31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

舞鶴市議会 2018-12-14 12月14日-03号

1 名称   原子力防災安全等特別委員会2 付議事件   関西電力高浜発電等に係る原子力防災及び安全性についての調査研究及び審査3 委員定数   8人4 設置期間   付議事件調査研究及び審査が終了するまで提案理由 関西電力高浜発電等に係る原子力防災及び安全性について調査研究及び審査を行うため、特別委員会を設置したいので提案する。      

舞鶴市議会 2018-08-28 08月28日-01号

特別委員会は、まず初めに、平成26年12月15日に関西電力高浜発電等に係る原子力防災及び安全性について調査研究を行うため、原子力防災安全等調査特別委員会を設置して活動し、その後、平成27年11月27日に設置目的審査を加えて、委員会名称原子力防災安全等特別委員会に変更し、4年にわたり活動してまいりました。 

木津川市議会 2018-03-13 平成30年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2018年03月13日

現在は、関西電力高浜発電3・4号機が稼働しており、昨年11月には、大飯発電所3・4号機の再稼働福井県知事が同意したが、事故発生時の避難計画使用済み核燃料保管場所の問題は先送りされたままである。  原子力発電所が立地している場所京都府は隣接しており、木津川市を初めとする市民・府民は、安全対策を懸念している。

舞鶴市議会 2016-09-09 09月09日-03号

今回の訓練は、関西電力高浜発電での事故を想定した訓練として、内閣府を初めとする政府機関関係府県関西広域連合関係市町、各防災機関が初めて合同で実施したものであります。原子力災害が発生すれば、そこに暮らす住民には県の境はなく、全ての住民が安全に避難等防護措置が行われなければなりません。そういう点から、大変有意義な訓練が実施できたものと考えております。 

舞鶴市議会 2016-09-08 09月08日-02号

次に、8月27日に実施した原子力防災訓練につきましては、関西電力高浜発電での事故を想定した訓練としては、内閣府を初めとする政府機関関係府県関西広域連合関係市町、各防災機関が初めて合同で実施したものであり、広域的な連携訓練のほか、市内ではBゾーン大浦地区住民や要配慮者避難訓練等を実施いたしました。 

木津川市議会 2015-06-29 平成27年第2回定例会(第7号) 本文 開催日:2015年06月29日

高浜原発3号機及び4号機を再稼働しないことを求める意見書(案)  本年4月14日、福井地方裁判所は、関西電力高浜発電3号機及び4号機の運転差しとめを命じる仮処分命令を発令しました。  その理由の中で、使用済核燃料が日本の存続にかかわるほどの被害を及ぼす可能性があること。深刻な事故はめったに起きないだろうという見通しのもとに立っていて、原発の安全性が真に確保されていないこと。

舞鶴市議会 2015-02-27 02月27日-02号

次に、原子力防災についてでありますが、関西電力高浜発電の再稼働の動きが進められる中、高浜原発から5キロ圏内市民が生活し、30キロ圏内には全ての市民が生活する本市の実態を踏まえ、このたび、京都府と関西電力立地自治体に準じた安全協定を締結し、本市においては、京都府、関西電力と覚書を締結することで、立地自治体に準じた安全協定と同じ権限を確保いたします。

舞鶴市議会 2014-12-15 12月15日-03号

関西電力高浜発電等に係る原子力防災及び安全性について、調査研究を行うため、委員9名をもって構成する「原子力防災安全等調査特別委員会」を設置し、議会において本件の調査を終了するまで、閉会中も継続して調査するものとする。 御賛同賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(桐野正明) お諮りいたします。 本案については、直ちに採決することに御異議ありませんか。     

  • 1
  • 2