147件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

舞鶴市議会 2021-06-29 06月29日-05号

さらに、5月下旬から6月上旬にかけて実施しました飲食店小売店等訪問調査の結果を基に、対象事業者拡大酒類販売事業者への補助の拡充を行った上で、期間を延長して実施する新型コロナウイルス感染症対策事業継続月次支援金給付事業費、及び京都府が推進する「京の飲食安全対策向上事業を府市協調して促進するため、飲食感染防止対策に必要な機器の支援を行う新型コロナウイルス感染症対策事業者感染防止促進事業費

舞鶴市議会 2021-06-14 06月14日-02号

小杉悦子議員 市長の提案説明では、「5月に全庁体制による市内飲食への一斉訪問を再度実施し、店舗における感染予防対策や啓発の確認、事業者向け支援策の周知、困り事や要望をお聞きしたところであり、コロナ禍においても新たな生活様式に対応した事業活動を継続していただけるよう、市としてしっかり対応していきたい」とされました。

舞鶴市議会 2021-06-02 06月02日-01号

京都府においては、発令を受け、不要不急外出・移動の自粛をはじめ、イベント等開催自粛飲食休業営業時間短縮や、床面積1,000平方メートルを超える施設の使用制限、また、テレワークの活用や休暇の取得促進、さらには発熱等の症状がある方には必ず仕事や学校を休み、医療機関に相談することなどを要請するとともに、家庭内感染防止として、検温の習慣化や手洗い、手指消毒の徹底を、また、通勤・通学等に当たっての

舞鶴市議会 2021-03-26 03月26日-05号

こうした状況に対し、本市においては、いち早く対応され、令和2年4月に発出されました1回目の緊急事態宣言には、京都府からの休業要請に協力いただいた中小企業者個人事業者に対する京都府の給付金に上乗せする支援6,744万4,000円、また、令和3年1月に発出されました2回目の緊急事態宣言には、京都府からの営業時間短縮に協力いただいた飲食への京都府の協力金への一部負担金6,409万円とし、計1億3,153

向日市議会 2021-03-08 令和 3年第1回定例会(第2号 3月 8日)

○(山田栄次環境経済部長)(登壇)  次に、第1番目の1点目、事業者及び生活困窮者等支援についてでありますが、今回の緊急事態措置に伴う飲食への協力金につきましては、事業規模に関わらず、店舗ごとに1日当たり6万円の支給となっております。この6万円につきましては、東京都における平均的な店舗固定費を賄える額を基準に、国が定めたものであります。  

八幡市議会 2021-03-03 令和 3年第 1回定例会-03月03日-03号

このたびの緊急事態宣言の再発令に併せ、京都府においては飲食時短要請に協力した事業者京都緊急事態措置協力金を支給される予定でございますが、本市事業者の申請は受付開始から1週間で32件となっております。  また、本市と商工会の合同で新型コロナウイルス感染症影響を調査するため、2月中旬に巡回訪問を行いました。

八幡市議会 2021-02-26 令和 3年第 1回定例会-02月26日-01号

また、外出自粛飲食休業要請、時間短縮など、新型コロナウイルス感染症が及ぼす影響は生命や健康に留まらず、社会経済、人々の行動、意識や価値観など複雑多岐にわたり、これまでの生活様式に大きな変化・変容をもたらしております。  本市では、八幡市新型コロナウイルス感染症対策本部会議をいち早く立ち上げ、国・京都府との連携をさらに強めながら、感染症対策を最優先に考え取り組んでまいりました。

木津川市議会 2021-02-09 令和3年第1回臨時会(第1号) 本文 開催日:2021年02月09日

次に、6款商工費では、京都府が実施主体となって、緊急事態宣言下協力要請期間中に御協力いただきました飲食事業者様へ支給する協力金と、その事務費について、木津川市が負担すべき2,550万円を計上しています。  なお、第2表で緊急事態措置協力金負担金に係る繰越明許費を、第3表でワクチン接種事業人材派遣業務委託に係る債務負担行為を、それぞれ設定をしております。  

福知山市議会 2021-01-25 令和 3年第1回臨時会(第1号 1月25日)

追加公募拡充経費、5,759万円と、2、福知山時短要請協力金対象外事業者応援給付金事業として、新型コロナウイルス感染症感染拡大が続く中、特措法による休業要請対象から外れる中小企業者個人事業主等に対し、福知山市独自の給付金を支給して市内事業者の経営を支援する新規補正、3億8,663万1,000円と、3、緊急事態措置協力金市町村負担事業として、国が緊急事態宣言を発出したことに伴い、京都府内にある飲食

久御山町議会 2020-12-25 令和 2年12月会議(第5号12月25日)

皆様も御承知のとおり、12月の月例経済報告では、「景気は、新型コロナウイルス感染症影響により、依然として厳しい状況にあるが、持ち直しの動きがみられる」との発表がありましたが、いまだ猛威を振るう新型コロナウイルス感染症拡大経済活動に与える影響ははかり知れず、一部地域では、飲食への時短営業要請が行われ、加えまして観光支援事業GoToトラベル」の全国一斉停止などによる経済状況の先行きの不透明

宮津市議会 2020-12-25 令和 2年第 7回定例会〔12月定例会〕(第4日12月25日)

ただ、その後、一定、夏以降、GoToキャンペーン等もありまして、観光業者飲食店もかなり回復基調にございましたが、ただ、また11月以降、飲食を中心にかなり人動きが止まり、これ、全国的な傾向でございますが、消費がさらに落ち込んでおるという状況の中で、ここで幅広い業種にわたって支援をしたい。それと併せて生活支援もしたいということでございました。

宮津市議会 2020-12-21 令和 2年第 7回定例会〔12月定例会〕(第3日12月21日)

私といたしましては、本市にある豊かな自然に恵まれた様々な食材、これを活用して、飲食で提供する食や接客のサービスのレベルアップ、これをしっかりと図っていただきたいと考えておりまして、そのために食、観光、おもてなしに造詣が深く、人材育成のプロであります大和学園の指導、助言を受けることで、各店舗魅力向上につながることを期待しているところでございます。

木津川市議会 2020-12-14 令和2年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2020年12月14日

新型コロナウイルス感染症に関する事業者支援として、きづがわエール商品券のほか、営業時間を短縮した飲食への「木津川休業要請対象事業者支援給付金」、売上げが減少した事業者には「木津川事業継続うえ給付金事業などに取り組んだところです。  しかしながら、新型コロナウイルス感染症の流行の第3波を受け、事業者が継続して事業を行えるよう新たな支援策を講じてまいります。  

八幡市議会 2020-12-14 令和 2年第 4回定例会−12月14日-04号

経済センサス事業所数によりますと、今回の事業対象となる飲食の数は300ほどと推計できますので、おおむね3分の1強の店舗が参加いただけたこととなります。昨年度のプレミアム商品券事業参加店舗数は163店舗であり、今回の飲食、食品と対象となる店舗の幅が狭いため、当初目標を100店舗と考えておりました。

南山城村議会 2020-12-03 令和 2年第 4回定例会(第1日12月 3日)

また、感染症影響を受けている村内消費の喚起と、村民の暮らしの支援を目的とした南山城村地域応援商品券事業につきましては、8月31日現在で住民基本台帳に登録されている2,619名の村民皆様対象に配布をさせていただき、10月から村内小売店飲食、登録いただいた33の取扱いで御利用されています。  これまでの利用状況は11月20日現在、652万7,000円で約50%の利用となっております。