1690件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

京田辺市議会 2025-09-12 09月12日-04号

仕組みが違うからとか、管轄しているところが違うから、お互い干渉し合わないんですということではなくて、今の高齢社会のいろんな不安を乗り越えていこうと思ったら、そういう制度の枠を超えて横につながっていかないといけないというふうに思うんです。そのあたりについて、またぜひご検討いただきたいと思います。 

舞鶴市議会 2022-09-18 09月18日-04号

一つ障害者高齢社会への対応整備一つ地域産品等輸出促進と、6次産業化推進一つ行政交流推進を図り、地域プロモーション推進と、大会後のさまざまな展開が期待されており、また推進していかなければならないのがホストタウン構想です。 2020東京大会は、一つ通過点であり、その後の取り組みに大きな意味があり、その意義がまだまだ市民の皆さんに広く伝わっていないというふうに感じています。 

舞鶴市議会 2021-06-14 06月14日-03号

いずれにいたしましても、本市は御多分に漏れず高齢社会となってきております。 さて、舞鶴市におきましては、皆様御存じのとおり敬老事業として多年にわたり社会に尽くしてこられた高齢者を敬愛し、長寿を祝う日であります敬老の日を中心に米寿・白寿のお祝いの品の贈呈とともに、敬老会等敬老行事開催支援を行っていただいております。

舞鶴市議会 2020-12-11 12月11日-03号

◎健康・子ども部長福田豊明) 先ほどもお答えをいたしましたけれども、超高齢社会到来、また、医師の新たな研修制度や働き方改革の推進によりまして、地域医師偏在がさらに進むことが想定をされております。そういったことを鑑みますと、このたびの国の方向性につきましては、市として一定の理解ができるところでございます。

舞鶴市議会 2020-10-07 10月07日-05号

しかしながら、高齢社会を迎えている今日では、人口における高齢者の比率が今後ますます上がっていくと同時に、高齢者運転免許保有者がふえていくことは予想されます。高齢者に対して免許証の返納を一律に促す傾向にありますが、もっと慎重に対応すべきであり、国民全てが同じ生活環境暮らしているわけではないことなども考慮し、現実的に考えるべきだと私は考えます。 

舞鶴市議会 2020-06-13 06月13日-02号

当番体制については、町内に基本的には任せるという方針かと思いますが、これから迎える超高齢社会、人口減少、また、共働き世帯の増加など、現状の当番制度維持することが、今後、一層難しくなってくることも予想をされます。 市として、負担軽減についてどのような方針を持っておられるか、考えをお聞かせください。 ○議長(上羽和幸) 西嶋市民文化環境部長

舞鶴市議会 2020-03-27 03月27日-06号

また、小規模の医療療養型病院公営企業で運営していくことの厳しさについても現実をよく認識されていること、回復期慢性期医療ニーズの一翼を市民病院が担うことの意義は、高齢社会課題地域包括ケアシステムの構築などを考慮すると、十分な理解までにはいかなくとも、新市民病院存在感も感じ取れるようにもなってきたと考えます。 

長岡京市議会 2020-03-24 令和 2年第1回定例会(第5号 3月24日)

我が公明党議員団といたしましては、未曾有の超高齢社会を迎える2025年問題を初め、ふえ続ける社会保障給付費をどのように賄っていくのか、山積する待ったなしの重要課題と、どのように向き合うのか、基本計画に掲げた施策にどこまで取り組まれ、将来へとつながる戦略的な取り組みを推し進めようとされているのか、しっかりと見きわめさせていただきながら、審査に当たったところでございます。  

与謝野町議会 2020-03-16 03月16日-04号

そして、先日の令和2年度の施政方針においては、私たちまちに確実に到来するのが超高齢社会であります。全ての高齢者が住みなれた地域社会で健康に暮らし続けていくことができる、健康づくり認知症対策介護予防地域医療体制充実、そして公共交通最適化に取り組まなければなりません。この間、町内福祉事務所医療機関公共交通会社連携のもと総合的な対策を講じてまいりますと言っておられます。 

与謝野町議会 2020-03-04 03月04日-01号

たちの町に確実に到来をするのが、超高齢社会でございます。全ての高齢者が住みなれた地域社会で健康に暮らしを続けていくことができるよう、健康づくり認知症対策介護予防地域医療体制充実、そして、公共交通最適化に取り組む必要があると認識をしております。この間、町内福祉事業者医療機関公共交通運行会社皆様方との連携のもとに、総合的な対策を講じてまいりました。 

長岡京市議会 2020-02-28 令和 2年第1回定例会(第2号 2月28日)

加速する高齢社会窓口に来られた方の平均年齢も上昇し、葬儀後の手続を正確に把握することが難しく、何度も窓口を行き来し、書類を書く作業は負担が大きいと思います。遺族が行う手続を支援するため、おくやみ窓口を設置するとともに、必要な手続をわかりやすくまとめた案内書を作成し、遺族に寄り添う対応が望まれますが、いかがお考えでしょうか、お聞かせください。  以上で、質問を終わらせていただきます。

京都市議会 2020-02-05 02月05日-19号

理由だと思うんですけども,民間企業に投げていくという風におっしゃるんですけど,どうもそこが私は納得いかなくて,市民に対する介護保険分野での果たす役割を考えれば,嘱託職員,今後は会計年度任用職員という風になるのだと思うんですけど,そこだけではなく,もちろん門川市長は,今後も3,300人職員を削減し,今後も推進していくんだという風に述べておられるんですけど,私は,この分野に関しては,もっともっと今後の高齢社会

宇治市議会 2019-12-16 12月16日-06号

そして、自分で外出することに困難を感じる人たちにも使いやすくて、安全な移動手段を確保することが人口減少高齢社会においては重要な地域課題だということで、対策を進めるために利用してほしいということでやっておられる、出されております。このパンフレット、そのことも明確に最初に書かれているわけなんですね。その5ページには、まさに市町村運営有償運送の解説というものがあります。

長岡京市議会 2019-12-12 令和元年第5回定例会(第3号12月12日)

その意味では、まさに超高齢社会における男女共同参画というのは、非常に大きなテーマでありますし、そのためには、男性の参加しやすいような活動であったり、そのニーズに合ったようなさまざまな取り組み活動、こういうものをふやしていくことと、そこに入っていく敷居をどう下げていくかということが、非常に重要になってくるのではないかなというふうに思っております。  

宇治市議会 2019-12-12 12月12日-04号

こうしたことも含めた宇治市の道路のあるべき姿を、高齢社会、子供たちの安全のための社会のあるべき道路の形状、ないしは道路網がどうあるべきか、こういう計画をもって持続的に取り組んでいただきたいと思います。新しいインフラの建設よりも既存の施設バリアフリー化安全対策維持管理、これを重点に移す時期にわたっております。