81件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八幡市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-04号

次に、0〜2歳児の無償による市負担額への影響としましては、本市の場合、既に市民税非課税世帯保育料を無償しており、当該世帯の国基準保育料は現在9,000円とされていることから、4月1日時点で試算すると1,328万4,000円が国制度により賄われることになります。  次に、預かり保育利用料の軽減額でございますが、当該事業の無償対象となるのは保育の必要性がある子どもに限定されます。

城陽市議会 2017-12-08 平成29年福祉常任委員会(12月 8日)

委員、参考人とも発言は簡素、明確にしていただきますようお願いをいたします。  それでは参考人に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。 ○若山憲子委員  今、請願の趣旨はこの案文を朗読していただいてよくわかったんですけれど、あと請願人の方が3人見えてるということで、署名もということですので、ほかに思いがあったら参考人それぞれの方から教えていただけませんか。

城陽市議会 2017-06-20 平成29年福祉常任委員会( 6月20日)

委員、参考人とも発言は簡素、明確にしていただきますようお願いをいたします。  それでは、参考人に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。 ○土居一豊委員  1点お尋ねします。  負担を軽減してくださいということですけど、それでは、望ましくはゼロにしなさいというのが一番望ましいかもわかりませんが、そういうことはできない。

長岡京市議会 2014-09-10 平成26年決算審査特別委員会第1分科会( 9月10日)

あれにつきましては、高額療養という制度がございまして、本人さんが負担された一部負担金の部分ですね、あの分についてはまた後日償還払いで返ってくるというような制度がございます。ただ、生活保護費につきましては、10割が国もしくは市町村の負担になりますので、高額医療費が発生しますと、それも丸々市町村もしくは国の負担になるということでございます。 ○藤井俊一主査  浜野委員。

木津川市議会 2014-06-20 平成26年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2014年06月20日

高額療養制度につきましては、今般、負担能力に応じた負担とする観点から、70歳以上の所得区分を細分し、自己負担限度額をきめ細かく設定されることになっています。  具体的には、現行で低所得者、一般所得者、上位所得者の3区分設定の自己負担限度額が、平成27年1月より一般所得者を2区分に、上位所得者を2区分にそれぞれ細分し、5区分により月単位の上限額が設定される予定です。  

八幡市議会 2014-02-26 平成26年第 1回定例会-02月26日-01号

水道事業につきましては、八幡市水道ビジョンに基づき、地震災害に備えて基幹管路や配水池などの耐震・老朽対策に取り組むとともに、業務の民間委託を拡大して効率市民サービスの向上を図り、安全で安心な水の安定供給に努めることとしております。下水道事業につきましては、下水道長寿支援制度を活用し、下水道管路の延命と重要な管路の耐震を含めた対策を引き続き進めることとしております。  

向日市議会 2013-12-06 平成25年第4回定例会(第2号12月 6日)

次に、3点目の市民福祉の向上についてでありますが、同法におきまして少子対策については、待機児童解消加速プランの推進を初めとする子供子育て支援対策など、医療制度では国民健康保険制度等の低所得者、保険料軽減措置の拡充など、低所得対策や負担能力に応じた高額療養の見直しなど、介護保険制度では地域包括ケアシステムの推進など、公的年度制度では基礎年金国庫負担割合の2分の1への引き上げを恒久することなどに

長岡京市議会 2013-08-29 平成25年決算審査特別委員会第3分科会( 8月29日)

今回の改正につきましても簡素で効率的な組織になればなというふうに思っておりますが、どのような形になるか粛々と今の法改正の状況のほうを見守ってまいりたいと思います。いずれにいたしましても、教育基本法に掲げます我が国の将来を憂う者として、憂うだけではだめであります、これはやっぱり方向性をきちっと見定めた上で、子供たち、それと地域の皆さんと一方向に向かって進めてまいりたいというふうに考えております。

木津川市議会 2012-12-20 平成24年第4回定例会(第6号) 本文 開催日:2012年12月20日

また、委員会構成の女性の比率は山城町時代から検討の景観保全の考えは、また地域の意見を聞き、地域の活性を強く望むという質問に対しまして、委員に女性を登用する必要はあると考える。関係の各団体に委員を依頼するが、比率はわからない。すぐに石畳や建物などの景観保全には多額の費用が必要であり、まずは仕組みづくりから始め、地域の声を聞き、地域の活性に向けて取り組みたいという答弁でございました。  

大山崎町議会 2012-06-04 平成24年第2回定例会(第1号 6月 4日)

「わが町の議会活性への取り組み」と題し、埼玉県嵐山町の長島邦夫議長から町村議会活性の事例を、「『日米文化比較論』東日本大震災後の頑張れニッポン」と題し、山形研究家のダニエル・カール氏の講演を拝聴いたしました。人間総合科学大学教授東京医科歯科大学教授の藤田紘一郎氏からは「議員健康管理術 免疫力を高める生活のすすめ」と題し、講演を拝聴いたしました。

福知山市議会 2012-03-09 平成24年第2回定例会(第2号 3月 9日)

議第144号、国民健康保険事業特別会計補正予算につきましては、一般被保険高額療養の不足する経費のほか、京都地方税機構の負担金の補正をお願いするものでございます。  議第145号、下水道事業特別会計補正予算につきましては、年度内完了の見通しが得られない事業について、繰越明許費の承認をお願いいたしております。  

宮津市議会 2011-03-10 平成23年第 1回定例会(第4日 3月10日)

一部改正について       議第34号 宮津市一般職職員給与に関する条例等の一部改正について       議第35号 宮津市消防団条例の一部改正について       議第36号 宮津市過疎地域自立促進特別事業基金条例の制定について       議第37号 宮津市土地開発基金条例の一部改正について       議第38号 宮津市物品調達基金条例の廃止について       議第39号 宮津市国民健康保険高額療養貸付基金条例

精華町議会 2010-06-11 平成22年第2回定例会(第2日 6月11日)

申請制度ではありますが、初回に申請すると以降は手続不要とされ簡素されています。ぜひ本町も対象者への申請書の送付をと考えますが、お伺いいたします。  最後に、介護保険事業の情報提供の充実についてお伺いいたします。以上、よろしくお願いいたします。 ○議長  答弁願います。民生部長どうぞ。