263件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八幡市議会 2019-12-18 令和元年12月18日総務常任委員会-12月18日-01号

それから、北駐車場につきましては、先ほどもちょっと申し上げましたけど、けさ、電子入札一般競争入札開札したばかりで、書類もまだ正式に届いたばかりでまだ処理しておりませんので、正確な数字は今、把握しておりません。 ○長村善平 委員長  巌委員。 ◆巌博 委員  大体わかりました。

精華町議会 2019-12-06 令和元年度12月会議(第2日12月 6日)

その後の対応に当たっての判断としまして、落札決定有効性について慎重に検討しました結果、当該案件入札会において、開札から落札決定まで参加業者が立ち会いできる状況の中で公開され、透明性確保されていたこと、次に、くじ引きは電子入札システムの中で実行されており、発注者側が操作することができず、公平性公正性確保が図られていることなどを踏まえ、法的な観点から、町顧問弁護士も交えた検討結果といたしまして

福知山市議会 2019-10-23 令和元年第4回定例会(第7号10月23日)

初めに、所属別質疑では、議第53号の契約検査一般管理事業について、電子入札の成果と登録者数、また入札不調の件数及び対策を問う質疑があり、電子入札業者同士の接触がないため、談合防止公平性透明性確保が担保される効果がある。電子入札登録者数は、市内に本社・本店のある建設業者182者のうち153者である。

城陽市議会 2019-10-21 令和元年決算特別委員会(10月21日)

次に、(4)入札契約業務ですが、公平性及び透明性確保するため、建設工事及び建設コンサル業務について電子入札実施したところでございます。また、工事施工者のさらなる技術力向上に向け、工事成績評定の優良な者に対しての優遇工事入札実施などを通じ、引き続き公共工事品質確保向上を図ってまいったところでございます。

八幡市議会 2019-09-09 令和 元年第 3回定例会−09月09日-04号

そして近年は、一般競争入札電子入札がほとんどの自治体で採用されております。これを活用することにより、情報公開品質競争性向上事業者移動コスト等の縮減、事務円滑化などの効果が期待されます。  そこで、まず電子入札についてお伺いします。  本市電子入札平成25年度から本格運用が始まりました。そこで、パソコンでやりとりする際、今までにエラーや通信障害はありましたか、お聞かせください。  

精華町議会 2019-06-10 令和元年度 6月会議(第3日 6月10日)

また、本町では、平成26年4月から、建設工事及び測量、建設コンサルタント等業務委託入札業務について、京都府の電子入札システムを使用した一般競争入札にて実施をしており、入札公告から開札に至るまで、全てこのシステムにて事務手続を行っておりますため、入札業務については、基本的に事業者と接することなく実施することが可能となる利点がございます。  

京田辺市議会 2019-06-06 06月06日-01号

本件は、令和元年5月22日に電子入札により条件付一般競争入札を執行し、株式会社野原工務店代表取締役渡邉孝一氏が入札書記載価格1億3,767万2,000円で落札し、消費税を加えた金額1億5,143万9,200円で請負契約を締結いたしたく提案するものでございます。 主な工事内容としましては、外壁の吹きつけ改修や屋根のふきかえ、鉄部の塗装などの外部長寿命化改修を行うものでございます。 

城陽市議会 2018-10-26 平成30年決算特別委員会(10月26日)

次に、(4)入札契約業務ですが、公平性及び透明性確保するため、建設工事及び建設コンサル業務につきまして電子入札実施いたしました。また、工事施工者のさらなる技術力向上に向け、工事成績評定の優良な者に対しての優遇工事入札実施などを通じまして、引き続き公共工事品質確保向上を図ってまいりました。

八幡市議会 2018-09-30 平成30年度決算特別委員会−09月30日-02号

次に、1者入札に係る入札制度懇話会議論でございますが、平成27年度第2回八幡市入札制度懇話会におきまして、工事コンサルタント業務電子入札案件について入札参加者が1者であった場合の入札成立の是非についてご協議いただいております。その中で、電子入札の特性上、仮想の競争相手がいるという前提で入札することは健全であり、他市の傾向を見ても成立を認めてはどうかとのご意見をいただきました。

精華町議会 2018-09-06 平成30年度 9月会議(第2日 9月 6日)

(1)電子入札のさらなる改善と透明性を図るため、電子入札導入後の課題と問題点を問います。①入札関係情報公開などは、登録業者の資格などを含め、どこまでを公表されているのか。②システム等のトラブルで電子入札参加できなかった事例はあるのか。あれば、そのときの対応対策は。③他自治体入札関係での問題が発生しております。

久御山町議会 2018-06-20 平成30年第2回定例会(第2号 6月20日)

先ほど言ったとおりでございますが、過去2年ほど例を挙げてみますと、電子入札制度クレジット納税制度こども園の認定や運営、窓口番号呼び出しシステムほか、公共交通システム廃棄物減量促進事業中学校給食、また働き方改革など、それぞれ懸案事項ごとに先進地の自治体へ視察した例がございました。  

舞鶴市議会 2018-03-08 03月08日-02号

総合計画では、少子化人口減少の中で、情報等社会経済状況の著しい変化は、本市においても、IT基盤であるホームページのリニューアルや庁内LAN、また総合行政ネットワーク、LGWANや住民基本台帳ネットワーク公的個人認証などの全国的な電子自治体基盤が整備されるとともに、電子入札、電子申告など、行政サービスオンライン化も実現しております。 

精華町議会 2018-03-07 平成30年度 3月会議(第4日 3月 7日)

本町の場合、電子入札導入してございますので、公告をして参加をされて、その情報はほかの業者の方々はわかるという状況ではございません。最終的には、結果的に1社ということで処理をしたという結果だということで考えております。 ○議長  青木議員。 ○青木  1社の話をする前に、もう一つ、ここ、90%なんですね。