238件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

京丹後市議会 2020-06-24 令和 2年第 3回定例会(6月定例会)(第2日 6月24日)

っていただきたいと思ったときに、いろいろなところでこのロープウエーというのは、橋立だけじゃなくてある中で、もちろん大きな費用の問題はあるのですが、でも検討俎上に置いて、結果難しいかもしれませんが、だが俎上に置きながらいろいろな検討をしていくっていうのはいいことだなと思いますし、あるいはロープウエーじゃなくてもいろいろな乗り物が、今お話ありましたカートとか補助電動カートとか、コムスという1人乗りの電気自動車

八幡市議会 2019-12-18 令和元年12月18日総務常任委員会-12月18日-01号

2といたしまして、工事内容アスファルト舗装区画線、フェンス、車輪どめ等設置及び電気自動車(EV用急速充電器移設でございまして、入り口のゲートの設置はございません。  3、工事期間令和元年12月11日水曜日から令和2年3月下旬の予定でございます。  4、平面計画別図土地利用計画図のとおりで、お手数ですが別図をごらんください。上が北となります。

木津川市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年12月11日

◯4番(森本 茂) それから、最近よく言われているのが電気自動車さっきの発電電気自動車からとれるということがあるんですけれども、今現在、本庁というか、木津川市には電気自動車は1台しかなかったと思うんですけれども、今後、電気自動車をもっとふやしていくつもりはないんですか。

福知山市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第2号12月11日)

どちらにも電気自動車急速充電設備設置されております。氷上町の本庁舎、それから山南支所にも設置があります。丹波市の庁舎には、合計4カ所設置されております。丹波市では、地球温暖化対策の一環として、電気自動車の啓発と、将来丹波市を担う子どもたちに、環境に優しい、暮らしやすいまちづくりに向けた取り組みとして実施しているとの広報がございます。  

京田辺市議会 2019-12-09 12月09日-02号

ア 公用車電気自動車化へと推進してはどうか。     イ 簡易蓄電池の備え付けの現状について問う。   (2)水道関係施設における対策について。     ア 本市薪浄水場における非常用発電設備設置状況について問う。     イ 浄水貯水池における浸水対策状況と今後の取り組みについて問う。   (3)ため池決壊被害への対策取り組みについて問う。   

南山城村議会 2019-12-05 令和元年第 4回定例会(第1日12月 5日)

議長廣尾正男君)  「梅本章一議員」 ○7番(梅本章一君)  それからですね、MaaSのですね、ちょっと新聞報道で読んだのは、例えば月ヶ瀬ニュータウンから大河原駅まで走るような話と、私が聞いてる中では道の駅とか、月ヶ瀬口駅ということで、恐らく自動、電気自動車の場合は速度は出ないと思いますので、163走るのは厳しいやろうなというふうに思いますのでね、ですから月ヶ瀬口と道の駅、そして月ヶ瀬口駅というものが

京田辺市議会 2019-09-30 09月30日-05号

そのほか、市としましても、各避難所発電機を配置したり、そして、あと、府で締結しました電気自動車を活用した電源復旧というところも活用して、今後、幅広く対応できる機能を活用した復旧等検討していきたいと考えております。 以上でございます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 9番、次田典子議員

久御山町議会 2019-09-24 令和元年第3回定例会(第4号 9月24日)

軽自動車グリーン化特例については、2021年3月31日までに購入した新車は25%から75%、軽減期間はさらに2年間延長し、しかも電気自動車等の75%軽減は2023年まで延長します。  軽自動車性能割臨時的軽減措置にしても、10月1日から2020年9月30日までを特定期間を設けて、電気自動車令和2年度基準10%達成した新車非課税とし、令和2年度燃費基準達成した新車非課税とします。  

木津川市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月10日

本市も、木津川環境基本条例平成19年3月12日)、木津川環境基本計画平成25年2月)、木津川地球温暖化対策実行計画平成23年3月)を策定して、まず庁舎内のLED化完了や、電気自動車1台購入や、クールビス・ウォームビズによる電気量削減や、紙類を含む可燃ごみ削減(ペーパーレス化含む)を実施している。  この地球温暖化対策のモニターを庁舎1階に設置し、啓蒙活動の促進を図るべきと考える。

南山城村議会 2019-09-10 令和元年第 3回定例会(第1日 9月10日)

議長廣尾正男君)  「奥森由治議員」 ○9番(奥森由治君)  次に、交通弱者の問題ですね、新聞にでも、京都新聞にでも発表されておりましたMaaSですか、MaaSですね、19年の8月1日の京都新聞でも見たんですけども、もう少し具体的にお聞きをしたいんですけども、トヨタのモビリティーの話はニュータウンと道の駅か何か、駅で電気自動車みたいなもので動くというふうなこと。

宮津市議会 2019-09-05 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第3日 9月 5日)

そしてまた、IoTであるとか、AI、5G等々を活用したIoEという新たな技術革新、そしてまた電気自動車等はこの電力系統に接続することで、蓄電池の役割を果たすといったビークルツーグリッド、そういった技術、そしてまたVPPと言われる仮想発電所、各地にある再生可能エネルギー発電所をネットワークでつないで、一つの大きい発電所というふうに見て発電を行っていくという、そういった技術革新、こういった流れが今広がっております

精華町議会 2019-06-24 令和元年度 6月会議(第6日 6月24日)

主な質疑は、電気自動車、天然ガス自動車以外は軽減がない。なぜ二つに限定するのか。答弁は、さらに環境に優しい車を普及させたいためであるということでございます。  もう一つ質疑は、単身児童扶養者個人住民税非課税措置の創設は未婚のひとり親も対象となった。周知はということで、答弁は、申告書への記載を周知していくということでございます。  

長岡京市議会 2019-06-18 令和元年総務産業常任委員会( 6月18日)

同欄の中ほど、関連に記載しておりますが、この附則第16条につきまして、この後、第7条及び平成29年長岡京税条例第9号における改正後の長岡京税条例の一部を改正する条例が10月1日に施行されるとともに、さらに第4条、第6条による改正を行いまして、最終的には軽自動車税種別割の経過を平成33年度、令和3年度まで環境性能に応じて実施、平成34年、35年、令和4年、5年については、電気自動車などに限って軽課

八幡市議会 2019-06-14 令和 元年第 2回定例会−06月14日-01号

二つに、種別割に係るグリーン化特例について、現行の制度を令和2年度取得分まで延長した上で、令和3年度及び令和4年度に取得した自家用乗用車については、電気自動車等に限り同特例を適用することとしています。  4点目は、法令の改正等に伴う規定及び字句の整理を行うことにしました。  以上のとおりでございますので、よろしくご審議いただきまして、ご可決賜りますようお願い申し上げます。