運営者 Bitlet 姉妹サービス
1654件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-27 城陽市議会 平成31年総務常任委員会( 2月27日) また、高齢者の搬送状況につきましては、搬送者総数3,774人のうち2,604人が高齢者となっており、割合につきましては69.0%を占める状況であり、今後も高齢社会の進展等により、高齢者の救急需要が増加してくるものと考えられます。 もっと読む
2018-12-26 福知山市議会 平成30年第6回定例会(第5号12月26日)                           委員長  中 嶋   守  次に、           「介護労働者の労働環境及び処遇の改善」のために  国に対し意見書の提出を求める請願  (請願者 京都市中京区四条御前西入るラボール京都6F       京都医療労働組合連合会 執行委員長 松本 隆浩 氏   紹介議員 金澤徹議員、吉見純男議員)に対する報告書  1 請願の要旨及び目的  超高齢社会 もっと読む
2018-12-25 城陽市議会 平成30年第4回定例会(第6号12月25日) 既に40数年の歴史を持っているわけでございますけれども、財政にも見られるように、高齢社会になって税収も減ってきている。そういう中で、城陽市がセール・アンド・リースバック方式を取り入れたというのは、その辺のことも加味して取り入れたわけでございまして、財政は非常に厳しいものであるわけです。  そういう中で、先ほども議決されました水道料金の値上げ、あるいは来年度は消費税が10%になるわけです。 もっと読む
2018-12-25 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月25日-06号 何より少子・高齢社会を迎え、財政状況が厳しい状態が続いている中、徹底した行財政改革が求められております。  こうした中、さまざまな行政課題を解消し、市民生活を向上させるためにも、まずは市議会議員みずからが身を律していく姿勢、すなわち身を切る改革の精神が必要であると考えます。本市の状況や社会情勢を総合的に鑑み、現段階での期末手当や給与などの増額は妥当であるとは考えられません。   もっと読む
2018-12-20 八幡市議会 平成30年12月20日都市環境常任委員会−12月20日-01号 一昨年実施いたしました交通サービス調査事業では、本市の交通ネットワークは比較的充実しているとなっておりますが、今後は少子・高齢社会の進行に伴い、さらなる公共交通の充実が求められることから、鉄道駅周辺のターミナル機能の強化や各種公共交通のサービス性の向上など、誰もが自由に移動できる公共交通環境の形成を促進するものでございます。 もっと読む
2018-12-19 八幡市議会 平成30年12月19日文教厚生常任委員会−12月19日-01号 前置きにちょっと時間をいただいて、簡潔に言いますけれども、少子・高齢社会の中で、日本の人口がどんどん減っていくという大きな中に、私心が入りますけども、世界の人口大国中国、インド、アメリカ、ロシア、代表はそういうところだと思うんですけども、日本が大きく残るには、これからどうしたらいいのかという素朴な疑問に立ってお聞きしたいと思うんです。   もっと読む
2018-12-17 八幡市議会 平成30年12月17日総務常任委員会−12月17日-01号 人口推移につきましては、日本人人口は高齢社会の影響もあり、自然動態では死亡者数が出生者数を上回っており、また社会動態においても、転出者数が転入者数を上回っておりますことから、毎年減少している状況でございます。  一方で、外国人人口は、自然動態では顕著な傾向は見られませんが、社会動態では転入者数が転出者数を常に上回っており、年々増加している状況でございます。 もっと読む
2018-12-11 城陽市議会 平成30年建設常任委員会(12月11日) 生活状況はもちろん、大きな連合、校区的にすごく大きなとこですし、望んでおられるとこと、さほどでも、比較的便利なとこももちろんあるっていうことなんですけど、これからやっぱり城陽市全体として、やっぱり高齢社会に対応するような公共交通の手段というのは、そこに住んでおられる方と一緒にやっぱり行政が考えていくべきものだというふうに私も思いますし、最近行かせていただいた上友ケ丘さんとか、深谷のほうでも、免許証 もっと読む
2018-12-11 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月11日) また、一方で、全国的には本格的な人口減少や少子高齢社会が到来しており、本市におきましても生産年齢人口の減少に伴う税収の減少が見込まれ、逆に老年人口増加による社会保障に係る費用の増加が想定されます。   もっと読む
2018-12-10 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月10日) こういった健康増進のための環境整備を整え、今後の超高齢社会を迎え、さらに運動習慣を促進していかなければならないと思います。  参考までに、本市の人口は、平成30年11月1日現在で、8万1,216人でありますが、そのうち、65歳以上の人口は2万1,488人、高齢化率は、26.5%です。 もっと読む
