259件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

城陽市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第4号 6月25日)

○角馨一郎危機管理監  同報系防災無線の進捗状況はということでお問いかけをいただきました。今年度は入札手続を行い、工事請負契約につきまして次回、9月の定例会でご審議いただきまして、ご可決賜りましてから工事を進めてまいります。主な工程として、機器の製造、親局の整備、屋外拡声子局の整備の順で進めてまいります。

精華町議会 2019-06-11 令和元年度 6月会議(第4日 6月11日)

次に、防災無線についてお伺いします。  ここに初めに質問していますけども、なかなか住民サイドからいろいろ話を聞きますと、スピーカーの設置位置によっては特に音波というんですか、やはり距離によって当然すぐさまその近くにあるところはそのままスピーカーが大き過ぎるいう苦情も来てると思いますけども、例えたら私が住んでるのは植田です。植田でしたら、今、スピーカーが菅井とこの庁舎なんですね。

南山城村議会 2019-05-30 令和元年第 2回定例会(第2日 5月30日)

次に、総務費、総務管理費、防災無線理事業、繰越額が466万6,000円で、財源は一般財源でございます。  次に、総務費、総務管理費、文化会館管理事業、繰越額が652万2,000円、財源でございますが地方債650万円、一般財源2万2,000円でございます。  続きまして、総務費、総務管理費、電算事業電算管理事業、繰越額が27万1,000円でございます。一般財源でございます。  

宮津市議会 2019-03-27 平成31年第 1回定例会〔3月定例会〕(第6日 3月27日)

そこで、具体の施策、事業に目を向けますと、昨年の7月の豪雨、台風被害などへの対応として、平成31年度災害復旧事業費として約1億3,900万円、災害復旧費総額としては約9億800万円です、を初め、防災無線自治会の有線放送に連携する自治会活動支援事業、また新規に地域防犯の推進として、市による防犯カメラの設置など、また運転手の確保が困難として運行業務の撤退を事業者のほうから申し出されていた地方枝線路線バス

長岡京市議会 2019-03-11 平成31年予算審査常任委員会第1分科会( 3月11日)

○神田財政課長  こちらの計上いたしております事務全体といたしましては、本日もお知らせメール等があったかと思いますけれども、防災無線でございますとか防災の安心メール、こういったものの発信に対する通信運搬費、こういったものの費用が計上されているところでございます。  以上でございます。 ○土家副市長  補足して説明をさせていただきます。  FMおとくに、昨年の秋から稼働しております。

南山城村議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会(第1日 3月 7日)

できてるんですが、今じゃあ80代の人がそれを持って、果たしてそれがうまく運用するかという問題は、実証実験やった人はできたんですが、村中それが全部いけるかという問題も大事な問題やけども、今一番住民のほうから言われてるのは、今までタブレットがあって、今防災無線になった、村の情報がわからへん、それをタブレットで見れるようにするという仕組みはもうできた。

久御山町議会 2018-12-25 平成30年第4回定例会(第4号12月25日)

まず、議案第51号、平成29年度久御山町一般会計歳入歳出決算認定についての審査において、総務関係では、ふるさと納税の返礼品について、同報系防災無線の整備状況や防犯カメラの設置状況、京都地方税機構の徴収状況や機構への負担金の内容、また、町の財政面においては、税収にかかる今後の見通しなどについての質疑がありました。  

南山城村議会 2018-12-19 平成30年第 4回定例会(第3日12月19日)

防災無線の向きが悪いのか、ニュータウンの中が聞こえにくい。南大河原でもそんな声がある。全村で調べてみては。苦情が多ければ原因を究明し対応を考える。  文化会館管理事業の賃金の内容は。放送機器の技能を持った職員が3月末で退職する関係で、4月から新任する職員への引き継ぎ期間賃金。  駅舎活性化事業、増額理由は、また運営についてはどうか。

