313件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

舞鶴市議会 2020-12-25 12月25日-05号

要旨3の、万一の際の住民避難については、国の責任と権限において、地元自治体の意向を十分踏まえた上で、関係自治体との連携の下に、避難インフラ整備をはじめ、関係住民安心につながる万全の体制を構築するよう求める。以上、要旨①、②、③について、舞鶴市議会としての意思を表明していただくよう請願しますとの内容であります。 

久御山町議会 2020-12-08 令和 2年12月会議(第2号12月 8日)

○1番(芦田祐介さん) 公告書には、「関係住民等は、保健所を経由して、事業計画書について生活環境保全上の見地からの意見を記載した書面を事業者提出することができる」とありますけれども、こちらの提出はありましたでしょうか。 ○議長内田孝司さん) 本郷環境保全課長          (環境保全課長本郷和典さん自席答弁) ○環境保全課長本郷和典さん) 提出はなかったと聞いております。

福知山市議会 2020-09-14 令和 2年第5回定例会(第4号 9月14日)

それだけに、関係住民の不安が増大しております。  一般の検疫体制が、日米地位協定の関係で、保健所米軍医療班に分かれており、京都府知事も、軍人・軍属感染者行動履歴濃厚接触者など感染拡大防止情報提供米軍からされていないとして、米側に改めて情報開示を求めておられます。8月26日には、米軍上位組織司令官京丹後市役所を訪れ、最大限情報提供を行うと京丹後市長に述べたと新聞報道されました。

福知山市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第4号 3月 5日)

(3)の2回目でございますが、事業棚卸しについてでございますが、見直しの事業施策形成段階において、第三者や庁舎内の意見が優先され、関係住民の中からは、情報提供による意見聴取が不十分で、結論の押しつけになったのではないかというようなこともありますので、その点についてお答えを願います。 ○(芦田眞弘議長)  市長公室理事

城陽市議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第3号12月13日)

保安林の解除に際しては、その関連自治会長了承印がないと許可ができないとなっていますが、調整池の規模、設置の数、その容量や機能の詳細など、放流対象河川関係住民に向けた説明会開催を要請すること、当たり前の市民の願いです。先ほどそれはないような話も出ていましたが、とんでもない話です。検討してください。業者に言ってください。説明会開催はどうなのでしょうか。 ○熊谷佐和美議長  中林部長

城陽市議会 2019-11-13 令和元年建設常任委員会(11月13日)

まず基本構想段階で1回と、それから基本計画かな、出てから1回、1回ずつ、合計2回という形の説明会、これ当然地元説明会いうことだと思いますけども、そんな中で、まずこれ基本構想出したら、近隣関係住民から意見書提出意見書の写しで事業者に渡すという形になってますけど、この意見書内容ですけど、地元の方は当然その意見書どんなこと出てくるかわかりませんけども、これ単純的に渋滞どうすんのやというようなことと

宇治市議会 2019-09-25 09月25日-03号

その実施計画といいますか、最近ではふれあいセンターの今後のあり方についてという形で具体的な実施方針が出されましたけれども、そういった実施方針は、関係住民は非常に大きな関心を持ってその推移を見守っているわけでありまして、そのような中で、やはり将来の展望なり見通しを早く出すべきではないかと思います。 

京丹後市議会 2019-09-11 令和元年第 4回定例会(9月定例会)(第2日 9月11日)

いつも関係住民に集まっていただき説明をするというわけにはいかないとは思います。となれば、区長はじめ、役員の方々にはきめ細やかな説明が必要ではないかと思います。そして、その都度、意見要望も出てくると思います。説明が後づけになってしまいますと、予期せぬことが起きるかもしれません。早目説明は必要ではないかと思います。絶対説明が後づけになってはいけないと思います。

長岡京市議会 2019-09-05 令和元年建設水道常任委員会( 9月 5日)

