110件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

京丹後市議会 2018-11-28 平成30年第 5回定例会(12月定例会)(第1日11月28日)

地方自治法第117条の規定によりとなりますので、本件の審議が終了するまでの間、しばらく御退場をお願いいたします。        (谷口議員 退場) ○(松本聖司議長) 提出者から提案理由の説明を求めます。市長。 ○(三崎市長) 本市では来年度に自治功労者の表彰を行いたく、京丹後市表彰条例第7条の規定により、4名の候補者につきまして議会の同意を求めるものでございます。  

京丹後市議会 2018-09-13 平成30年基地対策特別委員会( 9月13日)

本件について、由利委員長は委員会条例第18条の規定に該当し、されますので、由利委員長の退場を求めます。      (由利委員長退場) ○(櫻井副委員長) お諮りいたします。本件申し出のとおり、辞任を許可することに御異議ありませんか。     (「異議なし」の声あり。) ○(櫻井副委員長) 御異議なしと認めます。

京丹後市議会 2018-06-04 平成30年第 3回定例会(6月定例会)(第1日 6月 4日)

地方自治法第117条の規定によりとなりますので、本件の審議が終了するまでの間、しばらく退場をお願いいたします。      (松本聖司議長 退場) ○(谷口副議長) お諮りいたします。松本聖司議長から申し出のとおり総務常任委員会委員、予算決算常任委員会委員の辞退について、同意することに御異議ございませんか。      (「異議なし」の声あり) ○(谷口副議長) 御異議なしと認めます。  

京丹後市議会 2018-05-28 平成30年議会運営委員会( 5月28日)

○(金田委員長) 局長、は。 ○(西山議会事務局長) ですか。それは私が説明の中で。 ○(金田委員長) それでは、続いてお願いします。 ○(梅田副市長) 次からが報告事項ということになります。まず、報告の第7号で、平成29年度京丹後市一般会計予算継続費繰越計算書の報告についてでございます。

与謝野町議会 2018-05-09 平成30年  5月 臨時会(第81回)-05月09日−02号

本件については、多田議員は地方自治法第117条の規定に該当し、されますので、退場を求めます。      (多田議員 退場) ○議長(家城功) 提案理由の説明を求めます。  山添町長。 ◎町長(山添藤真) それでは、議案第33号 与謝野町監査委員の選任について、提案理由のご説明を申し上げます。  

城陽市議会 2018-03-07 平成30年第1回定例会(第2号 3月 7日)

また、議選監査委員と直接の利害関係がある案件の場合は、地方自治法第199条の2の規定によりされることになりますので、監査結果の公平性については確保できているものと考えます。したがいまして、議選監査委員による監査実施に当たっての支障はございません。 ○増田貴議長  宮園議員。 ○宮園昌美議員  今、何も問題がないということでございます。それはそれで結構でございます。  

長岡京市議会 2017-10-24 平成29年第4回臨時会(第1号10月24日)

なお、本件につきましては、地方自治法第117条の規定により、関係議員はすることになっておりますので、田村直義議員の退席を求めます。                 (関係議員退席) ○(福島和人議長) お諮りします。  本件については、提案理由の説明、質疑、委員会付託及び討論を省略して、直ちに採決に入ることに御異議ございませんか。              

宇治市議会 2017-05-22 平成29年  5月 臨時会-05月22日−01号

(石田議長 ) ○副議長(坂本優子君) まず、事務局長に辞職願を朗読させます。濱岡議会事務局長。 ◎議会事務局長(濱岡洋史君) (辞職願を朗読)                辞職願  今般、一身上の都合により議長を辞職したいので、許可されますよう願い出ます。   

宇治市議会 2017-01-26 平成29年  1月 議会運営委員会(第5回)-01月26日−05号

本件を議題としていただきまして、対象となる秋月議員さんはをしていただくこととなります。その後、委員長報告、委員長報告に対する質疑の後、調査を終了することの採決をお願いいたします。  次に日程第12は、2件の意見書案でございます。2意見書案を一括して議題としていただき、提案理由の説明の省略をお諮りいただきまして、質疑の後、委員会付託の省略をお諮りいただき、討論、採決の順にお願いいたしします。  

京丹後市議会 2016-05-20 平成28年文教厚生常任委員会( 5月20日)

