運営者 Bitlet 姉妹サービス
64件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月07日-03号 人工知能、いわゆるAIや、ビッグデータ、モノのインターネットIoTなど、ICTを取り巻く環境は目まぐるしく変化しております。学校現場においても、子どもの学習の質の向上や人材育成の視点からも、ICT環境の整備は喫緊の課題であると思います。   もっと読む
2018-10-02 京都市議会 平成30年 10月 決算特別委員会第3分科会(第2回)-10月02日−02号 まず,創業・新事業創出への支援につきまして,ものづくりベンチャー戦略拠点の設置では,国内外のものづくりベンチャー企業や起業家を京都に呼び込むための拠点を整備し,マッチング等を実施いたしましたほか,IoTビジネスの推進では,IoTビジネスに取り組む市内の中小企業が必要な技術やノウハウ等を相談する窓口を設置いたしました。   もっと読む
2018-09-13 福知山市議会 平成30年第5回定例会(第3号 9月13日) ○(桐村正典産業政策部長)  今後、AIやIoTなども導入いたしました工場設備の能力向上によりまして、企業1社の誘致で100人単位での雇用を生むようなことは、ますます難しくなってきておりまして、福知山市内で多くを占めます中小企業の業績向上により、各社に1人ずつの新たな雇用が生じることで、地域全体の活力向上につながると考えておりまして、しっかりとした中小企業対策を講じてまいりたいというふうに考えております もっと読む
2018-09-11 宮津市議会 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第3日 9月11日) そういった方ではなくて、やはりこちらから行って、さまざまな特産品をやっておられるところに、こちらからある一定出向いていって、情報を把握するなりしていかないと、なかなか待っているだけでは、本当にやっぱりなかなか厳しいのかなというふうに思うわけでございますけども、それとあわせて、既存店舗に対して、やっぱり今これからの時代はIT、あとはよく言われるIoTとか、そういった形のまちづくりになってまいります。 もっと読む
2018-09-10 宮津市議会 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第2日 9月10日) また、これまで以上にインターネット環境が変わる、いわゆるIoTが進めば、日常生活に係る電気、電力も効率的に管理できるようになり、環境に配慮しながら生活の質を高めていける時代がいずれやってくることが考えられます。   もっと読む
2018-09-10 八幡市議会 平成30年第 3回定例会−09月10日-04号 今後、人工知能やIoTの進展等の急速な技術革新によって、超スマート社会が到来し、国民生活や社会のあり方が大きく変化していくことが予想される中で、この社会に対応するためにも、一人一人が身につけることや、新しい技術を使いこなし、地域における学習や生活に生かすことを十分に留意することが重要と述べています。   もっと読む
2018-06-26 久御山町議会 平成30年第2回定例会(第4号 6月26日) また、税の対象となる生産性向上特別措置法とは、AIやIOTやビッグデータなど新たな情報技術を活用して、急激に生産性を向上させなければ国際競争力を失うとして、生産性の高い設備への投資を促すとともに、サンドボックスと呼ばれ、企業提案による新たな実証のための特例制度を創設するものです。  しかし、この特別措置法には、以下の3点の問題点・疑問点があります。   もっと読む
2018-06-15 城陽市議会 平成30年建設常任委員会( 6月15日) 2つ目は、データの共有・連携のためのIoT投資の減税等でございます。これは、データを収集・共有・連携する事業者の取り組みについて、IoT投資に対する減税措置等を講ずるものです。こちらも国で対応されることとなっております。  3つ目は、中小企業の生産性向上のための設備投資の促進でございます。 もっと読む
2018-06-14 宇治市議会 平成30年  6月 定例会-06月14日−05号 さらには、ICT関連の大手企業との包括連携協定の締結に向けまして調整中でもございまして、IoTやAIなどを利用した取り組みや市民サービスの品質向上につながる取り組みなどにつきましても、民間企業との協働によりまして、具体的に検討を進めてまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-06-12 八幡市議会 平成30年第 2回定例会−06月12日-02号 国におきましても、各省庁ともIoTやAIに関する予算を要求されており、新しい時代の流れに進んできているのではないかと感じているところでございます。また、昨今のIoT、ロボット、AI等の進展には、目をみはるものもあり、確実に私たちの生活を変えてくれるものだと思っております。  こうしたこれからの第4次産業革命のインパクトを活用していくことは、行政にとりまして有意義であると思っております。 もっと読む