その下の段の赤色の関係住民のところでありますけれども、報告会後に8月下旬から意見交換会を上段の調査計画に合わせまして、3回、地権者等と行いまして、1月にはアンケートを行う予定としております。  一番下の緑のところですが、まちづくり協議会でありまして、これらの進捗に合わせてまちづくり検討会議を行いまして、御意見をお聞きしながら全体を進めてまいりたいと考えております。  以上でございます。

城陽市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第4号 6月25日)

行政もその点を丁寧に関係住民に伝えてほしいものです。家の表も裏も人や車を気にする生活では困る。安心・安全、これまでの感覚で暮らしたいとの住民思いは、暮らしの基本を述べたものです。住民方々合意づくり行政の一層のご尽力を要望します。また、私自身も方々の声を聞いて届けることもしたいと思っております。  2つ目質問です。

与謝野町議会 2019-03-11 03月11日-04号

浪江議員への答弁と同様となりますが、野田川につきましては、流下能力を高めるための浚渫本格改修を機会あるごとに議員皆様関係住民皆様のお力添えをいただきながら、京都府に要望しているところであります。おかげをもち、京都府からは、野田川河口から上流に向けて、効果の高い箇所を選定し、ことし6月の出水期までに浚渫していただくこととなっております。 

与謝野町議会 2019-03-08 03月08日-03号

したがいまして、以前から申し上げておりますように、本川である野田川流下能力を高めるための浚渫本格改修を機会あるごとに議員皆様方関係住民皆様のお力添えもいただきながら京都府に対し要望を行っているところであります。おかげもち京都府からは、野田川河口から上流に向けて、効果の高い箇所を選定し、今年6月の出水期までに浚渫していただくこととなっております。

与謝野町議会 2018-09-12 09月12日-03号

それら被害を効果的に解消していくためには、議員ご指摘のように、状況・原因把握から対策の立案、改修計画の策定まで、各区はもとより関係住民皆さん方協力をして進めていくことが必要不可欠であり、大変重要なものであると認識をいたしております。 議員質問の早急にということになりますと、財政的な問題や場合によっては用地の確保など、クリアするべき課題も多く存在しているというものも事実であります。

福知山市議会 2018-06-15 平成30年第3回定例会(第4号 6月15日)

特に中心市街地都市計画道路を推進する上では、関係住民のご理解、ご協力は不可欠でございまして、そうした機運の高まりは重要であるというふうに考えております。  市としましては、そうした住民皆様思いを聞かせていただき、順次、熟度が上げられれば、説明会開催など、対応していきたいというふうに考えております。  以上でございます。 ○(大谷洋介議長)  田渕裕二議員

京田辺市議会 2018-06-12 06月12日-03号

本当にこのようなやり方というのは、市町村によってはまちまちだったので、とりわけ関係住民にとっても本当に知らせられていないというのが現状でありました。 やはりこのようなやり方というのは不親切だというふうにちょっと思っています。例えば近鉄側が駅とか工事する場合は、せめて1カ月ぐらい前からはこうこうこういう工事をするという張り紙が出て、ダイヤもこれくらい変更しますよというのはやはりすると思うんです。

城陽市議会 2018-03-19 平成30年予算特別委員会( 3月19日)

亡くなられたときには、戸籍の関係住民票の関係等々、あわせて福祉保健部に関する手続がいろいろあるんではないかと思うんですけど、亡くなられた方の手続にはどのような項目が福祉保健部としてありますか。  5番目、戦没者遺族の援護に係る経費について、58ページ。予算額228万1,000円の中に賃金85万9,000円が計上されていますけど、この賃金はどのような内容ですか。

与謝野町議会 2018-03-19 03月19日-08号

企画財政課長小池大介) 制度そのものは、今議員のほうからもご紹介ありましたように、全ての納税義務者対象だというふうになるわけですけども、自分の居住地以外のところに、その出身地であったりですとか、関係住民であったりですとか、また全然関係がなかっても、どこの自治体を応援しよう思っていうことも可能です。