10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

長岡京市議会 2015-09-29 平成27年第3回定例会(第4号 9月29日)

平成26年度では、東部地区水害対策部会設置衛星インターネット送受信システム導入アラート情報伝達システム導入内水氾濫による浸水想定箇所を明示した防災ハザードマップの更新、全戸配布、また車いすでも利用可能な障がい者用災害マンホールトイレ整備など、ハード、ソフトともに積極的に、またきめ細かに防災減災に取り組まれており、大いに評価するところであります。  

長岡京市議会 2015-09-24 平成27年決算審査特別委員会小委員会( 9月24日)

平成25年の第1回定例会一般質問で、我が会派の福島議員が本市での災害情報提供として、地方公共団体等公的機関から地域住民に向けて発信される安心安全にかかわる情報を、さまざまなメディアを通して迅速かつ正確に地域住民に伝えることを目的とした、公共情報コモンズ導入について提案した結果、現在ではアラート情報伝達システムというのが本市でも導入されております。

長岡京市議会 2015-08-31 平成27年第3回定例会(第1号 8月31日)

平成26年度は、緊急災害時の通信手段となるアラート情報伝達システム、衛星インターネットシステム整備いたしました。また、東部地区水害対策部会を立ち上げ、小畑川、桂川氾濫による浸水対策を検討いたしました。  内水氾濫情報や、土砂災害警戒箇所、状況に応じた避難方法などを加えた防災ハザードマップ作成し、防災意識向上に努め、また、災害避難所看板及び誘導看板等計画的設置も行いました。  

長岡京市議会 2015-02-24 平成27年第1回定例会(第1号 2月24日)

また、老朽化が進む神足ポンプ場は、大雨時の安全確保のため整備改修に向けての検討経費1,395万円を計上し、災害時のアラート情報伝達システム実施に係る経費も計上いたしました。  さらに、災害時要配慮者名簿整備災害用備蓄倉庫整備避難所運営訓練実施など積極的な防災体制の構築を図ってまいります。  5つ目に、地域力向上文化力の創出についてであります。  

長岡京市議会 2014-03-24 平成26年第1回定例会(第5号 3月24日)

昨今の台風や大雨地震に対する防災減災への市民の関心が高まる中、新しい事業として市の東部地区水害対策部会設置衛星インターネット送受信システム導入アラート情報伝達システム導入防災ハザードマップ作成など、防災施策実施に向けての小田市長の積極的な姿勢に心から敬意を表するものでございます。  

長岡京市議会 2014-03-11 平成26年予算審査特別委員会第1分科会( 3月11日)

これは国からの緊急地震速報など、人工衛星を通じて送られてきた情報市民登録制メールを通じて知らせるシステムアラート情報伝達システムにかかる手数料といたしまして計上したものでございます。それが増となったところでございます。  その四つ下でございます、避難所看板設置業務でございますが、26年度はユニバーサルデザイン避難所誘導看板を32カ所設置するところでございます。

長岡京市議会 2014-02-24 平成26年第1回定例会(第1号 2月24日)

平成26年度は緊急災害時の通信手段となりますアラート情報伝達システム、衛星インターネットシステム導入経費260万円を新たに計上いたし、また、小畑川、桂川氾濫によります浸水対策を検討するための東部地区水害対策部会運営経費を計上いたしますとともに、内水氾濫情報土砂災害警戒箇所の追加、避難勧告によります避難方法などを加えた防災ハザードマップ作成経費として3,714万円を計上いたしました。  

  • 1