1424件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-04 向日市議会 平成31年第1回定例会(第2号 3月 4日) これはがんやメタボなどを背景とした脳や血管、心臓の疾患の発症が関係している可能性が高いと思われます。  一方、男性の70%、女性の88%が、75歳ごろを境に、自立度が低下する可能性を多く含んでいるパターンです。これはロコモティブシンドロームや加齢による筋肉の減少、認知症などが関係している可能性が高いと思われます。健康寿命を延ばすためには、この疾病予防と虚弱予防が重要であります。 もっと読む
2018-12-19 城陽市議会 平成30年第4回定例会(第4号12月19日) それで補助率もそうですし、対象の年齢要件もそうですし、加入の期間というのもそうですし、そういうことを全体どういう形が一番適しているのかというのをその状況に応じて、必要に応じて検討するということで、さらにはその人間ドックの補助制度でなくて、市民の健康管理はそれ以外の特定健診でありますとか、がん検診、あるいは保健指導等々ございますので、総合的に考えていかないといけないというふうに考えているものでございます もっと読む
2018-12-19 八幡市議会 平成30年12月19日文教厚生常任委員会−12月19日-01号 総数は、平成28年度で686人おられるんですけれども、がんだとかいろいろ死因が載っておりますが、その中で自殺のところで、平成28年は12人の方が亡くなっておられます。今、日本では自殺者数が世界的にも多くて、多いときは3万人台だったんですけど、平成23年ぐらいから2万人台には減ってきています。平成28年は2万1,898人が自殺で亡くなっているんです。   もっと読む
2018-12-18 木津川市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年12月18日 特定健診、またがん検診は、個別検診の導入により、受診者数は上昇をしております。うちのがん検診は、済みません、個別検診ではないですね。これは、集団検診の場合は、広報での周知と対象者個々への受診券の送付のみであったのに対し、医師会の各会員の積極的な受診勧奨によって、受診者が増加したとも考えています。 もっと読む
2018-12-14 福知山市議会 平成30年第6回定例会(第4号12月14日) 具体的には、がん検診を含む健康診断、食生活改善などの生活習慣病予防、健康講座など、健康づくりへの意識づけや習慣づけを目的として実施をしております。65歳以上には一般介護予防事業として、健康いきいきクラブを実施しておりまして、各中学校区の拠点で、毎週福知山オリジナルの筋力を維持上昇するための貯筋体操の教室を開催しております。 もっと読む
2018-12-13 福知山市議会 平成30年第6回定例会(第3号12月13日) なお、本市では、従来から決算補填のための一般会計からの繰り入れは行っておりませんが、法定外で繰り入れしておりますのは人間ドック、また、がん検診などの保険事業にかかる費用の一部、また、地方単独事業実施による国庫負担金の減額措置分、また、災害等による保険料減免分等の費用を対象としているところでございます。 もっと読む
2018-12-07 向日市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月 7日) さらには、各種がん検診や特定健診、予防接種などの事業内容、そして、乙訓応急休日診療所の運営などについて連携し、取り組んでいるところでございます。   もっと読む
2018-12-06 向日市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月 6日) 次に、大きな3番目、がん検診についての質問であります。  現在、日本人の死因で最も多いのががんであります。今や国民の2人に1人が一生のうちに何らかのがんになり、3人に1人ががんで亡くなる時代です。しかし、がんは早期発見、早期治療によって治せる病気に変わりつつあります。国では、2006年にがん対策基本法が制定されました。 もっと読む
2018-12-05 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月05日-02号 しかし、日本では、がんに罹患する人の数は年々増傾向にあり、がん対策は1億総活躍社会の実現に向けて取り組む課題の一つであります。   もっと読む
2018-11-13 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月13日) 市は、部局審査の中でも、市民の健康増進の観点から、人間ドック、脳ドック検診の取り組みには毎年希望枠を設けられ、積極的な検診を促進されておられますが、近年、2人に1人はがんを発症すると報じられる時代であります。  そこで、5年以内の検診結果から罹患者及び疑わしい検証内容、その後の診療で改善の状況などがございましたらお聞かせください。 もっと読む