2018-12-07 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月07日-03号 本格的な人口減少社会と超高齢社会の到来により、市政運営に係っては、新たな視点と行動による庁内挙げてのオール八幡体制にて取り組んでいただかなければなりません。  では、市長が求める行政の生産性の向上とは、本市職員の皆さんに対して、具体的に何を望んでおられるのか。あわせて職員の皆さんへは、市長の意図するところが十分浸透し、問題意識が共有されているのか、市長のご見解をお聞かせください。   もっと読む
2018-12-05 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月05日-02号 また、一般会計の意見書には、今後の人口減少、少子・高齢社会への構造的変化による厳しい行財政環境を踏まえ、単年事業の再精査などサービスと負担のあり方について、住民の理解、協力を得ながら、政策効果と財源問題を含めた検討をより一層深めていく必要がある。また、改正地方自治法の趣旨を踏まえ、効率的で効果的な行政運営に向けた事務事業の検証・見直しなどを進めていく必要があると述べられています。 もっと読む
2018-11-08 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月 8日) ですので、今の高齢社会に適合した薬というのも後発医薬品で出始めておりますので、ちょっと一概に後発医薬品が効きが悪くて使い物にならないというものではないということはちょっとご認識いただきたいなというふうに感じております。  その中でも、確かに委員ご指摘のとおり、個人差というのはございます。 もっと読む
2018-09-28 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月28日) 平成29年度は、今後迎える超高齢社会に備えるべく、長期的な観点の市政運営がより一層重要になると考えます。公共施設の再編整備についても、例外を設けることなく統廃合を進め、乙訓地域で連携できる施設や資産については、今後連携も視野に近隣自治体に働きかける必要があると判断いたします。  以下、各分科会ごとに区切って、指摘や要望を述べます。   もっと読む
2018-09-28 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月28日−05号 ◎都市整備部長(木下健太郎君) (登壇)人口減少・少子高齢社会においても宇治の町が持続的に発展するためには、宇治の特性を生かして地域を豊かにしていくことが重要であり、宇治の歴史や文化、宇治茶の魅力を生かした歴史まちづくりは本市の成長戦略として積極的に取り組む必要があるものと考えております。 もっと読む
2018-09-28 精華町議会 平成30年度 9月会議(第6日 9月28日) あれから、12年の月日が流れましたが、その間、我が国は情報化の著しい進化が進むとともに、少子高齢社会から人口減少社会に突入をし、社会構造は大きく変化を遂げてまいりました。  また、日本列島を揺るがす3.11の東日本大震災以降、熊本、北海道など、大地震が続き、たび重なる風水害に見舞われ、私たちの暮らしのありようも意識も大きく変わってきました。   もっと読む
2018-09-26 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会小委員会( 9月26日) 元気過ぎるぐらいお元気な方が多いという状況を見ておりますと、やっぱりそういうところに退職後の皆さん方にも参加をしていただくことで、まさにこれからやってまいります超高齢社会における、やはり元気に年を重ねていただける環境という意味では、健幸長寿プランをつくりましたけれども、まさにその一つの活動の具体的な場所としてこういう場面が使われていくということは非常に大切ではないかという意味では、教育委員会と連携 もっと読む
2018-09-26 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月26日−03号 財政健全化の推進は今後の人口減少や超高齢社会が実感を持って進んでいく現状にあって不可欠であります。質問の項目の4つ目に宇治市土地開発公社について取り上げさせていただくのも、総合的に見て、今後その見直しが必要な時期に来ているのではないか、このように考えたからでございます。   もっと読む
2018-09-20 城陽市議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月20日) 次に、課題についてでございますが、平成27年度の高齢社会における地域交通のあり方についての有識者会議の結果、古川校区、青谷校区への提言をいただきましたが、古川校区では京都きづ川病院のご協力をいただいている高齢者外出支援事業を行い、青谷校区では乗合タクシーの試験運行を行っているほか、老人福祉センターバスの空き席を利用し、古川・久津川地域や東部の久世地域の移動手段など、これまで実施可能なところから取り もっと読む
2018-09-19 久御山町議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月19日) 全人口のうち高齢者の割合が7%に達した社会を高齢社会。高齢者の割合が14%に達した社会を高齢社会。高齢者の割合が21%に達した社会を超高齢社会と区別されており、現在、日本は超高齢社会となっています。  高齢者といいましても一概に同じとは言えません。中には、大変お元気で一人で生活ができたり、丈夫な方もおられます。   もっと読む