2018-04-25 京都市議会 平成30年  4月 産業交通水道委員会(第2回)-04月25日−02号 11ページに参りまして,新たな価値の創造による知恵産業推進事業として,ものづくりベンチャー戦略拠点の運営や,IoTビジネスの推進等に取り組むほか,京都市成長産業創造センターにおいて各種研究を推進いたしまして,最先端の大学の研究成果を事業化につなげることにより産業競争力の確保や新規事業の創出につなげてまいります。 もっと読む
2018-03-20 京都市議会 平成30年  2月 定例会-03月20日−04号 技術力の低下を招き,市民生活に影響を及ぼすことのないよう体験型研修施設の整備や技術研修の充実などにより,技術継承・技術力向上の取組を着実に推進していただくとともに,更なる業務の効率化に向け,ICT,IoTなどを活用した技術の調査研究にも積極的に取り組んでいただくことを求めます。   もっと読む
2018-03-12 京都市議会 平成30年  3月 予算特別委員会(第5回)-03月12日−05号 そのために我々も,なかなか私も付いていけないとこはあるんですけども,IoTあるいはAI,それから,ビッグデータですね。この辺りは京都市の高度情報化の計画の中でも位置付けておりまして,そこをできるだけよく勉強させていただいて,しっかりと取り組んでいく。当然そのときにはセキュリティについては両立をさせるということが前提になりますけれども,そういった考えで今後もやっていきたいという風に思っております。 もっと読む
2018-03-12 城陽市議会 平成30年第1回定例会(第4号 3月12日) それは地方創生推進交付金の話で、前からあるんですけど、去年は大体観光のことが多かったんじゃないかという話でしたけれども、ことしはちょっとトレンドが違うようでして、トレンドが、聞いたところによると、IoTの利用で、IoTによるセンサーと通信機能を利用した生産性の向上の話ですとか、それからAI、人工知能関連とか、次世代産業創出、これは何のことかもうひとつわかりませんが、それから6次産業化、こういうものが もっと読む
2018-03-09 京都市議会 平成30年  3月 予算特別委員会(第4回)-03月09日−04号 また,近年は,IoTやビックデータ,人工知能など,IT分野における急速な技術革新の進展で産業構造や国際的な競争条件が著しく変化をしていると。こうした変化への対応も欠かせないという状況であります。   もっと読む
2018-03-05 京都市議会 平成30年  3月 予算特別委員会第3分科会(第8回)-03月05日−08号 ◎新産業振興室グリーンイノベーション・コンテンツ担当部長(原田規之)   IoT推進ラボということで市内の事業者様からIoTの推進に関して相談を受け付けさせていただいております。  こちらに関しましては2月末までで今年度,合計いたしますとさっき述べましたように69件御相談をいただいております。 もっと読む
2018-03-05 福知山市議会 平成30年第1回定例会(第3号 3月 5日) しかしながら、AIやIoTなども導入した工場設備の能力向上により、1社の誘致で100人の雇用を生むようなことは、ますます難しくなっておりまして、100社の中小企業が元気になることで、各社が1人ずつを新たに雇用することができれば、市域全体が元気になると考えているところでございます。  そのために、本市が設置をしたドッコイセ! もっと読む
2018-03-02 京都市議会 平成30年  3月 予算特別委員会第3分科会(第7回)-03月02日−07号 その一方で,これも昨日質疑にございましたが,ICTであるとかIoTであるとかAI,その他新技術,こういったものがどんどん出てきておりまして,我々上下水道事業でもやはりそういうものを取り入れていかないといけないということで,ある意味,現場的な技能,知識,それから最先端のもの,これらをやっぱり我々として取り入れていかないといけない。 もっと読む
2018-03-02 城陽市議会 平成30年建設常任委員会( 3月 2日) 各プロジェクト、本当に目的とか書いてあるんですけど、ちょっと言葉がもう本当にスマートできれい過ぎて、意味がわからないというか、初めにこのページですね、29ページに来るまでに、IoTですね。インターネット・オブ・シングスという、人と物の調和ですか。ちょっとこれ、どういう作用というか、意味していることがちょっとわからないんです。 もっと読む
2018-03-01 京都市議会 平成30年  3月 予算特別委員会第3分科会(第6回)-03月01日−06号 あと,ずっと私自身は色々と代表質問等でもICT,IoT,AI,ビッグデータというのを各局にも聞いております。今回,上下水道局さんの方もしっかりとICTを活用して新たな調査,研究という形で,また業務室でもそういった部分で活用していかれるという風にも方向性は示していただいていると思いますが,今後調査研究と言うんですが,具体的に何かこういう方向性というのがあれば,まずお聞かせいただきたいと思います。 もっと読む