本件について、行待副委員長は委員会条例第18条の規定に該当し、されますので行待副委員長の退場を求めます。     (行待副委員長 退場)  本件について、行待副委員長は委員会条例第13条の規定に基づき委員会の許可を得なければなりません。  お諮りします。本件、申し出のとおり辞任を許可することに御異議ありませんか。     (「異議なし」という声あり) ○(橋本委員長) 異議なしと認めます。  

京丹後市議会 2016-05-19 平成28年第 2回臨時会(5月臨時会)(第1日 5月19日)

地方自治法第117条の規定により、となりますので、本件の審議が終了するまでの間、しばらく御退場をお願いいたします。      (松本経一議長 退場) ○(吉岡副議長) お諮りいたします。松本経一議長から申し出のとおり総務常任委員会委員及び予算決算常任委員の辞退について同意することに御異議ありませんか。      (「異議なし」の声あり) ○(吉岡副議長) 異議なしと認めます。  

与謝野町議会 2016-04-19 平成28年  4月 臨時会(第70回)-04月19日−02号

ここで地方自治法第117条の規定により、多田議員のを求めます。      (多田正成議員 退場) ○議長(勢旗毅) 提案説明を求めます。  山添町長。 ◎町長(山添藤真) それでは、議案第55号の与謝野町監査委員の選任につきまして、提案理由のご説明を申し上げます。  

宇治市議会 2016-03-30 平成28年  3月 議会運営委員会(第16回)-03月30日−16号

が提出された事例といたしまして、平成7年12月定例会におきまして、片岡議員が定例会最終日の議会運営を協議するため12月21日に開催された議会運営委員会において、事務局を通じて示された討論及び採決の際の対応を、最終日の本会議の開議直前に至って変更し、開議時刻を著しくおくらせなければならない事態を招いたことに伴い、共産党会派を除く5会派から定例会最終日に同議員に対する議員問責決議案が提出され、片岡議員

京丹後市議会 2016-03-09 平成28年基地対策特別委員会( 3月 9日)

本件について吉岡委員長は委員会条例第18条の規定に該当し、されますので、吉岡委員長の退場を求めます。  (吉岡和信委員長退場) ○(藤田副委員長) お諮りいたします。  本件申し出のとおり、辞任を許可することに御異議ありませんか。    (「異議なし」の声あり) ○(藤田副委員長) 御異議なしと認めます。  

京丹後市議会 2016-02-25 平成28年第 1回定例会(3月定例会)(第1日 2月25日)

地方自治法第117条の規定によりとなりますので、本件の審議が終了するまでの間、しばらく御退場をお願いいたします。  お諮りいたします。議長から申し出のとおり、文教厚生常任委員会委員、予算決算常任委員会委員の辞退について同意することについて御異議ありませんか。      (「異議なし」の声あり) ○(中村副議長) 御異議なしと認めます。  

京丹後市議会 2016-02-25 平成28年産業建設常任委員会( 2月25日)

委員会条例第18条の規定に該当しされますので、中村副委員長の退席を求めます。     (中村副委員長退席) ○(谷津委員長) お諮りいたします。本件申し出のとおり、辞任を許可することに御異議ございませんか。     (「異議なし」の声あり) ○(谷津委員長) 御異議なしと認めます。したがって、申し出のとおり中村副委員長の副委員長の職の辞任を許可することに決定いたしました。

長岡京市議会 2015-10-23 平成27年第4回臨時会(第1号10月23日)

なお、本件については、地方自治法第117条の規定により、関係議員はすることになっておりますので、福島和人議員の退席を求めます。               (福島和人議員 退席) ○(上村真造議長) お諮りします。  本件については、提案理由の説明、質疑、委員会付託及び討論を省略して、直ちに採決に入ることに御異議ございませんか。              

京丹後市議会 2015-10-02 平成27年第 5回定例会(9月定例会)(第5日10月 2日)

議案第128号については、由利議員は地方自治法第117条の規定に該当し、されますので、を解除するまでの間、退場を求めます。     (由利議員 退場) ○(三崎議長) それでは、続けてください。 ○(谷津産業建設常任委員長) 改めまして、議案第128号、京丹後市浅茂川温泉静の里及び京丹後市網野温泉プールの指定管理者の指定について、原案、可決すべきものと決定した。