17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

舞鶴市議会 2020-09-03 09月03日-01号

主な内容としましては、英語指導助手設置経費等に係るみらい戦略一括交付金1億3,853万円、清掃事務所リサイクル事務所施設管理運営費小学校、中学校における特別支援教育支援員設置経費に掛かる電源立地地域対策補助1億9,549万円、福祉医療助成事業費補助金9,899万円、地域密着型サービス等整備助成事業補助金1億4,703万円であります。 

舞鶴市議会 2018-08-28 08月28日-01号

主な内容としましては、英語指導助手設置経費に係るみらい戦略一括交付金1億4,408万円、小学校施設整備事業道路事業、公園の施設改修等に係る電源立地地域対策補助1億9,502万円、国民健康保険基盤安定事業費補助金2億5,924万円、福祉医療助成事業費補助金1億502万円であります。 また、3項委託金では、1億9,433万円で、28年度に比べ1,419万円、7.9%の増加となっております。 

舞鶴市議会 2017-08-30 08月30日-01号

主な内容としましては、新規の林業・木材産業等振興施設整備交付金2億4,090万円、英語指導助手AET設置経費等に係るみらい戦略一括交付金1億4,360万円、総合文化会館整備事業リサイクル事務所施設点検整備等に係る電源立地地域対策補助1億9,883万円、朝来小学校等における原子力災害対策施設等緊急整備事業費補助金9,512万円、国民健康保険基盤安定事業費補助金2億7,249万円、福祉医療助成事業費補助金

舞鶴市議会 2016-08-30 08月30日-01号

主な内容としましては、消防施設整備リサイクル事務所施設点検整備等財源としての電源立地地域対策補助1億9,901万円を初め、大浦会館屋内退避施設整備等に対する原子力災害対策施設等緊急整備事業費補助金1億952万円、舞鶴観光ブランドプロモーション戦略事業等財源としてのみらい戦略一括交付金1億4,356万円のほか、国民健康保険基盤安定事業費補助金2億7,135万円、福祉医療助成事業費補助金1億

舞鶴市議会 2015-09-02 09月02日-01号

主な内容としましては、公立保育所統合整備清掃事務所施設改修事業等財源としての電源立地地域対策補助2億179万円を初め、舞鶴赤れんがパークブランディング事業等財源としてのみらい戦略一括交付金1億4,761万円、国民健康保険基盤安定事業費補助金2億4,470万円、老人医療助成事業費補助金1億1,401万円などとなっております。 

舞鶴市議会 2013-09-04 09月04日-01号

主な内容としましては、清掃事務所施設改修事業等財源として電源立地地域対策補助2億341万円をはじめ、まいづる元気産業創出事業等財源としてみらい戦略一括交付金1億4,819万円、国民健康保険基盤安定事業費補助金1億9,672万円、介護基盤緊急整備特別対策事業費補助金4,951万円、さらに子宮頸がん予防ワクチン等接種促進助成事業費補助金3,944万円、竜宮浜漁港整備財源として水産物供給基盤整備事業補助金

舞鶴市議会 2012-09-04 09月04日-01号

主な内容としましては、清掃事務所施設改修事業等財源として、電源立地地域対策補助の2億959万円をはじめ、まいづる元気産業創出事業等財源として、みらい戦略一括交付金1億5,580万円、国民健康保険基盤安定事業費補助金1億9,125万円、介護基盤緊急整備特別対策事業費補助金2億3,186万円、さらに子宮頸がん予防ワクチン等接種促進助成事業費補助金7,408万円、緊急雇用創出事業費補助金9,685

宮津市議会 2009-12-09 平成21年第 7回定例会(第3日12月 9日)

例えば公共施設管理基金を例にとりますと、平成18年度と19年度公共施設管理経費を目的とする電源立地地域対策補助を、それぞれ3億5,000万円、4億5,000万円受け入れ、当該基金へ積み立てを行い、平成19年度以降、みやづ歴史の館や清掃工場などの公共施設管理経費に充てるため取り崩しを行っているところであります。

宮津市議会 2008-12-01 平成20年第 6回定例会(第1日12月 1日)

また、基金残高は、電源立地地域対策補助公共施設管理基金に4億5,000万円積み立て10億1,500万円となったが、財政調整基金減債基金は依然として枯渇している。  次に、バランスシートについてであります。正味資産は、前年度から1億7,400万円減少し、276億9,600万円となった。

宮津市議会 2008-03-18 平成20年第 1回定例会(第5日 3月18日)

まず、歳入でありますが、主なものとしては、公共施設管理基金へ積み立てる電源立地地域対策補助4億5,000万円、昨年9月に設置したまちづくり基金へ積み立てる市民等からの寄附金1,000万円、また一般財源として発行が認められる減収補てん債2,970万円などであるとの説明がありました。  

宮津市議会 2007-12-10 平成19年第 5回定例会(第2日12月10日)

年度の繰りかえ運用の現状は、年度当初の基金残高、これは財産区会計も含んでおります全会計でございますが、年度当初の基金残高約14億5,200万円のうち、資金ショート見合いで約10億3,800万円について繰りかえ運用を行ってまいりましたが、その後、平成18年度電源立地地域対策補助3億5,000万円を原資として設置しました公共施設管理基金についての繰りかえ運用が禁止されていたことが判明し、11月からはこれを

宮津市議会 2007-09-28 平成19年第 4回定例会(第6日 9月28日)

まず初めに、93ページ、決算書電源立地にかかわることなんですが、この平成18年度電源立地地域対策補助が3億5,000万円交付されております。これは舞鶴火電が稼働した補助金だと思うんですが、これはそのとおりなのかどうかお聞きしたいのと、これは18年度のみで3億5,000万円で打ち切りなのか。

  • 1