2018-11-08 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月 8日) それから、がん検診に関しましては、これも前に聞いておかなあかんかったんですけど、大腸がんは無料クーポンを終了されているんですが、何で終了されたんでしたでしょうか。無料クーポンやめはって、その影響は、どう見てはりますでしょうか。   もっと読む
2018-10-26 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(10月26日) 最後に、労働安全衛生の関係で、年5回の健診をそれを報告ということですけれども、こういう話が特別に城陽市ではないのかわかりませんけれども、ある方ががんになられた。そしたら、病院に行ったら休職しなさいと。そこで診断書を書いていただいた。職場でその診断書を出したら、これはそこの病院だけの診断書だから休職はできません、病休の手続はできませんって言われて。城陽市ではそういうことについてどうなのか。 もっと読む
2018-10-16 八幡市議会 平成30年第 3回定例会−10月16日-09号 次に、健康部所管の一般会計につきましては、委員より、養護老人ホーム入所判定委員会の内容について、シルバー人材センター運営事業における会員数、受託件数及び就業人員の推移について、がん検診の受診者数及び受診率の推移について、子育て支援医療給付における市独自分による国のペナルティについて、在留資格者の国民健康保険未加入者の把握について、産前・産後ヘルパー派遣事業の実績及び課題について、健幸アンバサダーの活動実績 もっと読む
2018-10-02 京都市議会 平成30年 10月 決算特別委員会第2分科会(第2回)-10月02日−02号 一つ下のがん対策のうち,胃がん検診の充実につきましては,胃内視鏡検査及び胃がんリスク層別化検診,いわゆるABC検診を開始いたしました。  次に,生きがい・社会参加でございます。  三つ目の地域支え合いボランティア活動助成事業では,地域の高齢者等が担い手となるボランティア活動に対して助成を行いました。  在宅福祉施策でございます。   もっと読む
2018-09-28 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月28日) また、保育、医療において、健康診断や各種がん検診などにより、疾病の早期発見、早期治療に結びつけるとともに、各種予防接種事業も継続的に実施されていることも、健康への取り組みを進めている公明党といたしましては、今後の事業拡大にも大いに期待しております。  次に、人権、平和の取り組みであります。   もっと読む
2018-09-28 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月28日−05号 ◎健康長寿部長(藤田佳也君) (登壇)本市の健康寿命の延伸に影響を及ぼし、医療費の増大に関与していると考えられるものにつきましては、特定健康診査の結果やその他統計情報等のデータによりますと、生活習慣病、具体的には腎不全や虚血性心疾患、がんなどが主な疾患として上げられるところでございます。   もっと読む
2018-09-27 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月27日−04号 やっぱりダムをつくったりその安全性を点検するのはそこそこやっているんだけれども、肝心なそのダムががんと放流したときに耐えられる堤防でもなければ、それを処理できるような川の管理状態でもなかった、だからああいう大惨事になったんだと結論づけています。  愛媛県の肱川上流の野村ダムと鹿野川ダムの緊急放流によって肱川が氾濫し、下流地域で9人が犠牲になり、3,400戸以上の住宅に浸水の被害が出ました。 もっと読む
2018-09-27 南山城村議会 平成30年第 3回定例会(第3日 9月27日) 子宮がん検診のバスを最初2台計画していたが1台になったのが要因。29年度、受診者240名、対象者728名、受診率33%、横ばいの状態である。保健師を中心に健康カレンダー、防災無線などで呼びかけ啓蒙している。  道の駅収入の中の業務委託にはどんなものがあるか。28年補助金の4月以降の府、村からの開業支援、大きなものでは村からの指定管理料、お茶の京都の一坪茶室等の委託ほかであります。 もっと読む
2018-09-26 与謝野町議会 平成30年  9月 定例会(第83回)-09月26日−09号 ◎保健課長(水口淳子) 健診についてのお問い合わせですが、延べ人員では17日間で4,000数百人の方が、それぞれ受けておられるので、全てのがん検診を受けていただく方とか、1種類だけとか、いろいろとございますが、全員でいうと4,000数百人の方に受診をいただいております。 もっと読む
2018-09-25 与謝野町議会 平成30年  9月 定例会(第83回)-09月25日−08号 また、地域密着型の福祉政策という意味におきましても、各法人の皆様方、あるいは事業所の皆様方とともに、さまざまな福祉分野の取り組みを行ったわけでございますけれども、ご案内のように、北部医療センターのがん診療棟の建設につきましても、実施設計の段階に平成29年度、入ったということで、この事業がしっかりと根づいていくように見通しを立てることができたということは、大変重要な取り組みであったと考えます。   もっと読む