木津川市議会 2018-12-17 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年12月17日

まず、大地震発生時なんですけれども、これについては、宮城県石巻市防災計画に書いている課題という中から、ポイントだけ絞ってちょっと御質問させていただきたいんですけれども、1つ目は、石巻市では、東日本大震災発生直後から3日間は、停電により広報手段は防災無線しかなかったというのが実情で、あとは職員地域の方の呼びかけだったと聞いております。  

京丹後市議会 2018-12-11 平成30年第 5回定例会(12月定例会)(第3日12月11日)

また、食味計につきましては、議員が先ほどおっしゃいましたように30年度からは検査はしないということで、広報防災無線等でも御説明をさせていただいて、丁寧な御説明にも当たってきたというところでございます。 ○(松本聖司議長) 平井議員。 ○21番(平井議員) 食味の検査というのは、本市の米づくりにおいてとても重要であると思います。

南山城村議会 2018-12-06 平成30年第 4回定例会(第1日12月 6日)

3つ目に、ネットやテレビでの議会中継の実施をという形で昨年12月に一般質問を行いましたが、その質問の答弁で多額の費用問題や新庁舎での検討を理由に実施困難と村長は述べられましたが、今の防災無線には不便がある。また、住民の要望も依然として多い、そこで質問をしたい。  1つ、相楽地域議会中継していない市町村はどれくらいあるか、確認したい。  

京丹後市議会 2018-11-21 平成30年議会運営委員会(11月21日)

次に、議案第150号、デジタル化の防災無線の関係の契約の変更ですが、これは表決でよろしいでしょうか。      (「はい」の声あり) ○(松本経一委員長) はい。次に、諮問の第17号、18号は一括の提案で、人権擁護委員の推薦、これも表決でよろしいでしょうか。      (「はい」の声あり) ○(松本経一委員長) はい。次に、ここからが報告ですが、報告第36号、これは単独の提案ですね。

南山城村議会 2018-09-27 平成30年第 3回定例会(第3日 9月27日)

保健師を中心に健康カレンダー、防災無線などで呼びかけ啓蒙している。  道の駅収入の中の業務委託にはどんなものがあるか。28年補助金の4月以降の府、村からの開業支援、大きなものでは村からの指定管理料、お茶の京都の一坪茶室等の委託ほかであります。来年は一坪茶室や地方創生に絡む分はなくなるので、このままでいけば減額となる。  以上で終わります。  

京丹後市議会 2018-09-21 平成30年予算決算常任委員会( 9月21日)

市の情報伝達手段としては、テレビ11チャンネルもあり、全戸に機器が配布されている防災無線もある。FM丹後の本来の使命は達成されていると考えられるので、放送委託は廃止すべきだ。  京丹後未来ラボ運営事業について。特定非営利活動法人グローカル人材開発センターへ委託しているが、つぎ込まれている高額の経費に見合った、あるいはそれを上回る事業効果が上がっているのか、疑問である。

南山城村議会 2018-09-20 平成30年予算決算常任委員会( 9月20日)

○委員長(吉岡克弘君)  「総務課長」 ○総務課長(辰巳 均君)  確かに、防災無線を聞けない方もいらっしゃるということで、今のところファクスで対応をさせていただいているというのが現状でございます。昔でいうたらIP電話とかがあったときは文字を見ながらということもあったんですけども、現在のところファクスで対応ということはさせていただいております。

城陽市議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会(第3号 9月20日)

私は以前にもこの質問をしましたが、30年度同報系防災無線予算化されました。具体的に設置場所の検討がなされていますか。よろしくお願いします。 ○増田貴議長  田川危機管理監。 ○田川和親危機管理監  まず広報車は何台走ったかというようなことでございます。これにつきましては、各中学校区に1台ということで、5台の広報車で避難所開設等の広報をしたところでございます。

久御山町議会 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第2号 9月19日)

今後も引き続き、そういった注意喚起を行ってまいりたいと考えておりますし、現在整備を進めている同報系の防災無線の活用も今後検討していきたいと思います。  一方で、町内の民間を含め、あらゆる物件に対し、個々指導指示を出すことは困難であります。各所有者により適切な対応を行っていただく必要があると考えています。