで学習会やアンケート活動などをされております道しるべというNPO法人がございます。こちらが特に実現に向けて大変熱意を持って頑張っていただいているということで、こちらのNPO法人道しるべから代表に入っていただこうと考えております。  次に、市民委員の選び方についてでございます。

京丹後市議会 2019-09-12 令和元年第 4回定例会(9月定例会)(第3日 9月12日)

○(新井政策総括監) これまでの市の公共交通の取り組みといたしましては、先ほど議員からおっしゃっていただきましたように、バスにおきましては上限200円バス事業、それからEV乗合タクシー事業、デマンドバス事業などによりまして、利用促進と公共交通空白地の解消に取り組んできたところでございます。

京丹後市議会 2019-09-11 令和元年第 4回定例会(9月定例会)(第2日 9月11日)

乗車率につきましては、把握はできていませんが、丹海バスにつきましては、平均乗車人員として1便当たり約13人、市営バスについては1便当たり平均で2人、デマンドバスにつきましては1運行当たり平均1.35人、EV乗合タクシーは、これは出動回数というのですか、これが網野・久美浜エリアで1日平均22回ということになっています。ただ、民間タクシーの乗車の関係につきましては把握していません。

福知山市議会 2019-09-11 令和元年第4回定例会(第2号 9月11日)

○(大橋一夫市長)  今、議員からお話がありましたように、川北デマンドタクシーについては、デマンド型乗り合いタクシーの実証実験として、平成29年3月の1カ月間、運行をいたしました。みわひまわりライドにつきましては、公共交通空白地有償運送の実証実験として、平成29年10月から運行しているものでございます。

精華町議会 2019-09-09 令和元年度 9月会議(第3日 9月 9日)

そういった意味では、自宅まで送迎されるデマンドタクシーといいますかね、それは乗り合いであっていいと思うんですけども、そういったものが他でも見てますと、最近はあちこちで取り上げられてます。また料金も200円程度、一定の制限があるでしょうけども、利用する時は1回当たりは200円もしくは300円というようなことで、高齢者にとって寄り添った交通手段としての実行がなされているところであります。  

宮津市議会 2019-09-05 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第3日 9月 5日)

こうしたことを受けまして、市といたしましては、改めて丹海へのバス運行の継続の依頼や、タクシー事業者へのデマンドタクシーの実施の打診などを行ってまいりましたが、いずれも運転士が不足していることから実施が困難であり、この夏に開催いたしました地域説明会では、この協議の内容を報告するとともに、令和2年4月以降の枝線6路線の路線バス廃止の対応策といたしまして、持続可能で住民ニーズに合った交通手段の維持、確保に

長岡京市議会 2019-09-05 令和元年建設水道常任委員会( 9月 5日)

あと、廿日市市に関しては、まず思ったのは、やっぱデマンド型のバスでありタクシーでありというのは収益厳しいんやなということは十分理解できました。以前に私もデマンドっていうのをちょっと提案もしてみたことあるんですけど、やっぱり厳しいなと、収益的に大分苦しいということがわかったので、課題であるかなというふうに思いました。  

宮津市議会 2019-09-04 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第2日 9月 4日)

公共交通事業者から、依然として運転手が不足しているため、バス運行やデマンドタクシーなどの運行が困難と言われております。そのような状況の中で、地域の皆様との意見交換では、持続可能で住民ニーズに合った交通手段の維持、確保に向けて、利便性も高くなる、住民が主体となった公共交通空白地有償運送を御説明し、地域の皆様みずからが担い手となっていただくよう説明したものでございます。

木津川市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年06月25日

我が党、公明党は、先月、国に申し入れた成長戦略の中で、高齢者の特性に応じた限定条件つきの免許の導入や、高齢者交通手段となるコミュニティバスデマンド型の乗り合いタクシーといった地域公共交通ネットワークの確保などを提言しました。  この限定免許については、運転できる車両を自動ブレーキなどを搭載した安全運転サポート車に限定する方法のほか、運転する場所や時間帯を制限することも考えられます。  

木津川市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年06月24日

加茂では、同じく「本数が少ない」、デマンドバスです「予約が面倒」「路線の延長や新設」の声です。山城では、同じなんです。「本数が少ない」「土日の運行をやってほしい」「路線の延長や新設をやってほしい」。ほぼ、共通なんですよ。  ただし、土日バスが走っているのは、もう言うまでもなく、木津だけです。きのつバスだけです。山城も加茂も、土日は走っていません。運行本数も、随分と差があります。

城陽市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第3号 6月21日)

私、平成20年のときに、19年で初めてこちらの議員にさせていただきましたけれども、平成20年のときにデマンド乗合タクシーということで、絶対に城陽市の将来にはこういった組織が必要だということで訴えさせていただきました。ですから、その当時は毎回デマンドデマンドということで言っておりましたので、デマンドの増田ということで、そういった名称もついたほどでございますけれども。

京丹後市議会 2019-06-13 令和元年総務常任委員会( 6月13日)

それはやはり日本の国の法律の壁の中でのことですから、今後そこら辺を考えていかないと、今の支え合い交通にしましてもこれ以上拡大はできませんし、それはやはり地域で支えていくという感じなのかなと思っておりますし、あともう一つはデマンドバスというタクシーでしていますので、ああいったことも一つの方法論という部分もあります。